Neko

夢の汽車に乗って 一筆書きのような感じで心よりの感謝の気持ちを込めて今年最後の挨拶を書いてみた

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


ザワザワとした師走の風の中を

やれ、あーだこーだそーだと

仕事で走り回っていたら

今年も何がどうということもなく

クリスマスという名前の日が駆け抜けていき

幸か不幸か

喪中のおかげで

会社最終日が終わった夜

毎年恒例の

徹夜での年賀状作りもしなくて済み

久し振りに連休初日はゆっくりと寝ていられる

と、思ったのもつかの間で

土曜日の朝、四時半に電話で起こされ

急ぎ、車で十分のうちの奴の実家に走り

アレやコレやソレやドレやで

土日を乗り切ったものの

月曜日に義父を入院させることになり

ドタドタバタバタすったもんだの内に

気が付けば休みに入って既に三日間が過ぎ

今年も残り二日となったので

ここいらでそろそろ

今年の締めの挨拶でも書こうかと思ったものの

この一年を全て振り返ってしまうと

とてもこの場では書き切れないので

とりあえずはと今月分だけを抜粋をし

書き始めたのですが

いつもこの時期に思うのは

ただただ反省あるのみで

結局はいつも同じ繰り返しで

昔は<あなたは大器晩成型>と言われていたけど

五十七歳になっても未だ未完のまま

美味しくなったミカンを食べたりして

相変わらずの学習能力の低さを感じつつ

二個目のミカンの皮をむき

「あー、今年ももう終わりかぁー」

などと

独り言とも溜め息ともつかない言葉が脳裏をかすめ

「これじゃいかん! 来年こそは!」

と、これまた恒例の儀式のように誓いかけるも

「おっと、今ここで誓ってしまうと
 新年一発目に書くことがなくなってしまうぞ」

と、アクセルは

いくら踏み込んでも全く利かないくせに

ブレーキだけは良く利くマイブレーキを心にかけ

「やはり、誓いは年が明けてからだ!」

と、まるで何処かの国の議員さん達のように

問題事は曖昧にした上で全て先送りをしてしまうという

そんな他人にも甘いけど

自分にはそれ以上にとっても大甘な私ですが

今年も優しく見守り

また、お付き合いいただいた皆様には

自分の中では最上級の感謝をさせていただきつつ

更に皆様のご厚情に甘えるべく

いや

ここは一歩下がって跪き

叱咤激励、御指導御鞭撻頂きたくなどと

ちょっと難しそうな漢字を並べたら

それらしく聞こえるかなと

いやいや

そんな不遜な考えではなく

真心より

平に平にとお願いを申し上げ候と相成る次第で

更に平たく言うならば

来る年も更に優しい気持ち全開で

私めとお付き合いをいただければ

これ以上の幸いは無いと

今、私は自信を持って言える訳で

ひとつ襟を正し背筋を伸ばしイスに座り直して

真面目な言葉で今年を締めるならば

「本当に今年もありがとうございました」

と、共に

皆様にとっても

大なり小なり色々あった一年だったでしょうが

新しい一年が

過ぎた年より例えホンの少しだけでも

「し・あ・わ・せ」

と、感じられる時が増えますよう

心から、心よりお祈りを申し上げ

今年一年の感謝の言葉とさせていただきます




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog