Neko

夢の汽車に乗って 四月の歳時記 ~三寒四温~

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


”三寒四温”

と、いう言葉を
四月に使っても良いのかどうかは分からないのですが


テレビのニュースでは
日本各地の桜の便りを伝えているこの頃です

しかし
北海道ではまだまだ名残りを惜しむ冬と
春になり切れない春の綱引きが続いています


先週はここ十勝でも十五度を超えた日もありました

そうかと思えば今日は北風が冷たい一日でした


思わず肩を窄めて

「先週の
 あの春めいた陽気は何だったんだろう?」

と、ボヤキが口をつきます

「冬将軍の奴、まだ何処かに隠れていたのか?」

とも思ったりして


名残り雪だとか
風花と言えばキレイに聞こえますが
この時期にはもう見たくも感じたくもありません


雪が降ったかと思えば
すぐに陽射しが降ってくる

そうかと思えばまた・・・

そんな風に
一日の内でさえ何度も
季節が変わるように天気が変わります

北の空はドンヨリと雲が厚く
でも南を見れば青空が拡がっていいます


同じ空に交わる春と冬の色


一度
暖かさを思い出した皮膚には
強く吹く北風は真冬以上に冷たく感じます


春と冬の間を行き来して繰り返す季節の綱引き

遅かれ早かれ
勝つのは春だと分かってはいても
つい春を応援してしまいます


判官贔屓とでも何とでも言えば良い

冬将軍の孤軍奮闘には応援はするまい


三歩進んで二歩下がる

その謙虚さは日本人の美徳では有りますが
一方で散り際の潔さも日本人の美徳です


果たして
問い掛けたこの言葉の意味を冬将軍には判るでしょうか?



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog