Neko

夢の汽車に乗って 心の余裕って?

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


心の余裕って?

良く言われることではありますが

自分を愛することは他人を愛すること?
他人を愛することが自分を愛すること?

だとしても
自分の心に余裕が無ければ
それこそ
他人のことを構っているヒマも余裕も無いでしょう


では、心の余裕って何でしょう?
どうだと心に余裕が出来るのでしょう?


時間がたくさんあること?
お金・・・つまり生活にゆとりがあること? 
それとも
周りの人の自分への愛が満たされていること?

いや、そうでは無い他の何か?


いったい何が満たされたなら
心に余裕が生まれるのでしょう?

もしくは
何が満たされないと
心には余裕が生まれないのでしょうか?

あるいは
満たされていないと心に余裕なんて生まれないと
考えてしまうそのこと自体が
そもそも考え違いなのでしょうか?


考えれば考えるほど
禅問答の如く
答えは堂々巡りをしてしまいます

ある種の”達観”的な処に
答えは求めなければならないのでしょうか?


鶏が先か? タマゴが先か?

そんな話に似た
簡単なようで、実は深い問題です


もちろん
時間的なゆとりや
お金が足りて生活にもゆとりがあれば
確かに精神的な余裕は生まれます

生活にゆとりがあれば
周りを見渡す余裕もあるでしょうから
他人のことを気遣うことも出来るでしょう
他人に優しく接したり
そう、ボランティアに参加するとかもね


でも、本当の心の余裕って
そう言うことなんでしょうか?

お金や時間の有る無しで
左右されるようなものなんでしょうか?

多分、違いますよね

言い換えるなら
心の余裕って懐の深さなんでしょう

何事にも動じない心
何をも許せる大らかな心

言わば<悠然>

そう言った懐の深さを持っている人こそが
本当に心に余裕のある人なんだと思います


男と生まれたからには
懐の大きな男になりたいと思いながら
早、人生も半世紀をだいぶ過ぎて
大きくなったのはお腹周りと態度だけ?

ん~ 私的・・・プチ反省 ←プチかい?



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog