Neko

夢の汽車に乗って 電話

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


電話

<ねぇ、泣いても良い?>


携帯が鳴った時
時計は深夜の2時半を回っていた。

いつもこれだ。

こっちが電話をしたって出ないくせに
夜中だろうが早朝だろうが御構い無しに
いつも一方的に電話をしてきて
一方的に喋りまくって
でもって、気が済んだら<バイバイ>

たまには
<こんな時間にゴメン>とかさ、言えよって思う。

まぁ、未だお前に言えた事は無いんだけどさ。


<ねぇ、聴いてるの?>

「あぁ、聴いてるよ」

<何? 今日のタカシは冷たいじゃん>

「ゴメン、まだ寝惚けてるんだ」

<ねぇ、泣いても良い?>

「なんだ? 又、フラレたのか?
 しょうがない奴だな。
 で? 泣いても良いけどBGMは用意したのか?」

<BGMって?>

「フラレた時の定番曲。
 中島みゆきの『うらみます』とかさ。
 今、お前が一番聴きたく無い歌だよ」

<そんなの聴いたら死んじゃうよ>

「それじゃ、そうだな・・・
 スピッツの『君が想い出になる前に』とか?」

<そんなの聴いたら切なくなるよ>

「何だよ、じゃあさ。
 HYの『366日』は?」

<そんなの聴いたら余計に辛くなるよ>

「じゃ、いっそ
 ドリカムの『ラブ・ラブ・ラブ』にする?」

<そんなの聴いたら泣いちゃうよ>

「あれっ? 泣きたいんじゃなかったのか?」

<そうだけど・・・>

「何だよ? 変な奴だなぁ~
 それならさ。
 素直に『声が聴きたかった』って言えよ」

<そんな事を言ったら負けじゃん>

「何だよ、それ?
 どうせ又、失恋をしたんだろ?
 なら、ついでに負けちゃえよ。
 きっと、楽になるぜ」

<口説いてるの?>

「口説いてやってるんだよ」

<何それ? バカみたい>

「バカじゃなきゃ、お前の相手なんかしてられないよ」

<ねぇ? アタシ、何で電話したんだっけ?>

「俺の声が聴きたかったからだろ?」

<しょってるね>

「どうせ、バカですから」

<変な奴>

「お前には言われたくないけどな」

<でも、スキ>

「お前には言われ・・・えっ?
 今、何て言った?」

<何が?>

「何がじゃないよ。今、言ったろ?」

<言ってないよ>

「言った!」

<言ってなぁーい>

「いやいや、言ったでしょ?」

<バカじゃないの?>

「お前、ケンカ売ってるのか?」

<アイシテル>

「やっぱり売ってるんだ?」

<ウフフ>

「えっ? あっ・・なっ、も、もう一度言えよ!」

<言わなぁーい>

「おぉーい!」


いつだって冗談とも本気とも取れない会話。

高校の時からだから
かれこれ10年は続いている事になる。

お前の喜怒哀楽に振り回されるのも
慣れたっちゃ慣れたけど
でも、もうそろそろ
”終わり-Happy End-”にしないか?


「あのさ」



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog