Neko

夢の汽車に乗って 2009年10月

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


ハロウィン

昨日
長女Aを学校まで迎えに行った帰りの車の中

(長女Aの部活が終わるのが午後8時頃
 車だと30分の距離なのですが
 バスで帰ると1時間以上かかるので
 毎日、部活が終わる頃を見計らって迎えに行っています)


それまで音楽プレイヤーを聴きながら
携帯をいじっていた長女Aが
後ろの座席から身を乗り出し唐突に言いました

「ねぇ、お父さん♪
 明日って何の日か知ってるよね?」

「明日? 月末だろ? 10月ももう終わりだよなぁ?」

「違うっしょ、知ってるでしょ?」

「何が?」

「じゃあさ、”Trick or Treat?”って知ってるよね?」

「知らないなぁ?
 お父さんの頃はハロウィンなんて無かったし
 せいぜい、お盆に
 ”ろうそく出せ、出せよ
  出さなきゃカッチャくぞ”だったし」

「知ってんじゃん」

「何が?」

「あのね? とにかく、そう言う事だから
 明日はよろしく!」

「何がだよ?」

「”Trick or Treat?”だよ」

「何だ、それ?」

「今、自分で言ってたじゃん!」

「何を?」

「ジージョも楽しみにしてるみたいだからさ?
 お父さんの貫録の見せどころだからね!
 奮発してよね♪」

「奮発って何だよ?」

「悪戯されたい? タバコに水をかけてあげようか?」

「何でそうなんだよ?
 おやつはお母さんの領分だからなぁ?
 お父さんの管轄外でしょ?」

「イベントの時は特別でしょ?」

「家は仏教徒だから、ハロウィンなんてしないべ?」

「クリスマスだってしてるじゃん」

「じゃ、今年はクリスマスも無しと言う事で」

「あのさ、可愛い娘達をそんなにグレさせたい?」

「何でそうなんだよ?」

「ともかく、そう言う事だから!
 明日、ジージョと2人で”Trick or Treat?”って言うから
 よろしく♪」

「”Trick”と”Treat”どっちが欲しいんだよ?」

「えっ? どっち?」

「知るか? じゃ、”Trick”をやるよ」

「えー、何かそれ逆っぽくない?」

「って、知らんのかい?」

「だって、”お菓子をくれなきゃ悪戯するぞ”って意味でしょ?」

「そうだね。 で、キミが欲しいのはどっち?」

「えー? 今、答えなきゃダメ?」

「あのなぁ? 高校生、頑張れよな!」




さてさて
昨夜は長女Aとの間にそんな会話が有った訳ですが

はたして、本日
長女Aとジージョは”何”をゲット出来るのでしょうか?

”Trick”をやろうか?(笑)




さて、ここで例によって(?)

私が得意な余談ですが・・・(笑)

 
ハロウィンの名脇役の魔女は
”ほうき”に乗って空を飛びますが
その時
”ほうき”の毛先(掃く部分)を
どっち向きにしているか分かりますか?

つまり
「どっちを前にして跨(またが)っているのか?」
と、言う事です


分かりますか?



正解は・・・

今でこそ毛先が後ろですが
昔は毛先を前に跨っていたんです


昔はほうきを馬に見立てていました
(毛先は馬の頭=縦髪)


でも、近年
ロケットが出来てからは
ロケットの噴射に見立てて
毛先が後ろになったのだそうです


この事は
”魔法術教本2009年度版
 第3章【飛行術編】の5項『基本姿勢』”
にちゃんと掲載されています


つまり、どっちでも正解な訳ですが

毛先が後ろの方が飛んでるって感じがでますよね?


「トリビアの泉」ならここで解答者全員が
《へぇボタン》を押すとこです(笑)


魔女の乗り物も
馬からロケットへと近代化していたんですね?


"ρ('-'* ) 《へぇ!》《へぇ!》《へぇ!》




あっ!

私の言う事ですから・・・


決して、信じちゃいけませんよ!(笑)



スポンサーサイト
「優柔不断」とお呼び下さい


「根性無し」と罵って下さい


「自分に甘い奴だ」と窘(たしな)めて下さい


「不甲斐ない奴だ」と笑って下さい


でも
「女の腐ったような奴だ」とは言わないで下さい

女性に失礼ですから・・・




何の話かと言うと


10月1日より始めた”タバコの休煙”

一応、未だに続けています

(咲っクン、エライ!) ←誰?


但し、昼間のみ・・・ですが・・・

(ん? 何だ、それ? ど、どう言う事?)




私がパソコンを開くのは
大概、日が変わった午前0時過ぎからです

(うん、それで?)




「さて、今日は何を書こうか」


パソコンに向かって考えを集中します

時にはサイトを巡ってネタ探しもします


今までに溜めた書きかけの話しをチェックします

ブログにアップ出来そうな話があれば
最終的に詰めて書きまとめます

それが納得出来ない場合や
まとまり切らなかった時は
次の書きかけの話に飛ばします

(まぁ、そんなもんだわな)




そんな作業の中で
私を助けるのが

”ヒラメキ”

いわゆる、”言葉の神様の降臨”なのですが

(おいおい、随分大袈裟に出たぞ! こいつ・・・)


この瞬間
物凄く眠たくなるのです


今までは
ここで、ひと休みをし
コーヒーをブラックで入れて
タバコを燻らせ
考えを集中させて

”降りて来た言葉”を拾い集め
或いは、並べ替えて

文章を完成させてブログにアップしていました

(へぇ? そうだったんだ?)



しかし

タバコを休煙するようになってからは
いくら濃い目のブラックコーヒーを飲み干そうが
眠気が全くと言って良いくらい取れないのです



この1カ月
私のブログを読みに来ていただいた方は
薄らとは感じていたでしょうが
ここのところ
ブログを書いていない日が多くなっています


夜更かしをすると眠くなるのです

(そりゃね、夜更かししたら当然でしょ?)


いや、確かに
夜更かしをすれば眠くなるのは当たり前の事なのですが
私に限って言えば
今まではこんな事に負けた事はほとんどありませんでした!

(えー? そうだっけ?)


ブログの左側にあるカレンダー

ここにブログを書いた日が表示されていますが
これが半分以下になったとしたら
これはもう私にとっては死活問題です!!

(そんな大袈裟な(苦笑)
  締め切りに追われる作家さんじゃあるまいし
  誰もそんな期待してないってば)



熟慮の結果

(えっ? 何、何?)


休煙時間は
《起床時からその日の深夜0時まで》とする事にしました

(えー!? マジ?)
  

いやいや!

これもそれもあれもみんな!

全てはブログの為なのです!

(ってか・・・
  単にタバコをガマン出来ないだけじゃないの?)



いやいや!
決して、そんな事はありません!

(ってか、さっきから誰と話してるの?)



思うのです

(おいおい、無視かい?)


小さなストレスを溜め込んで
その反動で眠気に負けてしまって
ブログを書けなくなるなんて
夢乃咲道の根本的存在理由を否定する事になるのではないか!

(こりゃまた、随分大仰に出ましたな?)



否!

それは私の望むところではありません!

(・・・・・・・・)



と、言う事で

(おいおい(笑))


これからも時限的休煙は続けますが
これは決して

「優柔不断」だからでは無く

「根性無し」に成り下がったからでも無く

「自分に甘い奴だ」との苦言は敢えて受け止めますが

「不甲斐ない奴だ」と笑われようが

「男らしくない」と卑下されようと

(おっ? ここは言い方を変えてきましたな?)



全ては!

(開き直りってか?)


いやいや!

(あらっ、聴いてたの?)


ともあれ!

(はいはい)



そう言う事で・・・・・

(┐( -"-)┌ヤレヤレ・・・)




何故か覚えている

今でも完璧に言える


だけど

「あれって、何だっけ?」

なんて
そんな言葉 ありません?



例えば

《サイン・コサイン・タンジェント》

 *sin・cos・tan
  三角関数とだけ覚えています
  詳しくは・・・突っ込まないでください
  私は文系人間です


《ピタゴラスの定理》
pita.jpg
 *何のこっちゃ!?
   名前は覚えているんだけどなぁ?


とか

《一夜一夜に人見ごろ》
√2 →1.41421356・・・

《富士山麓にオーム鳴く》
√5 →2.2360679・・・

 *所謂、”平方根(√)=ルート”って奴ですね
  高石友也の「受験生ブルース」で覚えました


とか

《スイヘーリーベボクノフネ》
  H He Li Be B C N O F Ne

 *元素記号の周期表の最初の部分
  2年くらい前に
  当時中学生だった長女Aが
  暗唱していたのを聴いて思い出しました

  「長女A、それ何だっけ?」

  今でも同じ覚え方してるんだね


そう言えば

《ミトコンドリア》

 *これって何かの細胞か微生物でしたよね?
  ん? イメージが出来ません


とか

《エレキテル》

 *平賀源内の名前と共に覚えている
  確か、木箱の中に
  何か電気を発生させる機械が入っていたような


とか

《ありをりはべりいまそかり》
有り(あり)・居り(をり)・侍り(はべり)・いまそかり

 *古文のラ行変格活用らしい
  使い方までは覚えていませんね?
  


歴史の年号の語呂合わせなんてのもありましたね


《無事故の日無し大化の改新》

 *645年 大化の改新

《鳴くよ鶯 平安京》

 *794年 平安京遷都

《人はいつ見た黒い船》

 *1853年 ペリー(黒船)来航


世界史もありました


《東洋の国と思ったコロンブス》

 *1492年 アメリカ大陸発見

《以後、否とは言わせぬカトリック》

 *ルターの宗教改革

《いいな成ろうよ独立国家》

 *1776年 アメリカ独立宣言



後は・・・勉強には関係ありませんが
無駄に覚えている外国の長いバンド名(笑)

《クリーデンス・クリアウオーター・リバイバル》

 *通称 C・C・R

《クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング》

 *通称 CSN&Y




私が覚えているのは
その言葉の響きと言うか

単なる”語呂”と言うか

「確か、何かの授業で覚えたっけなぁ?」

と、言う微かな記憶(笑)



詳しい事は分からない

それが生活に必要かどうかもわからない

でも、なぜか覚えている(笑)


でも

社会に出て活用した事なんざありません!

<( ̄^ ̄)> えっへん!



もっと他に覚えてなきゃならない事が
たくさん有ったような気もしているんですが

それが出来ていれば
今頃は博士にでもなっているんでしょうね(笑)




今日は「サーカスの日」だそうです


1871(明治4)年のこの日
東京・九段でフランスの「スリエサーカス」による
日本初のサーカス興業が行われました



サーカスの花形と言えば
空中ブランコや綱渡り等の曲芸ですが
欠かせない重要な役柄のひとつは
派手な衣装と化粧をし
サーカスなどで玉乗りや司会を行う
「ピエロ」です


特徴的なのは
ひだ付きの襟飾りと目や口の周りの赤い化粧

そして、おどけた動き

その動きとは裏腹に
何処か哀愁を帯びた表情が見え隠れしますが

これは
コメディア・デラルテに登場する
顔は真っ白で哀愁を漂わせ
好きな人を殺してしまう事でしか
愛情表現できないキャラクターが
起源となっているからなのだとか

(コメディア・デラルテとは
 16世紀中頃にイタリアで生まれた
 仮面を使用する即興演劇の一形態)



「ピエロ」と言う言葉はフランス語
英語では「クラウン」と言います

日本語でも
「ピエロ」と言う言葉が一般的ではありますが
「道化師」と呼んだりもしますね


その独特の化粧は素顔を見せません

そんなところから
しばしば歌の題材にも使われています


「サーカスの日」に因んで
今日は「ピエロ」を題材にした歌を2曲



『笑えないピエロ』 みのや雅彦

     By YOU TUBE


『道化師のソネット』 さだまさし

     By YOU TUBE




【 おまけ 】
*夢乃が以前ここで掲載した自作詩


《僕達の関係》

ねぇ 僕達の関係は
友達? 恋人?
それともただの話し相手?

訊けない言葉を飲み込んで
今日もピエロを演じてる


ねぇ 僕達の関係は
知らない人から見たら
どんな風に見えてるんだろう?

今日も明日も明後日も
君が笑顔なら良いけれど



君を送る夜の道は
口数少なくなる
はしゃぎ過ぎるくらいに笑う君は
そんな空気を感じてるんだろう

今ここで
君を抱きしめてしまえば
きっとすぐに答えも見つかるかな?



ねぇ 僕達の関係は
友達? 恋人?
それともただの話し相手?

道化を忘れたピエロには
哀しい結末しか無いんだろうな



真実

色んな人が色んな事を喋っている



テレビの中で
ラジオの向こうで
開いた雑誌の中で
バスの中、向いの人が読んでいる新聞の中で



どれが真実?

何が本当?

誰を信じれば良い?



評論家の解説は
どれも当たり前の事を
もっともらしく言っているだけ

学者は簡単に言える事にさえ
難しく理屈をつけようとしている

官僚の釈明は
いつも抜け道を作っている

政治家の公約は
嘘を大義名分で隠している


ニュースキャスターの言葉は
いつも正論だけど
その言葉は何処に届いているのだろう

マイクを向けられた市井の臣の言葉の中にこそ
正義は、真実は、あるのだろうか





あなたの目の前で話をしている人は



あなたに何を伝えようとしているのだろうか





無尽の言葉が
空気の隙間を縫って走る



どれが真実か

何が本当か

誰を信じるか




あなたは
自分の心に引っ掛かったモノだけを信じれば良い



それが多分

あなたにとっての真実なのだ



納得

自分を納得させるって難しい

自分についた嘘はすぐにバレてしまうから



自分に正直でいるって難しい

ワガママになる自分をきっと知っているから





ダメだった事、失敗した事を

周りのせいにして自分を慰めたって

それは違うって事を本当は知っているんだ







みんな違うんだからと言い聞かせても

何処かで納得出来ていない自分がいる



知ってるかい?



他人と比べるって事は

自分を縛りつけているのと同じ事だよ





他人と比べる事それ自体に

意味を見つけたいのは安心したいから


本当は自分自身が納得出来るかどうかなのにね




スイッチ

仕事をするとか、勉強をする

或いは
趣味や習い事 等

自分が主体で行動を始める時は

”スイッチを入れる”
と言う、言い方をする事があります


一方で

例えば
人と出会って
その人の生き方や考え方に触発をされたとか

良くも悪くも様々な影響を受けた場合

それから
恋に落ちたなんて時は

”スイッチが入る”と言ったりします



普通ならすれ違う事さえ無いであろう
何百km離れた街で生活をしていた男女が
ふとしたキッカケで出会って結婚をするとか

第一志望の学校に落ちて
渋々と入学した滑り止めの学校で
一生の友人に巡り会う

結婚をした後で
本当の運命の相手だと思える人に出逢ってしまう

もしくは

一度別れた恋人同士が
何年の後
再会をして結婚をする

そんな事はそう珍しい話ではありません


中には
同じ相手と3回結婚をしただとか

人と人との”縁”と言うのは
不思議な因縁によると言う意味合いも含めて
まさに文字通り「小説より奇なり」

それもまた、まま有る事です



このように
人生に於いては様々な事が
”何かのキッカケ”によって
スイッチが入ってしまったり
逆に
突然切れてしまったりします


電気回路のように
スイッチのオン・オフは
単純な話でも
理論的に明快な話でもなくて

すなわち
離れている”接点同士”が
何かのキッカケや因縁によって
”縁”が繋がると言う事

逆の事態も含めてですが
それは決して
理屈だけで説明出来る話ではありません


偶然か必然か?
運命か宿命か?
それとも神様の気紛れな悪戯か?

結局のところは
この命題はいつも
”神のみぞ知る”と言う話に成らざるを得ないのですが


人の気持ちや
心から沸き起こる行動は理屈では無いと言う事

これだけは言えるでしょう


それに逆らうも身を任せるも
自分の心に正直に問うてみれば
おのずと答えは見つかるはずです

但し、模範解答はありますが
それが必ずしも
いつも正解だとは限りません


ただそれを善しとするかどうか

それを決める心が
正解を導く最後のスイッチになるのでしょう




私の住む辺り
いつもの散歩コースから見える日高山脈

hatukansetu.jpg

(言っておきますが
 カメラをこのアングルから右でも左へでも
 少し動かすともう住宅がビッシリと立ち並んでいます
 念のため・・・って、何の念のため?(笑))


数日前の寒波の時の冠雪

その”白”がまだ残っています

と、言うより
この”白”はもう
来年の春まで融ける事はないでしょう




深まりゆく秋


街も山も空も風も色を変えていく・・・


或いは

人の心も・・・




私はお酒はめっきり弱いのですが

何となく
この頃、この歌を口ずさんでいます

(某焼酎のCMに使われていた歌です)


この季節に似合い過ぎますね


      By YOU TUBE

《 今は、このまま 》
   ビリーバンバン
    (作詞:葉山真理 作曲:菅原進)


もう会えないけれど
忘れないわ
心雨がつたう
想い出いつの日も
綺麗すぎて
だから辛くなるの

あなたのぬくもり
心に感じてそして
泣かせてほしい今は
このまま



もうあえないけれど
忘れないで
心秘めた思い
この恋いつの日か
かなうなんて
ひとり信じていたの

あなたの横顔
心でなぞってそして
泣かせてほしい今は
このまま



あなたのぬくもり
心に感じてそして
泣かせてほしい今は
このまま




訃報 加藤和彦

”加藤和彦 自殺”の訃報がありました


「えっ? どうして?」

ただただ驚きました
それが正直なところです


享年62歳



私が加藤和彦を初めて知ったのは
深夜放送を聴き始めた中学3年の頃
”フォーク・クルセイダース”の
「帰ってきたヨッパライ」でした


深夜放送とフォークソング

それが大きな若者文化を作っていた時代

深夜放送のDJの言葉に人生を学び
共に泣き、共に笑い
そして
フォークシンガーの生き方が人生の手本でした

ご多分に漏れず
中学、高校と
私がギターに目覚め
フォークソングにのめり込んでいった
まさにその時代とリンクをして
加藤和彦の存在はあったような気がします


余談ではありますが

私の本名と
漢字で書いても
ひらがなにしても
何となく名前が似ているせいもあって
気になる存在でもありました




おそらく
今夜のブログの何百か何千件かは
加藤和彦の訃報を取り上げている事でしょう


色々なところで
改めて
プロフィールや略歴も紹介されている事でしょう


なので
ここでは加藤和彦についての詳しくは省かせてもらいます


その代わりに・・・

 《悲しくてやりきれない》 作詞:サトウハチロー 作曲:加藤和彦

    By YOU TUBE

 《この素晴らしい愛をもう一度》 作詞:北山修 作曲:加藤和彦

    By YOU TUBE



自殺の詳しい経緯や真相はまだ分かってはいませんが
早過ぎるその死に

ただ今夜は合掌するのみです。。。。



時の流れ

光陰矢の如しとは良く言ったもので
過ぎた日々は一瞬の瞬きです


それを更に実感させるかのように

1日、1週間、1ヶ月が
歳と共に早くなって来た気がします

そして、もちろん1年も


色々と考える事
想いに耽る時間が多くなったのは
これはある意味
時の流れへのささやかな抵抗?

いや、それとも
得体の知れないモノへの畏れ

つまりは焦りなのでしょうか?



若い頃、時間は無限でした


自分が50代になる事など
思いもしなかったし
挫折も後悔も
全てがいつの日か
希望へと変わるものなのだと信じていました



不思議なもので
気持ちだけは
20代の頃と何も変わってはいないのです

あの頃出来た事は
”今でも出来る!”のだと信じて疑ってはいません

確かめた事はありませんが(笑)


これも
ひとつの現実逃避と言う奴なのでしょうか?


ただ
認めたく無いだけなのかも知れません



まぁでも
それを確かめるのは

今はまだ止めておきましょう


少しでも
時の流れにブレーキをかけておかなきゃね


せめて自分の心の中では・・・

そうだよね


色々と検索をしていたら
面白いサイトがありましたので
ちょっと紹介させてもらいます


この”ネタ”を元に更に検索をすると
かなりのヒットがありましたので
もうだいぶ以前から話題になっていたようですね


なので
すでにご存じの方も多いかも知れませんが・・・


タイトルは

『 The Right Brain vs Left Brain 』

つまり「 右脳 VS 左脳 」ですね


それでは下の絵を見てください


”踊り子が回っているのは

 時計回り?

 それとも反時計回り?”

577592-the-right-brain-vs-left-brain-test.gif


時計回りに見えているなら
あなたは右脳をより使っているという事で
反時計回りに見えているなら
その反対(左脳主体)という事になります


【 左脳の機能 】
    
・論理
・詳細指向
・物証主義
・言葉と言語
・現在と過去
・数学と科学
・「知っている」
・知っている
・認知
・パターン認識
・名前を認識
・現実ベース
・戦略の構築
・実践的
・安全志向


【 右脳の機能 】

・右脳の機能
・直感
・鳥瞰指向
・想像主義
・シンボルとイメージ
・現在と未来
・哲学と宗教
・「わかる」
・信じている
・感知
・空間認識
・機能を認識
・空想ベース
・可能性の探求
・衝動的
・冒険指向



ほとんどはの人は
あなた自身の焦点の合わ方で、
ダンサーの回転方向を変える事ができます

・・・だそうです(笑)

(本当かなぁ??)


あなたには出来ますか?



ちなみに

私は最初は
反時計回りにしか見えていませんでしたが
じっと見ているうちに
時計回りになったり
また
反時計回りに戻ったりを繰り返すようになりました

何かすごい不思議な気分です



《 ネタ元 》The Right Brain vs Left Brain




毎日

どの”毎日”も
いつもきっかり”24時間”有るだなんて


まさか本気で信じている訳じゃないよね?



神様だって
手を抜きたい時や
うっかりしちゃう事だってあるんだから
1日が
21時間43分しか無い日や
27時間16分有る日だってあるんだよ



身に覚えもあるでしょ?


「えー!? もうこんなに時間経ったっけ?」

とか

「まだ、こんな時間か・・・」


なんてね



でも
だからって心配はいらないよ



ちゃんと1年間廻れば
帳尻は合うように出来ているんだから



だから

少しぐらい1日の時間が多かろうと少なかろうと
そんな事をいちいち気にしちゃいけないよ


拘るべきはそこじゃないはずだからね



毎日は繰り返し巡ってくる


でも

どれだけ
同じような毎日が繰り返されようと
同じように毎日が繰り返されようと
きっかり同じ日なんて1日たりとも無い


”毎日”なんて言うけど

本当は
昨日も今日も明日もある


それは特別な事では無いけど
そこにいるボク達にとっては
毎日が特別な”1日”なんだよ


本当はね。。。






ドラマ

人生は筋書きの無いドラマなんだとか

って、事は

つまり

まだまだ結末は分からないって事だね


それはまだ頑張る意味があるって事だよ





事実は小説より奇なりって言うよね

って、事は

つまり

現実の方が小説より面白いって事だね


そりゃそうだよ 主人公は自分なんだもの





人生に予告編はいらないさ 大事な事は

そう、それは

つまり

今、この時を生きているって事だからね


今が無ければ明日も来ない そうだね





人生はハッピーエンドな話ばかりじゃない

そう、そこに

つまり

だからこそたくさんのドラマが生まれるのさ


泣くも笑うも それが生きるって事なんだよ




我が家のジージョは小さい頃から薬好きでした

(薬と言っても
 もちろんヤバい方じゃありませんよ(笑))


ちょっとお腹が痛いと言っては
「薬飲む」

鼻水が出始めたら
「薬ある?」

転んで擦り剥いたら
「薬付けて」


こいつは薬マニアか?
って思うほど
何かにつけて
「薬飲む」「薬を付ける」

普通、幼稚園児くらいだと薬が嫌だと騒ぎますよね


同じくジージョがマニアだったのは
絆創膏(真ん中にガーゼの部分がついた絆創膏)

薬を塗っては
「絆創膏付けて」

ちょっとぶつけては
「絆創膏貼る」

蚊に刺されても
「絆創膏貼る」

おいおい、ぶつけたり蚊に刺されたのは
絆創膏じゃなくっても良いんじゃないか?

それでも、とにかく
「絆創膏」なのである(笑)



話は少し逸れますが

ちなみにこの絆創膏の呼び名は
地域によっても違うようです


サビオ    →北海道
絆創膏    →長野県辺り
バンドエイド →関西辺り
カットバン  →愛媛・高知・中国・東北地方など
リバーテープ →九州
キズバン   →富山


これは
その地域で一番売れている製品名が
そのまま通称名として使われているパターンと
その地域でCMをしていて有名になった製品名が
いつしか通称名になったと言うパターンがあるようです

有名なところでは
「ホッチキス」も製品名ですね
一般名称だと「ステープル」となるのが正解です

このように
製品名や会社名が通称名になるのは良くあります

それも、調べてみると
地域によって
呼び名が違うモノもけっこう多いようですから
この話題だけでもブログが1?2話は書けそうです

(ここで書いちゃったので書きませんが(笑))

ちなみに私は
「サビオ」も「バンドエイド」も使います

あなたは何と言っていますか?



おっと、話を元に戻します(笑)


ジージョの薬マニア、絆創膏マニアぶりは
小学4年生になった今も変わりません


「なぁ、お前さ。 そんなに医療系マニアなら
 歌って踊ってサックスの吹ける女医さんを目指せば?」

「無理! だいいち、サックスはともかく
 なんで歌と踊りなのさ?」

「いや、それはノリと言うか語呂と言うかさ。
 じゃ、歌ってサックスの吹けるナースとかは?」

「だから、何で歌なのさ? 
 しかも、ナースって無理! 大変だもの」


小学校4年生にして
早くも「涼宮ハルヒ」にはまっているジージョ

(多分に長女Aの影響もあったのですが)

このまま「アニオタ」街道をまっしぐらに進むと・・・

(*アニオタ=アニメオタク)

そうだね
本物のナースを目指すならともかく
秋葉原辺りで
コスプレナースなんかされてもなぁ?

やっぱ、ナースは止めておこう(笑)



そんな薬マニアのジージョの
意外な欠点

それは粒タイプの薬が飲めない事です

(錠剤・カプセル錠など)

顆粒タイプの粉薬は飲めるのですが


今夜もジージョ
お腹が痛いと何度もトイレを行ったり来たり

「ねぇ、セイロガン飲んだら?」

「無理! 粒は飲めないもの」

「何で飲めない?
 ご飯だって、おやつだって
 平気で食べて飲みこんでるじゃん?」

「だって・・・無理・・・」


確かに
以前、ジージョの大好きなフライドポテトに
粒タイプの薬を埋め込んでみた事があるのですが

そのまま普通に
薬と一緒に食べて飲み込めば良いはずなのに
わざわざ舌で薬を探してよけてしまうのです(苦笑)


「飲まないといつまでも苦しいんだぞ。
 もう1回飲んでみたら?」

「絶対、ダメ。 粒は無理!」


そこへ止せば良いのに長女A参戦

「お前、おかしいんじゃない?
 粉薬を飲む思いをしたら
 粒の方がずっと飲みやすいじゃん」

「姉ちゃんなんて粉薬飲めないくせに」

「煩いなぁ? 粉薬なんて
 なんでアレが飲めるのか不思議だわ
 粉が口の中にまとわりつくんだぞ!
 考えただけで口の中が苦くなるっしょ」

「そんな事ないよ。 水と一緒に飲んだら楽でしょ」

「いや、絶対粒でしょ」

「粉の方が良いよ」

「お前、バッカじゃない?」

「高校生になって粉が飲めないなんて変なの!」

「煩い! 小学生の分際で粉飲めるなよ!」


おいおい、何か話が変な方に行ってますけど?(笑)

ねぇ、キミ達さ
そう言うのね
目クソ鼻クソを笑うって言うんだよ

覚えておいてね(笑)


までも
粒の薬が飲めない小学生と
粉の薬が飲めない高校生

どっちがどうなんだか(笑)



「だけどさ、セイロガン飲まないと治らないぞ」

「だって・・・」

「よし、分かった!
 したら、セイロガンをお父さんが粉にしてやろう!」

「えっ? どうやって?」

「任せておきなさい! 粒を砕けば良いんだろ?」


そこへまた、長女Aが乱入
こう言う場合
ただ、話がややこしくなるパターン(笑)


「お父さん! それダメだって!
 薬を作り変えたら違法なんだよ!
 保健でならったんだから!
 お父さん、捕まるよ!」

「何言ってんだか、大丈夫だよ」

「お父さん、大丈夫じゃないって!
 ダメなんだよ!」

「あのなぁ? 何もお父さんは
 風薬と胃腸薬とか他の薬を
 全部粉にして混ぜるとか言ってないべ?
 それをやったら調合になるからマズイだろうけど
 ただ、粒を砕くくらいは大丈夫なの!」

「本当に大丈夫? 成分が変わったりしない?」

「砕くだけだからな。 成分は変わらないだろ」



その後で
粒のセイロガンを紙に包み
紙の上からコップの底を使ってコツコツと砕き
何とかジージョに飲ませました


せっかく糖衣錠のセイロガンだったのに
砕いたら、ただ苦くなるだけなのにね?(苦笑)


それにしても・・・

同じ姉妹でも
キャラが違うと性格も嗜好も違うもんだね


おかげで
今夜のネタが出来てお父さんはホクホクです

長女Aとジージョ
これからもよろしくな!(笑)


私がタバコを吸う事は
ここでも何度か書いてきましたので
みなさん、ご存じだとは思いますが

その私が
今月の1日から休煙をしているのは

はたして

みなさん、ご存じでしたか?(笑)



もちろん、初耳だと思いますが
(ブログの場合は読むんだから初目と書くべき?(笑))



それはともかく

現在、私は無期限の休煙中なのです


(今日で7日目
 いったい、いつまで頑張れる事やら!?)



私は今まで
タバコを止める気になった事は一度もありません
もちろん、今でもです

なので
今はあくまで”休煙中”と言う事なのです

(男らしく、きっぱり「止める!」と言わないとこが
 私らしいですね?(笑))

今は禁煙グッズ(パッチ、ガム、パイプなど)も
たくさんありますが使いません

私が使うのは”私の意志”です!

(ほら、ここ男らしいでしょ?(笑))



実は始めたい事がありまして・・・

漠然とはずっと
『いつかやりたい』
と、思っていたのです


当然、お金も掛る事なのですが
我が家の大蔵省は
私の趣味には全て無関心、無拠出(苦笑)

(今自宅にあるパソコン3台、プリンター、
 デジカメ、無線ルーター etc
 全部、私が小遣いの中から
 ローンを組んで買っています)


その事について
今更、話をぶり返すつもりもありませんし
話しても仕方がない事は分かっているので
今回の事については特に話もしてはいません

(あえて、ケンカのネタを振る事もないですから)


自分がやり繰り出来るならやる


つまり
何かを新しくする為には何かをガマンする

そう言う事です

まぁ、大人としては当たり前の事なんでしょうが


(ちなみに、「やりたい事」とは
 パソコンには一切関係ありませんし、
 音楽関係でもありません)


まず、当面の目標は1カ月の休煙です

1カ月間休煙が出来れば
3か月、半年、1年と休煙が出来るでしょうから
1カ月が経った時点で
「やりたい事」へのアプローチを開始するつもりです

(「やりたい事」をやっている間はずっと休煙する予定)


ただし、休煙が1カ月も持たなかったら
「やりたい事」は没です(苦笑)



1週間が過ぎて・・・

意外と仕事中はタバコを吸わなくても楽勝です


一番、辛いのは・・・この時間

夜中にパソコンに向かって
ブログネタを考えたり
作品の構想を練ったり、書いたり
その時間、無性にタバコが吸いたくなります

特に、考えている時間、悩んでいる時間

(今まではタバコとコーヒーが友でしたから)


最近
午前1時を過ぎた頃から
いくらコーヒーを飲んでも眠たくなるんです

タバコを吸っていた頃は
どんなに夜更かしをしても
こんな事はありませんでした


実は今も・・・だいぶ眠たくなっています(笑)


ともあれ

「どうなる事やら?」


まぁ、端っから無理をするつもりもありませんが
自分の意志でマイペースでやっていきます


休煙が完全禁煙になっていくのか?
休煙自体が無かった事になるのか?(笑)


結局は「やりたい事」と「タバコ」を
秤に架けた時にどっちが重いか?
って事になるんだろうなぁ?


今は・・・微妙(笑)



作り笑い

大人になると
作り笑いが上手くなる

それをしなきゃならない自分と
それを許せない自分とのせめぎ合いの中で
作り笑いだけが上手くなってく


疑問も肯定も否定も無い


「円滑」

「調和」

「協調」


そんな大儀の元に掲げた御旗は
一度掲げると
中々そう簡単に下ろせるものではない


でも、もう良いかな


少しだけ
肩の力を抜いて
まずは深呼吸をひとつ

50も過ぎた

残りを数えて
しがみ付くよりも
繕う自分を卒業しよう


作り笑いを
笑い飛ばすくらいの気持ちで無ければ
ここまで生きた価値が無い
これから生きる意味が無い

今までの20年、30年よりも
これからの5年、10年の方が
遥かに貴重なのだから


同じ笑うなら心から笑おうか



今夜は満月です

この時期の満月を”仲秋の名月”
或いは”中秋の名月”
と言いますが
これはどちらも同じ意味です

秋を
「初秋(旧暦7月)」
「仲秋(旧暦8月)」
「晩秋(旧暦9月)」
と分けた場合には
旧暦8月の満月が仲秋になります

単に旧暦8月の満月を言う時は
中秋となります

ちなみに新暦(現代暦)の今日
2009年10月4日は
旧暦で言えば8月16日となります



・・・と、言うウンチクはどうでも良いのですが(笑)




今宵の満月

あなたは何処で誰と観るでしょう?



誰と何処で観た月を

あなたは想い出しているでしょう?


  《 月 》 桑田佳祐

    By YOU TUBE



半世紀と言うと

何だか
恐ろしいくらいの長い年月みたいな気がします

が・・・

更に経過する事2年(笑)


自分がそんな歳になるなんて
もっとずっと先の話だと思っていました

いや・・・思い込もうとしていただけなのかも(笑)


でも
なっちゃうもんは、なってしまいます

何処に逃げても、隠れても
例え
冷凍庫の中で冷凍人間になってたにしても?(笑)


それが人生の理と言うものです

ただ

それは認めるにしても
だからと言って
ここで枯れてしまう訳にはいきません!!!


でしょ?


ちょっとだけ無理をしてでも
頑張っていかねば(笑)


そう!

人生はまだまだこれから
諦めたら負けです


後、半世紀! は無理にしても(笑)

みんなで青春しましょ!



Happy Birthday To Me


 《 今日までそして明日から 》 吉田拓郎 

    By YOU TUBE



10月の始まりに

今日から10月です

後3カ月で今年も終わり?

そんな風に思うと
途端に何故か
大して用事もないのに焦ってしまうのは
単なる貧乏性が所以でしょうか(笑)



10月
別名では「神無月」

日本中の神様が出雲大社に集まるので
出雲以外の地区では神様がいなくなる事から
神無月と言うようになった
と、言うのはあまりに有名な話です

(これを広めたのは何を隠そう
 他ならぬ、出雲大社の御師(*)なんだとか)
*御師(おし、おんし)
 社寺へ参詣者を案内し
 参拝・宿泊などの世話をする者の事


では
何をしに全国の神様が出雲大社に集まるのかと言うと
一般には”人の運命”について話し合われるのですが
特には
縁結びの相談の為と言われています

遠く離れた見知らぬ同士が
知り合い結婚するようなケースは
この会議の結果からかも知れませんね

この為
出雲大社は縁結びの神様としても信仰されています



また10月は秋の深まりゆく季節でもあります

空の青さもそれまでとは異なり
明朗さよりも冷たく冴えかえったものとなり
やがての冬の到来を予感させるには十分なほど
澄みきった色を見せてくれます


紅葉は
モノクロの季節の前の束の間の艶やかさ

刹那の美しさで
晩秋を前にした人間に
生きる喜びを与えると共に
季節が変わっていく覚悟を求めます



深まる秋の狭間で
舞い落ちる木の葉の陰で
夜のしじまの中で

想い出がひとつ咳をすると小さな痛みが胸を刺します


そんな感傷的な気持ちを愛おしく想うのもまた
秋の深まるこの時期ならではなのかも知れません


  ≪ 秋の一日 ≫ 下成佐登子 歌・作詞・作曲

     By YOU TUBE




Powered by FC2 Blog