Neko

夢の汽車に乗って 奇跡の確率

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


奇跡の確率

物理的に不可能な事象は別として
人間が出来ることや成すことにおいては
この世には
初めから可能性が100%ということはないし
逆に最初から可能性は0%ということもありません。


では
何%の確率で起こった事象を奇跡というのでしょうか?

1%?
0.1%?
0.01%?

或いは
0.000001%?


確率を計算するには
おそらくは様々なデータを元に
統計学的な数字を根拠として求めるのでしょう。

それは、
元来が根っからの文系人間である私には知る由もないのですが。


しかし、そこから導かれた数字というのは
単なる計算の結果でしかありません。

あくまで統計学的な確率なのです。

それを奇跡と呼ぶには
あまりに無機質的過ぎます。


例えば、ジャンボ宝くじで1等に当選する確率は
1000万分の1だそうです。

何億とかという当選金額も
私にしたら天文学的な数字ですが
当選確率も
これまた砂浜で一粒だけ色の違う砂を探すような
そんな途方もない確率に思えます。

その意味では
宝くじで1等に当選する確率。
これも確かに奇跡的とはいえるのかもしれませんが
あくまで<奇跡的>であって
奇跡というには何かが違います。


では、その<何か>って何でしょう?


『火事場のくそ力』という言葉があります。

人間は時として
本来持っている力以上の能力を発揮することがあります。

為し得る確率が限り無く「0」に近い極限状況の中で
人が起こした行動の結果、その<こと>が成った時
人々は知らずと感動を覚えるものです。

そして、それを<奇跡>と呼びます。


しかし
何の努力も知恵もなくして奇跡は起こりません。

加えていうなら
決して諦めない信念こそが奇跡を起こすのです。

何かへの強い思い、誰かへの強い想い
そしてそれに向かう強い執念。

それが奇跡を生むのです。

それは
どんな計算も入り込む余地も無い程に
人間臭い行動の結果なのです。


奇跡の確率を計算するなどということは
結局は無意味なことなのでしょう。

人間の力は時として計算をも超える物なのですから。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog