Neko

夢の汽車に乗って サクラ

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


サクラ

待ち焦がれていた桜前線なんですが
今年の桜前線はちょっとせっかち?

いや、嬉しいから良いんですけどね。

でも、普段よりあまりに早過ぎると
逆に何か不安になったりしてつい疑心暗鬼に。

「騙されてないか?
 <奴>はホントに本物か?
 『桜前線でーす♪』なんて優しい顔をして
 俺らを喜ばせておいて
 で、いざとなったら仮面を脱ぎ捨てて
 『バァー! 俺だよ、俺! 冬将軍様さ!
  桜吹雪じゃなくてモノホン吹雪きをくらえー!』
 なんてことは・・・ないよね?」


幸せ過ぎると不安になる・・・悲しき小心者の私?


ともあれ
桜前線も津軽海峡を早々に渡りきり
先日は函館・松前そして続いて札幌と
例年より十日以上も早く桜の開花宣言が出されました。

多分、私の住む十勝でも来週には桜が咲くでしょう。

それはそれで個人的には嬉しいのですが
元来、北海道では桜が咲くのは
早くても四月末からGWにかけて。

地域によってはGW明けなんて年も珍しくはありません。

そこで困っているのは
各地の桜祭り実行委員会だそうです。

大概は桜の咲く時期に合わせて開催しているので
その多くは四月末からGW前後です。

でも、今の状況だと
今年は桜が散ってから桜祭り・・・
なんてことになりかねない様子です。

実行委員会の皆様、ご心中お察しいたします。

何も手助けにはなってあげられませんが。


そんなニュースを観ていた時のこと。

次女が私に訊きました。

「ねぇ、<さくら>って言えばさ~
 売り手と一緒になってお客さんを騙してる人とか
 偽のお客さんの事を良くサクラって言うけど
 どうしてサクラなの?
 あんなにキレイな花なのに」

おぉ~ 次女よ!
高校生になった途端に質問が賢くなったんじゃね?
大丈夫か? 熱は無いか? 知恵熱とか・・・

(って、おいおい)

いや、すまん・・・つい。


「ん、そうだなぁ~
 そう言われるとどうしてだろう?」

私は上手く答えられませんでした。

「じゃ、調べておくよ」



そこで調べてみました。←えらい!

みなさんはご存知でしたか?


<サクラ>とは
桜の花がパッと咲いて、さっと散ることから
その場面の盛り上げ役のことを言います。

「偽客」と書いて<サクラ>と読ませるのは
露天商などが用いた当て字が一般に広まったもので
つまり隠語の一種です。

もともとは
江戸時代に桜の花見は無料で見られたことから
芝居小屋でタダ見をさせてもらった客が
芝居の見せ場で役者に掛声を掛けるなどで盛り上げること。
それを行う人のことをサクラと言ったのが始まりなんだとか。

これが明治時代に入って
露天商や的屋などの売り子とつるんで客の中に紛れ込み
冷やかしたり率先して商品を買ったり
わざと高値で買ったりするような仕込み客のことを
隠語でサクラと呼ぶようになったのだそうです。


普段は何気なく使っている言葉でも
意味を問われると返事に困る言葉って
あんがいあるものですよね。

そんな話の続きは何れまた別の機会にでも。


今は素直に本物の<さくら>を心待ちにしておきます。

本物の人間の女性でぇ~
でもって美人のさくらちゃ~ん♪

はよ、来てやぁ~♪ 待っとるでぇ~~~♪

うぇるかぁ~む、大歓迎よん♪

あいらぶゆぅ~らぶゆぅ~ぶゆぅ~♪

むふっ♪ ヘ(__ヘ)☆\(ーー;)コラコラ!


せっかく今夜は
けっこう頑張って真面目に書いていたのにねぇ~
桜だけに繕った人格がオチるのも早かったようで・・・



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog