Neko

夢の汽車に乗って その勝負、勝ったか? 負けたか? ~Everlasting labyrinth~

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


三年ほど前の話


会社の女性スタッフさん(以下「ス」)と話していた時のこと


ス 「そう言えばね、コンビニでバイトをしてる友達が
   言ってたんだけど・・・」


彼女の話はこうだ

 コンビニのバイト募集の張り紙を見て高校生が来た。
 彼は高校三年生で四月からは地元の専門学校に通う。
 ところが、その日は店長が不在だったので
 「今は店長がいなくて面接も出来ないから
  履歴書を持って、また後で来てくれる?」
 すると、彼はこう言った。
 「履歴書って何ですか?」


ス 「でね、彼女は開いた口が塞がらなかったんだって。
   その彼は今までバイトってしたことが無かったのかな?
   でも、高校生になって履歴書を知らないなんてある?」

私 「ん~ どうだろう?」


ふと長女のことが頭をよぎった

過去にも「言い間違い」武勇伝は数知れずの長女
(「夢の樹舎」の中の「夢乃家日和」参照)

『長女は知ってるだろうか?』

いやいや!
いくらなんでもそれくらいは知ってるだろ!
と、頭の中で打ち消すのに必死の私


私 「高校でも就職コースなら
   面接とか履歴書の書き方とか教わるだろうけど
   普通高校で進学予定だったら
   履歴書って書いたことが無いかもね」

ス 「それにしたって
   聞いたことくらいあるんじゃない?」

私 「まぁ、普通はね」

ス 「だよね~
   で、友達はその子がバイトに決まっても不安だって」

私 「でも、逆に言えば擦れて無いってことじゃない?
   変に世間擦れしていて生意気な子よりは
   素直に先輩の話を聞ける子の方が良いよ」

ス 「そう言う意味の素直な子なら良いけどね。
   ところで、娘さんも高校生だよね?」

私 「あぁ、二年生」

ス 「バイトさせたことある?」

私 「いや、部活、部活でそんなヒマも無いよ。
   部活に入る時も先生に
   『部活と塾は両立しないからどっちかにしろ』
   って言われて部活を取ったくらいだからね」

ス 「までも、娘さんなら大丈夫だね」


他人から大丈夫だと言われても
長女を良く知ってる私からしたら
それで安心出来る訳もなくて


私 「帰ったら長女に訊いてみようかな」

ス 「大丈夫だよ」

私 「でも、訊くのが恐いような・・・」

ス 「大丈夫だって」

私 「そうかな?」

ス 「訊いたら明日、教えてね(笑)」


ん?
「教えてね」の後の「(笑)」はどう言う意味だ?

はたして長女は
スタッフさんの期待に
応えてしまうのだろうか?



帰宅後の我が家

部活から長女も帰宅し
食事も終わってテレビを観ていた時

一抹の不安を覚えながらも
恐る恐る長女に訊いてみた


私 「ねぇ。お前さ、履歴書って知ってる?」

長女「?」

私 「いや、履歴書って知ってる?」

長女「何? 私をバカにしてる訳?」

私 「いや、どうかなって思ってさ」

長女「何それ? 知ってるよ」

私 「えっ? ホント?」

長女「当たり前でしょ。常識でしょ。
   でも、なんで?」


私は長女に
スタッフさんから聞いた話を聞かせた


長女「普通は知ってるでしょ!」

私 「だよな。安心したよ」

長女「何? 失礼じゃない?」

私 「いや、すまん、すまん」


常識かぁ~

良し!
これで明日スタッフさんに訊かれても
大威張りで話せるぞ


と、安堵したのも束の間

テレビの旅グルメ番組を観ていた長女が
突然、大声を上げた

長女「あー! これ私、知ってる。
   『ひまつぶし』だよね。
   修学旅行の時に食べたよ」


えっ!? まさか?

と、思ってテレビを観ると

そこに映っていたのは
まさかの「ひつまぶし」でした



常識は知っていても日本語に疎い長女は健在
(「夢の樹舎」の中の「夢乃家日和」参照)

お前さ~
今度
「漢字検定準二級」を受けると豪語していたけど
その前にやっぱり「日本語検定」受けたら?


チャンネルを変えておけば良かったと
後悔しても時既に遅し


あー、明日スタッフさんに何処まで話そう?

ダメだ、やっぱり
『履歴書は知っていたよ!』

そう言おうと心に決めた娘思いの私でした



時は流れて三年後

あの長女も今じゃ念願の図書館司書


夜のニュースを観ていた時
私は聞いてはいけない言葉を聴くことになったのです

テレビでやっていたのは直木賞受賞のニュース


長女「ねぇ、直木賞って何?」



三年の時を経て今なお続く私の中の戦い
あの時の勝負、勝ったか負けたか?

Everlasting labyrinth・・・orz



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog