Neko

夢の汽車に乗って 夢 ~その妄想派生に拠る形而上学的考察~

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


<夢>を科学的に説明するなら
やれ「レム睡眠」がどうとかという話になるのでしょうが
なんせ、私は根っからの文系。

小難しいことはチンプンカンプンなのです。

かと言って
じゃ、哲学的に考察すれば
「フロイト曰く、潜在意識下における何がなんちゃらで」
とか言われても
それも又、私にはサッパリな訳で。

良くある夢占いだと
「追いかけられる夢を見た時は
 精神的に追い詰められている時だ」
とか、色々とパターンはありますが
冷静に考えてみれば
「そりゃそうだ」と、思う域を出ない訳でして。

等々・・・


おそらく<夢>について語る時
科学者、哲学者、宗教家、詩人、占い師、ペテン師?
誰が語ってもそれぞれの言い方があって
そのどれを聞いても私なんかは

「ふむふむ。なるほど」

とは思うけど

「結局は何?」

ってなるのがオチでしょう。


きっと、おそらく、多分、或いは Maybe
みなさんもそうですよね?

(みなさんに於いては大変失礼とは存じますが
 ここを決めつけないと話が進みませんのであしからず)


と、いうことで?
私がみなさんに解り易いように解説をしてしんぜましょ。


よく夢とは無意識に持つ意識だとか願望
或いは、現在の状況が意識下に残っていて
それが夢という形になって表れるとか言われます。

過去の想い出・・・楽しかったこと、悲しかったこと。
現在の心境・・・悩みだとか願望。

確かに、そういう夢もあるでしょう。


でも、こんな夢は見たことはありませんか?

登場人物は今の自分と二十代の時に付き合っていた元恋人。
その他、何故か高校時代の悪友も登場。
でもって場所は子供の頃に住んでいた街。

これってどういう関連で
どうしてこんなに
色々なモノがごちゃ混ぜになって夢に現れるのでしょう?


ここで私はひとつの仮説を立てました。

”今、ここに存在する自分と
 時間軸を異とする別な時間軸が幾つも存在する。

 所謂、パラレルワールドと呼ばれているものです。

 但し、その時間軸を流れる早さは
 それぞれが必ずしも一定ではなくて
 必ずしも平行を保っている訳ではない。

 そこに生じる<微妙なズレ>に拠って
 その時間軸上の自分を含む人間の人生展開にもズレが生じる。

 したがって、同じ自分でありながら時間軸が違えば
 その辿る人生は似て非なるものになるのである。”


ひとつ断っておきますが
「何を根拠にそんなアホなことを」とか
「科学的に証明されてはいない」とか
そこはノークレームでお願いします。

解かった上で書いているのですから。


話を元に戻しましょう。

この仮説に則って考えると
唯一、ごちゃ混ぜの夢の説明がつくのです。


① 時間軸を流れる早さは一定ではない。

つまり、今自分がいる世界よりも
時間の流れが速い、遅い
或いは同じ時間軸上でも
早くなったり遅くなったりする時間軸が存在する。
このことに拠り、同じ瞬間を切り取ったとしても
そこに存在する自分の年齢、時代は異なるものとなる。

② 必ずしも平行を保っている訳ではない。

つまり、近接する複数の時間軸同士が
お互い近づいたり離れたりを繰り返している。

③ そこに生じる<微妙なズレ>に拠って
  その世界の自分を含む人間の人生展開にもズレが生じる。

つまり、例えば何かに成功した自分、失敗した自分
或いは、チャレンジすらしなかった自分。
或いは、過去の自分と未来の自分等々
異時間軸上には幾つも自分が存在し得る。


異時間軸上とはいえ
簿妙なズレを持った自分とはいえ
自分はあくまでも自分なのです。
なので、思考形態や脳から発する信号の波形
その他、DNAの根幹は同一なのですから
異時間軸同士が近づいた時は良くも悪くも干渉しやすく
当然、お互いに影響も与え又、受けやすいのです。

つまり
今、ここに存在する自分と違う時間軸にいる自分が
干渉作用に拠りお互いに強く影響を与え合っている。

その現象が特に顕著に表れるのが
心がフラットな時、つまり寝ている時だとしたら?


<デジャブ(既視感)>という話になると
「それは過去に読んだ雑誌の生地だとか
 テレビで観た風景が<その時>に
 あたかもそれが自分の記憶であるかのように
 思い起こされるのだ。」
と、いうのが一般的な見解でしょう。

でも、果たしてそれだけでしょうか?

異時間軸上の別な自分が確かに体験をしたことが
干渉作用によって刷り込まれるなんてことも
その中には含まれているのかもしれません。

ただ、それを検証する手立ては
現代の人類には持ち合わせていません。

私の脳内の森羅万象の智恵が真実が語らせているとしても
私が単なるペテン師だったとしても
でも、この仮説だと納得できるでしょ?

まぁ、信じるも信じないもあなた次第なんですけどね。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog