Neko

夢の汽車に乗って 四月一日

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


四月一日

昨日、日曜日の夜は
待ち焦がれていた
『JUJU』のコンサートに行って来ました

一人で・・・

因みに、うちの奴は韓流・K-Pop専門
娘らはボカロかアニソンにしか興味の無い奴らなので
まぁ、こんなもんでしょ(笑)

チケットは早々にソールドアウトだったので
会場はもちろん満員

帯広市民文化ホール
キャパ1600名弱

半端無い女性率の高さもJUJUならでは?
多分、約8割が女性客

男性はと言うと
2~30代の若いカップルの片割れ(←ひがみ)

無理やり奥さんに連れて来られた風な
40代くらいの男性が若干名

と、これまた見渡してみると
半端無いオジサン(50代以上)率の低さ!?

恐らくは限りなく片手に近い一桁でしょう
私がいたから「0」では無いでしょうが(笑)

途中
JUJUと会場のやり取りの中で判明したのですが
”ぼっち”で聴きに行った人 = 3名

はい、私もその中の一人ですが・・・何か?

とすると
私って、JUJUのコンサートの中では
かなりレアな客だったという事でしょうか?

ともあれ
JUJUのスタイリストさんが
帯広出身と言う事もあってか
帯広ネタのトークと歌で大いに会場は盛り上がり
アンコール2曲も含め約2時間50分

JUJUの世界を堪能して参りました♪



さぁ、そして今日からは四月です!

さて、四月一日と言えば?


会社なんかでは今日から事業年度が新年度になります

今日が入社式と言う人も沢山いるんでしょうね

学校も入学式はまだでも
実質的には今日から新年度の始まりです

新入学生や新社会人は期待と不安の中
新たな生活をスタートさせます

頑張れよ!


既社会人は
年度末の締めを乗り切った余韻も冷めやらぬ内に
また新年度が始まりますね

みなさん、ご苦労様です!


そうそう
それから四月一日付けで転勤と言う人もいるでしょうね

新しい街での新しい生活
そして新しい出会い

良くも悪くも一旦、何かをリセットするにも
四月一日は区切りの良い日なのかも知れません

さて、どんな一日が始まるでしょうか?

みなさん、頑張っていき・・・えっ?

ん???

『何か忘れてないか?』ですって?

何を?(笑)


はいはい、そうですね~
忘れてはいませんよ

これね?

四月一日と言うと恐らく90%くらいの人は
『エイプリルフール』と、答えるでしょうね

一年に一度のネタですから
これはもう何か書かない訳にはいきません(笑)


『エイプリルフール』

一年に一度
冗談を言って人をかついでも
嘘をついても
許してもらえる日ですね

(とは言うものの
 嘘にも許される限度と言うモノがありますが)

でも、どうして4月1日なのでしょうね


由来は幾つかあるようですが

4月1日がイエス・キリストの命日で
キリストが弟子のユダの嘘によって
裏切られたことを忘れないよう
教徒達が定めたという説があります

ユダはキリストの12人の弟子の内の一人で
銀30枚でキリストを敵に売ったと言われ
レオナルド・ダ・ヴィンチの
「最後の晩餐」では
キリストがパンとブドウ酒をとって
自らの体であり血であると言うと共に、
ユダはキリストに裏切者と指摘されています

この最後の晩餐は木曜日
キリストが十字架にかかったのは4月1日金曜日
その3日後の日曜日に復活したそうで
今では復活祭として祝われています


この他にも諸説はあるようですが
どれが本命かは不詳のようです


ところで
エイプリルフールはいつ日本に伝わったのでしょうか

エイプリルフールらしきものが
初めて紹介されたのは江戸時代に遡るようです

当時は 「不義理の日」として、
人に義理を欠いてもいい日とされていたのだとか
(逆に日頃の不義理を詫びる日と言う説もあります)

これが
軽い嘘や悪戯で人をかついだりしても咎められない
と、言う風習が18世紀頃に欧米で起こり
それが日本にも大正時代に伝わって
「4月馬鹿」として徐々に定着をしていったそうです


エイプリルフールの話だからといって
嘘じゃありません

でも、本当かどうかもかなりナゾですが


ちなみに
私は”嘘や冗談は大嫌い”です!

と、言う冗談はさておいて(笑)


4月の歌と言って
私が真っ先に想い出すのは
サイモン&ガーファンクルの歌う

「4月になれば彼女は」です


英語で歌っているのを聴くと
「爽やかな良い歌だなぁ~」
って思うのですが

(なんせ英語は堪能では無い人なので)

詞を良く良く読んでみると
実はとても悲しい歌だったりします


これもある意味では
英語に騙されたって事になるのでしょうか(笑)






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog