Neko

夢の汽車に乗って 彼岸

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


彼岸

そう言えば彼岸ですね



”彼岸”

仏教語でこの世とあの世の境を
川や海に例えて
その向こう岸を”彼岸”と言います

このもうひとつの意味は
”悟りの境地”を言うのだとか 


これに対するこちら側は
”此岸(しがん)”と言います

これは”迷いや悩みが多い現実世界”を指します


なるほど

確かに生きているって
ただそれだけで
迷いや悩みは尽きません


でも
逆に言えば
それこそが生きている証なのでしょう


迷いや悩み
悲しみや苦しみ、怒り

人と人が交わって生きていけば
どうあれ
思うようにならない事の方が多いのですから


でも
それすら
何も感じられない事の方が不幸な事なのです


そして何より

それと同じくらい
或いは、それ以上に

生きていればこその
喜びや幸せは有るものです


もしそこに違いが有るとすれば
それは個々の捉え方だけの話でしょう


【曼珠沙華】山口百恵



*彼岸花(曼珠沙華とも呼ばれています)
  花言葉は「悲しい思い出」「想うはあなた一人」
  そして「また会う日を楽しみに」



スポンサーサイト

コメント

そうですね。迷いや悩みも生きていればこそで、
捉え方一つで幸せや喜びを感じることが出来るんですよね。

百恵さんの歌を久しぶりに懐かしく聴かせて頂きました。
この歌も印象的でした。魅力のある人でしたね。

なおさん、こんばんは。

そうですね。
喜怒哀楽は世の常です。
どうせ背負わなければならない荷物なら
少しでも軽く出来るように考えたいものですね(^-^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Powered by FC2 Blog