Neko

夢の汽車に乗って 涙の理由

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


涙の理由

なぁ、いったい何だってんだよ?
なんで勝手に出て来るんだよ?
お前に俺の何が判るってんだよ?
それとも何かい?
俺のことなら
お前は何でもお見通しだって言いたいのかい?
じゃ、言ってみろよ!
俺の気持ちを言ってみろよ!
何だい、言えないのかい?
言えないなら・・・勝手なことをすんじゃねぇよ。
良いさ、判りっこない。
誰も俺の気持ちなんて・・・
もう良いだろ?
気が済んだら帰ってくれよ。
お前の顔なんて見たくもないんだ。
だって、お前の顔を見たらさ。
なんでか弱気になっちまうんだ。
俺が、この俺がだぜ。
笑っちゃうよな。
そんなもんとは一生無縁だと思ってた。
なのに、何だよ?
何だってんだよ?
何で勝手に出てきたんだよ?
誰が頼んだよ?
頼んじゃいない、頼んじゃいないんだよ!
勝手なことをすんじゃねぇよ。
なぁ、頼むよ。
頼むからさ。
もうこれ以上は俺に構わないでくれよ。
頼むからさ。
もう引っ込んでくれよ。
なぁ、頼むよ・・・

「気が済んだかい?」

えっ? 何がだよ?

「だからさ。もう気が済んだのかい?」

何だよ、それ?

「俺はお前の心なんか判らないよ。
 判らないから
 お前に気を遣うなんてことも出来ない。
 そんな気もないけどね」

じゃ、放っておいてくれたら良かっただろ?
何も知りもしないくせにさ。

「お前の心なんか判らないんだけどさ。
 でも、感じたんだ」

感じたって・・・何をさ?

「お前の中でだんだん大きくなっていってた
 混沌とした不安定さとかさ。
 バラバラに散らかった色々なモノの欠片。
 その欠片の尖がりが自分で自分で刺し続けていただろ?
 それが哀しみなのか? それとも辛さなのか?
 或いは苦しみなのか?
 それは判らないけどさ。
 感じて俺は反応をしてしまったんだ」

反応したって?
だからって勝手に出てきてさ。
それでどうしようっていうんだい?
お前のおかげで俺の心の中は
ぐしゃぐしゃになってしまってる。
なんで、そんな勝手をするんだよ?

「ぐしゃぐしゃ?
 そうさ、それだよ。
 その為に俺は出てきてやったのさ。
 どうだい?
 お前の胸を刺していたのは何だった?
 哀しかったのかい?
 苦しかったのかい?
 ちゃんと思い出せるかい?
 いや、思い出せなくて良いんだよ。
 良いだろう、もう。
 ぐしゃぐしゃにして流してしまったんだから。
 後のことは時間に頼んでおいたよ。
 『ちゃんと整理をしてやってくれ』ってね。
 あっ、礼には及ばないし
 何も気にしなくても良いよ。
 それが俺の仕事だからね」





人は言葉を口にすることで
想いの丈を吐き出すことが出来る。

だけど
それだけじゃ吐き出せないものもある。
どうしても何をやっても
心の中に残ってしまうものがある。

それを流してくれるのが涙だ。


大人だから? 男だから?

そうやって無理をしてガマンをして
それで何がどうなる?

プライド?

確かにそれは大事だよ。
それで自分を守れるならそれでも良い。

でも
何処かで自分を受け入れられないと
いつまでも何も変わらないんじゃないかな?

別に人前で泣けって言ってるんじゃない。

ただ
吐き出すべきものは吐き出してしまわないと
なかなか次には進めないよね。

もし
涙にそんな役目があるとするなら
時にはそれに甘えてみても良いんじゃないかな?



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog