Neko

夢の汽車に乗って 嘘つき ~詩~

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


嘘つき ~詩~

雨降り夜空に
ぼんやり浮かぶ街灯

滲んで見えたのはあの日の幻


その瞬間が
ただ楽しかったら良かった

将来のことなんてどうでもね


あいつも僕も
そして君も男も女もなかったね

変わらないものだけ信じていたんだ


いつかこんな日が
来ることだけが怖かったんだ

僕達は今でも何も変わらないのに


君と誰かが
僕の知らない男と女になってしまうこと

聞かされた夜
心と裏腹にとっさに出た言葉「おめでとう」


君を守る男には
僕は最後までなれなかったね

「幸せになれよ」なんて心にもない嘘をついた




ウェディングドレス
君は祝福と歓声の中で笑う

あの頃、僕やあいつに見せてた笑顔で


あいつはとうとう来なかった
君の笑顔が時々だけど

曇ったように見えたのはそれだったかな


記念写真の僕は
きっと泣きそうな笑顔してる

これでもせいいっぱい頑張ったつもりだけど


あいつもきっと今頃
何処かで祝ってくれてるはずさ

ただ素直にそう言えないだけで解るよね?


君と誰かが
僕の知らない男と女になってしまうこと

聞かされた夜
心と裏腹にとっさに出た言葉「おめでとう」


いつまでも変わらずにいよう
そう誓ったよね あの頃

「友達で良かった」なんてまだ自分を騙そうとしてる




アルバムの中で僕達は今も笑ってる
変わらないものだけを信じていた頃

どんなに時が流れても時代が変わっても
僕達はいつまでも変わらないと信じていたね

「友達で良かった」なんてまだ自分に嘘をついてる




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog