Neko

夢の汽車に乗って 引き出し

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


引き出し

改めて
自分の引き出しの少なさを思い知らされます。


引き出しが少ないのみならず
中に入っている<モノ>も
いつの間にか減ってしまっているようです。

昔は
自分の引き出しの中には
溢れるくらいたくさんの<モノ>が入っていると
自負をしていたんですけどね。



昔は食事の度に
「ご飯粒を残したらダメだよ。
 農家さんが丹精込めて作ってくれてるんだから
 残したらバチが当たるよ」
そう、母に良く言われていました。

そう言う母は
おひつに残ったご飯粒を
毎日きれいに片付けていました。

時には
縁に残ったご飯粒は
おひつにお湯を入れてうるかしたりしながら。


今、私は自分の引き出しの中に
こびり付いている<カケラ>を
何とかヘラで掻い出しながら文章を書いている。

そんな感じでしょうか。


ドラえもんのポケットのように
何でもすぐに出てくる
魔法の引き出しを
持っていたら良いのでしょうが
そうはいきません。

私の文章を読んでいただいた方からは
時折り
「お前は多重人格か?」
って言われますが
(私にとっては一番の褒め言葉です)
私にはそんなゴーストライターもいません。

昔は良く<ネタ>を提供してくれていた娘達も
今ではすっかり全うになってしまって
<ネタ>があっても提供を拒んでいます。


引き出しの中身って
使えば使うほど減っていきますが
使わないと
それ以上に失くなってしまいます。


引き出しの数や
その中身を増やす方法はたったひとつ。

感性を磨く事です。

本を読むのも良いでしょう。
音楽を聴いたり映画を観たり
もちろん
絵画や彫刻、そして写真鑑賞でも良いのです。

アプローチは色々ありますが
共通するのは作者の心に触れる事です。

つまり想像をする事。


でも
それだけではなくて
もっと身近なところにも
意外とその手立てはあったりします。


折しも
もうすぐ春です。

家を飛び出して
外に出てみるのが手っ取り早いかな。

地面を歩いて感じる事。
手に触れて感じるもの。

風の匂い。
空の色の変化とか野山が形作る風景。

目に見えるもの。
聴こえるもの。

きっと、たくさんあるね。


さぁ~
錆付いてきている感性を
また、磨き直ししなくっちゃ!!!



スポンサーサイト

コメント

おひつに残ったご飯。
懐かしい母の姿を思い出します。

若くて無限の可能性を信じていた頃は
空っぽの引き出しも、次々に一杯になったものです。
いつの間にか引き出しの数も少なくなり
しかも空っぽの引き出しばかり多くなってきました。
さあ大変!
街に出て風の匂い、空の色、木々の囁きを聴いてみよう。
春は可能性を引き出させてくれる季節。
自然の恵みに感謝します。


すみれさん、こんばんは。

そう、問題は身の回りにあるものを
どう受け止められるのか?
そう言った感性なんだよね。

言い換えると
どう自分の心持ちをフラットにしていられるかかな(^-^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog