Neko

夢の汽車に乗って 2012年08月

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


≪安全上の注意≫

*ご使用の前に必ずお読みください

  ・言葉の使い方ひとつで
   すぐに発火・暴発の危険性がありますので
   その取扱いには十分な注意が必要です。
  ・出会った頃と今を比べるのは止めましょう。
   全く違う生き物を比べる事は無意味です。
  ・長期間の使用により
   各部が経年劣化を起こす場合がありますが
   これは故障ではありません。
  ・長期間の使用により
   心の中に沈殿物が溜まっている可能性がありますが
   あなたが問題さえ起こさなければ機能に支障ありません。
  ・TSUMAの愛情が薄くなったと感じているあなたは
   未だマシだと思わなければなりません。
   何故なら、薄いと言う事は「0」では無いと言う事です。


1.準備編
(1)TSUMAの主な特徴を知る

  ・現実的なTSUMAには夢を語ってはいけません。
  ・感情的なTSUMAの言葉は聞き流す事が大事です。
  ・打算的なTSUMAは夫の収入と態度が比例します。
  ・一般的な理屈は通じないものだと心得ましょう。
   TSUMAは理屈を動力とはしていません。
  ・ほとんどのTSUMAは子供が一番、自分が二番です。
   もし、ペットを差し置いて
   あなたが三番目に入れたとしたら
   それは幸せなんだと思い込みましょう。
  ・殆どのTSUMAは食事とおやつは別腹です。
  ・一方的に喋っても他人の話は殆ど聴いていません。
  ・自信満々に言ってる事が前と違う事が多々あります。

(2)安全の確認

  ・掃除機、アイロン、食器等
   手で投げられる物は
   TSUMAのすぐ手の届く場所に無いか
   常に気を配っておきましょう。

(3)設置の仕方

  ・TSUMAの定位置は常に空けておき
   むやみに半径1m以内には
   立ち入らないようにしましょう。

(4)会話の仕方

  ・TSUMAの機嫌を良く伺ってから
   話しかけるようにしましょう。
  ・TSUMAが不機嫌な時は
   むやみに話しかけないようにしましょう。
   とばっちりを喰らいます。
  ・世間の正直とTSUMAの常識は違う事を
   正しく認識しておきましょう。
  ・例え愚痴でも聴いているフリだけはしましょう。

(5)リモコンの操作方法

  ・TSUMAへのお願い事がある場合は
   上手に子供に言わせられるように
   特にこの操作方法は念入りに覚えましょう。
  ・子供には時々おやつを買い与えるのも有効です。
  ・義父母には常に心配りを忘れず
   良い婿である事を印象付けておきましょう。

(6)各部の名前と特徴

  ・顔 態度と比例しています。
     特に家の中では大きくなります。
  ・目 あなたの怪しげな態度を見破る能力に長けています。
     時々、「涙」と言う武器を行使します。
  ・耳 どんな小声の悪口も聞き洩らしません。
     噂話しは特に良く聴こえます。
  ・口 相手の反撃を許さない高い攻撃能力を持っています。
     時々、愚痴を連射する場合があります。
  ・胸 オプションのブラを装着する事により
     バージョンアップが可能です。
  ・腰 過剰な栄養分の貯蔵庫の役目を果たします。
  ・手 TVを見ながらでも
     確実におやつを識別し捕捉する事が可能です。
  ・足 戸を開閉をする事が出来ます。


2.基本操作編
(1)話しを合わせる

  ・TSUMAの言う事に話しを合わせておけば
   大概は正常に機能します。
  ・例え正論でも反論は時間の浪費です。

(2)電源を入れる

  ・本当に良いですね?

(3)様子を観る

  ・心に思った事、本当の事は決して口にしてはいけません。
  ・TSUMAの変化には常に気を留めておきましょう。
   特に、新しい洋服を着た場合
   及び、美容室に行った事が分かった場合は
   嘘でも必ず褒めるようにしましょう。
  ・冷蔵庫の中は勝手に見てはいけません。
  ・TSUMAが無言でレンジ磨きを始めたら
   機嫌の悪い証拠です。
   無用な争いは避け様子を見ましょう。   

(4)撮ってみる

  ・TSUMAを写真に撮る場合は
   光影と遠近法に気を遣いましょう。
  ・内緒でビデオに撮ると反発を買います。

(5)音量の調整
    
  ・本機には音量調整ツマミはついていません。
   うるさい場合は耳を塞ぎましょう。

(6)リセットをする

  ・あなたには権限がありません。

(7)誤動作防止機能

  ・メーカーオプションです。
   義父母に装着の有無を確認してください。

(8)電源を切る

  ・出来たら良いですね。


3.日頃のお手入れについて

  ・遅くなる時は必ず連絡を入れるようにしましょう。
  ・記念日は絶対忘れないようにしましょう。
  ・何もなくても手土産は有効です。
  ・出された食事は必ず褒めましょう。
  ・嘘でも感謝の言葉は連発してください。


4.アフターサービス

  ・老後の事を考えるなら逆らわない事です。


5.故障かな?と思ったら

  ・119番か110番の好きな方を呼んでください。


6.保証期間

  ・一般的には給料が担保されている期間は有効ですが
   特に法律的な定めはありません。

 (有償事項)
  ・故意の暴言及び契約破棄の場合は慰謝料が発生します。

 (免責事項)
  ・家庭裁判所にて認められた場合のみ免責となります。


7.仕様一覧

  ・寸法  喜怒哀楽の度合いによって変化します。
  ・重量  企業秘密の為、現在は公開されておりません。
  ・BWH 企業秘密ではありませんが公開されておりません。
  ・性格  JIS規格外:直情型直列方式。
  ・血液型 ISO規格非準拠:性格本とは一致しません。


8.対訳付エラーコード表

  ・MO-18(もー嫌) 単なる口癖です。
  ・KIN¥0(金¥0) 残金がありません。
  ・ME496(飯黒)  料理を焦がしました。
  ・BO-53(忘ゴミ) ゴミを出し忘れました。
  ・USO79(嘘泣き) 嘘泣きをしています。
  ・+10KG(+10kg) 10kg太りました。
  ・18364(イヤミ無視) 聞き流して下さい。


≪お客様センターについて≫

  ・困った事があればTSUMAの実家にご相談ください。
   但し、あなたに非が無い場合に限ります。
  ・本製品に関わるクレームは一切受け付けていません。
   購入後は全て自己責任でご使用ください。
  ・本製品は生モノですのでクーリングオフの適用外です。


≪小心者の補足欄≫

  ・本書は特定のTSUMAを想定していません。
   多分。。。いや、念の為。
  ・世界中のTSUMAを敵に回したい訳ではありません。
  ・願わくば、笑い飛ばして頂くようお願いいたします。





*メーカーPR*

家殿(かでん)シリーズ
【薄型**チョメチョメ**OTTO】近日発売予定!?



スポンサーサイト

手を握ろう

『手の冷たい人は心が温かい』だとか

『いや、手の冷たい奴は心だって冷たいはずだ』とか

そうかと思えば

『手の温かい人はやっぱり心も温かいものだ』とか

或いは
天の邪鬼な輩ならきっとこう言うのかな?

『いや、必ずしもそうとばかりは言えない』


そんな言い方をする人がいるけど

何を根拠にそう言う話しになっているのかは
実際、良く分からないところです

≪手の温度と心の温度≫

それは比例するのか? 反比例するのか?
その実際について興味はありますが
因果関係は分かりません



でも、ひとつ確かな事は

手を握った時の
手の温もりで伝わるものって
そう、確かにあるんだと言う事



例えば一緒に歩く時


もし
その先に不安な気持ちがあったとしても
握った手の温かさを感じたら
あなたは
安心をして先に進む事が出来るでしょう



指と指を絡ませて握る

指の先をちょっと摘むように握る

五本の指を合わせて
しっかりと相手の手を握る


二人の関係によって握り方も様々あるけど
伝わる気持ちは同じです



言葉は
相手に自分の気持ちを伝える為のものです

でも
言葉が無くても手を握る事で伝わる想いもあります



親と子供

祖父母と孫

友達同士

恋人同士

夫婦 etc・・・


二人の関係や距離によって
多少の意味合いの違いはあったとしても

共通するものは相手への愛情です



だから

握った手が温かければ
あなたはそっと受け止めれば良いのです


もし

握った手が冷たければ
あなたの温もりで温めてあげれば良いのです



その想いはきっと伝わります






最近、あなたは誰かと手を握りましたか?



自分を励ます言葉

自分を励ます言葉を探してみよう



落ち込んでいる自分に

悩んでいる自分に

疲れている自分に


1人で辛さを堪えている自分に

失恋の痛手を抱えている自分に

哀しくて泣き出しそうな自分に


そして

頑張っている自分に




どんな言葉をかけたら元気になれるかな?

どんな言葉で話したら心に届くかな?




ストレートに   「頑張れよ!」


叱咤する言葉   「何やってんだよ!」


優しく      「大丈夫だって」


応援団のように  「ファイトッ!」


なだめるように  「負けるなよ」


黙って頷いて   「分かってるよ」


親友のように   「無理すんなよ」


背中を押す言葉  「それで良いんだよ」






言葉は口に出す事で力になる

言葉ってそう言うものだね



心の中の自分に語りかけるのではなく

口に出してみよう!


聴こえなかったら何度でも

足りなかったらもう一度



自分を励ます言葉が見つかったら

口に出して言ってみようよ!





中島みゆき 「ララバイSINGER」より

”どんなにひどい雨の中でも自分の声は聞こえるからね”





大人の対応

訊きたい事があるけど

  敢えて尋ねない

聞きたいだろうなって事は分かっているけど

  敢えて話さない



気付いている事があるけど

  敢えて気付いていないふりをする

例え、見たとしても

  敢えて見ていないふりをする



話をはぐらかす事は潔しとはしないけど

  敢えて訊かれない事までは話さない

真実を振りかざして波風を立てるより
  
  敢えて偽りの凪を選ぶ





微妙なバランスの中でする自分の中での心の駆け引き

それが大人の対応



半分の満月

ショートストーリーを1作品
 
私のホームページ 【夢の樹舎】
『SEEDS』(詩とショートストーリーのページ)にアップしました


下のタイトルをクリックすると本文が開きます

  ≪ 半分の満月 ≫




蛍の話、あれこれ

昔・・・

私が子供の頃は
田舎に住んでいたせいも有るのでしょうが
螢は珍しくは有りませんでした

夏になると良く近所の池で螢狩りをしたものです


螢を捕まえて
虫かごに入れて窓辺に飾っていました

部屋の電気を消して少しすると
ボヤーッとした淡い小さな光が灯ります

子供ながらに
飽きもせずに見ていたのを思い出します


今はそんな事をしちゃいけませんね

静かにそっと目に
そして心に焼き付けましょう

今では螢狩りなんて言わないですからね


時代は変わって今は「螢鑑賞会」?


今は昔ほど
自然の螢を見る事は出来なくなりました

それでも
各地で螢が暮らせる水辺を整えて
螢を放して
棲息出来るようにしている所も増えてきています


螢を放して
それを鑑賞するなんて
何だか寂しい気もしますが
でも、キレイな水が無いと螢は生きていけません

身の周りの環境

それを意識するようになれただけ
まだ未来にも希望が持てるのかも知れません


本当に大切にしなければならないモノ

もう一度
周りを見渡してみるには
良いキッカケになるでしょう



それから

螢と言えば
この時期はやはり「火垂るの墓」でしょうか


 ”駅の構内で衰弱死をした兄の清太。
  所持品は錆びたドロップ缶だけ。
  その中には
  妹の節子の小さな遺骨が入っていました。
  駅員はこの錆びたドロップ缶を見つけ
  「何やこれ?」
  と言って草むらに放り投げました。
  すると、
  地面に落ちた
  缶から飛び出した節子の遺骨の周りに
  螢が群がり
  魂とも思える淡い光を放ち
  節子が現れると
  衰弱死をしている清太を見つけ・・・”


実はこのビデオは
もう20年程前に一度観たきりです

それからは一度も観ていません

と、言うより観れないのです

子を持つ親になってからは尚更でした


良く言われる戦争の悲惨さ

戦争には大義も名分も有りません
有るのは哀しみと憎しみだけなのに
それはみんなが解っているはずなのに
でも、未だに
世界中から戦争は無くなっていません

本当に大切にしなければならないモノ
本当はみんな解っているはずなのに・・・



いつ、何処で聞いたのか
何かで読んだのかも忘れましたが
螢を吟った浪曲か都都逸の一節を
何故か今でも覚えています

 ”光れぬ螢は身を焦がす”

どんなに恋焦がれても
実らない切ない恋を吟った歌なのでしょうか

それとも
ジッと耐えるように
想いを募らせる切ない片想いなのでしょうか

詳しい内容は忘れてしまいましたが
日本独特の情念の世界を感じます

この情感も
日本人が忘れてはいけない大切なモノ


小さな螢は形を変えて
私達に失くしてはいけない大切なモノを
教えてくれているようです



 *藤田麻衣子 『蛍』


お盆に寄せて

お盆です
 
 
あなたが
”お盆”と言って思い浮かぶ歌と言えば何でしょう?
 
北海道民にとっては
もちろん『北海盆唄』は外せませんが(笑)
 
それはともかく一般的には
 
『千の風になって』
『精霊流し』
『吾亦紅(われもこう)』
『盆帰り』etc・・・
 
こんなところでしょうか?
 
 
私が真っ先に浮かぶのはこの歌です
 
 *クラフト『僕にまかせてください』
 
 
 
この歌を聴くといつも思い出す事があります
 
 
私が結婚をする
ずっとずっと前の事です
 
 
当時付き合っていた女性のお父さんのお墓を
その三年間の中で
一度だけ一緒にお参りに行った事があります
 
いつもはお母さんと妹さんと
三人でお墓参りに行っていたのですが
その年に限って彼女は私に行って欲しいと言いました
 
 
良く晴れた暑い一日でした
 
途中で花を買い
いつものドライブのように車を走らせました
 
彼女は心なしか
いつもよりはしゃいでいるようにも見えました
 
「こんなに喜んでくれるなら
 また、来年も連れて来ようか」
 
そう思う反面
未だ見ぬ彼女のお父さんとの”対面”に
妙にドキドキしたり
『なんて手を合わせれば良いんだろう?
 やっぱり、初めまして?』
『そろそろ覚悟を決めなきゃ怒られるかな?』とか
自分なりにそんな事が色々と頭を過っていました
 
 
お墓の駐車場に車を停めると
私は彼女と並んで丘を上って行きました
 
 
青い空に少しだけ浮かんだ白い雲
蝉の声やらキリギリスの大合唱に急き立てられるように
高まっていく私の緊張感
 
それを鎮めてくれたのは
彼女の口ずさむ軽やかな鼻歌でした
 
あれは何の歌だったろう?
 
 
途中、丘の中ほどにある東屋で水を汲み
それからまた少し歩いて
彼女のお父さんが眠るお墓に着きました
 
お墓に水をかけながら
彼女はお父さんに何かを話しかけていました
 
『なんか、こう言うのって良いな』
そう思いながら私は彼女の仕草をずっと眺めていました
 
二人で一通りお墓の掃除をし
持って来た花を生け換えて
二人で並んでしゃがむと
それからそっと手を合わせました
 
 
 
言い訳をすれば
 
あの時
彼女のお父さんのお墓の前でした約束は
あの時の私にとっては嘘偽りの無い気持ちでした
 
 
しかし・・・
 
 
結果として
私は大嘘つきになりました
 
 
 
あれから三十年近くになりますが
 
今でもこの時期が来ると
あの時の事を思い出しては
心の奥がチクッと痛むのです
 






夢が泣いている

僕が生きて来た人生を

今更繕おうとは思わないけど

もしも昨日に行ける列車があるなら

乗ってみたいとは思う



置いてきぼりの夢の欠片が

時々、キラリ光っては

僕に人生を問いかける

「なぁ、捨てられた夢の気持ちが分かるかい?」





あの日見た空の青が

今も心に焼きついてる

でも、あれからどんな空を見ても

あの時の青には出会えない



空が変わったのか?

それとも僕が変わったのか?

誰か、誰か教えてくれ

「いや、ホンの少しだけ時間が流れただけさ」





慰めの言葉はいつも虚しい

優しい言葉は僕を突き刺す

いくつの言葉で言い訳を重ねたら

あの日の僕を思い出せるだろう



夢が泣いている

迷子の子供のように

行く先も帰り道も分からずに

「なぁ、どうするんだ? お前次第だよ」





夢が泣いている

それでも僕は戻らない

行くべき先はそこじゃないから

「分かってる。そう言って欲しかったんだ」







**********************************************


例え、過去の夢が泣いていたとしても
いつまでもそこにばかり拘っていてはいけません

何故なら

夢は過去にではなく
未来にあるべきものなのだから


**********************************************


今夜でほぼ私のオリンピックは終わり~!?

選手のみなさん、楽しい時間をありがとう!





って、まだ全部は終わってはいないけど
私的には
これでいよいよ本当の意味で(?)お盆休みに突入です

ゆっくりとPCを開く時間も増せるし
ここ2週間ほどサボり気味だった更新も
ぼちぼちと通常モードに戻してまた頑張ります!


明日・・・くらい・・・から?(笑)




まだまだ暑い最中です

お盆休みでゆっくり出来る人も
お盆なんて関係なく忙しい人も
それなりにそれなりの人も?(笑)

みなさん
体調には気をつけて良い時間を過ごしましょ!



気もそぞろ

これがオリンピック症候群と言うものなのだろうか?



オリンピック前半戦

毎夜半に気になる競技が続き
つい、PCを開く時間が短くなっていた

当然
2日に一度アップしていたブログが不定期になった

そんなこんなで数日が過ぎると

「さすがにマズイぞ」

プチ焦る気持ちが湧いてきた

「今夜こそは何かブログを書かなきゃ!」

そう思うのもつかの間

いつの間にか気がつけば
夜な夜なテレビに心が吸い込まれている



気もそぞろ・・・



ギャグネタを思いついた

「こんなんどうよ?」

独りでニヤニヤしながら
読んでくれた人が笑っている姿を思い浮かべながら
一気に最後まで書き上げた

まぁ、「思い浮かべながら」と言っても
実際問題
読んでくれている人の顔は知らないのだが
そこは夢乃的想像力で埋めている

でも・・・

オリンピック期間中に
あえてそれをアップする意味が自分でも分からなくて

「オリンピックが終わってからにしよう」



とりあえず、次!


じゃ、何を書く?

浮かばない・・・気もそぞろ



ふと言葉が浮かんで

ショートストーリーを書き始めた

前半部は絶好調

PCのキーボードをたたく指が弾む

が、しかし

居間から聴こえてくるテレビの声に
気持ちを集中出来ず
続く言葉が止まってしまった

一度、集中が途切れると言葉がまとまらない

頭の中にはちゃんとエンディングがあるのに
そこまで辿り着けないで3日が過ぎた



気もそぞろ・・・



それじゃ、短い文章ならいけるか?

そう思って
久しぶりに詩を書いた

あれやこれや言葉を選び、言葉を並び替えて
やっとの思いで何とか完成させた

でも

「ん~」

これもまた
オリンピック期間中にアップするような内容では無い

「これもオリンピックが終わってからにしよう」


結局、今夜も何もアップせずじまいだ

「はぁ・・・」

溜め息がひとつテレビの歓声に紛れて消えた



気もそぞろ・・・




何度でも

PCで夜更かしは毎夜の事だけど
ここのところはオリンピック観戦で夜更かし続き。

観ているだけで健康になれそうな気がするのは
もちろん気のせいでしょうが(笑)


でも、スポーツって
観てるだけでも
何だかポジティブになれそうで良いですね~

(観てるだけかい?(笑))


10000万回ダメでも1001回目は・・・

そう、何事も諦めない事が大事。

もしかしたら奇跡って
諦めずに頑張ったらもらえるご褒美なのかもね。

誰もがもらえる訳ではないだろうけど
それでも諦めたら
奇跡をもらえるチャンスまで諦める事になる。

だから、そう。

何度でも!





Dreams Come True ”何度でも”





「努力は嘘をつかない」

それは真実だと思う


「努力が必ずしも報われるとは限らない」

それもまた事実だろう

何故なら
努力だけではどうしようもない事もある

それが勝負と言うものなのだから


どんなに小さな大会でも
どれほど大きな大会だろうが
そこにはいつも明暗が存在する

勝って泣く者、負けて泣く者
勝って笑う者、負けて歯を食いしばる者


運だけで勝負に勝つ事は難しいけど
運が無ければ勝負に勝つ事は難しい

それもまた勝負と言うものだ


勝負に勝って試合に負けると言う事もあるし
その逆もまたある

勝負の明暗は大きく別れるけど
どちらにしても
人知れず繰り返した努力が色褪せる事は無い


夜空には一等星もあれば六等星もある

そして
それ以上に目には見えない無数の星達がある

その全てを称して夜空と言う


明と暗があってこそ夜空は美しい

その夜空を見上げては
人はしばしば生きる為の勇気をもらう





*平原綾香 【星つむぎの歌】





Powered by FC2 Blog