Neko

夢の汽車に乗って 本能

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


本能

良くも悪くもですが

人間には
忘れるという能力と
慣れるという能力が備わっています


例え、無意識だとしても
忘れるという作業をすることで
人間は心のバランスを保とうとし
慣れるという作業をすることで
人間は環境に適応しようとします


それは
生きる為の本能と言っても良いのでしょう


ただ

どちらも
人間に備えられた大切な能力なのですが

現実には

忘れて良いことと
忘れてはいけないことがあります

慣れても良いものと
慣れてはいけないものがあります


そのボーダーラインは何処にあって
そしてそれは誰が決めるのでしょう?


人間の心は
普遍的な物差しだけでは測れません

なので判断基準も
人によってまちまちです

いったい
何処に判断基準を持っていれば
正しい判断が出来るのでしょう?

そもそも
正しい判断って何でしょう?

仮にそれは
心の中の理性が決めるとして
その理性はいつも正しいのでしょうか?

決して間違わないのでしょうか?


なら、いっそ

本能の赴くままに?

本能の指し示すままに?


案外そうなのかも知れません

防御本能に優れた人というのは
「良いこと」と「いけないこと」を
自然に仕分けする能力を備えているのでしょう


逆に
どうしようもない人というのは
間違った「本能」を言い訳にして
楽なこと、楽しいことしかしようとしない人です

「本能の命ずるままに楽しく生きる!」

でも
それが通用するのは
一生の内でもホンの僅かな時間だけです

心の中で悪魔が囁く”本能”は
それは本能ではなくて
ただの怠惰なのですから


幸か不幸か
人間社会というのは
本能を理性で抑え込むことで成り立っています

その中にあって

本当の意味での本能が試されるのは
決断を迫られた時です


「行くか? 行かないか?」

「右か? 左か?」

「取るか? 取らないか?」


自分を信じるのか?
他人に委ねるのか?


思うに
本能というのは

自分を信じる力なのかも知れません

だから
自分を磨くということは
すなわち
本能を研ぎ澄ませるということに違いありません



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog