Neko

夢の汽車に乗って 波長

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


波長

「いやぁ~ 昨日の合コンで知り合った子とさ。
 妙に気が合っちゃって
 その後でカラオケでやたら盛り上がったよ」


「何だか、今度来た課長とはウマが合わないんだよな」


「別にあいつの事は嫌いでも何でもないから
 悪口で言う訳じゃないけど
 何か、あいつとは波長がズレてる気がするんだよね」


言い方はいくつかありますが
色んな場面で
波長の合う、合わないということが起こります

古い話で恐縮ですが
かつての松田聖子流に言えば「ビビッときた」だとか
逆に「生理的に無理」だとかいうのも
やはり波長の合う、合わないということなんでしょう


もちろん
人間は電波を発する訳ではないし
超音波やテレパシーで会話をしている訳でもありません

なのに、相性が合う、合わないということを
「波長」という言葉で表したりします

会話をしてそれに気が付く場合もあれば
話さなくても
何となく合う、合わないを感じることがあります


それでは
相手の何を感じ取って
波長が合う、合わないという話しになるのでしょう?


過去の経験からの判断?

そういうこともあるでしょうね


敢えて曖昧な言い方をすれば
勘や嗅覚といった自己防衛本能でしょうか?

多分、そういうことなんでしょう


小さな子供や動物にはやたら懐かれるという人がいますが
それも、そう理解すれば頷けます

子供(特に赤ちゃん)や動物には
自分が生き残る為に本能的に
相手が敵か味方かを嗅ぎ分ける能力があるそうですからね


まぁ、もしかしたら
本当に人間は
機械も感知出来ないくらいの
人間同士にしか感じ取れないような
或る種の電波を発しているのかもしれません


それはともかく

デジタル全盛の現代においても
アナログ的な感覚というのは
人間においては依然として大きな幅を占めています

「好き・嫌い」だとか
「合う・合わない」というのは
数値では絶対表せないアナログの感覚です

逆に言えば
ここのチューニングさえ上手く出来たら
どんな人とでも
多分、上手く付き合っていけるということなんでしょう



スポンサーサイト

コメント

ビビッ!ときたのが物事ならばひらめき。
対人物ならば、錯覚。

波長とは穏やかに伝わるものではないでしょうか。

すみれさん、こんばんは。

それも含めて相性ということなのかも知れませんね。

周波数帯によって人は分けられるのかも知れません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog