Neko

夢の汽車に乗って Dear Andy  ~追悼~

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


私が
初めて買った洋楽のレコードがこの歌でした



当時14歳だった私が

買ってきたこのレコードを見た両親の驚いた顔

無理もありません

それまでは歌謡曲しか聴いた事が無かった私が
いきなりの洋楽

しかも「Love Story」ですからね(笑)



”愛とは決して後悔しない事”
≪Love means never having to say you're sorry≫


この有名なフレーズは
覚えている方も多いでしょう

私も単行本を読み、映画を観つつ
このラストシーンに何度も感動をし・・・

今、考えると
随分とませた・・・いや

多感な少年だったようです(笑)



「そうか、愛とはそう言うものなんだ」

分かっていたのか?
分かってはいなかったのか?
未熟ながらも
少しだけ大人の世界を垣間見たような気がして
愛に大いなる幻想を抱き
美しい愛を夢見ていた少年の40年後

様々な経験を積み?
幾多の試練を乗り越えて来た今

思うのは

「後悔をした愛ほど美しい」

つまり

愛は想い出になってこそ美しさを増す

と、言う事です


だってね
現実はそんなキレイ事だけじゃ済まないのですから

あの「Love Story」の
オリバーとジェニファーだって
もし、普通に結婚をして何十年も経てば・・・


いや、それを言葉にするのは止めておきましょう

うん、それが賢明ですね?
危うく、世界中の「Love Story」ファンを
敵に回すところでした(笑)



フランシス・レイ作曲によるこの作品を
大ヒットさせた歌手の一人

アンディ・ウィリアムスが逝去しました


久しぶりにこの歌を聴きながら
想い出と共にご冥福をお祈りいたします


合掌・・・



 「Love Story」 アンディ・ウィリアムス



スポンサーサイト

コメント

懐かしいーーー!
「今日、お母さんとこの映画観に行くんだ」
と言った
中学生当時の友人の顔がパッと出てきました。
すてきな歌に感謝 m(__)m そして合掌・・

阿久津さん、こんばんは。

そうですね。
きっと、この歌声はずっと残っていくでしょうね。
想い出と共に思い出す人がいる限り(^-^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog