Neko

夢の汽車に乗って 『いい夫婦の日』と『勤労感謝の日』が隣併せている事の陰謀説

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


11月22日は『いい夫婦の日』でした。

「昔はそんな日は無かったよなぁ~?
 じゃ、いったいいつから???」

なんて思ったので調べてみました。



1985年
政府が経済対策会議で11月を「ゆとりの創造月間」として提唱

1988年
・財団法人余暇開発センター〈現(財)日本生産性本部〉が
 夫婦で余暇を楽しむゆとりあるライフスタイルを提案。
・11月22日を「いい夫婦の日」と提唱

1998年
「いい夫婦の日」をすすめる会 事務局 設立



へぇ~ 思ったより古くから<存在>していたんですね。
なるほど。



 1999年
 第1回「パートナー・オブ・ザ・イヤー」選出

 2006年
 第1回「いい夫婦 川柳コンテスト」選出

 2007年
 第1回「夫婦に関するアンケート」実施

 2009年
 「いい夫婦の日」新キャンペーンテーマ
  “いい夫婦の日には「ありがとう」と「愛してる」を
  バラに込めて贈りましょう”を提唱



ま、まぁ~ この辺までは何となく判りますね。

バラなんて高価な花を贈ろうなんてのは
男にとっては余計なお世話な気もしますが。

世の中の全ての女性が
バラを好きだとは限らないじゃないですか?
ねぇ~?
野菊とかタンポポが好きな女性だっていますよね?(笑)

で?



2011年
東日本大震災の影響で結婚式を中止したカップル3組に結婚式をプレゼント



へぇ~ そんな事もあったんですね。

で?



 2013年
 11月11日「ジュエリーデー」
 11月22日「いい夫婦の日」から
 クリスマスとつづく贈り物シーズンに向けて・・・云々



『ジュエリーデー』?
『贈り物シーズン』???

はぁ?
何ですか、それは???????

これは完全にアレでしょ?

<業界>の世論誘導ってやつ!

『バレンタインデー』だけだと思ってたら
いつの間にか『ホワイトデー』が出来て
菓子業界やら宝飾業界が猛然とアピールし出し
それに負けじと出版・本屋業界も乗じて
『サンジョルディの日』が出て来たり
気が付けば毎年10月末には
『ハロウィーン』が日本を乗っ取り・・・
ん?
『ハロウィーン』は何業界?
仮装業界? メイク業界? SFX業界?
って、そんなのは無いか?(笑)

ともあれ!

『いい夫婦の日』なんてのは
花屋業界やら宝飾業界の陰謀でしょ?

夫婦なんてね。
<形>じゃないんですよ。
気持ちです、気持ち!

でしょ?

そこへいくと私なんかは偉いもんですよ。
11月22日は宿泊出張に出ていましたからね。

妻の事を気遣い出張に出たんです。
食事や弁当を作らなくて済むようにね。
掃除や洗濯を気兼ねなくサボれるようにね。

あー、何て優しい私の気遣いでしょ!

あっ、皆さん感動してくれました?(笑)


ともあれ
我が家の事なんてどうでも良いんですが。
問題は何故『いい夫婦の日』が
11月22日に設定されたのか?

ここですね。

語呂が合ったから?

ノンノン!

ポイントは何故『良い夫婦の日』ではなくて
『いい夫婦の日』となっているのか?

これこそがまさに陰謀なんです。

『良い夫婦の日』なら4月22日でも良いですよね?

じゃ、何故11月22日なのか?

それは11月23日が『勤労感謝の日』だからです。


『勤労感謝の日』を紐解くと
そもそもは・・・



勤労感謝の日は、「勤労を尊び、生産を祝い
国民互いに感謝しあう」という精神のもと
1948年に制定されています

もともとの起源は戦前の新嘗祭(にいなめさい)であり
稲の収穫を感謝する儀礼であったとされています

呼称はアメリカの感謝祭 Thanksgiving Dayにならったものといわれる



ですが。
世間一般の家庭ではこれを上手いように変えられていますよね?

「今日は勤労感謝の日なんだから
 いつも頑張って働いてくれているお父さんに感謝をしなさい」

とか、子供の頃に言われませんでしたか?
もしくは
今も子供にそう言ってませんか?

そもそも
『勤労感謝の日』にお父さんに感謝なんて意味は無いんです。

これは謝罪会見等で良く遣われる言葉
『遺憾』に<反省>の意味が無いのと同じようなものです。

何となくそれっぽいみたいなね。

が、しかし。

「いつも頑張って働いてくれているお父さんに感謝をしなさい」

その意味は ↓

「お父さんにお金なんか使う必要はないよ。
 感謝してるフリさえしてりゃ頑張って働いてくれるんだから」

似てませんか? ↓

「豚もおだてりゃ木に登る」


良いですか?
「いい夫婦の日」とは言え
贈り物をするのはどっちですか?

例えばクリスマスに手ぶらで帰ったら
思いっきり冷たい視線を浴びるのはどっちですか?

例えばバレンタインに500円のチョコを貰ったからって
ホワイトデーに500円のクッキーを返したら
思いっきり冷たい態度で無視されるのはどっちですか?

例えば誕生日に断崖絶壁から飛び込む覚悟で
なけなしの小遣い3ヶ月分を割いてプレゼントをしたのに
「この指輪ってダイヤが付いてないんだね?」
って、一言で済まされ
挙げ句、自分の誕生日には
「今夜は発泡酒じゃ無くてビールだよ」
って、さも恩着せがましく
350ml缶1本を差し出されて
それであいこにされているのはどっちですか?

例えば・・・いや、もう止めておこう。
なんか虚しくなってきた・・・


ともあれ!


もう賢明な皆様なら答えはお解りですよね?

世の中の宝飾業界、お菓子業界、花屋業界etc
あ~んど
家人までもがグルになって
世の中のお父さん族を落としめようとしているんです。

これを陰謀と言わずして何と言うのでしょうか!

その総括が『いい夫婦の日』であり
その日を『勤労感謝の日』の前に置く事で
「いい夫婦の日にプレゼントをくれなきゃ
 明日は感謝してあ~げない」
と、プレッシャーをかけているのです。

哀れなお父さん族は
明日の『勤労感謝の日』に微かな期待を託しながら
軽くなった財布を懐にしまい込み
心で泣いて笑顔を無理矢理作ってプレゼントをしてしまうのです。

あー、日本のお父さんってなんていじらしい。





<天の声>
それにしても今日は随分と卑屈になっているね?
『勤労感謝の日』に何かあったのかい?

<影の声>
何かあったのなら、こうまで卑屈にゃならんさね。
むしろ、何も無かった・・・ってとこじゃない?

<天の声>
なるほど。で、そうなのかい?


・・・


<影の声>
ありゃ、黙っちまったよ。図星ってとこだね?


・・・


<天の声>
いや、お前さんは頑張っているよ。
見ている人は見ているって。

<影の声>
そうだよ。だから頑張りな。
GOD KNOWS だよ。


それって・・・


<影の声>
ん?


それって『誰も知らない』って意味じゃ無かった?


<天の声>
あっ、いや・・・ほらっ・・・
おいおい、余計な事を言うんじゃないよ。
泣いちゃったじゃないか!

<影の声>
あちゃー こりゃ失敬。
でもさ、言うじゃん?
泣いては事を仕損じるってさ。
お後がよろしいようで・・・


なんだそれ?
そんなオチかい?
趣旨とオチが合ってないんだけど?


<影の声>
業界ぐるみの陰謀って話だろ?
なら良いんだよ。
俺らの業界もグルなんだからさ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog