Neko

夢の汽車に乗って 明晰夢

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


明晰夢

長い長い夢を見ていた

夢のわりには妙にリアルで
身体ばかりか心の痛みすら感じられた

でも

所詮は夢なんだ
何も気に病むことはない


いつ目覚めるとも知らない長い長い夢を見ていた

確かにそれは夢だと解っていた
なぜならそれは望んでいた人生ではなかったから

だからといって何を悲しむことがあるだろう?

挫折も後悔も
過去の自分も現在の自分も
夢の中では自分はただの傍観者であり
登場人物の中の一人に過ぎないのだ


長い長い夢を見ていた

夢だと解っていたから
どんな夢でも何も嘆かずに済んでいたのだ

例え

そこに希望がなくても
そこに愛がなくても
そこに安らぎがなくても


長い長い夢を見ていた
本当に長い長い夢だった

次第に身体は老いていったが
それが夢だと解っていたから少しも怖くはなかった

何故なら

どんなに身体が衰えていっても
心はいつも<現実>のままだったから

それが夢だという
それ以上、確かな証拠はないと解っていた


長い長い夢を見ていた

いつか身体は朽ち果ててしまったけど
相変わらず夢は夢のままだった

そのうち

心も自分を俯瞰することを止めてしまったが
それでも夢はまだ終わってはくれない


「それが夢というものだ」


例え

どんなに理不尽でも
どれほど不合理でも

夢に<現実>との整合性は求められないものだし
その不条理さこそが夢の夢たる所以なのだから


長い長い夢を見ていた





長い長い夢

愚かな人間はそれこそが人生だということに気が付かない



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog