Neko

夢の汽車に乗って 冬から一番遠い日
FC2ブログ

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


冬から一番遠い日

私は楽しみは後に取って置く派です。

好きな事と嫌な事があれば
何をさておいても先に嫌な事をまず終わらせます。

マンガ週刊誌を読む時は
大好きなマンガは最後のお楽しみです。

弁当の卵焼きはいつも一番最後に食べます。

一折りの寿司があったとすれば
マグロの赤身は最後の一口です。

一人っ子だった私は兄弟間の競争が無かったからか
いつの間にかそういう性格になっていました。


一般的に社会人にとって休日は楽しみです。

でも、私は休日の土日よりも
仕事が終わった金曜日の夜の方が好きです。

だって、土日なんてアッという間です。

日曜日の夜にはもう明日の仕事の事が気になったりします。

なので、休みに入る前の金曜日の夜が
私は一週間の中で一番好きなのです。

これは好きなモノを後に取って置くというのとは
少しニュアンスが違うかもしれませんが
私にとっては同じ事なのです。


さて、三月も半ばに差し掛かろうとしています。

本州ではそろそろ桜の便りも聞えてきそうな頃合いですが
北海道ではまだまだ春は先の話です。

日本海側では明日も雪のマークが出ていますし
私の住む東部でも
ここ数日と同様に明日の朝もマイナス十度を下回る予報です。

昼間はようやくプラスの気温になり始めはしましたが
まだまだ油断は出来ません。

北海道には彼岸荒れという言葉があって
春の彼岸頃に重たい湿った雪がいっぺんにドッサリなんて事も
そう珍しい事ではないのです。


とはいえ、三月です。

「そろそろ冬のコートを春物に替えようか?
 いや、待てよ。
 それはまだ早いぞ。
 昼間の陽気に騙されたらいかん!
 朝晩はまだまだ冬だ」

なんて、
心の中で冬モードと春モードのせめぎ合いが始まってはいますが
まだ、これと言った決定打を打ち出すには早過ぎる事を
我々北海道人は身に染みて分かっているのです。


でも、私はこんな季節が嫌いではありません。

いや、むしろ
今頃の春を待つ頃合いこそが私の大好物。

心配性なのか? 貧乏性なのか?

冬来たりなば春遠からじ。
つまり、春来たりなば冬遠からじ。

その意味でいうなら
春を待つこの季節こそが先に書いた金曜日の夜に通じるのです。


冬から一番遠い日が来るのは後、何日経ったらかな?

少なくとも、それはまだ今日ではない。
多分、明日でもない。
でも、一ヶ月までは待たなくても良いでしょう。

冬から一番遠い日。
私が一年で一番好きな日。

早く来て欲しいような
もう少しゆっくりでも良いような・・・



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog