Neko

夢の汽車に乗って 美女と野獣

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


美女と野獣

『美女と野獣』

ディズニーアニメやミュージカルとしても
超有名なこのタイトルですが
今日はそんなこととは全く関係なく話は進みます


初めに断っておきますが
自分でもやっかみだって言うのは
それはもう十分、いや十二分に解っています

無いモノねだりだということ・・・も?(笑)


でも、いるんですよね~
本当に、美女と野獣のカップルって


『こいつ、大してカッコ良くもないのに
 どうしてこんな美人と付き合っているんだ?』

はい、もちろん余計なお世話ですね

でも、100%やっかみなのでご勘弁を(笑)


そんな時はアレコレ想像してみます

『きっと、こいつは何処かの会社の御曹司に違いない。
 いわゆる、2代目のバカボン・・いや、ボンボン。
 彼女は絶対、財産目当てに違いない!』

いや、解ってますって
やっかみですから(笑)


或いは、こうも想像します

『きっと女性は飲み屋のネーチャンに違いない。
 ほら、あの男心を誘うような超ミニスカート!
 あれは絶対間違いないさ。
 あー、あの男。
 可哀想に絞るだけ絞られてポイってのがオチだな』


こんなことも想像します

『あの男、あー見えて実はアレが物凄い・・・』


オホン、いや・・・まぁ
ちょっと下品な話はここでは割愛しましょうか(笑)


ともあれです

私としては
大してカッコも良く無い男が美人を連れていると
やっかんでしまう訳ですよ

だってね
もし、もしですよ

あの男に対する美人の彼女さんが

何処かの御曹司でもなく
飲み屋のカモでもなく
アレがナンチャラでもない
ごく普通の男にですよ

もったいないくらい
良く気がついて
家庭的で家事は何でもこなせて
思いやりがあって
性格も良くて尽くすタイプなんて
そんな女性だったとしたら
ねぇ、どうします?

この世には
神様なんていないことになるじゃありませんか!

私にとっては・・・ですけどね(笑)


そんなの有りですか?

ねぇ?

不公平だと思いませんか?

思うでしょ?

ねっ? ねっ? ねっ?


でも、根っから優しい私は
そんな二人の後ろ姿を見送って思う訳ですよ

「彼氏クン、今は良いだろうけどね。
 老婆心ながら、ひと言言わせてもらうなら
 女なんてね、所詮子供が出来たら変わるんだよ。
 せいぜい、今のうちに楽しんでおきなよ。
 今は『美女と野獣』と羨ましがられているけど
 後、何十年もしたら、どうなってると思う?
 食われているのはあんたの方かも知れないんだよ」

はいはい、やっかみですけどね(笑)


そりゃあね~

この私だってかつては・・・
まぁ、ずいぶん昔の話ですけどね

私には何でだか意味が解らないんだけど
恋人が出来ると
その度に決まって悪友達は言う訳です

「お前にはもったいない彼女だよな。
 ホント、美女と野獣とはお前らのことだな」


野獣?

この私が?

こんな素朴で真面目を絵に書いたような私が?

純情で奥手で
女性に押し倒されたことはあっても
女性を押し倒したことなんて・・・

まぁ、それは置いておきますがね(笑)


でも、私が野獣ですか?

見た目ならともかく解せぬ! ←認めてんじゃん?

あっ、いやいや(笑)


までも確かに
今なら野獣と言われても相応しいかも知れません

確かに
或る意味では・・・ですが

そうね、納得せざるを得ないかも知れません

ただし
その読み方は「やじゅう」ではなくて

「のけもの」

そう読むらしいんですけどね・・我が家では?


って・・・

やぁねぇ~ それ、やっかみでしょ?

ねぇ?

そうだと言ってぇぇぇ~~~~~! orz



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog