Neko

夢の汽車に乗って 手を握ろう

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


手を握ろう

『手の冷たい人は心が温かい』だとか

『いや、手の冷たい奴は心だって冷たいはずだ』とか

そうかと思えば

『手の温かい人はやっぱり心も温かいものだ』とか

或いは
天の邪鬼な輩ならきっとこう言うのかな?

『いや、必ずしもそうとばかりは言えない』


そんな言い方をする人がいるけど

何を根拠にそういう話しになっているのかは
実際、良く分からないところです

≪手の温度と心の温度≫

それは比例するのか? 反比例するのか?
その実際について興味はありますが
因果関係は分かりません



でも、ひとつ確かなことは

手を握った時の手の温もりで伝わるものって
そう、確かにあるんだということ



例えば一緒に歩く時


もし
その先に不安な気持ちがあったとしても
握った手の温かさを感じたら
あなたは
安心をして先に進むことが出来るでしょう



指と指を絡ませて握る

指の先をちょっと摘むように握る

五本の指を合わせて
しっかりと相手の手を握る


二人の関係によって握り方も様々あるけど
伝わる気持ちは同じです



言葉は
相手に自分の気持ちを伝える為の
もっとも有効な手段です

でも
言葉が無くても手を握ることで
伝わる想いもきっとあるでしょう



親と子供

祖父母と孫

友達同士

恋人同士

夫婦 etc・・・


二人の関係や距離によって
多少の意味合いの違いはあったとしても

共通するものは相手への愛情です



だから

握った手が温かければ
あなたはそっと受け止めれば良いのです


もし

握った手が冷たければ
あなたの温もりで温めてあげれば良いのです



その想いはきっと伝わります






最近、あなたは誰かと手を握りましたか?



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog