Neko

夢の汽車に乗って 2013年04月

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


”冬来りなば春遠からじ”

と、言いますが

今年の北海道は

”春来たりて尚、春は遠く”

そんな毎日です



例年ですと北海道でも
4月になると20℃を超える日もあるのですが

今年は未だ1度もありません



3月の時点では

桜前線の始まりは
例年より1週間早かったはずなのですが
北海道に到着するのは結局は例年通りのようです

いったい何処でサボっていたんでしょ?



私の住む町辺りは強風だけで済みましたが
北海道のオホーツク海周辺では
ついこの週末も10数cmの雪が降ったようです

それが隣の地方の話と思っていたら

まさか?

何と天気予報によると
ここも今日は雨か雪の予報です

マジッ?

そりゃ、桜前線だって
北海道くんだりまで来る足も遅くなりますか?



確かに
北海道でも標高の高い山間部や峠などは
5月の末でも雪が降るのは珍しくはありません


なので

この時期に平地に雪が降っても
おかしくはないのかも知れませんが

それにしても
あまりにKYな今年のYUKIです



本人はバレていないと思っているけど
実は会社中の全社員が知っている”公然の秘密”


例えば

独身40代、甘いモノが苦手なW係長は
一目惚れをした女性店員目当てに
会社近くのケーキ屋に毎日通って
食べもしないケーキを3個づつ買っているだとか


例えば

S課長は5歳年上の総務課のお局様
K女史と3年以上不倫をしているだとか


例えば

リーゼントが自慢の
M部長の頭髪が実はカツラなんだとか


例えば

F常務は
残り少なくなった髪の毛1本1本に名前をつけて
鏡に向かう度に話しかけているだとか


例えば

強面のT専務は実はロリータ系の女装が趣味だとか


例えば

恐妻家の社長の机の右上の引き出しの中には
顔にマジックで
髭とか鼻水や”へのへのもへじ”を悪戯書きをした
奥さんの写真が入っているだとか


そんな、いわゆる”会社のタブー”を

あっけらかんとみんなの話題にして
会社中を一瞬で凍りつかせる「雪女」のような女子社員


それにも似たKYさが今年のYUKIにはありますよね

(ここって、いったいどんな会社やねん?(笑))



折しもこの時期
世間ではGWだとか?

本州では桜も一段落して
あっちこっちそっちと国民の大移動

久しぶりの大型連休を満喫する1週間のはずで
我が北海道人においては
もうすぐ咲くであろう桜を楽しみに
そろそろ夏に向けて
各家庭においては庭仕事もやる気になる頃


で・・・何ですか?

雪?

何処に?

シベリアですか?
アラスカにですか?
南極にですか?


いや、今でしょ!

あっ、違った

北海道でしょ!


もう、さすがの北海道人にとっても

ここは何処?
今の季節は何?

そんな感じです



ねぇ?

試しにちょっと訊いて良いですか?



GWって何の略でしたっけ?


Greed Winter ?
(欲張りな冬)

Ganbarisugiru Winter?
(頑張り過ぎる冬)


いやいや

もういい加減に


GoodBye Winter


ねぇ、そう言う事にしてくれませんか!



スポンサーサイト
今日は4月28日

428・・・よつば


と、言う事で

春でもありますし
今夜は四つ葉のクローバーの話です


ん?

誰ですか?

「安直だぁ~!」

なんて言ってる人は?


まぁ、確かに
最近はネタに困って・・・

いやいや!

人間はね~ 素直が一番なんですよ!(笑)




”四つ葉のクローバーを見つけた人には幸運が訪れる”


そんな言葉を信じてか
昔は原っぱに行くと必ずと言って良いくらい
四つ葉のクローバー探しをしてました

そんな私の純情時代(?)

その割に
私はほとんど見付けられなかったんですけどね



滅多に見つからないのが
見つかるから幸運なんだって言いますが

所変われば

逆に
滅多に無いのが見つかるのは不吉な予兆だなんて
そんな事を言う人もいます


これは
ひとつには「宗教観」だったり
或いは
「民族性」だったりするのかも知れませんが

ポジティブ思考で考えるなら
ここはやはり
”幸運”なんだって思うのが良いんでしょうね





ついでと言ってはなんですが
四つ葉のクローバーにまつわる話を幾つか・・・


”四つ葉のクローバーは幸運の象徴”

この言い伝えは
ヨーロッパでは古くからあったようです


四つ葉のクローバーは十字架を表していて
それが”幸運をもたらす”事の所以になったそうです


三つ葉のクローバーは
キリストの三位一体(父なる神・キリスト・精霊)で
守護の意味がありました

そして
稀少性のある四つ葉のクローバーには
悪霊を退けてくれるパワーがあると
そう信じられていたのです


イヴは失楽園の折
四つ葉のクローバーを持って
エデンの園を出たとも云われています


また
四葉のクローバーは4Hを表すと言われています

つまり

希望(hope)
幸福(happiness)
愛情(heart)
健康(health)

です


ちなみに
五つ葉は金銭上の幸運
六つ葉は地位・名声の幸運
七つ葉は最大の幸運を意味します



余談ですが

今までに発見された中で
一番数が多いのは何枚葉だったかご存じですか?


世界一多くの葉を持つと認定されたクローバーは
2002年に
岩手県花巻市矢沢のクローバー研究者小原繁男氏の
鉢植え中に発生した18枚葉のもので
これはギネスブックにも登録されているそうです

しかし
その後、小原氏は2009年5月3日に
33枚のクローバーを発見し
ギネス認定に向け更新申請の準備を行っていたところ
1週間後の5月10日には
56枚のクローバーを発見したとの事


こうなってくると
いったい幾つの葉を持つクローバーが存在するのか
想像も出来ません


多葉クローバーは近年希少度を下げていると言われ
四つ葉をつけるクローバーが群生していたり
1つの株すべてが多葉という
クローバーの株が発見される事が増えているようで
その原因として
農薬や雑排水による土壌汚染が上げられるんだそうです

また
原子力発電所の周辺で多く見られるとも言われています

突然変異と言う事なんでしょうかね

東日本震災に端を発した原発事故を思うと
単なる突然変異では済まされないのですが・・・


こうなると
果たして四つ葉のクローバーって
本当に幸運の象徴となるのかは
はなはだ疑問に思えてきます

そうじゃなくたって
四つ葉のクローバーがたくさん群生していたら
何だか有り難味もないですよね


でも、もし

四つ葉のクローバーが
本当に幸運をもたらすものであるなら

東日本の被災地のみならず
世界中の自然災害被災地や
いつ終わるとも知れぬ紛争地
その全てが
溢れる程の四つ葉のクローバーで
覆われて欲しいと願います

428-clo-s.jpg


さぁ、四つ葉のクローバー君達!

汚名を返上するなら今だよ!

たくさんの幸運を連れておいで!



To be or not to be ?

昔、小学生の時

遠足に持っていくバナナは
お弁当か? はたまた、おやつか?


そんな熱い論議がありましたよね

50代以上の方なら
身に覚えが無いとは言わせません(笑)


まぁ、それはともあれ

現代でも
「これはどっち?」
なんて迷うようなモノってありますよね


例えば、そうね・・・

「ポニーテールとシュシュ」
これはAKB48? はたまた、SKE48?

これは皆さん解っているのかな?

いまや常識?

ホントに?(笑)

じゃ、正解は書かなくてもOKですね?


今、解らなくて焦っているあなた・・・

正解はWebで(笑)


これはまぁ
掴みのネタですが本題はここからです
ちゃんと付いて来て下さいよ


オーソドックスな例では

「西瓜」は野菜? はたまた果物?

なんていうのがありますね?

皆さんはどっちだと思いますか?


学術的には一般的に
木になる実は果物で
草茎、つるになるものは野菜
と、言われていますが
じゃ、木になる「栗」や「ナッツ類」は果物か?
つるになる「ぶどう」は野菜か?
と、言う疑問が残りますよね

ましてや
「パイナップル」の立場はどうなるんでしょ?


全国農業協同組合連合会によれば
野菜は種類によって
根・茎・葉・実等を食べる植物を言い
果物は実だけを食べる植物を言う

だ、そうです

じゃ、「エンドウ豆」はどっち?
食べるのは実だよね?
と、突っ込みたくもなりますが(笑)

ちなみに
食べて甘いものは果物と言う人もいますが
じゃ、酸っぱい「レモン」は野菜ですか?

と、なりますので
ここでも解決はしません


私的に納得が出来るとすれば
おかずにするのが野菜で
おやつやデザートになるのが
果物なんじゃないかなぁ~なんて思ったりもします


えっ?

「パンプキンパイはおやつじゃないの?」

「ポテトサラダはおかずだけど
 ポテトチップはおやつだし
 どっちにもなるあれはオカマみたいなものか?」

ですって?


えぇ、そういう人もいるんじゃないですか?(笑)


はたまた
前述の「栗」もそうだけど
「コーヒー豆」やら「お茶」とか
ビールの原料になる「ホップ」はどっち?

飲み物として食事と一緒にも摂りますが
明らかにおかずではないですよね

しいて言えば
野菜にも果物にも属さない第三極?


疑問はさらに疑問を呼び
調べ人を迷宮の彼方に誘い込む・・・

なんか、そんな感じ?(笑)


ネットなんかで調べても
色々な人が色々な事を言っていて
結局は結論が出ないのが結論のようです

私が見た中には
病院のお見舞いに持って行けるのが果物で
持って行けないのが野菜だなんてのもありました

何か、納得しましたが(笑)


話を元に戻しますが

西瓜に関して言えば
あくまで瓜科の植物なので
本当は野菜なんでしょうが
心情的には果物でいて欲しいかな

落着き処としては
本籍野菜・現住所果物
そんな感じでしょうかね


ともあれ
書いた以上は
何らかの結論を出さなきゃならないのですが

果物と野菜の境目?

私としては

食べる時におやつとして食べたら果物で
おかずとして食べたら野菜だ!

いっそ、そう言い張りましょうかね


そう、食べる人が決めれば良い話です

(何か投げやり?(笑))




さて、いよいよ始まった?

「To be or not to be」シリーズですが

(マジ?)

次回のテーマは

『「大学いも」はおかず? それとも、おやつ?』

です


皆さんはどう思いますか?
ご意見をお待ちしております


いつ書くのかは全くの未定ですけど(笑)


「ありがとう」

「ありがとう」

君がそう笑顔で言ってくれる度に
「ありがとう」って言葉が
こんなにも素敵な言葉だったんだって
改めて気がつくんだ


世の中には
当たり前の事なんて本当は何も無いんだよね?


何かをやってもらった時だけじゃなくて

そう、ただ君が傍にいてくれる事でさえも
本当は当たり前の事なんかじゃない




「サンキュー」

何か照れくさくって気恥かしくて
「ありがとう」が素直に言えない
感謝の気持ちが無い訳じゃないんだ
本当にダメだね


世の中には
言い方を変えてしまうと通じなくなる言葉がある


それでも君は笑って肩を叩いてくれた

いつかちゃんと「ありがとう」って言葉で伝えたい
今はまだ「サンキュー」としか言えないけど




「ありがとう」

君がそう唱えた呪文は僕を変えていった
魔法使いと天使が
もし同じ意味だったとしても
今ならなるほどって思えるよ


世の中には
こんなにもたくさんの言葉が溢れかえっている


時には人を包む毛布になり時には剣にもなる

だけど「ありがとう」って言葉を剣にする人はいない
それを教えてくれたのも君だったよ




「ありがとう」

君がそう笑顔で言ってくれる度に
「ありがとう」って言葉が
こんなにも素敵な言葉だったんだって
改めて気がつくんだ



似てる

もしかして
寂しさと片想いって似てるのかもね

「どう言う事だい?」

だってさ
切ない想いをするのはいつも自分だけだし
そして
いつかは誰かに自分を分かって欲しいって願ってる

「なるほど。
 その意味では確かに似ているかも知れないね。
 そして、どっちも自分の側の問題だしね」

そうなんだ
そこから一歩を踏み出さないと
どちらも解決しない
自分独りで悶々としているだけじゃね

「そうだね。
 その理屈だと
 優しさとワガママも似ているのかもよ。
 だって
 それって自分じゃ案外気がついていないものだよ。
 相手がそう感じているだけで
 自分がそう思っている訳じゃないもの」

うん、そうかも知れない
優しさにしろ、ワガママにしろ
知らないうちに相手に自分を押し付けている
そんな事もあるだろうな

「難しいところだけどね。
 でも、相手がある事だけに
 その判断は相手に委ねなきゃならない」

そうすると
もしかしてだけどね
正直者と嘘つきも似ているって事になるよね

「正直者と嘘つき?」

うん、相手に正直に言った言葉が
望まないにしろ
相手を傷つけてしまう事ってあるよね
そして
相手の事を思ってつく嘘もあるし
ほら、嘘も方便ってね
つまり
正直者がいつも正しいとは限らないし
嘘つきがいつも悪者だとは限らないって事でしょ?

「なるほどね。
 一見、対極にいる人が
 実は同じだったりする訳だ」

そう
対人関係ってさ
相手によって変わるものだからね
自分の態度とか行動って
相手によって変わるでしょ?
最初は皆に同じように接しようと思っていても
相手のリアクションや
自分に対する態度でだんだん自分も変わるよね

「そうだね。
 そうしなきゃやってられないからなぁ~
 誰もが聖人君子って訳じゃないしね」

うん、相手によって関わり方も違ってくる
それは仕方の無い事だよ

「かもね。
 で、どうした?
 急にそんな事を言い出して。
 何かあったのかい?」

そう言う訳じゃないけどね
ただ、似てるなぁ~って思ってさ
君と僕がね

「お前と?」

うん、過去の君と未来の僕
過去はもう変えられないだろ?
未来はもしかしたら変えられるかも知れないけど
どのみち、選ぶ道はひとつだとしたら
それは変えられないのと同じさ

「いや、それは違うな」

違うって?
どうしてだい?

「お前は過去は変えられないと言った。
 うん、確かにそれはそうだ。
 だけど、未来はお前が選ぶ事が出来るだろ?
 選べる道はひとつかも知れないけど
 その選び方で未来は変わるはずさ。
 違うかい?」

それはそうだけど・・・
でも、どんな選択をしたって
それがどんな結果になっても
やり直す事は出来ないよね?
それは過去が変えられないと言うのと
同じ意味なんじゃないかな

「いいや、全く違うよ」

違う?

「あぁ、違う。
 過去の俺がいるから今のお前がいて
 そして、未来のお前がいる。
 つまり、それだけ経験をしているって事さ。
 何もいきなり
 生まれたてのお前が選択をする訳じゃない。
 過去の俺を信じろよ。
 そしたら、ちゃんとした選択が出来るはずさ」

そっか・・・そうだね
僕と君は似ていて当たり前だけど
だからって
同じでいる必要はないんだものね
君がした後悔を僕は知っている
だから
後悔しない方法も分かっている
それだけでも随分違うよね

「あぁ、そうさ。
 俺はお前を
 後ろからただ見ているしか出来ないけど
 お前はもっと前を向いて行動が出来る。
 それが俺とお前の違いだよ。
 俺からしたら羨ましいよ。
 だから俺も分も頑張ってくれよな!」

あぁ、分った
頑張るよ

君と一緒にね



真実

色んな人が色んな事を喋っている



テレビの中で
ラジオの向こうで
開いた雑誌の中で
バスの中、向いの席の人が読んでいる新聞の中で



どれが真実?

何が本当?

誰を信じれば良い?



評論家の解説は
どれも当たり前の事を
もっともらしく言っているだけ

学者は簡単に言える事にさえ
難しく理屈をつけようとしている

官僚の釈明は
いつも抜け道を作っている

政治家の公約は
嘘を大義名分で隠している


ニュースキャスターの言葉は
いつも正論だけど
その言葉は視聴者には届いていても
一番聞くべき人には届いていない

マイクを向けられた市井の人の言葉の中にこそ
正義は、真実は、あるのだろうか?



あなたの目の前で話をしている人は



あなたに何を伝えようとしているのだろうか?



無尽の言葉が
空気の隙間を縫って駆け抜ける



どれが真実か

何が本当か

誰を信じるか



あなたは
自分の心に引っ掛かったモノだけを信じれば良い



それが多分

あなたにとっての真実なのだ



毎日

どの”毎日”も
いつもきっかり”24時間”有るだなんて

まさか本気で信じちゃいないよね?



時計番の神様だって
手を抜きたい時や
うっかりしちゃう事だってあるんだから
1日が
23時間47分しか無い日や
25時間12分有る日だってあるんだよ



身に覚えはあるでしょ?


「えー!? もうこんなに時間が経ったの?」

とか

「なんだぁ。まだ、こんな時間か・・・」


なんてね



でも
だからって心配はいらないよ



ちゃんと1年間廻れば
帳尻は合うように出来ているんだから



だから

少しぐらい1日の時間が多かろうと少なかろうと
そんな事をいちいち気にしちゃいけないよ


拘るべきはそこじゃないはずだからね



”毎日”は繰り返し巡ってくる


確かにね


でも

どれだけ
同じような毎日が繰り返されようと
同じように毎日が繰り返されようと

きっかり同じ日なんて1日たりとも無い



”毎日”なんて言うけど

本当は
昨日も今日も明日もある


”毎日”って”同じ日”って意味じゃないんだよ



それ自体は特別な事では無いけど

そこにいるボク達にとっては
”毎日”が特別な1日なんだ



本当はね



北国には冬に良く使われる言葉で
「積雪*cm」と言うのがあります

ようするに
今現在積もっている雪の量(かさ)を言うのですが
春の訪れを決めるのは
暦ではなくて「積雪0」宣言なんです


もっとも
何処の雪の量を測って
積雪何cmと言っているのか解らないし

加えて
積雪5cmだろうが0cmだろうが
よしんば10cmだったとしても
実際問題として私の周りの風景は殆ど変りません

だから
ニュースで積雪0宣言を聴いても
今更感も無きにしもあらずなんですが
それでも
何だか春がやっと公認されたようで
やはり嬉しいんですよね


北国にもやっと来たそんな季節


”春”


この季節は朝起きるのが辛いです

決して
早起きな訳ではないし

(7時起きです)

何より

確かに
夜更かしをする自分が悪いのではありますが

(2時半~3時就寝です)



布団に入って目覚ましをセット

『そろそろ寝るか。
 さて、今夜はどんな夢をみようか』

と、思った瞬間・・・秒殺で爆睡

『ムニャムニャ・・・』

しかし
それがどんな夢かを記憶をする間もなく

朝、決まって定時に鳴る
律儀な目覚ましのベルに現実に引き戻される

眠たさと後悔

『あぁ、もう朝?
 眠い・・・ あぁ・・・
 ・・・でも、起きなきゃ・・・』

そう思いながら
5分後に再び鳴るであろう
目覚ましの律儀さに託して目を閉じる


きっちり5分後

私の目覚ましはなんて律儀な奴なんだろう?

(スヌーズ機能ですから)

まぁ、律儀なのは良い
ズボラな目覚ましじゃ困るんだから

(任せてください
 日本の誇る精密機械ですから!)

でも
少しくらいは
融通をつけてくれても良いんじゃないか?

心の中でそうぼやきながら
ぼんやりと時計の針を見る

『どうする?』

そんな飼い主の心の声にはお構いなしに
自分の任務に
ストイックなほど忠実で律儀な目覚ましは
ひたすら「起きろ!」とベルを鳴らし続ける

(それが、the 仕事 です)

『分かった、分かった。
 分かったから意地悪は止めてくれ。
 ちゃんと起きるから』

と、目覚ましを油断させて
その隙に

『さよなら、目覚まし君・・・』


また、目覚ましを止める


再び5分後

『分かったよ~分かりましたです!
 はいはい・・・』

いくら律儀な目覚まし君とは言え
これ以上起きなきゃ
さすがに怒ってもう起こしてくれなくなる?

(さすが、解ってるじゃん?)

そんな妙な強迫観念にかられて
渋々、起き上がる

『今夜こそ早く寝よう。
 そうだ、そうしよう!』

自分にそう言い聞かせる
呪文のように何度も、何度も・・・


しかし、喉元過ぎれば何とやら!?

夜になると元気になるのだからしょうがない

かくして、夜更かしは今夜も続く

明日の朝になれば
また後悔をするのは分かってはいるのだけど
短い一生だと思えば
簡単に寝てしまうのはもったいない


結局、季節や何かには関係なく
年がら年中
後悔と葛藤の朝は続く


”孟浩然”曰く

春眠 暁を覚えず
処処 啼鳥を聞く
夜来 風雨の声
花落つること 知るやいくばく

(夜が明けたことも知らずに眠っていた。
 気が付けば鳥が鳴いている。
 夕べは風雨が強かったので
 花は散ってしまったかも知れない)


春眠ね?

まさしく!

北海道では今まさにこの季節?

でも
なんせ私は季節に関係なくって人ですから

季節が巡るのに合わせて

春眠暁を覚えず
夏眠暁を覚えず
秋眠暁を覚えず
冬眠暁を覚えず

なぁ~んてね!


ん?

冬眠???

そうだ!

冬眠したいなぁ~

今度の冬は絶対そうしよう!


寒くなってきたら冬眠してさ

でもって
目が覚めたら春って良くない?

良いよね~?

うん、絶対良いよ!


春になって
少しくらい寝過ごしたって
「春眠暁を覚えず」と言えるのだから


≪家内安全上の注意≫

*ご使用の前に必ずお読みください

  ・本製品を正しく使用する事により
   家計費を銀行にチャージする事が出来ます。
  ・言葉の言い方ひとつで
   すぐにイジケる危険性がありますので
   その取扱いには十分な優しさが必要です。
  ・出会った頃の髪形や体形を
   今と比べるのは止めましょう。
  ・長期間の使用により
   各部・各処が確実に経年劣化を起こしていますが
   これは故障ではありません。
  ・生モノですので長期間使用にならない場合は
   腐らないようにご配慮下さい。
  ・製品により外観に於いては個体差がありますが
   これらは製造上における要因・都合の為
   全てリコールの対象外です。


1.準備編

(1)本製品の主な特徴を知る

  ・至って単純。
  ・決まって都合の良い勘違いをします。
  ・女性の涙に弱い。
  ・子供には甘い。
  ・おだてるとすぐにその気になります。
  ・調子に乗ると暴走するかも知れません。
  ・凹むと人生が終わりのような顔になります。
  ・女性に声をかけられただけでニヤケます。


(2)安全の確認

  ・健康診断はこまめに受けさせましょう。
   これにより将来の展望が変わる場合があります。
  ・保険は十分に入っていますか?
   常に本製品の体調を観察し
   洩れの無いように準備しておきましょう。
   ご自分の将来の為です。  


(3)設置の仕方

  ・食卓に配置する場合は
   嘘でも本製品の固定位置を上座と呼びましょう。

(4)会話の仕方

  ・命令口調は極力避けてお願い口調で話しましょう。

(5)リモコンの操作

  ・子供は常に味方にしておきましょう。
   本製品への良い人質となります。
  ・義父母には常に心配りを忘れず
   良い嫁である事を印象付けておきましょう。

(6)各部の名前と特徴

  ・頭髪 標準・薄毛・禿の3タイプがあります。
  ・顔  付いているだけで儲けモノです。
  ・目  Hな被写体だけは良く見えています。
      嘘を付くと視線が不安定になります。
  ・耳  都合の悪い事は聴こえません。
      妻のヒステリーは自動的に遮断します。
  ・口  餌を良く食べます。
      歳を取る程お世辞が下手になります。
      解り易い嘘を付きます。
  ・肩  間違いなく凝っています。
  ・背中 単なる猫背を
      男の哀愁と勘違いする傾向があります。
  ・腹  脂肪貯蔵庫。
      前に進む為の重石の役目もしています。
  ・手  指が各5本づつ付いています。
  ・足  短くても動作にはほぼ支障はありません。


2.基本操作編

(1)話を合わせる

  ・適宜適当にどうぞ。
  ・心に思った事や本当の事は
   決して軽々しく口にしてはいけません。

(2)スイッチを入れる

  ・優しい気持ちで感謝の言葉を並べると
   正常に動作します。
  ・時には歯が浮くくらいのおだても有効です。

(3)観る

  ・携帯や手帳は決して無断で開かないで下さい。
  ・怪しい言動を感じた時は
   確実な証拠が出るまでは様子を観ましょう。

(4)録画する

  ・本商品には記憶機能が付いていません。
   何年も前の約束を覚えていないのはこの為です。

(5)音量の調整
    
  ・本機には音量調整ツマミはついていません。
   うるさい場合は耳を塞ぎましょう。

(6)リセットをする

  ・オプションのRIKON用紙を別途お求め下さい。

(7)誤動作防止機能

  ・メーカーオプションです。
   義父母に装着の有無を確認してください。

(8)スイッチを切る

  ・くれぐれも早まらないようにご注意下さい。


3.日頃のお手入れについて

  ・小遣いは収入により補充額を決めましょう。
  ・餌だけはどんな時も
   切らさずに与えておきましょう。
  ・潤滑酒は適量を与えましょう。
  ・下着と靴下だけは毎日替えさせましょう。


4.耐用年数について

  ・年金、各種保険の事を考えるなら
   耐用年数を超えても使い続けましょう。


5.故障かな?と思ったら

  ・知らんフリをせず病院に行かせましょう。
   上手く治療・入院となれば保険金が手に入ります。


6.保証期間

  ・定年までは黙って従っておきましょう。
   弱みさえ握っておけば
   反撃はいつでも出来るのですから。

 (有償事項)
  ・故意の暴言及び破壊の場合は慰謝料が発生します。

 (免責事項)
  ・本製品の浮気は未知期間3年を以って免責とします。


7.仕様一覧

  ・寸法  家と会社では態度が変わります。
  ・重量  増やすも減らすもあなた次第です。
  ・腹囲  経年と共に増殖成長します。
  ・性格  JAS規格:小市民。


8.対訳付エラーコード表

  ・SHIRAN(知らん)  トボけて誤魔化す。
  ・NO38-5(飲み屋の子)浮気の言い訳。
  ・TUKIAI(付き合い) 相手を確定したくない場合。
  ・SETTSI(接待)   仕事だと言えば許される。
  ・METABO(メタボ)  運動不足。カロリー過多。


≪お客様センターについて≫

  ・困った事があれば本製品の製造元にご相談ください。
   但し、あなたが良い嫁の場合に限ります。
  ・本製品に関わるクレームは一切受け付けていません。
   購入後は全て自己責任でご使用ください。
  ・本製品は生モノですのでクーリングオフの適用外です。



ねぇ?

あなたと並んで歩くのが好きだった

斜め下から見上げる顔は私だけのあなた


あなたの見ている先は何処でも良かった

ただ、ついて行くと決めていたから



あなたは照れくさいのがとても苦手で

腕を組むのはいつも私の方からだったね


あの雨の夜 傘で二人を隠して

スクランブル交差点 初めてのキスをした



出会った事が運命だったとしても

別れた事が運命だとは思いたくない

あなたと別れる為に出会ったなんて

信じたくないでしょ? ねぇ?





都会の風はいつもよそよそしくて

惑いの日々が二人を不安にさせる 


それは他愛も無い ただのすれ違いのはずだった

良くある事よね? そんな事くらい



都会の街の灯りは夜空に繋がっているから

煌めく星も月も偽りの輝きに見える


あなたが話してくれた故郷はきっと

こんな星空じゃないんでしょうね



「さよなら」と、いっそ言ってくれたら良かった

私も「待つわ」なんて言わなくて済んだもの

今でもあなたを待っている私

バカだなって笑ってよ ねぇ?





出会った事が運命だったとしても

別れた事が運命だとは思いたくない

あなたと別れる為に出会ったなんて

信じたくないでしょ? ねぇ?



春ですか?

世の中には
聞き間違いや勘違いなんて言うのは
まま良く有りますが
春になるとよく見かけるのが
こんなパターンでしょうかね~



-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-



スーパーで買い物中に店内アナウンスが流れました

『本日は月に一度のお得セール中です。
 商品も豊富に用意していますので
 ごゆっくりお買い物をお楽しみ下さい』


それを聴いていた
ちょっとハデ目の主婦らしき二人組

足を止めると
その内の一人が妙なハイテンションで
もう一人に話しかけた


「キャー♪ ちょっと、ねぇ~ 今の聞いた?
 男セールですって!
 しかも経験豊富って。キャー、どうしましょ♪」

「うっそぉ~ ホントに?
 いやぁ~ん♪ もう好きにして♪」

「でも、何処にいるのかしら?」

「ねぇ、あそこの店員、けっこうイケメンじゃない?
 訊いてみたら?
 『ボクですよ』なんて言われたりして♪」

「キャー♪ ホント、素敵~♪
 私、訊いてくるわ♪」

「ずる~い! 私が最初に見つけたのよ!
 あなたには素敵な御主人がいるでしょ?」

「そんなの関係無いわ!
 それを言うなら、あなたのとこなんか
 メタボな御主人がいるじゃない?
 しかも、舅、姑付き~」

「ひどぉ~い!
 何よ、あなたのとこなんか・・・」

「ねぇ、待って! ”彼”行っちゃうわよ!」

「あぁ~ん、一人で行かないでぇ~♪」

「早く行きましょ♪」



あのぉ~
それ、止めておいた方が良いと思いますよ

『お得セール』っての聞こえませんでした?

しかも、経験豊富なんて言ってないし



-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-



ある日、本屋に行った時の事

入口を入ってすぐの所に掲示板があって
そこにA4版の手書きで書いた貼り紙がありました

それをマジマジと見ていた
こちらも主婦と思われるお気楽そうな三人組


「ねぇ、これ見て、見て! 男教室ですって!」

「あら、本当♪
 今はいろいろな教室があるのね~」

「嘘! そんなのある訳?」

「だって、ほらここに書いてあるわよ♪」

「あらぁ~ ねぇ、どうする? 行っちゃう?」

「でも、何を教えてくれるのかしら?」

「男の生態とか?」

「キャー、いやぁ~ん♪
 ねぇ、ねぇ、もしかして手解きされたりして?」

「あぁ~ん、お久ぶりだわ~♪
 ねぇ、あなたはどう思う?」

「そんなものはどうでも良いわよ。
 良い男じゃなきゃ嫌だけどね」

「そうよね。旦那みたいなのは嫌だわ」

「ねぇ、ねぇ、イケメンの先生だったらどうする?」

「いっちゃう、いっちゃう♪」

「私、倒れちゃう♪」

「ねぇ、これから行ってみたい?
 善は急げって言うわよ♪」

「ねぇ、ちょっと待って!
 私、化粧を直してくる」

「あっ、ずるい! じゃ、私は下着売り場に行くわ!」

「下着? どうして?」

「だって・・・ねぇ? 困るでしょ?」

「別にぃ~ 私はいつも勝負下着だもん♪」

「あ~ ずる~~~い!」

「ねぇ、それより早く行きましょうよ♪」

「キャー、賛成~♪」



あれっ?

ちょ、ちょっと

あのぉ~ それ何か、違ってません?

もう一度、よく見直した方が・・・


その貼り紙にはこう書いてありました

『お琴教室。生徒さん募集中』



-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-



いやぁ~ 春ですね


男性諸君!

負けてはいられませんよ(笑)



「もう帰らなきゃ」
喉まで出かかった言葉を飲み込んだ

切なげな君の笑顔を見ると
また抱き締めてしまう


重ね合う唇
見つめる君の瞳が僕を引き留める

君のいない明日なんていらない
想い出が欲しい訳じゃない


抱き締めて 又、抱き締めて
それでも愛する時間が足りない

逢えば過ぎる時の速さは
追いかける君への想い

もしもひとつ 願いが叶うなら
二人の時間を止めて 永遠に




逢いたさに
心募らせて待ちわびた幾つもの夜

「おやすみ」のメール 胸に抱いて
夢の中で待っていると書いた


僕の肩に
寄り添う君は本当の僕を知っている

窓の外に広がる光の海
「キレイね」とポツリ 君が呟く


君の細い肩を抱き寄せて
君の長い髪を指でなぞる

過ぎた時を戻せないなら
せめてこの瞬間で止まれ

もしも君を奪えないのなら
二人の時間を止めて 永遠に




時を忘れた
冬のカナリアはとても哀しい

他人には聴かせられない歌
それでも歌い続けようとする


煙草に火をつけて
僕に差し出す君の白い指先

「愛している」とは言わない二人
口にすれば嘘になるから


明日の来ない街があるなら
君を連れて行きたい

絡めた指 握り返しながら
抱き寄せて 君を抱き締めて

もしも時間が二人引き離すなら
このまま時間を止めて 永遠に



”男子厨房に入るべからず”
なんて言葉があります


”男たる者・・・”みたいな
バリバリの男尊女卑思想を踏襲していた
戦前の日本の家庭だとか
九州男児の御主人を持っている家庭だとか
そんなんじゃなければ
今では最早、死語なのかも知れません

何せ、今は男女同権の世の中
男も家事を手伝い
育児を手伝うのが当たり前と言う時代です

まぁ
現代の男と女の位置関係を見たら
本来なら
こんな言葉は存在自体がとんでもない

そうなるのも当然です


でももし
現代でもこの言葉が残っているとすれば
保存会の主要メンバーは
もしかしたら
逆に現代の主婦達なのかも知れません

えっ? 根拠ですか?

では、後でバッシングをされても困るので
公正を期す為に
タイプの正反対の主婦を例にとって説明しましょう


1人目はキッチリ派の主婦の場合です

まずは冷蔵庫の中を見てみましょう

このタイプの主婦は
常に冷蔵庫の中はキッチリ整理整頓されています

『今夜使う食材』『明日使う食材』等を
キチンと分けて並べてあり
もちろん
冷気が無駄になるような入れ方はしていません

当然、きちんと賞味期限管理もされています

このタイプの主婦は
他人に領域を荒らされたくないと思っています

せっかくキレイに整理してあるのに
それをグシャグシャにされたら耐えられません

なので
他人に冷蔵庫は開けさせたくはないのです

ほら、いるでしょ?

「冷気が逃げるから早くドアは閉めて頂戴!」

なんて女性がね

本当は電気代じゃなくて
冷蔵庫の中を
変に触ってグシャグシャにされたくないんです


ガステーブルもいつもピカピカにしているので
お湯が吹き零れたり、油が飛んだりなんかしても
何より先に拭き取って又、キレイにします


鍋・釜・フライパンも然りで
1つ、1つ、使い終わる度に洗って片付けます


シンクも同様
水垢なんかが残っていたらもう大変です

食事の支度なんかそっちのけで
シンクの磨き掃除を始めます


破れ鍋に綴蓋とはよく言ったもので
不思議なんですけどね
こういう几帳面な女性には
意外と大雑把な男がくっつくんですよね


元々が男の料理って良く言えば大胆です

何の料理には何が入っていなければいけないなんて
そんな事に拘る男なんて滅多にはいません

なので
とりあえずは冷蔵庫を覗いたら
何があるのか食材を確認する為に
中を手当たり次第に物色します

それから作れる料理を考えます

ただ、確認をする為に冷蔵庫から出した食材や
使って余った食材は
大概は元あったようには仕舞いません

ガステーブルも汚れるのが仕事だと思っています
油が飛んだからと言って
料理を中断してまで掃除なんかしません

掃除をするのは食べて一段落してからで十分
そんな風に思っているものです

それでも自分で洗い物までするなら良い方で
男の料理は作って食べるまで

基本的に片付けや洗い物が好きな男はいません

ルーズな男なら猶更です


キッチリタイプの主婦にはこれが許せないのです

「こんなになるなら台所に入って来るな!」

ねぇ? そうなるでしょ?


2人目はズボラな主婦の場合です

ズボラな主婦は整理整頓が苦手です

冷蔵の中は冷気がどうとかお構いなしで
正体不明の食材が隙間無く詰めてあります

半端に口の開いたままの豆腐が入れてあったり
野菜庫にはしなびたニンジンやピーマン
冷凍庫の中ではカラカラに乾燥した冷凍食品


ガステーブルの汚れだって気になりません

前述の男じゃありませんが油が飛んだからと言って
料理の味が変わる訳じゃないと自信満々です


鍋・釜・フライパンの類ですか?

えぇ、なぁ~に
鍋に1週間前のカレーがこびり付いていたとしても
次に使う前に洗えば良いんだって言ってます

「そんな神経質にならなくたって
 死にゃしないわよ」

ほらね?

そんなんですから
シンクが汚れていたってカビが生えていたって
別に気にはしません


ただね
さっきも書いたけど
こう言うタイプの奥さんには
逆に神経質だったり几帳面な男が付くんですよ

「お前、何だこれは!」

ズボラな主婦とは言え一応人間です

こんな事を言われたらムカッと来るでしょ?

「そんなに言うならあんたが作ってみなよ!」

でもね
こういう主婦の御主人って
意外と料理も出来ちゃうんですよ

しかも片付けもパーフェクト

ドヤ顔で出された料理も

『美味しい♪』

主婦の立場無しですな

そこで普通なら御主人を煽てて
料理担当部長に任命をしたい処でしょうが
ズボラな主婦にも一応プライドがありまして

「ふん、まぁまぁね。
 でも、こんなモノを作る暇があったら
 ちゃんと稼いできてよね」

なんて憎まれ口を叩きます

そして、ズボラな主婦はこれ以上
自分の立場を失くしたくは無いのでこう言います

「もう、邪魔だから台所に入って来ないで!」


一見、対極にいるような主婦2人ですが

”男は台所に入ってくるな!”

と、言う部分に於いては
共通認識を持っているのです

もちろん、その意味は全く真逆なんですけどね


かくして
”男子厨房に入るべからず”と、言う言葉は
本来の意味とは関係なく
その生存を願う主婦達に守られながら
現代の日本に於いても脈々と生き続けているのです



五円も過ぎれば?

地獄の沙汰も金次第なんて申します

政治家さんやお役人さんがお金好きなのは
現世も地獄も変わりは無いって事でしょうか?

まぁ、そう言う私も嫌いじゃありませんがね


でも

お金は寂しがりだから
たくさん仲間がいる処にしか集まらないのだとか

解るわぁ~

道理でね
我が家には集まらない訳です


ところで
お金って言うのは女性と同じなんて言う人がいます

追えば逃げる

こっちが逃げれば・・・そのまま追っても来ない?

でも、札束をチラつかせたら戻って来たりして?

確かに
金の切れ目が縁の切れ目なんて言いますがね




落語でお馴染みの
熊さんと八っつぁんが
縁結びの神社にお参りに来ています


熊「なぁ、そろそろ嫁さんでももらいてぇもんだね」

八「そうよなぁ~ 俺らももう三十路だからな」

熊「でもよ、男二人で縁結びの神社なんてよ。
  何だか侘びしかないか?」

八「でも、そんな事も言ってられねぇやね。
  ほら、熊公。
  ここは一発、バシッとお参りしようじゃないかい」

熊「そうだな。良し!」


熊さんと八っつぁんは神社の社殿の階段を上り
賽銭箱の前まで来るとお互いの顔を見合わせた


熊「なぁ、ところでよ。
  おめぇ、お参りの仕方って知ってるのかい?」

八「お参りの仕方? そんなもんあるのかい?」

熊「そりゃ、あるだろうよ。なんせ神社だぜ」

八「じゃ、どうするんでぃ?」

熊「どうって・・・どうする?」

八「なんだい、頼りねぇ奴だな」

熊「じゃ、ちょっと御隠居さんにでも訊いてみるかい?」

八「長屋に戻るのかい?
  やだよ、面倒くさい。チャチャってやっちまおうぜ」

熊「チャチャったってよ。そりゃマズくないかい?
  相手は神さんだぜ」

八「なぁに。神さんだって商売だ。
  金になるんなら文句は言わないさ」


八っつぁんはそう言うとニヤリと笑むと
巾着から百円玉を取り出して熊さんに見せた


熊「おー、豪気だね~ 百円も賽銭にするのかい?」

八「チッチッ。違うよ。百円玉は見せ金さ。
  本当に投げるのはこっち」

こう言うと
八っつぁんは自慢げに一円玉をかざして見せた


熊「おいおい、いくらなんでも一円はないだろ?」

八「なぁに、お参りをしている隙にパッと投げたら
  いくら神さんだって分りっこないさ。
  同じ色だろ?」

熊「そりゃそうだけどよ・・・」

八「ほらっ、つべこべ言ってないで投げるぞ」

御「これこれ。
  神様の前で何をごちゃごちゃしてるんだい?」


二人のやり取りを傍で見ていた御隠居さんが
苦笑いをしながら二人の元にやってきた


熊「あっ、御隠居さん!
  何ね、八の野郎とちょっとお参りに。
  そろそろおいら達も・・・その
  ほら、お嫁さんが欲しいなぁ~なんてね」


そう言いながら熊さんは頭をかいて照れた


御「そう言う事かい?
  ここは縁結びの神様だ。
  真剣にお参りをしたら叶えてくれるじゃろ」

八「えへへ。ですよね~?
  ほらっ、熊公いくぜ!」


そう言うと八っつぁんは
一瞬、百円玉を賽銭箱に投げるふりをして

八「あっ、神様! あっちにアレ!」

そう言ったかと思うとすぐさま
もう片方の手に持っていた一円玉を賽銭箱に投げた


御「これこれ。全くお前らときたら」


御隠居さんは呆れた顔で二人を見た


熊「いえいえ、あっしじゃありませんぜ。
  八の野郎が・・・」

八「だって、お前。百円なんて大金を出して
  それで嫁が来なかったらどうするんでい?
  あれは言ってみれば手付金みたいなものさね」

御「呆れたね~
  そんなんで神様は騙されやしないよ」

八「じゃ、本当に百円を投げれと?
  御隠居さん、責任取ってくれるんですかい?」

御「あたしゃ嫌だよ。
  大体だね、縁結びのお賽銭ってな。
  昔から五円玉って相場が決まってるんだよ。
  ほら、よく言うだろ?
  『ご縁がありますように』ってな」

八「へっ? そうなんですかい?
  おい、熊公、聞いたかい? 五円だとよ。
  しかも、五円とご縁をかけてやがる。
  こりゃ、面白いね~」

熊「そんなんで良いんですかい?」

御「まぁ、気は心ってな。
  もっとも、八みたいな小賢しい奴は
  神様もちゃんとお見透しだろうけどな」

八「そ、そんなぁ~ いや、決してそんなんじゃ」

熊「おい、どうするんでい?
  もし、これで嫁が来なかったらお前のせいだぞ」

御「まぁまぁ。およしなさいよ、みっともない」

熊「だって、こいつが・・・」

八「なんでい、お前だって・・・」

御「分った、分った。もうおよしなさい。
  改めて二人して五円玉を投げたらどうだい?
  ちゃんと心を込めて
  『ご縁がありますように』って願うんだよ」


そう言われて二人は神妙な顔つきで
何度も何度も頭を下げながらお参りをして
五円玉をセイので賽銭箱に投げた

賽銭を投げ終わった後で八っつぁんが真顔で訊いた


八「そういや、御隠居さん。
  あっしはさっきのと合わせて六円投げちまったんですが
  ちゃんと御利益はありますかね?」

御「ふむ・・・それはちとマズいな」

八「と、言いますと?」

御「一円と五円で六円だ。
  六円、つまり無縁・・・縁が無いって事だな」

八「そ、そんな殺生な!」

御「身から出た錆じゃな。
  神様相手にあこぎな事をしようとするから
  罰が当たったんだろうよ」

八「そんなぁ~
  こら、神さん! 一円返せ! 俺の一円だぞ!
  返せ、こら神さんよ!
  頼む! いや、頼みますよ~ 返してくださいませ」

御「やれやれ」

熊「えへへ。おいらはちゃんと五円ですから
  御利益はあるって事ですよね?」

御「どうだかね~
  お前らは共犯だからね。
  まぁ、せいぜい神様にお詫びをするんだね」

熊・八「そ、そんなぁ~(泣)」




ご縁(五円)も過ぎれば
無縁(六円)になると言うお笑いの一席でした

皆様も
くれぐれも神様を騙そうなんて思っちゃいけませんぜ

それにしても
あの熊さんと八っつぁんがお嫁さんを欲しいなんて
やっぱり、これも春の陽気にせいなんでしょうかね

皆さんも、ちゃんと恋をしてますか?

春ですよぉ~~~♪


あっ、そうそう!

熊さんと八っつぁんには内緒ですがね

こんな時はね
もう十四円を足して賽銭にすれば良いんですよ

六円に十四円で〆て二十円

縁が二重になる・・・なんてね



四月一日

昨日、日曜日の夜は
待ち焦がれていた
『JUJU』のコンサートに行って来ました

一人で・・・

因みに、うちの奴は韓流・K-Pop専門
娘らはボカロかアニソンにしか興味の無い奴らなので
まぁ、こんなもんでしょ(笑)

チケットは早々にソールドアウトだったので
会場はもちろん満員

帯広市民文化ホール
キャパ1600名弱

半端無い女性率の高さもJUJUならでは?
多分、約8割が女性客

男性はと言うと
2~30代の若いカップルの片割れ(←ひがみ)

無理やり奥さんに連れて来られた風な
40代くらいの男性が若干名

と、これまた見渡してみると
半端無いオジサン(50代以上)率の低さ!?

恐らくは限りなく片手に近い一桁でしょう
私がいたから「0」では無いでしょうが(笑)

途中
JUJUと会場のやり取りの中で判明したのですが
”ぼっち”で聴きに行った人 = 3名

はい、私もその中の一人ですが・・・何か?

とすると
私って、JUJUのコンサートの中では
かなりレアな客だったという事でしょうか?

ともあれ
JUJUのスタイリストさんが
帯広出身と言う事もあってか
帯広ネタのトークと歌で大いに会場は盛り上がり
アンコール2曲も含め約2時間50分

JUJUの世界を堪能して参りました♪



さぁ、そして今日からは四月です!

さて、四月一日と言えば?


会社なんかでは今日から事業年度が新年度になります

今日が入社式と言う人も沢山いるんでしょうね

学校も入学式はまだでも
実質的には今日から新年度の始まりです

新入学生や新社会人は期待と不安の中
新たな生活をスタートさせます

頑張れよ!


既社会人は
年度末の締めを乗り切った余韻も冷めやらぬ内に
また新年度が始まりますね

みなさん、ご苦労様です!


そうそう
それから四月一日付けで転勤と言う人もいるでしょうね

新しい街での新しい生活
そして新しい出会い

良くも悪くも一旦、何かをリセットするにも
四月一日は区切りの良い日なのかも知れません

さて、どんな一日が始まるでしょうか?

みなさん、頑張っていき・・・えっ?

ん???

『何か忘れてないか?』ですって?

何を?(笑)


はいはい、そうですね~
忘れてはいませんよ

これね?

四月一日と言うと恐らく90%くらいの人は
『エイプリルフール』と、答えるでしょうね

一年に一度のネタですから
これはもう何か書かない訳にはいきません(笑)


『エイプリルフール』

一年に一度
冗談を言って人をかついでも
嘘をついても
許してもらえる日ですね

(とは言うものの
 嘘にも許される限度と言うモノがありますが)

でも、どうして4月1日なのでしょうね


由来は幾つかあるようですが

4月1日がイエス・キリストの命日で
キリストが弟子のユダの嘘によって
裏切られたことを忘れないよう
教徒達が定めたという説があります

ユダはキリストの12人の弟子の内の一人で
銀30枚でキリストを敵に売ったと言われ
レオナルド・ダ・ヴィンチの
「最後の晩餐」では
キリストがパンとブドウ酒をとって
自らの体であり血であると言うと共に、
ユダはキリストに裏切者と指摘されています

この最後の晩餐は木曜日
キリストが十字架にかかったのは4月1日金曜日
その3日後の日曜日に復活したそうで
今では復活祭として祝われています


この他にも諸説はあるようですが
どれが本命かは不詳のようです


ところで
エイプリルフールはいつ日本に伝わったのでしょうか

エイプリルフールらしきものが
初めて紹介されたのは江戸時代に遡るようです

当時は 「不義理の日」として、
人に義理を欠いてもいい日とされていたのだとか
(逆に日頃の不義理を詫びる日と言う説もあります)

これが
軽い嘘や悪戯で人をかついだりしても咎められない
と、言う風習が18世紀頃に欧米で起こり
それが日本にも大正時代に伝わって
「4月馬鹿」として徐々に定着をしていったそうです


エイプリルフールの話だからといって
嘘じゃありません

でも、本当かどうかもかなりナゾですが


ちなみに
私は”嘘や冗談は大嫌い”です!

と、言う冗談はさておいて(笑)


4月の歌と言って
私が真っ先に想い出すのは
サイモン&ガーファンクルの歌う

「4月になれば彼女は」です


英語で歌っているのを聴くと
「爽やかな良い歌だなぁ~」
って思うのですが

(なんせ英語は堪能では無い人なので)

詞を良く良く読んでみると
実はとても悲しい歌だったりします


これもある意味では
英語に騙されたって事になるのでしょうか(笑)







Powered by FC2 Blog