Neko

夢の汽車に乗って 夢乃的解釈によれば今年の夢乃の運勢は悪い訳が無い?

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


今年は喪中だったので
七日正月が明けるのを待ち
且つ、月曜日は長女も休みだったので
遅ればせながら初詣に行って来ました

初詣と言えば必ずすることは
先ず、神社に行く
そして、心清らかにお参りをする
それからおもむろにおみくじを引き
一喜一憂の後で(?)
おみくじを境内の木に結び
最後にお守りを買ってから帰る

と、まぁー

オーソドックスに書けばこんな感じでしょうか

まぁ、地域や解釈をする人によっては
「神社ではなくお寺に行くべきだ」だとか
「元旦、少なくとも七日までに行くのが初詣だ」とか
「おいおい、
 おみくじは何でも木に結べば良いって訳じゃないぞ」
などなど・・・

えっ?

「心清らかなんぞ、どの口が言う?」

ですって?

「いえいえ、もちろん ワ・タ・シ(ムフッ)」

ともあれ

確かに、おみくじは吉なら持って帰って
その年のお守りにするとかと言う話も聞きますが
気は心と言いましょうか

ねぇ?

だって、そもそも
おみくじの始まりを調べてみると

平安時代に天台宗延暦寺の高僧・良源
(正式には元三慈恵大師良源上人、略して元三大師)
が延暦十二年に始めた「元三大師みくじ」だと言われています

と、言うことは

おみくじのルーツから考えると、お寺さん発です

じゃ、神社のはお寺のパクリ?

いやいや、そうではありません

明治時代初期に神仏分離が行われる前は
神道と大乗仏教
ならびに祖霊信仰が一体化した神仏習合による信仰が
一般化していました

つまり、初詣に限らず
寺社への参詣に神道・仏教の区別は無いとされていたのです

したがって
初詣に関してもおみくじに関しても
どりたが正しいとかはないのです

ちなみに

おみくじの有効期間はその年一年ではないそうです

次のおみくじを引くまで

なので
もし引いたおみくじが<凶>だったなら
早速、木に結び
又、おみくじを引き直しても良いのだとか

神様、仏様って心が広いんですね

ありがたやーありがたやー


と、言うところで本題です


私のおみくじ大公開!?

2015-01-12-omikuji-330.jpg

一の段

<波の音、嵐の音も静まりて
 日陰のどけき大海の原>

ふむ・・・

今は厳しい状況でも
やがて穏やかになる

良いんじゃない?

ねぇ?


二の段

<今までの苦しみ煩いもいつか消え
 心楽しい時が遠からず来ます。
 ただ、御助を祈って
 心平かに授けられた自己の職務を
 熱心に尽くしなさい>

そう、そういうことですよ
祈っていれば良いのね?(ムフ)


運勢

<末吉>

ん?

確か並び順って・・・

大吉・吉・中吉・小吉・半吉・末吉・末小吉
平・凶・小凶・半凶・末凶・大凶

まぁ・・・微妙?

でも待てよ!

<末吉>

これって良く良く見ると・・・

二本の横棒を太いマジックで塗りつぶせば

ねぇ?

<大吉>に見えません?

おー、見える、見える!

こいつは春から縁起が良いわい!(ムフッ)

縦棒?

私には見えません!


・願望
 少し時間がかかるが叶う

願望・・・ムフフ妄想が拡がるわ
叶うのね?
絶対よね?

嘘ついたら針千本飲ーーーます♪


・恋愛
 ためらわず告白せよ

えっ? マジ???

良いの?

ホントにーーー?

す、好きでっす!


・縁談
 人に頼んで進めよ 上々吉

だ、誰に頼んだら良いの?

進めて、進めてーーー♪


あー、虚しい・・・orz


ともあれ!

今年も<大吉>だったし
先ずはめでたしめでたし!

きっと良い年になるわー(ムフッ♪)


”めでたいのは
 お主の空っぽの脳みそじゃな”←神の声
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog