Neko

夢の汽車に乗って 手紙の勧め

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


手紙の勧め

パソコンにしろスマホにしろ
メールとかブログのコメントなどは
何かしら毎日書いていますが
考えたら
手紙って久しく書いていません

いったいいつから?

思い起こしても・・・

記憶の階段を辿っても
記憶の引き出しを片っ端から開けてみても

記憶に無いくらい・・・?

いやいや
まだ全部の記憶が飛んじゃってるほど
ボケてはいませんのでご安心を!?

ともかく

それくらい書いていないって事ですかね


用件ならメールでも十分伝わるけど
より気持ちを相手に伝えたいなら
やはりメールよりは手紙でしょうか?

「想いを綴る」と言います

相手の顔を思い浮かべながら
一文字、一文字書いていく

キーボードで打てば単なる一文字ですが
直筆の場合は
一角、、一角を紙に流す時間

そこに想いが込められていきます


実は私もそのタイプなのですが

大きな身体に似合わず
小さな文字を書く人っていますよね

もっとも、私の場合は
元来、字が下手なので
大きく書くと上手く書けません

なので、ごまかす為に
段々と書く文字が小さくなっていきました


今では米粒にだって三文字くらいは書けます!

・・・いや、すいません。嘘です(笑)


まぁ、私の事はともかく

パソコンで打った文字にしろ
直筆の文字にしろ
読めば同じ一文字です

でも、文字って
その人の人となりだとか
性格、クセが表れていますよね


例えば・・・

丸っこい文字
マンガ文字みたいに可愛い文字

原稿用紙のマス目なら
はみ出してしまいそうなくらい
武骨なゴツイ文字

右肩下がりの文字

文字を見たら、相手が分かります

その文字のクセを見ると
相手の顔を思い出して
つい懐かしさもこみ上げてくるものです


来た手紙の文字が昔と変わっていなかったら

「あぁ、こいつ、相変わらず元気でやってるんだなぁ~」

って、嬉しくなるし
逆に、筆圧が弱くなってでもいたら

「どうしたんだろう?」

と、心配になったりします


そういえば昔の歌に

”涙で文字が滲んでいたら わかってください”

と、いうのがありましたよね

これなんかは
メールの絵文字や顔文字で
《泣き顔》を入れるのとは
全然伝わり方が違うんじゃないでしょうか


もし
私が昔の彼女から
そんな涙で滲んだ手紙でも貰ったものなら
きっと何もかも投げ出して
すぐにでも飛んで行くでしょう

そんな気持ちになりません?

本当に?
自信、あります?(笑)


私も普段はこうして
パソコンで文章を書いていますので
パソコンで打つ文字を
否定するつもりは全くありません

メールでだって
ブログでだって
伝わる想いはたくさんあります

(おいおい、矛盾してないか?(笑))

でも
文字を見て相手を気遣うなんて事では
直筆には敵いません


パソコンだとせいぜい

「***・・・」

とあれば
この《・・・》の意味を考えるくらいです

(私もメールの時
 相手に”何か”を感じてもらいたい時は
 良く言葉の語尾に《・・・》を遣います)

後は、余程相手の性格を知っていない限りは
書いている通りにしか受け止められないでしょう


みなさんは
手紙とか葉書ってどのくらい書いていますか?

たまにはメールじゃなくて
親しい人に手紙でも書いてみてはいかがでしょう

旅先からなら
絵葉書なんて言うのも良いかも知れません


もっとも

「お前、急にどうした? 何かあったのか?」

なんて
余計な心配をさせちゃうかも知れないですけどね



<後書>

最近は直筆だと怖いと言う人も多いようです

想いを込める=怨念が宿っている?

確かにドライな感覚を好む現代人には
直筆の文字と言うのは重たいのかも知れません

(何となく感覚ではそれも解ります)

メールの文字だと誰が打っても同じ字体だし
何より気軽で良いのでしょう

遊び感覚で絵文字や顔文字を使えば
何となく気持ちも通じるような気になれます

好きでも無い異性に
ハートマークなんかを気軽に使うと
勘違いされる事もあるでしょうけどね?

(男は単純だから十中八九は勘違いをします)

場合によっては
写メなんかの方が相手受けするでしょう

でも、所詮メールはツールです

その意味では手紙もツールと言えばそうですが
何でも簡単に済ませられる時代だからこそ
敢えて
手間をかけてみるという事も必要な気がします

その手間の中に大切なモノがある

きっとね



スポンサーサイト

コメント

こんにちは。


ほんとに 手紙を書かなくなりましたね。
昔は文通もしてたのですが・・・
ある時送られてきた荷物の中に可愛い封筒が添えてありその中に直筆の手紙がありました。
こんな時代だからこそ新鮮で温かな気持ちになりました。
切手のない手紙も良いものだと思いました
私も書こうと可愛い封筒と便箋は用意してあるのですが。。

>文字を見たら、相手が分かります
そうなんですよね~
だから一言直筆で添えるとき緊張します
下書きを何度もしたりして~
>その手間の中に大切なモノがある
そう思います

セレナさん、こんばんは。

確かに、パソコンは便利だし
メールも早いし楽だし便利だし
それはそれで良いところもたくさんあるけど
こと、相手に想いを伝えると言うことでは
直筆の文字に乗せた想いに叶う物はないですね。

文字を見て顔を浮かべるなんていうのは
手書き文字ならではでしょうね。

それがたった一言。
「ありがとう」
だけだったとしてもね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog