Neko

夢の汽車に乗って 想秋記  ~詩~

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


想秋記  ~詩~

日に焼けた腕の火照りも
秋が深まる頃には冷めてしまうでしょう

風の涼しさが鎮めてくれる
季節が変わった事も教えてくれる

時は流れ 時が流れ
ありふれた日々が私を包む

そんな風に一日が過ぎて
あなたの記憶も薄れていくのかしら




今はもうここにはない
あなたとの毎日だけどそれは嘘じゃなかった

例えばお互いに求めたものが
少しだけ違っていたんだとしても

私なりに あなたなりに
真剣な愛だったと言えるから

なのに目覚めた夢のまどろみの中
あなたの笑顔もいつかほどけていく




夕暮れの空はいつも
寂しさよりも私に優しさを連れてくる

もう忘れろと前を向きなと
私の背中をそっと押してくれる

心の中で 記憶の中で
あなたへの想いが変わっていく

そんな風に時が流れて
芽生えたものを想い出と言うのかしら




時は流れ 時が流れ
ありふれた日々が私を包む

そんな風に過ぎてく日でも
私なりに私らしく生きていけたらそれがいい



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog