Neko

夢の汽車に乗って 滅多に書かない堅い話 【夢乃的時事放談】

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


良く政治には
二種類の政治があると言われています

つまり
民衆の為にする政治と
自分の為にする政治です


本人は
国民の為に、国家の為に、地域の為に
或いは
国際社会に貢献をする為に
常に粉骨砕身していたとしても

(今の時代、こんな政治家が何人いるのか分かりませんが)

その結果
国が豊かになり国民が幸福になったとしても

その事で
自分の誇りや名誉や喜びを充たしているとしたなら
それは自分の為にする政治なのです

もっとも

同じように自分の為にする政治でも
私財を増やす事にばかり
心血を注いでいる政治家がいたとしたら
それは、それ以前に只の政治屋だと思うのですが


話を元に戻します


自分の為にする政治

それが悪いとか
偽善だとか言うつもりはありません

結果的に
国家・国民の為になっているのであれば
動機など国民は詮索したりはしないのですから



口では良く
”国民目線で”とか
”政局ではなく政策”等と言ってはいますが

それを実践出来ている政治家は
いったいどれだけいるのでしょう?

選挙での自身の公約を
当選後も覚えていられる政治家は
いったいどれだけいるのでしょう?



本当に国民の為を思い
国民の為に働いてくれる政治家がいるのなら
例え
それが”自分の名誉や満足”の為にする政治活動でも
私は構わないと思っています



新しい国民の負託が成されました

その結果
これから日本は何処へ向かうのか?

それを
私達国民はしっかりと見守っていかなければなりません


三年半前に吹いた風が今回は吹かなかったように
今回流れた風も次にまた同じ風が流れるとは限りません

その風向きを決めるのは私達一人、一人の一票です


当選をした政治家は
自分に託された
その一票の重みを忘れないでいて欲しいのです

決して
その魂を党や派閥に売る事なく
自分の信念を通し続ける
気概のある政治家で在り続けて欲しいのです


初当選の新人も当選十回のベテランも
議員として持つ権利や義務は対等だと言う事

悪しき慣習は正すと言う事

間違ったと思えばやり直す勇気を持つ事 etc・・・

大人が子供に教える当たり前の事を
当たり前に出来なかったのが今までの政治でした

(官僚も含めてですが)

それが変わるのか? やっぱり変わらないのか?

私達は有権者の責任として
それを見届けていかなければなりません

私達の、子供達の未来の為に



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog