Neko

夢の汽車に乗って 歯医者卒業記念文集~歯医者が嫌いな私が選んだ歯にまつわる諺?をショートストーリー風に演じてみた~

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


①痛くない歯を探られる(痛くない腹を探られる)

 治療イスに座った私を押し倒し
 私の自由を奪った後で
 歯医者は上の奥歯から順番に
 時折り歯をコンコン叩き
 或いは歯茎の間に針のようなモノを刺し
 歯と歯茎の状態を調べている。

 「痛かったら言ってくださいね」

 『全部痛いわ!』とは言えず
  涙目で頷く従順な男、それが私。

 やがて、下の奥歯まで終わると
 歯医者はおもむろに言った。

 「じゃ、レントゲンを撮りましょう」

 『なら最初に撮らんかい!』とも言えず
  歯科助手さんに手招きに誘われるように
  レントゲン室に入る私。

 治療イスで待つこと数分。
 出来上がったレントゲン写真を
 眼前のディスプレィに映すと
 歯医者はニコニコしながら説明を始める。

 「こことここね。ほら、黒く映ってるでしょ?
  これが化膿しているところで
  言ってみれば虫歯予備軍みたいなものなんですよ。
  今の内に治療をしておいた方が良いですよ」

 「いやでも、仕事も忙しいんで
  出来れば抜歯したところの治療だけ
  とりあえずお願いします」

 「でも、これが痛みだしたらもう遅いんですよ」

 「いやぁ、解ってるんですが。
  でも、今現在痛くないところは
  見て見ぬフリでお願いします」

 「でも、医者としてはね~
  レントゲンを見ちゃったからなぁ」

 「お代官様。そこを良しなに、ひとつ」

 苦笑いの歯医者。
 やった! 私は勝ったぞ~~~!

 それにしても
 さっきまで痛くも何とも無かった歯茎なのに
 刺された針のせいであっちこっちが痛い。

 痛くない歯はもう探らないでください!


②歯より団子(花より団子)

 「団子、食べる?」

 「いや、ちょっと今・・・歯が」

 「あら残念。じゃ、みんなで分けよっか?」

 「賛成~~~!」

 当然、娘らは私の心配より目先の団子だ。

 「いや、でも・・・一本だけ貰おうかな」

 「余計に痛くなるよ」

 「そうそう、治ったら食べればいいじゃん」

 「これ以上痛くなっても今日は土曜日だし
  月曜日まで歯医者に行けないんだよ」

 「いや、一本くらいなら・・・あはは」

 「ダメだって」

 「歯が解けちゃうよ」

 「ん~」←心が揺れる私

 「あ~~~~~!」←娘らの絶叫!?

 私は一本の団子を取ると一目散にダッシュした。
 歯より団子を選んだ私はその後二晩眠れない夜を過ごした。


③歯を決める(腹を決める)

 歯医者嫌いの私はちょっとやそっとのことじゃ
 決して歯医者に駆け込むことはしない。

 なんて大人な私。
 ガマン強さじゃ誰にも負けないと日頃から豪語。

 だが、それは突然やってくる。
 ピザの出前じゃあるまいしもちろん頼んじゃいない。

 しかし、それは突然やってくる。

 「やってくる~ やってくる~
  って、お前は貞子か?」

 最早、この程度のギャグじゃ笑えない。

 「はぁ・・・」

 溜め息ひとつ。
 ここは男らしく抜く歯を決める。


④歯事休す(万事休す)

 腹を決めたら後は覚悟をするしかない。
 駆け込み寺は最早<あそこ>だけ。

 いや待てよ!

 本当に他に打つ手立てはないのか?

 今までどんなピンチだって
 何とか乗り越えてきたじゃないか!

 いや必ずあるはずだ!

 九回裏、一発逆転サヨナラ満塁ホームランの秘策が!

 そんな想いを嘲笑うように
 ズキズキと突き刺しながら私の歯をもてあそぶ虫歯軍団。

 「あっ・・・もう、ダメ・・・」

 歯事休す・・・orz



ともあれ四か月かかった歯医者生活も
ようやくこの土曜日で卒業出来ました。

みなさんもどうぞ気をつけてくださいませ。
悪くなる前に歯医者に行きましょうね(笑)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog