Neko

夢の汽車に乗って 招かれざる者、汝の名は・・・

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


今年の春はいつもよりもせっかちで・・・
いやまぁ、これは悪いことではなくて
まっこと有りがたき幸せにございますです、はい

そんな中

野に山に
そして、例年以上に
いや、よりいっそう
街の中にも一斉に今が盛りと花木が咲き乱れるGW

薄水の空を気持ち良さそうに白い雲は泳ぎ
爽やかな風の中を軽快に羽を滑らせて鳥たちは歌う

冬の間は足元ばかりを気にして歩いていた人々も
或る日、背中の温もりにふと空を見上げた

そこにはまもなく訪れるであろう
初夏を誘う太陽が溢れるほどの笑顔を見せていた




どんな場所にも招かれざる客と言うのはいるものだが
人々が春の訪れを心から喜んでいると
その鼻先をへし折ろうとでもするかのように
そこに奴は必ずやって来る


誰もお願いしてはいないのに
誰も招いてはいないのに

そこに顔を出したからといって
誰にも喜んではもらえないのに

それでも奴は
毎年この時期になると決まって律儀にやって来る

律儀?

いや、その言い方は適切ではないだろう

それはある種、嫌がらせと呼んでもいい

天の邪鬼のように雨が降れば降ったと活き活きとなり
人々を嘲るように我が物顔で春の陽射しを謳歌し
人々の誹りを受ければ受けるほどに
悠然と闊歩しその勢力を伸ばし続けていく

時に
可憐な花を見せては人々を欺きながら
地中深くに陰謀を張り巡らせる


それは冬将軍が最後に送りし間者なのか?

「どうじゃ、春なんかより冬の方が断然良かろう?」

そんな冬将軍の嘲笑いが聴こえてくるようだ


招かれざる者、汝の名は・・・庭の雑草


日曜日の午後

奴が私に与えしモノは
45リットルのゴミ袋三袋分の嫌がらせと
三日分の腰痛・・・アイタタタ・・・




【著者の言い訳】

我が家の三十坪ほどの庭を侵略し蔽いつくそうとする
まるでエイリアンのような雑草軍団

それらに対して
庭には果樹もあるので除草剤は撒けません

この為
しゃがみながら全部一つ一つ手作業で雑草を抜きます

これが毎回、45リットルのゴミ袋でほぼ三袋分

「なら、普段からもっとマメにやれよ」
って話かも知れませんが

だって、放っておいたって
冬になれば全部枯れてくれるんですよ

そんな不毛な作業を毎週なんて出来ます?

やりたいですか?

せっかくの休みの1/4を
こんな事で潰したくないでしょ?

嫌でしょ?

ねっ? ねっ?

まぁ、確かに
これをずっと放っておくと
夏が終わる頃には間違いなく
我が家の庭はジャングルになりそうなんで
これがガマンの限界かって時に
渋々やってるんですけどね

でも、同じ体勢で何時間も作業をしていると
これが腰に来るんですよね

アイタタタ・・・

まぁね
私なんかは若いですから
雑草取りを終えた瞬間にはもう腰痛が来るんですがね

ほら、そこの誰かさんみたいに
三日後に痛みが来るとか
忘れた頃に
「あれ、これ何の痛みだっけ?」

そんな事ぁ~ありやせん(見栄を張ってみる)

腰痛・・・

そういや、こいつも招かれざる者の仲間ですな

アイタタタ・・・



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog