Neko

夢の汽車に乗って 満月になったら  ~ショートストーリー~

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


深夜、
突然夢の中でスピッツの「空も飛べるはず」が流れた。

そんな夢を見ていた訳では無い。
そんな願望がある訳でも無い。

だが、
俺の夢の中を掻き混ぜるようにその歌が流れ続けた。

”confusion”?

一瞬、我に返った時、
その歌と共に
枕元のスマホのイルミネーションが踊っているのが見えた。

着信だ。

「もしもし・・・」

<ごめん。寝てた?>

「あぁ・・・どうした?」

<なんかさ・・・空を見たら月が半分だったんだよね>

「半月だったんだろ?」

<半分の月って哀しいよね>

「・・・」

話が噛み合っていない。
しかし、そんな事にはお構い為しにお前は続けた。

<二人でひとつなんて言ってたクセにさ>

「なんだよ? 又、フラれたのか?」

<半分だけ残された月はどんな気持ちでいるんだろうね?>

「・・・」

<きっと、辛いよね。きっと、切ないよね>

「・・・」

そんな愚痴ともつかない話にスッカリ目が冴えてしまった俺は
ベッドから起き上がってメガネを探すと
目覚まし時計を確認してから
スマホを耳に当てたままソファまで行き
暗闇の中
そこに座るとテーブルの上の煙草を一本取り出して火を点けた。

<だって、半分だけ無くなっちゃうんだよ。
 今までそこに在ったものが半分だけ引き千切られて
 もう半分だけが中途半端に取り残されてさ>

「無くなっちゃいないさ」

<えっ?>

「そう見えるだけだよ」

<でも・・・>

「もう一度、空を見てごらん。
 本当に月は半分しか無いのかい?
 見えていないだけかも知れないよ。
 むしろ、今までもう半分があると思ってたのが
 本当は無かったモノなんじゃない?」

<意味が解らない・・・>

「本当の”丸”にはなって無かったって事さ」

<解るように言ってよ>

「ん~ それじゃさ。これから二週間、毎日。
 用件は何でも良いから俺に電話をしてきてごらん。
 そしたら解るよ」


それから二週間、お前は毎晩電話をしてきた。

昼にランチで食べた
エビピラフのエビがいつもより小さかった事。
会社のお局様の更年期障害が酷くなって会社を休んだ事。
実家から野菜とインスタントラーメンが送られてきて
母親からの手紙を読みながら
一緒に入っていた一万円札を握り締めて泣いた事。
シャワーを浴びていたら急に水になって慌てた事。
女友達の失恋話に付き合って
朝まで二人で泣きながらカラオケを歌い続けていた事。

etc・・・


最初の頃は十分、十五分だった電話が
数日立つと三十分になって
ここ三~四日は毎回一時間を超えるようになっていた。

話の内容はどれも他愛もない内容ばかりだったが
本当はそんな事はどうでも良い事だった。


二週間目の夜がきて
”いつも”のようにお前からの電話が入った。

<今夜で二週間だよ>

「あぁ、そうだね」

<約束覚えてる?
 二週間経ったら解るって言ったよね?>

「あぁ、言ったよ」

<じゃ、教えて>

「今、何処にいる?」

<部屋だよ。マンションの>

「それじゃさ。窓を開けて月を探してごらん」

<月を? なんで?>

「見つけられたら解るよ」

<ちょっと待って。今、開ける・・・>

「どう? あった?」

<・・・>

「どうした? 見つからない?」

<あった>

「えっ?」

<あった。もう半分・・・>

「ホント?」

<うん。だから・・・>

「何?」

<すぐに確かめに来て。
 私が見ているのが本当の満月かどうか>


俺はもちろん、すぐに駆け付けた。
きっと三分も経っていなかっただろう。
何故なら、俺はずっとここで待っていたんだから。
お前は気が付いていなかっただろうけどね。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog