Neko

夢の汽車に乗って 2017年12月
FC2ブログ

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


毎年、毎年、飽きもせず?
この時期はコレを書かなきゃ一年が終わらない的な?

そんな感じで
今年も飽きもせず書こうとしている訳ですよ

えっ?

『それしかネタがないからだべ?』

いやいや、私を誰だと思ってるんですか?
見くびってもらっちゃっちゃ~困りますぜ、旦那ぁ~

ねぇ?(笑)


ともあれ

<やっぱ、今年も書くんかい?(笑)>


十二月もいよいよ最終コーナーを回って
ラストの直線、しかも残りは四日となりました

と、いうことは

必然的に?
考えるまでもなく?

今年も後、四日で終わってしまう・・・そういうことですね



別に急かしているつもりはないのですが

「みなさん、師走ですよぉー!
 しかも後、四日で今年も終わっちゃいますよぉー!」



いや、別に急かしている訳ではないんですけどね(笑)



でも、優しい私としては思う訳です

「みなさん、大丈夫かな?」

なんてね



くどいようですが



師走です

何か、し忘れていることはありませんか?

師走だけに・・・し忘れ・・・しわす・・・れ?

<今年もそれが言いたかっただけだべ?
 いーかげんマンネリちゃうの?(笑)>



えっ?

私・・・ですか?

もちろんでんがな!
えぇ、もちのろんです

誰だと思ってます?
この私ですよ!

この世で一番信じられない奴ですよ!

<うん、自分で言うんだから間違いない!(笑)>



って・・・何の話でしたっけ?



そうそう!

師走の話でしたっけね

いや、し忘れの話でしたっけ?


ともあれ

これから迎えるのは<新年>ってくらいですからね


今年中にやらなきゃいけない事は全て終えて
遣り残す事なく
下手に持ち越す事もなく
万事つつがなく
キレイなキモチとカラダで
新しい年を迎えたいものです


ってなところで

みなさんは今年まだ
し忘れていることはありませんか?


早くしないと今年も終わってしまいますよぉ~


いや、別に急かしている訳ではないんですけどね

<とか言って、一番焦っているのはお前じゃね?
 ほら、年賀状も案の定まだだべ?(笑)>


な、な、な、何の話かな? さて???


と、ともあれ
皆々様、今年もありがとうございました!

懲りる事なく新しい年もよろしくお願いします


良い年を迎えてくださいね~


スポンサーサイト



今年もホームページ『夢の樹舎』に
クリスマスストーリー(ショートストーリー)を掲載しました。



*夢の樹舎をクリックするとホームページが開きます。

    夢の樹舎

短編小説 → X'mas stories にお入り下さい。

今年のタイトルは
「クリスマスなんて大っ嫌い!」です。






この言葉に続くフレーズは何でしょう?


一般&世間の常識が服を着て歩いている
なんて昔から良く言われていた私なんぞは

「そりゃあ決まってるべ。<お正月>だぁ~」

即座に自信を持って、そう答えるところです
あー、私ってば、何て真面目なのかしら

が、しかし

こうして人様を前にして書く訳ですから
それじゃ、<話>にならない訳でして

「まぁ、今時期なら正月の前にクリスマスだべさ」

とか

学童・学生諸君であれば迷わず

「何と言っても冬休みでしょ!」

なんてのもあれば

「何かと物入りな年の瀬だし
 今月は給料日まで待ち遠しいわぁ~」

なんてリアルな声も聞えてきそうですし

逆にというか?
あまり書きたくない?
他人様のハッピーな話では?

「苦節ん年
 やっとさ、こぎ着けた愛しい彼女との初デートだぁ~」

なんて不埒な・・・あっ、いや
まこと羨ましい話も出てくるんでしょうね

いや、ホント羨ましい限りで

「若いって良いわねぇ~」

なんて

誰かの本音も聞えてきそうです

(それはお前のだろ?)

いやいや、なんのなんの・・・
と、明確な否定は確かに出来ませんが
嫌みやお門違いの恨み辛みや、やっかみならいくらでも

あっ、いやいや



ともあれ

色々な「もういくつ寝ると」がありますが

考えてみると
そう考えている<時間>こそが
ホントは一番の楽しい時間ですよね

だって

<その日、その時>

が、来たら後は過ぎて行くだけです

しかも

楽しい時間、幸せな時間ほど
ホント、アッという間に、一瞬の如くにです

<光陰矢の如し>

とは、昔の人は上手い事を言ったもんです

これを専門用語で言うと
<小学生の遠足前夜症候群>と言いますよね?

知ってました?


しかしながら私は大人
小学生の何チャラとか言われても承服しかねます

ちょっと文学的に書くならば

<来るべき時を想う時間>

とでも、なるでしょうか


「あー、今年こそ宝くじ当たらないかなぁ~
 いや、もちろん10億だなんて
 そんな調子の良い事は言いません!
 1000万円で、いや100万円で構いません!
 どうか、どうか!
 もし、もし当選したら・・・
 そうだな、アレを買って、コレをして
 ん~それからアレも出来るな。
 いや、アッチの方が良いかな?
 もういくつ寝ると億万長者?」


外は氷点下の真冬の夜に
ベッドの中でホッカホカな妄想は果てしなく広がります

良いよね、これこそが幸せな時間!

(でも、お前。宝くじなんか買ってないべ?)

アレ? アレレ?

あっ、忘れてた・・・・・・・・


までも、までもさ

宝くじを買わなくても
これだけの妄想が出来るんだから私ってば凄くない?

でしょ?

私って凄~~~い!

自分で言うけど私って妄想の達人?

(いやいや、現実逃避の達人でしょ?)





PS.確かに宝くじは買うのを忘れていましたが
   今年もクリスマスストーリーは
   ちゃんと忘れずに書きました。
クリスマスにホームページにアップします。
   今年は手抜き・・・いやいや
   例年よりちょっと
   いや、かなり?
   短めな話ではありますが・・・


もしも、この時が止められるなら


何度もそう思ったよ

永遠が欲しかった訳じゃない


君を失いたくない ただ、それだけだった




もしも、もう一度君に逢えるなら

もしも、あの日に戻れるのなら


そんな事が叶わない事だなんて分かっている

それでも、つい思ってしまうんだ


「今なら、きっと上手くやれるのに

 あの頃よりももっと上手くやれるのに」って


そんな事を思ったところで

何も変わらない事も知ってはいるけど




だけど・・・




もしも、この時が止められるなら


あの日、心からそう願ったよ

永遠が欲しかった訳じゃない


君を失いたくない ただ、それだけだった


シワスイッチ

いやいや、別に
スイッチをポンと押すと
身体中、顔中がシワシワになるスイッチ
なんて、そんなホラーな話ではありませんよ

もちろんね

第一、私はホラーは苦手です
なんせ、高所恐怖症ですから?


そんな話はともあれ
世の中は今年もついに師走に突入です


そもそも
いったい誰がこの時期を師走なんて言い始めたんでしょうね

「盆暮れ」なんて言葉があるように
確かに、お坊さんは暮れも大忙しなんでしょう

なので

江戸時代辺り(適当ですが)
年の瀬にお坊さんが街中を忙しそうに
バタバタ、ドタバタと走っていたのを
誰かが見て衝撃を受けて叫んだんでしょう

「あっ、これって坊走じゃね」

それを他の誰かが又聞きをして

「おいおい、知ってるかい?
 みんなで暴走しなきゃなんないみたいだぜ」

それを聞いた他の誰かが勘違いをして

「江戸の街で暴走なんてとんでもねぇ!」
「いやいや、走っていたのは坊さんで」
「坊さん? すわ、門徒一揆か?」
「いやいや、問題ないっき」←苦しいダジャレ?
「問題ないことはないだろ?」
「ワイワイ」
「ガヤガヤ」
「すったもんだ」
「何じゃらホイだら」

そこへやってきた知ったかぶりのご隠居さん

「ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ。
 これは唐の国の名物で、師走と言うのじゃ」
「しわす? そりゃ、何ですかい?」
「普段は滅多に走ったりしない坊さんでも
 この時期には忙しくてあっちこっちに走るってことさ」
「そういや、おいらもいつもこの時期は
 金策に走り回るわな~そういう事かい?」
「まぁ、そんなもんじゃろ」←けっこう適当なご隠居さん


まぁ、そんなこんなで
めでたく日本に「師走」って言葉が定着をしたようです

(一番、適当なのはお前だろ?)←影の声

へっ? そ、そんな訳ないし!


さてさて、それもともかく
いったい、誰が「師走」のスイッチを押すんでしょうね?

「12月になったぞ~
 さぁ、みんな走れよ~! それ、ポン!」

とか?

で、それって誰?

というか、それはきっと他の誰でもなくて
各自が自分で自分のスイッチを押すんでしょう

他の月であれば
少しくらい遣り残した仕事があっても
それは翌日(翌月)やれば何とかなります

でも、年末は別ですよね

お尻が決まっているというか
ゴールが決まっているというか
仕事納めになると強制的に遮断機が下りるというか

つまり、普段の月締めはゴールへの一里塚みたいなもので
そこを過ぎたら次の一里塚まで走って
そこを更に過ぎたらその次の一里塚まで・・・

マラソンで言えば10km地点とか20km地点みたいなものです

で、年末の仕事納めが
否が応にもゴールという訳です

してみると12月は最後の直線
ラストスパートです

そりゃ、誰もがスイッチを押されなくても
必死に走るというものです

えっ?

「それじゃ、3月の年度末はどうなんだ?」

ですって?

そ、それはですね~

年末を年度末に書き換えて
同じ事を書いてごまかします! エッヘン!

(おいおい!)



今年、良い事がたくさんあった人は
その調子で新年も突っ走れるように

今年、良い事なんてまるでなかった人も
年が変われば潮目も変わることを期待して

まぁ~極めて平々凡々だった人は
それが一番の幸せなんだと自分に言い聞かせて

良い年明けを迎える為に
みんなで頑張ってラストスパートしましょ!


今年も残り僅かです

シワスイッチオン、ポン!



Powered by FC2 Blog