Neko

夢の汽車に乗って relation and love

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


relation and love

世の中を構成しているもの

つまり

人と人の関係を結ぶものはたった二つ


その一つは縁だ

ただ

丸かったり四角だったりとか

その形は様々で

しかも

中には歪なモノもあって

それが世の中を複雑に見せている




「出会いは偶然だが別れには理由が有る」

良くそう言われるが

偶然を生むのも

必然を選ばせるのも

それはひとえに縁に起因するものだと考えれば

納得が出来る気がする


ただ

縁は決して

トランプゲームのジョーカーのように

オールマイティに

どんな理由にも意味を持たせるものではない




最初に縁が存在するのか?

結果として縁が存在するのか?




第一印象が最悪な相手ほど

気が付いたら一番大事な人になっていた

だとか

いわゆる腐れ縁みたいに

離れていてもどうしてなのか縁が切れなかったりとか

人の縁ほど不思議なものはない


夫婦の場合

良く

「愛情から愛が無くなっても情は残る」

なんて言われたりする

それで夫婦が成立してしまうのも

男と女の縁の不思議さ?

或る意味、面白さなのかもしれない

もっとも

そのセリフが妻のものだとしたら

「(妻の)情から心(忄)が無くなった時、男は青くなる」

なんて事もあるようだけど




そして、もう一つ

それは愛だろう


関係性によって

愛にも色々な形が成立をする

親子、夫婦、恋人、友達、同僚etc・・・


もちろん

その愛の深さもその形も

或る意味では縁に拠るものなのだろうけど

それだけでは語れないモノが愛にはあるような気がする


つまり

縁が深める愛もあれば

愛で繋がる縁もある


前者は既に存在をする関係性が

愛によって更に深められていくパターンで

後者は唐突な愛から関係性が始まっていくパターン


「唐突な愛」

それは例えば

相手に対して瞬間的に感じ取ってしまった感情

そのいくつかある中のひとつが愛だとしたら

いわゆる運命が如く

縁に導かれる事もあるのかもしれない


もっとも

縁が遠ざける愛なんていうのもあるんだろう

例えば

縁が無いという縁

一方的な愛は必ずしも縁には繋がらない事も多い




いずれにしても

縁とか愛とか言ってはみたけど

それらの不思議な巡り合わせが

その後でどうなっていくのか?

或いは

どうなる事が自分にとっての幸せなのか?


ただ

縁は必ずしも幸せを繋ぐだけのものではないし

逆に

逃れられない縁なんていうものまである


今、在る縁が自分にとっては

果たして本当はどんな縁なのか?


過去の縁については判断をする事が出来たとしても

今、在る縁についての判断は難しい

それは愛も又、しかり


でも

本当の意味で

それが判るのはきっと自分が死ぬ瞬間なのかもしれない


だとするなら

今、出来る事は

取捨選択はするにしても

今ここに在る現実と向き合う事だけなんだろう


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog