Neko

夢の汽車に乗って 雪の境界線
FC2ブログ

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


雪の境界線

こんな水平な雲を見たことがありますか?
この辺では冬には珍しくもない光景なんですけどね。



この写真の向こう、西に6~70kmほど行くと
長さは南北およそ150km
最高峰標高2,053m
北海道をほぼ中央で東西に分ける日高山脈があります。

日本海側で降る雪は
日高山脈が壁となってこちら側まで来られないのです。

つまり、この黒い雲の水平ラインは雪の境界線なのです。

「あの雲の下は今日も雪かな。
 日高山脈のおかげでこの辺は今日も快晴だったし
 ホント、ありがたいなぁ-」

なんて思ったりする訳です。

その代わり
日高山脈のの向こう側よりこっちの方が断然寒いんですけどね。

雪の降らない地方の方は雪が降ると寒いとお思いでしょうが
実は雪が降った方が暖かいんです。

もちろん「暖かい」というのは比較論での話しです。

当然、冬は寒いから雨じゃなくて雪が降る訳です。
しかし、雪が積もれば地面を保温もしてくれます。

冬、ガッチリと冷え込んだ時にその雪が無いと地面は凍ります。
凍った地面の上を風が吹くと、これが寒い。

いわゆる、シバレとか底冷えとか言われるやつです。

「雪がたくさん降るのとシバレるのだと、どっちが良い?」

なんて訊かれますが

「プラス3℃で雪が多いのと
 マイナス20℃で雪が無いのと、どっちが良い?」

と、いう訊かれ方だと私は迷わず

「シバレた方がマシ」

だと答えます。

でも本心を言わせてもらえば

「雪の降らない南の町に移住をしたいけど
 それが無理なら、せめて冬眠していたい」

と、答えたいのです。

何十年北海道人をやっていても寒いものは寒いのです。
出来れば冬は家から出たくないし
雪かきみたいな非生産的活動なんぞしたくもありません。

なので

「雪かきをするくらいならシバレて雪が無い方がマシ」

と、そうなる訳です。

とは言え、広い北海道の中には
雪もたくさん降るのにマイナス30℃になるなんて
そんな恐ろしい地域もあります。

それを考えると申し訳なくも思うのですが
それでも出てしまうのが愚痴ってやつなんですね。

まだまだ冬の本番はこれからです。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog