Neko

夢の汽車に乗って 当社比  ~夢乃家日和~

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


夕食後の団欒の時間。


私は
ケラケラ笑いながらテレビを観ていた次女に訊いた。

「そう言えば、この前のテストはどうだったんだ?」

「どうだったと思う?」

質問に質問で返す次女。
こう言う場合は得てして結果に自信がある時だ。

「じゃ、訊くの止めようかな」

意地悪く私は言った。

「じゃ、言うの止~めた!」

「良いよ、訊かないから」

「でも、本当は知りたいんでしょ?」

「本当は言いたいんだべ?」

「あんたら又、漫才ですか?
 仲が良い事で」

長女が話に割って入って来た。

「お前ら、最近似て来たよな?」

長女が中学生だった時も
こんなやり取りがあったのを私は思い出していた。

「そんな事ない!」

声を揃えて二人が同時に言った。

「ほらね」

私は思わず苦笑をした。

「で、本当のところはどうだったんだ?」

「何が?」

「お父さんがテストの事以外で何か訊いたか?」

「だよねぇ~ どうしよっかなぁ~」

「ほらっ、本当は言いたいんだろ?
 素直に吐いてしまえ。
 故郷のお母さんが泣いているぞ。
 カツ丼喰うか?」

「お父さん、それ前も言った。
 しかも、お母さんは台所にいるし」

長女が呆れて言った。

「しゃーないな。じゃ、見せてやるよぉ」

まんざらでもないクセに渋々を装って
次女が鞄から五教科分の答案用紙を出してきた。

「どれ・・・ん? 何だこれ?」

「何?」

「お前、何でこんなところで間違うかな?
 落ち着いて考えたら解るだろ?
 しかも、何でひらがななんだ?
 同じ間違えるんでもせめて漢字で書けよ」

「テヘペロ♪」

次女がおどけて舌を出した。

「お父さん。 指摘するとこ、それじゃない」

長女が又、呆れた風に言った。

「でもね、平均点は中間より上がったんだよ」

自慢気に次女が言った。

「どれ?
 ん~ 確かに前回より10点づつ上がってるけど
 クラスの平均点も5点くらい上がってるぞ。
 まぁ、当社比10%性能アップってところかな」

「悪かったね! どうせ、元が悪いです!」

「いや、でも頑張ったじゃん。
 この調子で頑張れば
 今度は20%くらい性能アップが出来るぞ」

「そんなお父さんみたいに簡単じゃないよ」

「お父さんが? 簡単って・・・何が?」

「お父さんって最近又太ったよね?」

<ギクッ!?>

「な、何が?」

「太るのって簡単だよねぇ~」

「そ、そ、そんな事・・・ないべ?」

「いやぁ~ みんな思ってるよぉ~」

「そ、そうか?」

私は長女に
『否定しろよ』光線を送りながら睨みを効かせた。

が、アッサリと長女は言ってのけた。

「ハゲドウ!(激しく同意の意味)」

「でしょ、でしょ?」

我が意を得たりの次女が続けてトドメを刺してきた。

「言ってみれば、お父さんは
 当社比20%増量ってところだよね」

「お前、上手い事を言うね♪」

「イエーイ♪」

次女が長女にハイタッチをした。


某家の夕食後の団欒の場に
娘らの勝ち誇った笑い声が
コダマのようにいつまでも響いていた。

娘らのMAXハイテンション
当社比50%向上中。


・・・・・orz ←当社比テンション100%オフ




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog