Neko

夢の汽車に乗って エール!

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


エール!

「いっそ希望なんて無い方が良い。
 希望さえ無かったなら
 人は苦しまなくて済むし
 何だって簡単に捨てられる。
 そしたらもっと楽に生きられるんだ」

でも、それじゃ人は何の為に生きるんだい?
何もかも簡単に捨ててしまって
その後にはいったい何がその人には残ってるんだい?

「残ってなくたって良いさ。
 余計なモノを背負い込むくらいなら
 そんなものはいっそ捨ててしまえば良い。
 そしたら何も考えなくて良い。
 そしたら何も心配しなくて良い。
 ほらっ、こんなに楽になるんだぜ。
 楽に生きる事を考えるのは悪い事なのかい?」

いや、悪いとは言わないよ。
それがもし<生きている>って言えるならね。




どんなに前に歩こうとしても
押し戻されそうになるくらいの
強い向かい風に向かって歩くのは辛いよね。
ましてや、そんな状況で顔を上げて正面を見据えてさ。
それでも歯を食いしばって歩くなんて
きっとどうかしている。

風に背を向けた方が楽になれるし
そのまましゃがみ込んだ方が辛くないよね。

なのにどうして人は歩こうとするんだろう?
どうして人は前を向こうとするんだろう?

きっと人は言う。

「苦しいのは、それこそが生きている証拠さ」




「悲しい時ほど笑いなさい。
 苦しい時ほど笑いなさい」

そう言った人がいる。

「嘘でも良いから笑いなさい。
 涙が出るほど笑いなさい」

そう言った人がいる。

「出来るだけ大きな声で笑いなさい。
 自分を信じて笑いなさい」

そう言った人がいる。

「それも勇気なんだよ」

そう言った人がいる。




「時間の流れは本当に等しいのだろうか?」

そう思う事がある。

同じく過ぎた時間のはずなのに
或る人は短いと言い、或る人は長いと言う。

一瞬で変わってしまうモノもあれば
五年経っても何も変わらないモノがある。

そのどれも、それは人の心。

どっちが良いとか悪いとかではなくて
どっちが正しいとか間違っているって事ではなくて
そのどっちも持っているのが人間なんだ。

受け入れられるモノ、受け入れられないモノ。
それだってどっちもあるよ。

でもね。
時間は過ぎた時だけを言うんじゃない。

これから来るであろう時間をどう迎えられるか?

その方がよっぽど大事なんだよね。




希望や未来にはこれと言う形はありません。

思い描くモノも人それぞれです。

だから、上手に描ける人もいれば
そうじゃない人もいます。

目の前に横たわっている
どうしようもない現実の中で
描きたくても描けない人だっています。


今日生きる事にさえ精一杯で
明日の事を考える余裕もない人達にとっては
目に見えない希望や未来なんて
無いのと同じなのかも知れません。


でももしも
目に見える希望や未来があるとしたら
それは生きる糧になります。

そしてそれは
新しい希望や未来を生み出す種になるでしょう。


もしも
希望とか未来が
目に見える形で存在をしているとするなら
それは子供達や若者達です。

その笑顔を守る為なら
僕達はきっと
どんな苦労も悲しみも乗り越えていける。

乗り越えていかなければならないと思う。

共に・・・


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog