Neko

夢の汽車に乗って 心の箍(たが)

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


心の箍(たが)

少しだけ

心の箍を外してみよう



心を縛るモノが大人としての理性なら

心を操るモノが社会人としての詭弁なら

心を曇らせるモノが家庭人としての惰性なら

心を揺らすモノが人としての欲望だとしても



身体はここにしかいれないにしても

心には自由な羽が生えている


それに気付く事に臆病になってはいないか?

正直になる事に臆病になってはいないか?



空想は非現実だと諦めてはいないか?

妄想は非日常だと戒めてはいないか?

幻想は非世界だと嘲笑ってはいないか?



こんなに心は自由なのに








-::---::---::---::---::---::---::---::---::---::-



ストイックなまでに自分を律して生きるのは

それはとても尊敬出来る立派な事だと思います


でも

締め続けた箍は意外と脆く壊れてしまうものです

それが人間なら尚更です



自分を律して箍を締め付けていると

箍を外すにも勇気がいるようになります


一度、緩めた箍を

もう一度締め付ける難しさを知っていればいるほど

箍を外せなくなるのです



でも

いつまで締め続けた箍は耐えられるのでしょう?



箍は締めたり外したりする為にあります

それは締める必要と、外す必要があるからです



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog