Neko

夢の汽車に乗って 言葉

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


言葉

男は言う。
「そんな事は言わなくても判ってるだろ?」

女は言う。
「言葉でちゃんと言ってくれなきゃ判らないよ」

男は言う。
「言葉なんていくらでも嘘を言えるよ」

女は言う。
「嘘でも女は言葉が欲しいのよ」

男は言う。
「じゃ、愛してる」

女は言う。
「じゃって何よ? 嘘ばっか」

男は言う。
「そういうお前はどうなんだよ?」

女は言う。
「そんな事、言える訳ないじゃない」

男は言う。
「なんだよ、それ?」

女は言う。
「ホントの事は言ったら負けなのよ」



なんだよ?
ただの痴話話かい?

いやいや、そんな話を書きたかった訳ではなくて。


確かに恋人達にとっては
会話は一種のゲームであり
又、言葉は
お互いに相手の気持ちを確かめる為の
重要なツールでもあります。

ツールと言えば味気ないものに感じがちですが
決して味気ないだけのものではありません。

調味料ではありませんが
そこにちょっとひと摘まみ?
笑顔だとか遊び心を加えたら
よりお互いの距離を縮められたりできますね。


言葉は意思伝達のツールです。
ツールですが
あくまで<ひとつ>のであって
そのツールの全てではありません。

言葉を用いない意思伝達にも色々な方法があります。

アイコンタクト、身振り手振り
ジェスチャーって、おっとこれは同じか?
それから、えーっと・・・
そうそう、テレパシーね?

って、それは無いかな?

テレパシーではありませんが
目で訴えるとか
目で会話をするなんて事はあります。

そういや「以心伝心」なんて言葉もありますね。

これぞテレパシー?


それはともかく
直接的に言ったとしても遠回しに言っても
それが伝わるかどうかはあくまでも相手次第です。

本当の事を言ったとしても嘘をついたとしても
本当か嘘か
それを決めるのは自分ではなくて相手に他なりません。

そして相手の決めた事が
こちらの意志とは関係なく
相手にとっての真実になってしまうのです。

とすると
言葉というのは相手の為だけにあるのでしょうか?

正しくは
<相手に伝える為>にというべきかもしれませんが。


一方で

言葉を口に出す事で自分自身に確認をするとか
自分自身に念を押すとか
或いは、自分自身と約束をするなんて事もあります。

つまり
言葉を伝えたい相手は
必ずしも<相手>ばかりではないという事です。

ただ、それが誰にせよ
持って回った言い方よりは
シンプルでストレートな言葉の方が伝わりやすい。

それだけは確かなのかも知れません。

もちろん、そこに気持ちがこもっていなければ
伝わる言葉も伝わらないのは言うまでもありません。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog