Neko

夢の汽車に乗って とある成年の主張

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


とある成年の主張

今、私は声を大にして言いたい!

そう、確かに男はすべからく変態だ

それは認めよう

だがしかし!

ほとんどの男は
多少の差こそあれ
それはあくまで
健康的な変態であって
決して陰湿な変質者ではない!

健康的な変態と変質者を一緒にするでない!

フェチ=いやらしい=変態だと?

ノンノン!

フェチだって良く言えば拘りだ

拘りのない奴に人生を語れるか?

語れまい?

オタクと言うと
女性はすぐに顔をしかめるが
オタクだって矛先が勉学なら学者だ

ノーベル賞なんかは
みんな数学オタクだったり
物理オタクや医学オタクだったりが
高じて学者になった人が取っているじゃないか?

世間一般の大概の男は
確かにそこまでは極められてはいないが
健康的な変態としてまっとうに生きているのだ

フェチ万歳!
オタク万歳!
妄想族万歳!←どさくさ?


あれっ?

これ、そこの!

何故にそんな目で私を見る?




   オホン!




ここで私は声を大にして言いたい!

そう、男ほど未練たらしい生き物はいない

確かにそこに反論の余地はない

私だって思う

「めめしい」は「男々しい」と書くべきだと
「女々しい」は「おおしい」と読むべきだと

だがしかし!

それこそが男の優しさなのである
情の深さと言っても良いだろう

女のように
あっちからこっち等と
要領良く
切り替えが出来るようには出来ていないのだ

神が女に与えし特殊能力
<どんな痛みをも忘れる事が出来る力>

そんな特殊能力を与えられる事もないまま
神代の昔から
男は狩りにと外に出て働いていたのだ

せっせせっせと

家でチップスを頬張りながら
寝転がってワイドショーを観ている妻や
親父の言う事など
てんで聞かない生意気な小娘達の為にだ

あー、男って健気




そこで私は声を大にして言いたい!

そう、確かに私は妄想族だ

それは自他ともに認めるところではある
自分で言うんだから間違いもない

だがしかし!

私はただ妄想をしている訳ではない

もちのろん
それは被害妄想などではない

誇大妄想狂でも・・・たぶん、ない

<妄想を文字にする事こそが私の使命なのだ!>

と、思ってるところからして
既に妄想かもしれないが?

いやいや!

なんのなんの!←落としといて自分で立ち直るの図

時には妄想の度は過ぎるにしても
時には現実逃避としか見えないにしても

今こそ私は胸を張り声を大にして言おう!

妄想が文化を作ってきたのだ!
妄想が芸術を高めてきたのだ!
妄想が科学を発達させてきたのだ!

えっ?
<想像>の間違いではないのかって?

いやいや!

そんな話は私は聞いてはいない!

ともかくだ!

妄想無くして人類の発展、進化はないのだ!



(ここで万雷の拍手)

読者衆のスタンドオベーションに
立ち上がって両手を振って応える私
鳴り止まぬ拍手の中
右に左に笑顔で何度も何度も手を振り応える私

あー、気持ち良い♪


   か・い・か・ん


だから妄想は止められないのだわ

さっ、スッキリしたところで寝るとしましょ♪



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog