Neko

夢の汽車に乗って 二月の歳時記 ~冬きたりなば~
FC2ブログ

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


<冬来たりなば春遠からじ>
なんて言います

そうでも思わなきゃ
北国の過酷な冬は乗り越えられません

ましてや
昔は今と違って家の断熱性能も
暖房器具の性能も低かったでしょうから
今とは比べものにはならないくらい
冬を生きるという事は過酷な事だったのでしょう

なので昔の人は
冬が来る度に
自分に言い聞かせるように呟いていたのでしょうね

<冬来たりなば春遠からじ>

なんてね



そうして迎えたン十回目の冬も
やっと二月までたどり着きました

暦を山に例えるなら
そう、峠を越えて麓に下り始めた頃

七合目くらいまではもう下ったくらいかな

もちろん

いくら「節分が終わった」「立春を過ぎた」とはいっても
まだまだ、それはあくまで暦の上での話

寒さは今がまさに盛りではあります
これからも真冬日は何日もあるでしょう

実際、ここ数日だけを見ても
大規模な寒波が日本列島を覆っていて
各地で大雪を降らせています

まだまだ油断は禁物というところでしょう



しかし、二月です

例え、それが暦の上だろうが何だろうが
現実として二月になっているのです

やれ「シバレるなぁ-」とか「雪かきが大変だ」とか
私なんぞも毎日のようにボヤいていますが
それでも
二月に入ると寒い中でも何故かホッとしたりします

何故なら

「来月はもう三月だ!」

そう思う事が出来るから



北国人にとって三月という言葉の響きは格別です

もちろん、北海道なんかでは
五月の連休を過ぎても雪が降るなんて事は
そう珍しい事ではありません

なので

三月になったからといって
「春だ、春だ」と浮かれてばかりいる訳ではありません

でも、三月です

気は持ちようなんて言いますが
三月という言葉を聞いただけで
北国人の気持ちは明るくなれるのです

単純ですか?

でも、それくらい嬉しいんです
南国人には分からないだろうなぁー

北海道では三月に咲く花なんてそうは見ません

せいぜい
ふきのとうが少しだけ顔を見せるくらいです

桃の節句だからって
その辺で桃の花が咲いている訳でもありません

桜どころか梅だって咲いていません

三月も末になって
少し温かい日が続けば
気の早い水仙が少しだけ春を教えてくれるかもしれません

そんなくらいなものです

でも、例え花は咲いていなくたって
三月は確実に北国人にも春を感じさせてくれます

何といっても
太陽が優しくなってくれるからです

同じ太陽のはずなのに
冬には感じられなかった日差しの温もりも
三月くらいになると感じられるようになるのです

実感としてね

二月に入ってしまえば
その三月はもう<来月>なのです



初雪だとか、北風の冷たさだとか
或いは、道草を覆う霜を見ると北国人は冬の到来を知ります

これから始まる長い冬

地域によっては半年と言っても過言ではない北国の冬

その時
自分に言い聞かせるように呟く独り言

「春来たりなば春遠からじ」

呪文のように何度も何度も呟いて
冬を越える覚悟を決めるのです

そして、ようやくこの時期に来て思うのです

「あぁ、やっとここまで来たか」

ここまで来たら春まではもう少し

その「もう少し」が
例え、二ヶ月後だとしても
ここまで来たらどうって事はありません

ありません・・・が

せめて一日でも短い事を願っていたりします


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog