Neko

夢の汽車に乗って 2009年01月

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


早いもので1月も今日で終わりですね


1月31日

知りませんでしたが
この日は
131で『アイ・サ・イ』の日なんだとか


愛妻家とは無縁の私にしたら
別に

『だからどう?』

って話なんですが(笑)



愛妻家については以前、ここでも書きました

(現代夫婦百景『愛妻家と恐妻家』参照)



改めて考えてみたのですが

この
愛妻家って、誰から見ての”愛妻家”なんでしょう?


自己申告?

奥さんの評価?

それとも、第三者の目?


愛妻家と恐妻家って
実は表と裏みたいな関係なんだと思います


自分では愛妻家だと思っていても
他人からみたら
恐妻家にしか見えない事もあるでしょう


愛妻家のご主人を
邪魔くさく思う奥さんもいるかも知れません

例えば、優しさって
時には頼りなく映る場合もあるのですから



恋人夫婦・友達夫婦・お父さん&お母さん夫婦
仮面夫婦・関白夫婦・恐妻夫婦・惰性夫婦

etc・・・

色々な夫婦がいて
色々な夫婦の形があります


どれなら良くて
どれが悪いのでしょう?


そもそも
良い悪いを言う権利は夫婦お互いだけです


結局のところは
お互いが良ければ
それはどうでも良いって話に
落ち着くのかも知れませんね


逆に
どちらか一方が不満を感じているとしたら

修復をするのか
開き直るのか
諦めるのか
止めてしまうのか

何らかの決断を迫られるかも知れません


でも

必ずしも夫婦で同じ方向を向いていなくても
夫婦は成立する事もあるんです


そこが夫婦の不思議なところと言うか
他人には分らない機微なのかも知れません


夫婦の形は千差万別です


同じように
一口に愛妻家と言っても
色々な愛妻家がいて当たり前です


でも
無理をして愛妻家にならなくても
家庭が上手くいっているなら
それOKです


大事な事は愛妻家かどうかではなくて
家庭が上手くいっているかどうかです


あらっ

何だか
段々と「愛妻」の日には
ふさわしくない話になってしまったでしょうか?


やはり
私には”愛妻家”は無縁のようです。。。(苦笑)






スポンサーサイト

Happy Together

ねぇ

何故だろう?

昨日と同じ道を歩いてるはずなのに

何だか見える風景が

昨日とはこんなにも違うんだ





ねぇ

何故だろう?

君と一緒に歩いているだけで

風はこんなにも優しくて

僕の心もこんなに弾んでる





ねぇ

何故だか分かる?

君は笑って

ちっとも真面目に答えようとはしないけど

君の仕草が答えているね

ほら こんなにも笑顔があふれてる





Happy Together

君となら

明日と言うキャンバスに

どんな絵が描けるだろう?

僕らはどんな色を塗るだろう?





ねぇ?

覚えてる?

君が僕に向かって

最初に言った言葉

「あなたは一番嫌いなタイプだわ」





ねぇ?

それが何故?

君は笑って

「そんな事、いつまでも覚えていないでよ」

それから僕の方を見て言った

「あなたの不器用さが私と似てたから」





Happy Together

君となら

きれいな絵は描けなくても

暖かい色の絵にはなると思うよ

僕らは選ぶ色も似ているからね





Happy Together

同じ風景を

僕らはいつでも観ているだろう

泣いたり笑ったり それは色々あるけど

繋いだ手と手の温もりは きっと変わらない





恋・愛 問答

恋は得ようとするモノ
愛は与えるモノ

例えば”無償の愛”

愛した見返りは求めてはいけない




恋には初めてはあるが
愛には初めてはない

”初恋”

片思いは恋
実った恋だけが愛に変わる




恋は終わると思い出以外は何も残らない

しかし
愛は終わっても

しばしば情が残る事がある




恋は人を詩人にする

しかし
愛は人を哲学者にする




恋は切なく甘酸っぱいものだが

愛を求める人には
それだけでは物足りない




恋は時に人を弱くする

しかし
愛はいつも人を強くする




恋は相手を想うところから始まる

愛は行動から始まる




恋をするには”理由”がある

しかし
愛する事には”理由”はいらない




恋をするのは一瞬

しかし
愛するには時間がかかる




恋は嫉妬心を磨き

愛は許す心を鍛える




恋は自分を分って欲しいと分って願うが

愛は相手を分ってあげたいと思うもの




恋はただ好きなだけで良い

しかし
愛するには+αが必要だ

良くも悪くも
そのαが問題なのだが




恋は無一文でも出来る

しかし
愛するにはお金がかかる事が多い




恋の病と言うけれど
愛の病とは言わない

愛は狂わせるものだから




恋をしている人はいつも前だけを向いている

しかし
愛する事を知った人は時々後ろを振り返る







恋をしなくても
人を愛さなくても

人は生きていける


しかし

それはただ生きているだけである



ただ生きているだけの人生に

どんな意味があるだろう?



恋も愛も
それが人生の全てではないが

それらがある事で
人生に深みと味わいが生まれるのだろう




人を恋する喜びを知る事で
人は大人の扉を開ける

そして
愛する苦しさを知る事で
人は大人の階段を上る


やがて辿り着いた先にあるものが
幸か不幸か

着いてみなければ分らないところに

人生の妙がある


初心

2007年1月28日からブログを書き始めて
(ここへは昨年4月2日に越して来たのですが)
今日で丸2年になりました



どうしてブログを書きたいと思ったのか?
何をここに残したいと思ったのか?

それは今も変わってはいません


拘りたいもの
拘るべきもの

それも変わってはいません



毎回
テーマも書き方も
統一性が無いと言えば無いのですが

それが”夢乃スタイル”なのです



通して読んでみると

多分に
自分でも「別人?」と思うくらいですから
読んでくれている人は

「こいつは多重人格か?」

って、思っているかも知れませんね



私を良く知っている人は

「あいつらしい」

と、思ってくれているでしょう



思っている事
考えている事を
自分では素直に書いているつもりです


だから
書き方も言葉使いも
その時々で変わるのです


例え独りよがりだとしても
それこそが

”自分スタイル”

なのだと
そう思う事にしています


ただ
支えてくれている”友人”達への
感謝は忘れてはいないつもりです


それも変わってはいません




”初心忘るべからず”


英語ではこんな言葉があります

”Don't lose sight of your originai goal”

訳すと

”あなたの最初のゴールを見失わないで”


ここで言う”goal”とは

【目的】【目標】【行き先】の事です




読んでくれた人の心に

”何かひとつでも
  言葉が届けられたら良いな”

そう思いながら
又、今夜もパソコンの前に座っています


まだまだ拙い私の言葉達ですが

これからも気長にお付き合い頂ければ嬉しいです



              夢乃 先道



ある回答

いくつになっても
その歳、その年代、その立場で
悩みの種と言うのは
次から次へと変わっていったとしても
尽きる事はないんだよね



いつの時代も年長者は言う

「何をそんな事ぐらいで」


年長者からしたら
そんな事ぐらいって思うんだろうけど
その歳、その年代、その立場の人間にとっては
どれも大問題なんだ


歳を取ると
自分にも
そんな時代が有ったって事も忘れて
妙に悟っているような
妙に物分かりの良い
大人になってしまいます


何に対しても物分かりが良くなるって事は


それはね

何に対しても諦めているって事と同じだよ



世の中にはいつも
理不尽さが付きまとう

正直者はいつもバカをみたり
外れクジを引いたりするね

だけど
嘆いたからって
それで
解決する事なんて
何もないんだよ



何でも真剣で
何にでも真面目でいればいるほど
悩みって出てくるものだね

そして

何でも真剣で
何にでも真面目でいればいるほど
悩みは深くなる

何でも真剣で
何にでも真面目でいればいるほど
悩んでいる自分が辛くなる


でも、それはね

それだけ真剣に生きているって証なんだ


それで
バカが付く正直者って囃し立てられたとしても
それは全然恥ずかしい事ではないんだ



だけどね

何があっても他人のせいにしちゃいけないよ


そして
それ以上に自分を責めてもいけないんだよ



せっかくの録画チャンス!

そんな時に限って・・・・



まぁ、そんな日もあります・・・(T-T)


短いです・・・見逃したらもう一度(笑)

    (C)夢の樹舎



例えば

車は大破したものの
人は打撲くらいで済んだ事故を起こした時



プラス思考の人なら

「これぐらいで済んで良かったよ
 これからは気をつけなくっちゃな」

って思うでしょう

そして、すぐに気持ちを切り替えます



ところが
マイナス思考の人は
事故を他人のせいにして
周りに文句を言います

「だいたい、あんたがあそこでグズグズするから
 こんな事故に有っちゃったんだよ!
 予定通りに走ってれば
 事故なんか起こさなくて済んだのに」

そして、いつまでもクヨクヨ考えます




人生には
しばしば知らない内に

”選択”

をしていると言う事があります


この”選択”が意識をして出来るなら
こんなに楽な事はありませんし

何より

人生で失敗などするはずもないのです



しかし
残念ながら
この”選択”は意識をしてする事が出来ません


脈々と続く長い道矩の中で
そこを選ぶ事は既に決まっているのです


いわゆる”運命”と言うやつです



この事故を起こした人は
実は

”必ず事故を起こす”

運命だったのです


つまり
運命は事故を選択していたのです


ですから
予定通りに走っていたら
本当は
もっとひどい事故を起こすところだったのです



この時

この人は
もうひとつの選択もしていた事を知りません


その選択とは

1.車は大破するが人は無事

2.車は大破して人は全員死亡


もちろん
この事故を起こした人が選択をしていたのは

1番です



それがすなわち

”不幸中の幸い”

と言う事なのです



ですから
本当はこの事故を起こした人は
ある意味では幸運な人だったのです


それが分っているプラス思考の人は
この幸運をキッカケに上昇しようと考えます


けれど
マイナス思考の人は
せっかく掴んだ幸運を
自らの力で下降させる事になるのです




”不幸中の幸い”
とは

不幸を選んだ後に与えられる慈悲

つまりは
敗者復活戦のようなモノです


それを生かすも殺すも
その人次第なのです




不幸の中にさえ
小さな幸運を見つける事が出来る人は
決して
大きな不幸を背負い込む事はないでしょう


どんな事が起こった時でも

”不幸中の幸い”

そう考える事が出来るのであれば
必ず上昇する運気に乗れるはずなのですから。。。





【 作者注 】

本編は
哲学、運勢学、宗教観などに基づいて
構成されてはいません

あくまで、作者の主観によるものです




勘違いの天才?

男って
単純な生き物であり

総じて勘違いの天才なのです


知ってました?


気にも留めていなかった女の子が
ある日
自分の方に向かって微笑んでくれたら
それだけでもう好きになれてしまいます


「やだぁ?もう♪」
とか言われて
肩や腕にボディタッチをされたものなら
それだけでアドレナリンは急上昇です


カラオケで
「〇〇さん、あの歌を歌って欲しいなぁ?」
なんて言われたら
もうマイクは放しません


飲み会で
向かいのイスに座った女の子が
ミニスカートの脚を
組み替えただけでキュン♪と出来ます

しかも
ちょっと胸の谷間なんか見えたりしたものなら
目線の先はもうその子に釘付けです


「相談が有るんだけど・・・良いかな?」
なんて言われたら
ご主人様に気にいられたくて
シッポをふるポチ君のごとく
愛想を振りまいたりします

大概そんな時のオチは
自分の友達が好きだとか
そんな話に過ぎないのですが、
それに気づくほど世慣れはしていません


女の子から来たメールに
ハートマークなんか付いていようものなら
急に意識をしたりします

心はルンルン♪

ハートマークの2倍返しなんかしたりして


さっきまで
ニコニコしていた女の子が急に冷たくなると
世の中の不幸を
全て自分で背負いこんだ気持ちになれます


その5分後
女の子が再び笑ったら
地獄から天国に瞬間ワープ出来ます


「○○さんって、凄いですね?♪」
なんて言われたら
どんな木にでも登れてしまいます


「○○さんって良い人ですね」
って言われたら
ちょっと複雑な気持ちになります


「ぶりっ娘は嫌いだ」
等と言う男に限って
甘えられるのが大好きだったりします



ホント、男って単純です

そして勘違いの天才でもあります


バカだよねぇ?

(自戒を込めて・・・)




伝言板

昔は何処の駅にも伝言板がありました


恋人達が
待ち合わせの連絡に使ったり

時には
好きな人へのメッセージを書いたりしていました


でも
悪い奴がいて

時々その伝言板を消してしまうのです


そんな時はさぁ、大変!

恋人達の運命や如何に!? (^-^;



もっとも

無事に待ち合わせをしていたって
どちらかに急用が出来たり
何かで遅れたりすると
まるでメロドラマのような
「すれ違い」「行き違い」が待っていたのですから
それはもう
付き合っていたってスリル満点です(笑)


そう言えば
待ち合わせの店に電話を入れて
「呼び出し」なんてのもありましたっけ




同じように
家庭でも「書き置き」と言うシステムがありました


今でも
「鍵っ子」なんて言葉があるのか分りませんが

共働きの家の子供が家に帰ると
まずテーブルの上を見ます


そこには
学校から帰った子供に
おやつの在処を報せるメモが置いてありました

単なる連絡事項と言えばそれまでですが
お母さんの子供に対する愛情が
そこにはありました




今みたいに携帯なんて無かった頃の話です


一人暮らしの若者は
部屋に電話さえ無い人がほとんどでした


ですから
女性(彼女)の家に電話をする時は
相手のお父さんが電話を取らないか
それはもう
冷や冷やものでした

時には
相手のお母さんに
間違えてラブコールなんて!?(笑)




貧乏だった学生時代

公衆電話に
10円玉をたくさん握り締めて行っては
実家に電話をかけました

東京から北海道にかけると夜間でも
100円、200円なんてアッと言う間でした


母親に臨時(?)仕送りの無心をしたくて
無い小銭をかき集めて
時には友達に借りて実家に電話をかけました


そんな時に限って
無愛想な親父が電話を取ります (^-^;

『親父だ・・・どうしよう・・・』

口ごもる私

その間にも
10円玉は無情にもドンドン落ちていきました

「あのぉ・・・
 ちょっとお母さんに変わって欲しいんだけど」

「なんだ? 何か用か?」

”用”があるから電話をしてるんです(苦笑)

まぁ、もちろん
親父もそれは十分承知をしていたのでしょうが


時には
虎の子の10円玉1枚で実家に電話をかけました

「金!」

ツー、ツー、ツー・・・

たった一言で電話は切れました


今みたいに
「オレオレ詐欺」なんて無かった頃の話です


考えてみれば
ある意味
平和な時代だったのかも知れませんね




公衆電話と言えば

『公衆電話の箱の中、ひざを抱えて泣きました』

なんて歌がありました


雨の降る夜、公衆電話ボックス、別れ・・・


当時の若者なら
誰もが一度くらいは
そんな切ない経験があったでしょう


そんな情景が
リアルに浮かんできて泣ける歌でした


でも、今の人にはピンと来ないかも知れませんね




駅の伝言板

家の書き置き

公衆電話・・・



今みたいに
携帯メールですぐに連絡が取れる時代だと
段々と無くなってしまうモノかも知れませんが


そこには確かに
人同士の「ふれあい」があったような気がします


そう思えば
待ち合わせの「すれ違い」「行き違い」でさえも
なんだか懐かしく思えます



何事も便利な時代になった今ですが
便利になって
逆に失くしたモノも多いのかも知れません



古き良き時代・・・

ただ
そんな言葉で片付けてしまいたくは無いですね



おっと
これは単なるセンチメンタルかな・・・?


思うんだけど

ダヤンを見ていると


”飼ってもらってる”

だとか


ましてや

”飼われている”

なんて事は


絶対、思ってないんだろうなって思う



ite.jpg

『居てやってんにゃよぉ』 (=´?`=)ムニャムニャ..。。o○






有難迷惑

例えば・・・


子供なら

人に構って(遊んで)もらったりもらったり

大人でも

人に何かをしてもらったら


嬉しい事ってありますよね



でも

それは猫にしたら


とんでもない有難迷惑だったりして・・・




ストーブ前で寝ていたダヤンを
勉強に飽きた長女Aが確保!?
arigatameiwaku1.jpg

『は、放せにゃあ?』 o(=ёェё=)o ミャー



ダヤンが気持ち良さそうに寝ていたので
タオルケットを巻いてあげました

だって、風邪でも引いたらねぇ?♪
arigatameiwaku2.jpg

『せっかく寝てたのににゃ・・・』 (=;ェ;=)




だって、冬だし
寒かったら困るから
ジャージを着せてあげました(^o^)v
arigatameiwaku3.jpg

『だからぁ? いらないんだてば・・・にゃ』 (=xェx=)




ひとり(1匹?)でじゃれていたダヤンを
ジージョが抱き上げました

ダヤンが可愛いんだって♪
arigatameiwaku4.jpg

『遊んでたのにゃ・・・んがっ』 (=`ェ´=)




ダヤン、良かったネ♪

みんなに構ってもらってさ(^o^)b


えっ?

『ごにょごにょ・・ありがためいわ・・・く・・にゃ・・ごにょごにょ』

(=+。+=)





流れ弾

流れ弾ってもんは?
何処から飛んでくるかなんざ

分かりゃあしません


まぁ・・・

だから流れ弾って言うんですがね



そこの旦那ぁ?

家の中に居るからって油断してちゃいけませんぜ


いや、むしろ

家の中こそ
一番の危険地帯だって

旦那、知ってやすかい?



例えば、ほら

兄弟げんかを叱っている奥さんに対して
子供達をかばうような事を言ってごらんなさい


矛先はすぐに旦那の方に向いてくるでやしょ?


そして

最初の兄弟げんかなんざ
そん時にゃ何処かに飛んじゃって
いつの間にか
旦那が悪者になってるじゃありませんか


そうでしょ?



それね
あたしらの専門用語で

『流れ弾に当たった』

って言うんですぜ


しかも
下手すりゃ致命傷になりかねやせん


どうです
心当たりは大有りでやしょ?


家の中にゃ
そんな危険はウジャウジャしてるもんです



例えば、そうね

奥さんが
ソファで横になって
お尻をボリボリかきながら
しかも
ポテトチップをバクバク食べて

「きゃー♪ **クン、素敵?♪」

なんて言いながら
月9ドラマを観ているからって

間違っても

「お前なぁ? 
 そんな態度してて**が振り向く訳ないべや?」

なんて言っちゃ終わりですぜ


昨日はジャニーズ

今日は韓流スター

明日はイケメン俳優


そんな奥さんを見たからって
くれぐれも余計な事を言っちゃダメですぜ


そんな時こそ

”見猿聞か猿言わ猿”に徹するのが一番なんですから



それから、そうそう!

仕事で疲れて帰った時に

やれ姑がどうとか
あそこの奥さんがどうとか言う話題に
露骨に嫌な顔なんかしたらいけやせん


ましてや

「うるさいなぁ」

なんざ
禁句中の禁句ですからね


そんな事をした日にゃ
すかさず流れ弾の餌食ってもんです


何も好き好んで
自分から弾に当たりに行く事はありませんて



までも
機関銃の流れ弾くらいなら
まだマシかもしれやせんがね


矛先がこっちに向いたと思った途端に
バズーガ砲が旦那を直撃なんて事だって
ザラにあるでやしょ?


何も銃撃戦は
映画の中や
テレビのニュースの中だけじゃないんですぜ


旦那、くれぐれも注意しておくんなさいよ


旦那がやられちまったら
あたしもトバッチリをくうんですから


だってね

旦那だってもう分ってるでやしょ?


傍から見ているような事を言ってやすが

あたしは
旦那そのものなんですから





【おことわり】

この話はフィクションであり
実在するいかなる家庭とも関係はありません

もちろん
決して我が家の話でもありません

念のため・・・



《 バキューン!!! 》


ため息

冷蔵庫の中よりも寒い毎日

吐く息も白くなる


きっと

ため息はもっと白くなっているんだろうな


自分では分からないけど

傍から見たら・・・ね



いつもより透明度を増した朝の空気が

冷凍庫の中よりも寒くなれば

ため息も

もしかしてダイヤモンドダストになるだろうか?


朝日の中で

キラキラと

空気に解けて


いつか

魔法の言葉に変わるだろうか?


「何とかなるさ」



食いしん坊が集まって
何やら議論をしているようです

何々?

今日のお題は・・・

【好きなモノは最初に食べる? 最後に食べる?】


議論が盛り上がってるようですね(^-^;



A「そりゃ、最初に決まってるべさ!
  第一、残しといて
  その隙に誰かに食べられたらどうするん?」

B「わいも最初やな
  最後に食べようと残しといて
  もし、地震でも来て食べれんようなったら
  死ぬまで後悔するがな」

C「いやいや、最後の締めは好きなモノで
  締めたいっしょ?」

D「そうだよね
  最初に美味しいモノを食べちゃったら
  後の楽しみが無くなっちゃうよね」

C「でしょ??
  それに、最初から好きなモノを食べるなんて
  なんか、ガっついてるような気がして嫌だな」

B「そやけど、
  好きなもんは腹が減ってるうちに食うた方が
  絶対美味いやんか♪」

D「だけどさ、もし好きなモノが1個だけで
  残りは苦手なモノや普通なモノだとしたらどう?
  しかも、どれも絶対残しちゃダメだとしたら?」

A「俺ぁ、それでも絶対好きなモノが最初だなっ!」

B「好きなモノが1個だけ?
  そらぁ、殺生やわぁ?
  せめて、5個入りの1皿にしといてぇや」

C「あれっ? もしかして、
  5個の内の最後の1個は締めに食べるなんて
  そんな事は考えていないよね?」

B「なっ、何を言うねん?
  そんな訳あらへんがな!
  ただやな、1個言うたら1口やんか?
  そら、関西人にゃ死ね言うこっちゃがなぁ?
  たこ焼きだって8個入ってたこ焼きなんやから」

D「なんだ? その理屈(笑)」

A「そういや、E
  お前、何にも喋ってないけど
  いったいどっちなんだよ?」


おもむろに、Eは口を開いた

E「そんなもん、食べ物の種類と
  その時の気分によるべ!
  美味いもんなら文句は言わんよ」

C「だからぁ? そうじゃなくってさ!
  例えばね、もし好きなモノと嫌いな・・・」



はいはい、議論は白熱(?)している最中ですが

食いしん坊の話はいくら聴いていても
埒があきそうにありません


結局は自分が美味しく食べられるんなら
どっちでも良いんですよね?

ちなみに、私は後食い派ですが f(^-^;



そうそう!

そういや、誰かが面白い事を言ってました


一人っ子で育った人には
後食い派が多いんですって

小さい頃から
食べ物を横取りされた事はないですからね


逆に

兄弟が多いほど
先食い派が多いんだとか

食べ物の恨みは恐ろしいって言いますが

おやつでも何でも
取ったり、取られたりで育つと

弱肉強食?

下剋上?

必然的に
好きなモノは先に食べる習性になるんだとか


その代わり
鍛えられて(?)
逞しくもなるんでしょうが
その分
ある意味、執着心も強くなるんだそうです


で、

後食い派の私はと言うと

お察しの通り一人っ子です



何か、当たってますかね?(^-^;



さて、あなたはどっち?


これは人生相談の相談員になりたい
あなたの為に書かれた参考書です



人生相談の相談員になる為に

【哲学】【宗教学】【倫理学】【心理学】

【精神医学】【社会科学】etc・・・

このような学問を
”改めて勉強する”必要はありません


ましてや

【手相占い】【人相占い】【姓名判断】

【占星術】【タロット占い】【風水】

などが出来る必要も無いのです



ただ、人間が好きである事

そして
ここに書かれたいくつかのポイントを
注意するだけで良いのです




人生相談に来る相談者の
およそ80%は
その人の心の中に
もう既に”答え”を持って相談に来ます



しかし

どんなにそれが明らかに見えても
回答の一言目に

その”答え”を言ってはいけません



何故なら

人間は思っている事を
ズバリと言われた時

例え、それが自分の考えと同じだとしても
とっさに懐疑的になり

『本当にそれで良いのだろうか?』

と、逆に不安になるものなのです

そして
そこに余計な”迷い”が生じます



ですから

まず、相談員は相談者に対して
わざと否定的な意見をぶつけるのです


但し
ここで注意が必要なのですが

こちらからの否定に
決して相談者を頷かせてはいけません


相談者が最初の本意を翻すようでは
一人前の人生相談員としては失格です



相談者に対して
わざと否定的な意見をぶつける事により
相談者に更に
否定的な考えを述べさせるように誘導をします



ここが大事なのですが


この”作業”をする事により

相談者に

”最初の自分の考えが正しかったのだ”

と、改めて自己納得をさせるのです



つまり、否定の否定は肯定なのです



この段階を踏む事により
相談者は自分の考えに更に自信を深めるでしょう



相談者の口から
その”自信”を引き出す事が出来れば

後はフィニッシュです



背中を押してあげましょう



この手順さえ間違えなければ
人生相談なんて簡単なものです


誰にでも出来ます



但し
あくまで80%の相談者に対して

・・・ですが



問題は残りの20%の相談者です


それを100%こなせる
優秀な人生相談員になる為には

実はこれだけではダメなのです



いかなる苦悩を持った相談者より
どんな絶望的で饒舌な相談者より

あなたは深い苦悩や絶望を
知っていなければならないのです


そこから這い上がった者だけが
完璧な人生相談員になれるのです



それでももし

あなたが人生相談の
相談員になりたいと思うのであれば
あなたには素質があります


あなたの健闘を祈ります


引き際と美学

年明け早々の先週

「チャゲ&飛鳥」の解散報道には驚きましたが
(*公式サイト・事務所は完全否定
 2009年のツアータイトルもその後公表されている)

私のとっては

『井上堯之』の現役引退の方が
はるかに大きなニュースでした

inoue-takayuki.jpg

1941年生まれ

まだ68歳ですから
ミュージシャンとしても
これから何年も現役を続けられたはずです


引退の理由は
正式には明らかにされてはいませんが

音楽活動に不完全感を抱いていた事
更に最近になって肺気腫に罹患し
今後活動を続ける事が
困難になるであろう事が理由と言われています

但し、肺気腫については
現在はまだ自覚症状は無くて
音楽活動を継続するのには支障は無い程度

と言う事なのですが


それでは何故?



1980年
王貞治が引退した年

その年のホームラン数は30本でした

並みの打者なら
十分過ぎるホームラン数ですし
ホームランに拘らず
打率や打点を考えれば
まだ何年も十分現役で出来たはずです

しかし
当時、王貞治は
「自分のホームランが打てなくなった」
と、あくまでホームランに拘り
ユニフォームを脱ぎました


中田英寿(サッカー)や高橋尚子(マラソン)

この他にも数々のアスリートが
惜しまれつつ
しかし
自分の意思を貫き現役を退きました



井上堯之はアスリートではなく
ミュージシャンなのですが
引き際の美学と言った意味では
心根に
共通の想いがあるような気がしているのは

私だけでしょうか?


ただ、ギターを弾くだけなら未だ出来る

しかし

自分の納得のいく演奏が出来なくなった時
自分の納得のいく表現が出来なくなった時


やはり
ミュージシャンも引き際を考えるのでしょう



一方で

野村克也のように
或いは、工藤公康のように
生涯一選手として
40歳を過ぎて尚
現役に拘わったアスリートもいます
(両者共プロ野球)


例え

ボロボロになろうとも
自分が納得いかない限り
あくまで現役を貫く


対極のように見えますが

それもまた
引き際の美学と言えるでしょう


これは
どちらがどうと言える話ではありません




私が井上堯之を初めて知ったのは
スパイダースのギタリストとしてです

スパーダースの解散後は
沢田研二、萩原健一、大野克夫らと共に
PYG(ピッグ)を結成しました

その後
井上堯之バンドのリーダーとして活躍


自身のバンド活動の他にも
作曲家として、プロデューサーとして
あるいは、ミュージカルの音楽監督など
幅広く活動をしていました


私も好きだったドラマ
『傷だらけの天使』のテーマ曲

萩原健一が最初に歌い
その後
近藤真彦が歌い日本レコード大賞も取った
『愚か者』の作曲も井上堯之でした


しかし
何と言っても

やはり

井上堯之の名前は知らなくても
ほとんど日本中の人が知っているのが
おそらくはこの曲でしょうね


井上堯之バンド
 『太陽にほえろ(メインテーマ)』


    By YOU TUBE




ダヤンの職業!?

書類の山を抱える敏腕弁護士(悪徳弁護士?)

はたまた


ただのヤンキー?

dayan-yankie.jpg


ダヤン、その表情

怖いよぉ? (;^_^A アセアセ・・・



1月10日 土曜日

十勝国にしては
久しぶりの大雪です

と、言っても
30cmも降ってはいないでしょうが

(これで大雪なんて言ってたら
 日本海側の人に笑われちゃいますね(^-^; )

元々が北海道の中でも雪は少ない地域なので
私も久しぶりに
雪かきを満喫(?)しました(^-^;


あまり積もってから
雪かきをするのもキツイので
雪の降る様子を見ながら
3時間おきに4回の雪かきをしました

4回目はもちろん
家の前を除雪車が通って行った後です


除雪車って
来てくれるのはありがたいのですが
何往復もしてくれる訳ではありません

なので、来ても1?2度

しかも
必ずと言って良いほど

”おみやげ”を置いていくんですよね?

多分、北国に住まいの方なら
何の意味か分ると思いますが・・・(-.-;


そうなんです

除雪車が雪を押して行くものですから
かき分けた端が雪の堤防状態で残るんです

しかも、油断して放っておくと
すぐに堅くなります


なので
除雪車が通った後は
なるべく早めに”おみやげ”を片づけるのです


さてさて

雪かきの”おみやげ”

実はもうひとつあります


久しぶりの雪かき

4回の雪かきでした


筋肉痛が起こるのは
明日の朝かな?

それとも・・・ 忘れた頃?(笑)



さて
私が4回目の除雪を終えて家に入ると
(午後10時過ぎ)

居間では何やら楽しげに
女性陣がWiiをやっていました


いや、女性陣だけじゃなかったですね

女性陣に交じって
ダヤンも「動物の森」で遊んでいました!?


    (C)夢の樹舎   

(すみません、暗くて表情があまり見えませんね)


Wiiリモコンのカーソル

これもある意味「マウス」ですかね


なるほど
ダヤンがジャレル訳です(^-^;



魔法の呪文

ボクは魔法使いじゃないから
君の中の
本当の心の内を知る事は出来ないし

悩んでいる君や
落ち込んでいる君を
今すぐ元気にする呪文も分からない


君を勇気付ける呪文も知らない



「頑張れ!」
なんて、勝手な事は言えないし

「聴いてやるから話してみろよ」
なんて、それじゃ見下してるみたいだし

ましてや
「なんとかなるよ」
なんて、そんな無責任な事は言えない


励ませば良いのか
慰めれば良いのか

それとも
黙ってそっと見守っていれば良いのか


それさえも
今のボクには分からないんだ



箒に乗って空を飛びたい訳じゃないけど
枯れ木に花を咲かせたい訳でもないけど
何かに変身したい訳でもないし

杖を一振りして
何かを出したい訳でもないけど


もしも
ボクが魔法使いだったら

今ほど、そう思う事は無いよ


でも

魔法使いどころか
ボクは君の笑顔を誘う
ピエロにすらなれていないね



でもね

こんなボクだけど
君の事をいつも考えているんだ


少しでも分かってあげたいと思っている
少しでも何とかならないかって考えている


少しでも君が笑ってくれないかと願っている



「ボクが傍にいるよ」

ただ、この言葉を君の心に届けたい



もしも
ボクが魔法使いになれるなら

魔法の呪文で君の心に届けたい



言葉

「ありがとう」

そう素直に言える人は
それだけで素敵な人です


人は1人で生まれて来た訳では無いし
1人で生きて来られた訳でもありません

多くの人に囲まれ
多くの人との関わりの中で
今に至っています


「するのが当たり前」

「してくれて当然」

「言わなくたって分かってくれている」

「いちいち言ってられない」


でも
人が人に何かをするのに
本当は”当たり前”なんて無いのです


気持ちは言葉で伝えなければ
相手の心には届きません




「ごめんね」

そう素直に言える人は
それだけで、もっと素敵な人です


感謝の気持ちは伝えられても
謝罪の気持ちを伝えるのは
そう簡単ではありません


時にはプライドが邪魔をしたりするし

謝るタイミングを逃すと
余計に言えなくなってしまいます


感謝の言葉以上に勇気が必要です


でも
その一言を言われたら
それだけで
許せちゃうものです




ちょっとした一言で
人は温かくなれるのです

ありふれた言葉でも
その一言で人は笑顔になれるのです


たった数文字のありふれた言葉は
人を優しくしてくれます



気遣い
そして、思いやり

それに応える気持ちを
「ありがとう」の言葉で表せられるなら

こんな簡単な事は無いはずなのに

それが難しいと言うのは
心に余裕が無いからでしょうか?

それとも
ただ甘えているだけなのでしょうか?



そして
ちょっとしたボタンの掛け違いも
「ごめんね」の言葉を
ちゃんと伝えられるなら
また、掛け直す事だって出来るのです



もっと素直になれたら良いのにね

(多分に自戒の念を込めて・・・)



私の仕事始めの1月6日は


私の今年初出社を祝うかのように

朝から
雲ひとつ無い晴天



となると・・・


当然のように
いわゆる”放射冷却現象”で

よりによって今朝は

今期一番の冷え込みでした



我が十勝国の主な都市の最低気温


帯広 ?13.8℃
陸別 ?25.2℃


これって・・・

本当に祝ってくれてるのだろうか?



夜更かしに慣れた寝ぼけ眼も
家を出た途端に
一発で瞳孔が開きます


スーツの上にダウンコートを着ても
頬が冷たくて・・・痛くなります


吐く息は頼んでもいないのに真っ白で
口から冷凍光線を照射出来そうでした

気分はペギラ


そこまでいかなくても

口からダイヤモンドダスト
口からサンピラー

もう、何でも出来そうな気になります


あっ、
ペギラとダイヤモンドダストとサンピラーについては
ネットで調べてね!


本当は親切丁寧に私が教えてあげたいのですが

シバレは人間を横着にします


決して、私が冷たい奴な訳では・・・



ちなみに
これは当たり前ですが

今、パソコンに向かっている場所は家の中です


ストーブまでの距離
約・・・4m38cm



横目でチラッと見ると
さっきまでストーブの前を占拠して寝ていた

ダヤンが遊んでいます



良いなぁ? お前

ぬくぬくし過ぎだよ


遊ぶ姿も軽やかだね?


      (C)夢の樹舎

十勝国の冬はこれからが本番・・・


冬は仕事なんかしないで

誰かみたいに (=^o^=) ←こいつ
冬眠していたいもんです・・・

nemiruneko.jpg


『そう言うけどにゃ、これでネコも大変なんにゃよ
 それに冬眠じゃにゃいし・・・
 ・・・にゃ・・・むにゃむにゃ・・・』 ( =´ρ`=)。o ○






昨年の後半から世界中を
激しい嵐が吹き荒れていて
未だにそれは止む気配もありません


『100年に一度』だとか
『未曾有』だとか
政治家や学者は
テレビやマスコミの前では言い続けるけれど
言い続けるだけで
まだ何も問題は解決していません

その間にも

陰で
今も途方に暮れている多くの市民がいます
泣いている市民が大勢います



まだ仕事や住む家がある私などは
幸せなんだと思います


多分、多くの人はテレビの画面を観ながら
あるいは、新聞や雑誌のニュースを観ながら
そう思っている事でしょう

でも、そんな人だって
もしかしたら個人的には
大なり小なりの
問題を抱えて悩んでいるかも知れません



色々な人が色々な思いで
新しい年のスタートを切った事でしょう



今日の一曲は
そんな頑張っているあなたへの応援歌です




     By YOU TUBE


   スタートライン ?新しい風?

          馬場 俊英


もうダメさ これ以上前に進めない
そんな日が 誰にだってある
だけど 雨でも晴れても何でもいつでも
その気になりゃ 何度でもやり直せる 何度でも


これからの事を思うと 負けそうになる
心配な事があって しゃがみそうになる
あと少しだけ もう少し 強くならなくちゃ
でも 大切な事はいつも 誰も教えてくれない


だから そうだよ
くじけそうな時こそ 遠くを見るんだよ
チャンスは何度でも 君のそばに


この道の先に何が待ってるのかなんて事
分かる訳ない
答えがあっても無くても YesでもNoでも
決めた道を行くしかないさ あるだろ?
そんな時


青春と呼べた 時代は過ぎたのに
今でも心の奥に 風が吹き抜ける
優しい人にばかり 悲しみが降りかかる
報われない事が ここには多過ぎる


だけど そうだよ
そんな時も 信じる事をやめないで
きっと チャンスは何度でも 君のそばに


だから そうだよ
くじけそうな時こそ 遠くを見るんだよ
見えない このスタートラインから
また ここから


きっと そうだよ
いつかきっと 真心が何かに変わるんだよ
そうさ チャンスは何度でも いつも君のそばに
いつも君のそばに



スタート!

いよいよ今日(1月6日)からは仕事も開始


仕事をしている者にとっては
本当の意味での年のスタートです




もうこの歳になると
スタートダッシュからエンジン全開なんて事は
考えてもいませんが(笑)


「無事是名馬」

の言葉のように
元気でいられたらそれが良いかな



とは言え
枯れてしまうにはまだまだ早過ぎます


少しだけ新しい事にもチャレンジして

少しだけ活動の幅も拡げて

そして少しだけ
昨年よりは成長出来たら良いなと思っています




「365歩のマーチ」のように

 ”3歩進んで2歩下がる”

でも良いんです


それだって
1歩だけでも確実に前に進んでいるのですから



そんな風に
気持ちに余裕を持ちつつ

でも
前向きに生きていこうと思います



そして今年も何より
人と人との”縁”を大切にしていきたいと思います




そこで今年の目標は


 ”頑張り過ぎず”

 ”無理をし過ぎず”

 でも

 ”手は抜き過ぎずに”


つまりは
力まずに自然体で生きて行ければと・・・



う?ん
目標がこれじゃ
今年も自分に甘い性格は治らないかな?(笑)



でも
ほどほどの余裕って大事ですよね?


人生は長距離走


51回目の角は曲がったけど
まだまだゴールは先の先


少しくらいは
周りの風景を楽しみながら
走ってみても良いと思うんです



目的地を決めてから歩き出す人

それよりも
とりあえずで先に歩き出す人


それは人それぞれのタイプで違うのかも知れない



「そこに山が有るから登る」
と言う人がいる

「そこに道が有るから歩くんじゃない
歩いた跡に道が出来るんだ」
と言う人がいる


どちらも、けだし名言だと思う



自分はどっちのタイプだろう?

ふと自問してみる・・・



性格的には
目的地を決めて
準備をしてからじゃないと歩き出せないタイプなんだ

自分でも面倒な性格だと思う事が有る


「良いじゃないか?
 人生、そう急いだところで
 一体何分到着するのが違う?
 回り道したら
 別な道が見えるかも知れないじゃないか?
 別な目的地に寄り道するのも悪くないぜ」


そう言う自分と
そうは出来ない自分がいる・・・




週末
時間があると良くウオーキングをしている

もちろん、健康の為でも有るのだが
これが、色々な事を考える時間に丁度良い


ストイックに
自分を追い詰めながら黙々と歩くのは性分じゃない

例え、健康の為とは言え
それだけが目的で歩くには
北海道の冬景色は殺風景過ぎるし
第一、寒過ぎる



同じようにウオーキングをしている人や
犬の散歩をしている人にすれ違う時
その人の事を想像してみる


何本もの小説や
映画になるほどの人生だったかも知れない

淡々とした平凡な人生だったかも知れない


どの人生を辿れば後悔をしなかっただろう?

いや、後悔などした事は無かった?



無意味な人生など無い

決まったレールも無い

どんな人が歩いても道は出来るもの


平坦だろうと

凸凹だろうと

山道だろうと

それは他人が心配するべき事じゃない

ただ、自分が歩く事さえ止めなければそれで良い



ただ、ここに人生が有るように

そう、だから歩くんだって


それで良いのかも知れないね



昨日が有って
今日が有って
そして多分・・・明日も有る

そんな積み重ねが出来ればそれで良いのかも知れないね



目的や動機
それは後から付いて来ても良いものだと思うようになった



まずは一歩、歩き出す事

それさえ出来れば後は何とかなるんだから




今年は受験生(長女A)がいる我が家

例年なら初詣は元旦に行くのですが
今年は冬休みの冬期講習に加えて
12月31日から1月2日まで
塾の『正月特訓』があったので

(しかも朝9時半から夕方4時までですから
 今の受験生って大変です)

1月3日に初詣に行って来ました

2009hatumoude1.jpg

(で、3日だけ休みで4日から又、冬期講習です
 御苦労さま (^-^; )


私らの頃は
高校受験で塾なんかは行かなかったものですが
今は行くのが当たり前なんだそうです


確かに
我が家の長女Aなんか
塾にでも行かないと
勉強はしないでしょうからね? (^-^;


で、参拝の後は
恒例の『おみくじ』です

まずは、肝心の長女A

2009hatumoude2.jpg

おー!

『大吉』じゃん♪

こいつぁ?春から縁起が◎ですね? (^o^)v


で、次は私・・・

2009hatumoud3.jpg

ま、まぁ? こんなもんでしょ(笑)



ちなみに
『おみくじ』ですが・・・



本来くじ(籤)は神意を占う方法の一つで
神代の昔より神事として盛んに行われていました

『日本書紀』にも天智天皇が皇太子の時
部下が反逆者であるかどうかを
「ひねりぶみ」といって
何枚かの紙に文字を書いて折りひねり
この1つを選んで
くじ占いをして判断したことが出ています



くじの原型は中国から伝わった易経ですが

平安時代の元三(がんさん)大師
(天台宗延暦寺の慈恵大師→僧名:良源)
が運勢や吉凶を漢詩に詠んだものを
元三大師百籤とまとめ
これが室町時代に流行しました

これが
今の『おみくじ』の始まりとされています

元三大師百籤は1番から100番まであり
引いた番号の文章があなたの運勢という
現代と同じスタイルだったようです

(延暦12年<912年>に人間の運勢
 吉凶を五言四句の漢詩百首で作ったのが始まり)



『おみくじ』の吉凶を良い順番に並べると

大吉・中吉・小吉・吉・半吉・末吉・末小吉
凶・小凶・半凶・末凶・大凶

となります


一般的には

大吉・中吉・小吉・吉・末吉・凶・(大凶)

と言うのが多いようですが



ちなみに
気になるその割合ですよね?(笑)

仏教みくじの創始者
「元三大師」が書いた
『おみくじ』を参考にしている系統は

大吉16%

吉35%

半吉12%

末小吉1%

末吉6%

凶30%

としている所が多いそうです


しかし
凶を引いた参拝者から
「縁起が悪い」という苦情もあり
凶の本数を減らし
吉を増やしている神社もあるのだとか・・・?

(良いのか? それで(笑)
でも確かに
 縁起モノですからね、気持ちは分ります (^-^; )



ちなみに
初詣と言えば
毎年
明治神宮での参拝風景をテレビで良く観ますが
この明治神宮の『おみくじ』には吉凶は無いそうです

そもそも、明治神宮に祭られているのは
明治天皇・昭憲皇太后で
先の大戦以前は国の管理下にあったのですが
戦後、一宗教法人となりました

その時に
何か明治神宮に
ふさわしい『おみくじ』に出来ないか?
と言う事で
お二人が詠われた10数万種の”歌”から
特に人倫道徳を指針とする教訓的なものを
15首ずつ合計30首選び
それに解説文を入れたものを
『おみくじ』としているそうです



またまた、ちなみにと言う話ですが


引いた『おみくじ』は
神社の木に結んで帰るのが普通ですよね?


これは江戸時代に
恋愛ごとに悩んで
『おみくじ』を引く人が多かった事から
“縁を結ぶ”になぞらえた慣習が
今に至っているようです


しかし
本来は吉凶に関わらず
家に持ち帰っても良いのだそうです


ただ
凶札が出た場合には

「凶を寺社にとどめて良い運勢が結実するように」

と木の枝に心を込めて結ぶのだそうです


ですから
凶札以外は家に持ち帰り
財布などに入れ
自らの戒めや教訓として
身に着けるのが良いとされています


またまた、ちなみにですが(笑)

では
凶札を引いた場合はどうすれば良いのでしょう?


もちろん、神社の木に結ぶのですが

この際は
凶のおみくじを利き腕と反対の手で結べば
困難な行いを達成した事になり

つまり『修行』をした事になり

”凶が吉に転じる”

と言う事ですから
凶札を引いた皆さんもガッカリする事はありません


それに、ほらっ!

良く言うでしょ?

凶とか大凶なんか
普段は滅多に見ないモノですから
珍しいモノを見れたのは
逆にラッキーな事なんだ!

ってね(笑)



さて
我が家の長女Aは
どんな願いを木に結んだのでしょうか・・・

2009hatumode-4.jpg

まぁ?

それはもちろん

早く春が来て

『サクラサク』

(ノ⌒∇)ノ*:・'゚☆。.:*:・'゚★゚'・:*:.。.:*:・'゚:*


でしょうね? (^-^)



頑張れよ!!!







初夢

昔は初夢って
元旦の夜に見る夢なんだって思ってました f(^-^;

だって、年が明けて初めて見るから
初夢じゃないですか?


でも、本当は違うんですよね

当然、賢明な皆さんの事ですから
そんな事くらいは
当にご存じだとは思いますが・・・

ねっ? (笑)


釈迦になんとやらではありませんが
改めて謂れを書いておきましょう

あくまで”通説”としてですけどね



その昔
朝廷では1月2日から仕事を始める
「事の初め」が行われていました

その風習が今でも残っていて
「書き初め」「初荷」
と言うのが1月2日に行われます

なので
「事の初め」の夜に見る夢を初夢と言うのだそうです

そして、この夢は
その年の仕事の成否を占う夢でもあったようです

その為
初夢と言うのは見る夢の中でも
特に重要視されていたようです



余談で言えば
(今年もこの”余談”が多くなるんだろうなぁ?(笑))

初夢と言えば
「一富士、二鷹、三なすび」
が縁起が良いとされていますが
これはそもそも
徳川家康のお膝元
静岡名物からきていて
家康のように成功を収めたいと言う
人々の願いが生んだものだそうです

富士山は言うまでもなく日本一の山ですし
家康は良く鷹狩をしました

”なす(び)”は「事が成す」から来ています

でも
実際に”なすび”の夢なんか見た話は
聞いた事がありませんよね(笑)

もちろん
私も”なすび”どころか
鷹の夢すら見た事はありません

ん?

だから私は成功していないのか?(笑)


あっ!
ダヤン、なすびを取っちゃダメ???! (笑)

hatuyume.jpg


良く
縁起の良い夢を見たい時は
「七福神の宝船」の絵を
枕の下に入れて寝たら良いとか

好きな人の夢を見たい時は
好きな人の写真を枕の下に入れて寝たら良いとか

そんな話もありますが(笑)

さてさて
今夜、みなさんは
”何”を枕の下に入れて寝ているでしょうか?


おっと!

そんなこんな書いているうちに
もう午前3時を過ぎてしまいました

このままでは
肝心の私が初夢を見れなくなってしまいます!?

新年早々
それはマズイです!(笑)

なので
今夜はこの辺で寝るとします


私の見たい初夢は・・・・・


もちろん、内緒です♪ (^o^)b





私の住む十勝国も
今日はそう風もなくて割と穏やかです

もちろん、窓の外を見れば
雪景色ではあるのですが


良いお正月と言っても良いでしょう


やはり、私の日頃の行いが良いからですね?♪

えっ?


  【 *@t¥?>◎△*※ ・・・ 】


f(^-^: あはは

ただ今、クレームが速報で入りました。。。


そうですね?
私の行いじゃないですね(笑)

皆さんの日頃の行いが良いからです!

と、言う事にしておきましょう

お正月ですから(笑)



さて、その皆さんにおかれましては
良い年を迎えられたでしょうか?


お正月ですから
朝寝、朝酒、朝風呂も良いですが
寝過ごしたり
酔っぱらい過ぎたり
風呂でのぼせたりなどしたら
1年中そうなってしまいますからね

くれぐれも御用心を! (^o^)b



さて、ここからはちょっと真面目にお正月らしく(笑)



昨年は5月にブログをここに引っ越ししまして
また、0から始めた訳ですが
皆さんの温かい声援や励ましのおかげで
ここまでやってこれました

本当にありがとうございました m(_ _)m


今年もネタに困った時には
また、猫(ダヤン)の手も借りながら
(段々と出番が多くなる?(笑))
頑張っていきますので
今年も変わらずによろしくおねがいします

2009nengajo.jpg


何かと厳しい時代の中ではありますが
こんな時こそ
笑顔で毎日を過ごしていきたいですね♪


笑う門には福来る (=^o^=)/


新しい年が皆さんにとっても
良い1年でありますように。。。


                    
                        2009年元旦 夢乃咲道












Powered by FC2 Blog