Neko

夢の汽車に乗って 正義のミカタ
FC2ブログ

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


正義のミカタ

子供にとっては正義の味方は勧善懲悪です。


テレビドラマやマンガの中では
世界征服を企む悪者だったり
弱い者を虐める悪人だったりを
ヒーローが小気味よくやっつけます。

ヒーローと悪者の立ち位置を明確にすることで
伝えたい正義はその意味も明確になります。

子供はその正義を通して
悪い事をしたら諫められるとか
弱い人は助けなければならないと学びます。


それでは大人の世界はどうでしょう?


職場における立ち位置や
家族の中での立ち位置とか
友人間でのお互いの立ち位置などなど
社会におけるそれぞれの立ち位置。

これらの中に自分を置いた場合
その立ち位置は必ずしも明確ではありません。

賛成の側とか反対の側とか
むしろ、事と場合によって
立ち位置が変わるなんてことは良くあることです。

しかも
どちらが正しいと言えないことも多かったりします。


そもそも正義という定義からして
大人の世界では曖昧なものです。

立場が変わったり、見方を変えただけでも
それは全く違ったものになってしまうからです。


「盗人にも三分の理」なんて言葉があります。

これは
盗みをするにも相応の理屈はあるということですが
逆に言えば
どんなことにでも理屈は付けられるということです。

それが例え、こじつけの理屈だとしてもです。


自分の信じる正義と相手が信じる正義。

正義は本来は普遍なものであるはずなのに
どうして立場が変わると正義も変わってしまうのでしょう?

どうして正義と正義がぶつかってしまうのでしょう?

ひとつにはそれはきっと
正義と大義を同じ意味として捉えてしまっているからなんでしょう。

そしてもうひとつは
自分の見方だけが正しいと信じてしまっているからなんでしょう。

相手の立場になって物事を見るというのは
出来そうで案外出来なかったりします。

それこそ大人の世界では
自分の立場とか相手との関係性とかが邪魔をしてしまったりしてね。

でももし
相手と意見が違った時に
もっと柔軟な見方が出来ればお互いの関係性も
少しは変えられるのかもしれません。

正義の見方・・・そんな大袈裟なことじゃなかったとしてもね。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog