Neko

夢の汽車に乗って ひみつ道具

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


ひみつ道具

幼稚園年長の弟君と小学三年生のお姉ちゃんが
国民的アニメキャラの
そう、あの首に鈴を付けた青いネコ型ロボットです。
そのアニメを観ていました。

番組を観終わると
一緒に見ていたお母さんが子供達に訊きました。

「ねぇ、ひみつ道具は何が好き?」

弟君は元気に答えました。

「ボクは<タケコプター>!
 だって、何処でも空を飛んで行けちゃうんだよ」

「私は<どこでもドア>ね。
 わざわざ飛んで行かなくたって
 ドアを開けたらすぐに行きたい所に行けるんだよ」

お姉ちゃんはしたり顔で答えました。

「ねぇ、お母さんは何が欲しい?」

弟君の問いにお母さんは少し考えてから答えました。

「そうねー <コピーロボット>かな。
 代わりにお掃除とか料理とかやってくれたら助かるわ」

「お母さん、ずるーい!」

「えー? そうかな?」

「そうだよ、ずるーい」

「あはは」

「あはは」


そこにお父さんが帰って来ました。

「おや、何だか楽しそうだね。何の話だい?」

「あのね。
 今、ひみつ道具は何が欲しいって話をしてたんだよ」

弟君は駆け寄ると
いつものようにお父さんの腕にぶら下がりながら言いました。

「おいおい、重たいよ」

そう言いながらもお父さんは腕をブランブランさせて
弟君をブランコのように振り回します。

「きゃー、怖いよー でも、楽しい! キャハハ」

「あー、ずるーい! お父さん、私も私も!」

「ダメだよ。ボクが先だもん」

「はいはい、ケンカはやめようね。
 で、何だって?」

「そうそう! ひみつ道具よ。
 お父さんは何が欲しい?」

「君たちは何が良いんだい?」

「ボクは<タケコプター>」

「私は<どこでもドア>」

「ねぇ、ねぇ。お父さんは?」

矢継ぎ早に子供達は訊きました。

「お父さんかい? そうだなぁー・・・」

お父さんは考えながら独り言のように呟きました。

「<どこでもドア>かぁ?
 って、ことは・・・自由に? ムフッ。
 いや、待てよ!
 それより<とうめいマント>とか・・・ニヤニヤ。
 いやいや、それなら・・・
 <とうしめがね>というのも・・・ムフッ。
 いや、迷うなぁー。どうしよ? ニヤニヤ。
 いやでも、<もしもボックス>も捨てがたいしなぁー」

「あなた?」

「えっ?」

お父さんは我に返ってお母さんを見ました。
すると
お母さんはすごい怖い顔で睨み付けていました。

「な、な、なんだい?」

「あなた。
 まさか子供達の前で変なことを考えていないわよね?」

<ギクッ!?>

「な、何を言うんだい?
 そ、そっ、そんなことはないよ」

「どうだか?」

お母さんはお父さんにこれ以上ないくらいの
冷ややかな視線を浴びせています。

「な、なんだよ?」

お父さんがお母さんの視線に耐えかねて
ドギマギしているとお姉ちゃんが訊きました。

「ねぇ。お父さんどうしたの?」

「なんでもないのよ。
 さっ、もうすぐご飯よ。
 あなた達はあっちで遊んでらっしゃい」

にこやかな笑顔でお母さんは
子供達を隣の部屋に送り出しました。
その笑顔は最上級の作り笑顔のように
お父さんには見えました。

それからお母さんはお父さんの方に向くと
腰に手を当てながら嫌味っぽく言いました。

「あなたの考えたことを当ててみましょうか?」

「な、なんだよ?」

「とってもいやらしいことを考えていたわよね?」

「何を言うんだい。
 子供達の前でそんな訳はないじゃないか、あは」

「どうだかね」

お母さんは不敵な笑みを浮かべています。

『こいつ、なんで解るんだよ?
 危ないな・・・<どくさいスイッチ>押したろか』

お父さんはお母さんの勘の良さが怖くなりました。

「あらっ、あなた。
 <どくさいスイッチ>でも押すつもり?
 まぁ、持っていたらだけど? オホホ」

<ギクッ!?>

『な、なんで? ホントにこいつは俺の心が解るのか?』

お父さんは青くなりました。

「あら、どうしたの?
 あのロボットみたいに青くなってるわよ」

「うっ・・・」

お父さんにはもう返す言葉がありませんでした。

『こいつ・・・
 まさか<ホンネ吸いだしポンプ>でも
 使ってるんじゃないよな?』



いやいや、お父さん。
そんな訳ないじゃないですか(笑)

ひみつ道具なんて無くたって
お母さんにはお父さんの考えは全て解るみたいですよ。
なんて言ったってあなたの奥さんですからね。

その証拠にちゃんとあなたを手なずけているでしょ?
<桃太郎印のきびだんご>なんか使わなくたって。

いや、実はそのきびだんご・・・
もう既に使われていたりしてね(ニヤリ)



(注)
この話はあくまでもフィクションであり
実在するどの個人、家庭も無関係です・・・たぶん



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog