Neko

夢の汽車に乗って ○ダムとイヴ
FC2ブログ

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


○ダムとイヴ

喜劇は突然訪れる

何の前触れも無しに・・・



夕食後の団らん
テレビを見ている時にそれは起こった


次女が放った衝撃(笑劇?)のひと言

「ねぇ、マダムとイヴが食べたのはリンゴだっけ?」


長女「リンゴだけどさぁ?
   本当は禁断の実とか
   善悪の知識の木の実とか言われてるけど
   聖書には何の実か書いてないんだよね?」

私 「いや、ちょっと待て! その前だ」

長女「何が? 私、間違ってる?」

私 「違う、お前じゃない
   次女、もう1回言ってくれるかい?」

次女「何が?」

私 「だから、ほれっ
   リンゴを食べた人って誰だっけ?」

次女「マダムとイヴでしょ?」

長女「???」

私 「あれっ? 長女、問題無しかい?」

長女「何が?」

私 「マダムとイヴ」

次女「えー? 違うの?」

長女「あーっ!?
   お前? マダムとイヴなら二人とも女じゃん!」

次女「そうなの?」

長女「そうだよ
   それだったら結婚出来無いじゃん」

次女「何で?
   前にテレビでアメリカの何処かの州で
   男同士の結婚が出来るようになったって言ってたよ
   だったら、女同士でも出来るんじゃない?」

長女「だから、そうじゃなくてさ?
   子供産めないじゃん」

次女「だって、結婚が出来れば良いんじゃないの?」

長女「それはさ?」

私 「はい、ストップ!
   その話はしたら長くなるからね
   また今度と言う事で」


変なところでちょっと冷や汗の私

テレビを良く見ているせいか
ワイドショーネタには
親よりも詳しい耳年増の小5の次女

とは言え
はたして何処まで解っているのか
知りたいような知りたくないような私(笑)

結婚→子供(出産)

女の子相手だと
この辺の質問攻めにあった日には
どうも答え難いですからね?


次女「じゃ、何て言うのさ?」


おっと
話は元に戻ったようでホッとしたりして


長女「アダムとイヴだよ」

次女「アダム? 同じようなもんじゃん」

長女「お前ね?
   アダムとマダムじゃ明らかに違うだろ!」

次女「したら、マダムって何?」

長女「マダムってさ、歳を取った女の人だよ」

私 「別に年は取ってても取ってなくても
   結婚をしてればマダムで良いんだよ
   つまり”奥さん”って事だな」

次女「じゃ、イヴは?」

私 「イヴは女の人の名前だよ」

次女「じゃ、不倫?」

私 「何だそれ?」

次女「だって、奥さんと独身の女の人でしょ?」

私 「何が?」

次女「だから、マダムとイヴってさ?」

私 「だから? それは間違いなんだって」

長女「バカだなぁ?
   だから、正解はアダムとイヴなの!
   それをお前がマダムとイヴなんて言うから
   話がややこしくなるんじゃん」

次女「ややこしくないもん」

私 「まぁ、まぁ、
   キミが言ってもこれを読んでいる人には
   説得力無いと思うけど・・・」

長女「これを読んでる人ってどう言う事?」

私 「あっ(しまった!)
   いや、べ・・別に他意は無いんだけどさ
   お前も良く言い方を間違えるじゃん?」

長女「お父さん!
   もしかして、また書いてない?」

私 「なっ、何が?(冷や汗)」

長女「ブログに書いてるしょ?
   私の事を何て書いてるの?」

私 「い、いや
   そんなには・・・書いてないよ」

長女「そんなに?」

次女「何? 何の話?」

私 「マダムとイヴの話だろ?」

長女「お父さん!」



はいはい
もちろん、今夜も書かせてもらっていますよ

まぁ?
今回は主役がキミ(長女)じゃないのが
ちょっと意外だったけどね(笑)

までも
あの長女にして
この次女在り

ん? いったい誰の血を引いてるんだろう? f(^-^;








スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog