Neko

夢の汽車に乗って 2008年10月

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ



”人生、山在り谷在り”と言う言葉があります

確かに、人生と言うのは
良い事ばかりは続かないけど
悪い事だって
そう、いつまでも続く訳でも無いでしょう

いろいろな事が
好むと好まないとに関わらず
繰り返されるのが人生です



でも、人は何かに躓くと
つい愚痴を言ってしまいます

「自分だけがいつもついていない」

「なんで自分だけが?」

暗い谷底に落ちた気分で
遥か山の頂を
恨めしく眺めたりしがちです


「谷にいるのは悪い事なのかい?
 谷には川が流れているし
 花だって咲いているじゃないか」

そう言ったのは
確か
佐賀の「がばいばあちゃん」だったでしょうか




昔からの諺に
”好事魔多し”と言うのがあります

 「良い事には
   とかく邪魔が入りやすいという事」

良い事があったからって
有頂天になって周りを見ずにいたら
すぐに足元を掬われる事もあるんだから
良い時こそ、より慎重にならないといけない

そんな戒めの言葉とし捉えられています



逆にこんな諺もあります

”災い転じて福と為す”

 「災難にあっても
  それをうまく活用して幸せになるようにする事」

災難にあったからと言って
悲観してばかりいないで
そこはジッと堪えて
次に活かす為の
準備期間だと思う事が出来さえすれば
それは自分にとってもマイナスではなくて
プラスと転じて考える事も出来得るのです



”好事”も”災い”も
それは運命だったのですが
どちらにせよ
”その時”には
それはもう既に起きた事なのです

起きた事に
あれこれ拘ってばかりいても
仕方の無い事です

良い事も悪い事も
そればかりがずっと続く訳では無いのですから

そうであるなら
起きた事
それだけに一喜一憂せずに
どんな時も
しっかりと地に足を付けて
前を向いていく事が
きっと大事な事なのです




17世紀のフランスの詩人であり作家でもあった
ラ・フォンテーヌの言葉

”人は、運命を避けようとしてとった道で
   しばしば運命に出会う”


それは多分
ずっと後になってから思う事なのでしょう

「そう言えば、あの時・・・」

「あの時は辛かったけど、あれがあったから
  今の自分がある」

そんな言葉も良く聞きます


そう肯定的に言える自分がいるなら
それは幸せな事です


避けられない運命なら
それを受け止めるしかありません

そして
同じ受け止めるなら
やはり、ポジティブに受け止めて
次に繋げていきたいですよね





脈絡もあるようで無いようで
次から次へと想いは脳裏を駆け巡ります

更けていく時間の深さに
身を任せながら・・・

そんな秋の夜に考えた事




スポンサーサイト

お詫び・・・

10月23日分記事
 「仏のカクラン」にコメントを寄せて頂いた皆様へ

   m(_ _)m


過去記事の下書きの整理中に
誤って、同記事本文を削除してしまいました

本文自体は原本がありましたので
復旧しましたが
皆様から寄せて頂いたコメントは復旧出来ませんでした

せっかく寄せて頂いたコメントでしたのに
申し訳ありません

ここにお詫びを申し上げます


これに懲りずに
今後とも、よろしくお願いいたします。。。


ここに2組の夫婦がいる

どちらも、夫は定年を迎えていて年金暮らし
子供は既に独立をしている
今は夫婦2人暮らしである




Aさん夫婦は何処に行くのも一緒

新婚時代から変わらず
一緒のベッドで仲良く寝ている

趣味のパークゴルフにも
もちろん一緒に出かける

スーパーに買い物に行くのも一緒で
夫は妻の後を買い物カゴを持ちながら付いて歩く

夫は妻の作った肴で毎晩晩酌をして
妻は夫の晩酌が終わるまで起きて待っている




Bさん夫婦は何年も前から別々の寝室で寝ている

夫が釣りに行く時は
妻は家で愛犬と留守番をし
妻がカラオケに行く時は
夫は家で愛犬と留守番をしている

子供の所に行くか
用事で親戚宅にでも行く以外は
一緒に行動をする事は無い

夫が晩酌を始めても妻が肴を出す事は無い

夫は自分で珍味やチーズを探してきては肴にしている

妻は一通りTVを観終わると
夫を待たずに自分の寝室に入り先に寝る



どちらも夫婦仲自体は良い




「自分はどちらの夫婦が良い?」

「自分の老後はどうなっているだろう?」

「老後はどうありたい?」


人によって
今の諸々の状況によって
答えはそれぞれだろう



『いつまでも夫婦で仲良くいたい』

『いつも一緒なんて考えられない』

こんな風に
仮に答えが両極に分かれたにしても
どちらが良い悪いと言う結論は無い



共通の趣味を一緒に楽しむのも
自分の時間を自分で作って
それぞれで楽しむのも
それは生き方の問題である



どちらにせよ
夫婦お互いの価値観が同じなら
いつも一緒に過ごそうが
別々に過ごそうが
それで夫婦は上手く行くものなのだと思う



ただ、自分の思いや
相手に対して求めるモノが違う場合には
その夫と妻の温度差は
致命的になる事もあるかも知れない


そうでなければ

妥協をするか?
諦めるか?
開き直るか?

それとも・・・

そう言った何かしらの決断を
求められる事になるのだろう



何処で夫婦のバランスをとっていくのか?

それが話せる相手同士なら
そんな心配はする必要も無いのですが・・・


さて、果たしてあなたの家庭は?




温所知猫

秋の深まりとともに
日毎に寒さも増して来ました

しばらくガマンをしてはいたのですが
寒さには勝てず
数日前から朝晩はストーブを点けるようになりました


ストーブに一番敏感なのは
猫族さすが!!
と言うべきでしょうか?(笑)

やはり、ダヤンでした


他で寝ていても
ストーブを点けると
5分もしないうちにストーブの前にやって来て
まるで
『ここはボクの場所にゃんだぞ?』 (=^o^=)b
とでも言うかの如く
当然の顔をしてストーブの一番前で横になります

suto-bu1.jpg

その幸せそうな寝姿を見ると
つい、誰かれとなく
ダヤンを触りまくります (^-^;

ストーブでほんのり温められた毛皮は
手触りもとても気持ち良いのです(笑)

ダヤンにとっては
とても迷惑な話なんでしょうが(笑)


中でも
一番ダヤンにちょっかいを出すのは
これまた、やはりジージョ σ(o^_^o川 ワタシ?


それでもストーブの前から離れたくないダヤンは
今度はストーブガードの下をくぐって
ストーブとストーブガードの間に逃げ込みます

  (解説)ストーブガードとは?
    本州の方には馴染みが無いと思いますが
    小さな子などがストーブに触れて火傷をしないように
    ストーブの前に置く檻状のガードです

すると今度は
ダヤンを触れなくなったジージョが
ストーブガード越しに
ダヤンにちょっかいを出すのです (^-^;


最初は無視を決め込むダヤンなのですが
あまりのしつこさに
堪忍袋の緒が切れそうになります(笑)

suto-bu2.jpg

で、バトル開始!?(笑)

(ノ≧∇≦)ノ ----*☆*-----ミ(=`ェ´=)


   (C)夢の樹舎



ちなみに、本日のタイトル

 『温所知猫』


夢乃家所蔵の現代用語辞典”ユメダス”に拠ると

 ”温故知新”と良く間違われるが
 これは
 ”温かい場所は猫が知っている”の意味。。。

とありました
  
 (注)イミダスや広辞苑には載っていませんので
     確認はしないでください



収穫?♪

budo1.jpg

今年もブドウ(デラウエア)は豊作です♪
一応、我が家的には・・・レベルですが(笑)

budo2.jpg


本来なら
もう1?2週間早くても良かったのですが
何だかんだと週末は忙しかったので
本日、ようやく収穫をしました

とりあえず、これだけ!

まだ大分残っているのですが
その収穫はまた次回・・・それまでちゃんとしてればね(笑)

budo3.jpg


この秋、リンゴに続いて
2作目の収穫

ちゃんとブドウの味もします(笑)

でも、何故か
食べるのは私と長女Aだけ (^-^;

ジージョはブドウは食べません

うちの奴は1粒口にして
「ふぅ?ん・・・」
で、完了(苦笑)

どうも、私が育てたモノは信用していないようです(笑)

結局、私が2房を食べて
残りは全部長女Aが・・・


長女Aが食べている途中
「ギャー!!!」
と、絶叫

何事かと訊いてみると

「お、お父さん、ブドウに虫がついてる!!!」

「そりゃ、お前。 
 無農薬なんだから虫くらいいるだろ?
 実を食べている訳じゃないんだから
 もう一度洗えば平気だよ
 だいたいね、虫が付かないモノの方が
 今は危ないんだぞ」

「そりゃそうだけど・・・」

「良いよ、無理して食べなくても」

「いや、絶対食べる! 意地でも食べる!」

果物には目がない長女A
結局、残り全部を完食

これぐらい勉強でも意地を見せて欲しいものです (^-^;



おっと、そう言えば
ブドウを食べなかった子がもう1人(匹)

budo4.jpg

だからって、何も段ボールにかじりつかなくっても (^-^;


『って言うか、またボクの出番は無かったしにゃ・・』(=^. .^=)


はいはい、わかりました
明日はダヤンの記事にするからさ?

その代わり、何を書かれても文句は言うなよ!(笑)






時には昔の話を

独り、想いに耽る夜に

センチメンタルな風が吹く



振り返る事も無かった昔の事を

思い出してるのは



それも秋の風のせい?




あの頃の僕は
今でも夢を追い続けていますか?






   BY YOU TUBE



  『時には昔の話を』
     詩:加藤 登紀子

時には昔の話をしようか
通い慣れなれた馴染みのあの店
マロニエの並木が窓辺に見えてた
コーヒーを一杯で一日
見えない明日をむやみに探して
誰もが希望を託した
揺れていた時代の熱い風邪に吹かれて
体中で時を感じた
そうだね


道端で眠ったこともあったね
どこにも行けない みんなで
お金は無くともなんとか生きてた
貧しさが明日を運んだ
小さな下宿屋に 幾人もおしかけ
朝まで騒いで眠った
嵐のように毎日が燃えていた
息が切れるまで走った
そうだね


一枚残った写真をご覧よ
髭づらの男は君だね
どこに居るのか今ではわからない
友達も何人かいるけど
あの日のすべてが空しいものだと
それは誰にも言えない
今でも同じように見果てぬ夢を描いて
走り続けているよね
どこかで



神無月

10月は”神無月”とも言いますね


日本中の神様が
この時期、出雲大社に集まり
”神様会議”を開きます


この為
出雲(島根県)では”神在月(かみありづき)”
神様が不在になった他の地域では”神無月”と言うのが
一般には
良く知られているところではあります



その”神様会議”と言うのは・・・

そもそもが
大国主神が日本の国土を開発した神様で
その時自分の息子や娘を各地に配置し
その地を管理させたことに由来します

子供たちは年に1度出雲の国に戻り
父親である大国主神にその年の出来事を報告し
来年の予定を打ち合わせするようになったと言う事です


今で言えば
年に一度、全国の支店・営業所を任せられている
支店長・営業所長が本社に集まり会議をする

そんなところでしょうかね


で、会議の後はと言えば
懇親会と言う名の宴会が付き物で(笑)

ましてや、大国主神の息子らにとっては
年に一度の里帰りな訳ですから
きっと、
神様達も会議の後は飲めや歌えや?


季節は秋も深まる頃

もしかしたら、
紅葉を眺めながら露天風呂なんて
日頃の疲れを癒して
マッタリしていたかも知れませんね


あー!
だからこの時期なんだ?(笑)



もちろん、その間は
神様の留守を守る地方の部下達も
鬼のいぬ間の何とやら!?
(神様でしょ?(笑))

きっと、十分羽を伸ばしていたでしょうね(笑)



『違うと思うにゃ・・・』 (=ёェё=)ハァ・・・




でも、
”神無月”には
もうひとつの説もあります


”神無月”の”無”は
”水無月”の”無”と同じで
”の”と言う意味なのだとか

つまりは”神無月”と言うのは
”神の月”と言う説です


えー?
そしたら、10月生まれの私って???

えー!?
マジ?

もしかして、神の月に降臨した男って訳???



『ジロッ、何をバカ言ってんにゃ?
  もしかして未だ熱があるんにゃ?』

jirori.jpg

『付き合ってられましぇんのにゃ・・・』


おーい!
ダヤン!!!

戻って来?????い! (ι´Д`)ノ





ここからは真面目なお話です(?)
     ↓
末尾になりましたが・・・

5月からここで「夢の汽車に乗って」を
再スタートさせて5か月

みなさまのお陰で
早くも10000ヒットを達成する事が出来ました!

しかも、知らない間に(笑)

足跡機能がありませんので
どなたが記念すべき10000カウントを踏んでくれたのかは
分かりませんが
訪問頂いた全てのみなさんに
厚く御礼申し上げます m(_ _)m

今後とも、「夢の汽車に乗って」を
よろしくお願い申し上げます。。。

PS:10000カウント目は俺だ! 私だ!
    と言う覚えのある方はぜひコメントをください。
    お茶もケーキも出せませんが
    特典として「あなたが希望するブログネタ」で
    1文をあなたの為に書かせて頂きます(^-^)b


     えー? いらん? ・・・ですか? (_ _。)・・・シュン




仏のカクラン?

朝、晴れれば晴れるほど
放射冷却現象で寒さも増します

北海道でも地域によっては
ここのところ
早くも氷点下になっている所もあるようです

ホント、寒さが身に沁みます

未だ、骨身には沁みていませんが・・・
そんな軟な・・・いや、それはまぁ(笑)

aoisoratonanakamado.jpg
 (ナナカマドの葉も落ちて赤い実だけが残っています)



毎日、バス通勤の私

「そろそろコート着ようかなぁ?」
と、思いながら周りを見回すも
未だ誰もコートを着ていません
(スーツ族限定の話ではありますが)

マフラーは持ってないし
「せめて手袋だけでも履こうかなぁ?」

あっ、そう言えば

”手袋を履く(はく)”
って、北海道の方言でしたっけ?
内地(本州)の人は
”手袋をはめる” でしたっけね?


それはともかく
いつになったらみんなコートを着るつもりなんだろう?

なんかね
1人だけコートを着てるって言うのも
なんか・・・なんか、なんだよね (^-^;

誰か早く着て来ないかなぁ?
と、思う朝のバス停(笑)


もしかして
みんなして、お互いに相手を様子見している???

誰かが先にコートを着てくれば
みんな安心して(?)コートも着れるぞ!
なぁ?んて思ってたりしてね(笑)



そんな頃ではありますが
みなさんは風邪なんぞ引いていませんか?


流行には鈍感な私
みんなが風邪を引いていても
兆候すら無く過ごす事も多いのですが
今回はちょっと時代を先取りしてしまいそうです (^-^;


昨夜から鼻水が・・・
でもって、起きたら喉が痛いし (-.-;

これはもしや?

もしかして???(笑)


でもね?
どうせ風邪を引くなら
思いっきり熱でも出てくれたら
会社も休めるし良いのですが(笑)

昨年なんか
仕事中、熱っぽくなってヤバいなって思って
家に帰って熱を計ったら

38.3℃!

こりゃいかんぞ!
って思って、食事も取らずに
薬を飲んで即効爆睡しまして

そしたら、翌朝は見事37℃以下に

これじゃ会社も休めないなって
渋々出勤したのですが
やはり夕方になると又、熱が・・・

38℃

とりあえず、昨日よりはマシと
晩御飯を食べ、風呂に入って爆睡

そしたら又、朝には36.7℃

やや微熱ではあるけど
会社を休むほどでもなく・・・出勤

そしたら、なんとそのまま治ってしまいました


そんなこんなで、結局前回の風邪の時は
会社を休めなかった(?)ので
今度はどうしよっかなぁ?♪
なんてね(笑)

でも、熱も無いし
結局は明日も出勤しちゃうんだろうな


鬼の撹乱なら、症状もひどいだろうから
会社を休めるのかも知れないけど
私の場合は”鬼”ではありませんからね?

仏のカクラン

これじゃ、会社もまた休めそうもありません f(^-^)





世の中不景気、不景気と
冷たい風が吹き荒れていますね

それでなくても
この季節
日々、寒さが増していると言うのに・・・



政治家は選挙の事ばかりしか考えていません

官僚は我が身の保身ばかりに
その能力を使っています

経営者は会社の利益しか考えていません

結局
いつも泣くのは庶民という構図は
いったい何年、何十年変わっていないのでしょうか?

この不景気だって
庶民が作った訳では無いのに・・・



寒さが身に沁みると
人間って俯いてしまいがちです

こんな時こそ
カラ元気でも上を向いて歩いていきたいものです

だって、気持ちだけは
負けたくないものね!!!



そんな不景気の世の中だからでしょうか

ラジオで聴いたのですが
今、このサイトが話題になっているそうです


   *クリックすると飛んでいけます
           ↓
   【 全日本ご不満放出選手権 】


        tobuta1.jpg
 *今回の画像は全部クリックしたら大きくなります


まずは
あなたの今思っている不満を書いてみましょう

それから、カテゴリー、住所、名前などを書きます

全部、書き込んだたら
『不満注入』の赤いボタンをクリックしてください


トブ太くんが全部吸い取ってくれます


そして、飛んでいきます


で、トブ太くんが着地したところが
あなたのランキング順位の場所です

ランキングは総合順位とカテゴリー順位がでます

私のランキングはそれぞれ
見ていただいた通りですが
この順位がトップ10に入るようだと
かなり不満の根は深いという事でしょうから
ちょっとシャレにはならないかも(苦笑)

少しだけ覚悟を決めてから
お試しください。。。(^-^;


余談ですが・・・
私、実はこの他に実名(本名)で
違う不満を記入したら
順位が1桁上がりました・・・

シャレにならないので
本文掲載は「夢乃咲道」バージョンです(笑)

        tobuta2.jpg



下図のように、今自分のいる場所も確認できます (^-^;

nobuta3.jpg



どうでした?
少しは不満も解消されましたか?


実際の不満はどうあれ
このトブ太くんのキャラにちょっとだけでも癒されたとしたら
その時間は楽しい時間だったでしょ?



不満は抱え込んでばかりいると
本当に爆発してしまいます

爆発するだけなら良いのですが
爆発した後って自己嫌悪になっちゃいますよね

不満も嫌だけど
自己嫌悪になっている自分はもっと嫌いです


訴える?

話しかける?

ぶちまける?

ぶっ飛ばす?

笑い飛ばす?


さ?てと、どうする?

自分の立ち位置を確かめながら
次の作戦でも練りましょうかね? (^o^)v


発散させる場所を探しましょ!






相手が
当たり前の事を当たり前にした時
その相手にかける言葉は何ですか?


例えば
少しだけ特別な事をしてくれた時に
その相手にかける言葉は何ですか?



「言わなくても相手は分かってくれている」

「いちいち言うほどの事でもない」

「そんなのやって当たり前だよ」



親しければ親しいほど
照れも有るのかも知れません


まして、
それが旦那さんだったり
奥さんだったら尚の事でしょう


「今更・・・」
なんて思いも脳裏をよぎったりします


もっとも、
やる方だって
別に特別な言葉が欲しくて
やってる訳でもないんでしょうけど


でも
「ありがとう」
そんなたった五文字の言葉があるだけで
心が温かくなる事だって有るのです



人間は感情の生き物ですからね

たった、一言で
気持ちが温かくなったり
逆に不快になったりもします


もちろん
同じ言葉でも”言い方”と言う事もあるのですが


良く言われる
心のすれ違いだって
案外、始まりは些細な一言からなのかも知れません



”言葉”を伝えると言う事は
”気持ち”を伝えると言う事です


「言わなくても相手は分かってくれている」
と思うのは自分だけの幻想です


ましてや
「やって当たり前」
などと思うのは
相手に対する思いやりの無い証拠かも知れません


もっとも、
「やって当たり前」
どころか
何も感じない方が重症かも知れませんが・・・



「ありがとう」
と言う言葉は
感謝の意味の言葉と言うだけではありません


ありふれた短い言葉ですが
「ありがとう」
と言う言葉ほど、
自分の気持ちを伝えられる言葉は無いと思うのです


ダヤン記念日

”ダヤンが にゃあ?と鳴いたから 今日はダヤン記念日”


{俵 万智}風に書けば
そんなダヤンとの生活が始まったのが
2007年10月20日

つまり、今日でちょうど1年になります


その2日前
たかだっちさんのお宅で初めて見たダヤン
私はその時にはもう既に飼おうと心に決めていました


その頃のダヤン(生後約3か月)

baby-dayan1.jpg

元気に飛び跳ねる(まさにそんな感じでした)様子を見たら
誰だって飼いたくなりますよね (^-^)

baby-dayan2.jpg



ジージョ(小3)は意外と臆病者で
ミニチュアダックスなどの小さなワンちゃんさえ
怖くて触れなかったのですが
ダヤンは予想外に(?)ジージョに慣れちゃいました

我が家に来て2日後くらいには
もうこの通り

遊ぶ時は姉弟みたいな感じで遊んでいますが
(遊んでもらってる?)
時にはジージョがお母さんになっています

ダヤンも気持ち良さそうに眠っています

baby-dayan3.jpg

小さい頃のお気に入りの場所

今では身体もはみだしちゃうので
もう乗れませんけどね (^-^;

baby-dayan4.jpg

こんなに小さかったんだね?

可愛かったなぁ? (^o^)

baby-dayan5.jpg




      最近のダヤン
         ↓
baby-dayannoima.jpg

『また、何をブツブツ言ってんにゃ?
 ”可愛かった”って過去形で言われちゃってるしにゃ』 (=^. .^=)



いやいや、今でも充分可愛いよ
ホントだってばぁ? (^-^; あはは

これからもよろしくね♪
ダヤン (;^◇^)ノ~☆(ノ=×ェ×=)ノ にゃ









大器晩成?

新聞を読んでいると
ふと占い欄に目が止まった


 “大器晩成型のあなたは・・・”


51歳を迎えた今更
占いで大器晩成と言われてもね? ('-';A



そう言えば、昔から良く言われました

「お前は大器晩成だから何でもコツコツとやりなさい」


親や先生は
いったい私の何をみて大器晩成なんて言ったんだろう?


で・・・

いったい、その晩成の”晩”っていつの事なの?




そもそも”大器晩成”とは・・・?

 出典は『老子』の41章
 { 大方無隅、大器晩成 }


 ”鐘や鼎(カナエ)のような大きな器は
  簡単には出来上がらず
  完成するまでに時間がかかる”

と、言うところから
晩年に成功を収めた人や
将来への期待を込めて励ます時に使う


しかし、別な解釈では

 ”無限に大きい器は完成には至らない”

と、言う事もあるのだとか・・・



ん? そしたら
私が言われていたのはどっちの意味?

・・・( ̄  ̄;) うーん

何だか
微妙な空気感を感じているのは私だけだろうか?(笑)



どっちにしても

私は今をまだ”晩年”とは思っていないのだから
事を成すのも“これから”と言う事か?


そう!
人生はまだこれからが本番!! ( ̄o ̄)oソーダ!

そう信じて頑張れば良いと言う事か?
そう考えて過ごせば幸せと言う事か?


例え、死ぬまで完成には至らなくても・・・? (^-^;







自分を励ます言葉

自分を励ます言葉を探してみよう




落ち込んでいる自分に

悩んでいる自分に

疲れている自分に


1人で辛さを堪えている自分に

失恋の痛手を抱えている自分に

哀しくて泣き出しそうな自分に


そして

頑張っている自分に




どんな言葉をかけたら元気になれるかな?

どんな言葉で話したら心に届くかな?




ストレートに     「頑張れよ!」


叱咤する言葉    「何やってんだよ!」

 
優しく         「大丈夫だって」


応援団のように   「ファイトッ!」


なだめるように   「負けるなよ」


黙って頷いて    「分かってるよ」


親友のように    「無理すんなよ」


背中を押す言葉  「それで良いんだよ」





言葉は口に出す事で力になる

言葉ってそう言うものだね



心の中の自分に語りかけるのではなく

口に出してみよう!


聴こえなかったら何度でも

足りなかったらもう一度



自分を励ます言葉が見つかったら

口に出して言ってみようよ!






青の詩


sora1.jpg


もしも

希望を色に例えるとしたなら

きっとそれは

雲の切れ間に見える空の青




その色は

時々見えなくなるけれど

確かにそこにあるのです


この歌は今年度のNHK合唱コンクール
「中学の部」の課題曲として作られたのだそうです

「みんなのうた」でも流れていましたし
歌番組でも歌っていましたので
ご存じの方も多いでしょう


  歌:アンジェラ・アキ  BY YOU TUBE




”未来の自分に手紙を書く”


未来の自分を思い描くには想像力が必要です

想像力を働かせなければ
未来の自分への手紙は書けませんよね

10年後の自分
20年後の自分

その時、自分はどうなっているか?
何をしているのか?
どう言う自分になっているのか?

なっていて欲しいのか?


そう考えるのって
楽しい事だったですよね?


今、私が10年後、20年後の自分に宛てて
手紙を書くと
「お前、それは未来って”来世への手紙”かい?」
なんて言われちゃいそうですが(笑)




そんな話はともかく・・・


今の子供たちに欠けているのは
この想像力のような気がします


[これを言ったら相手が傷つくだろう]

[こうしたら相手は怪我をするかも知れない
  或いは、死んでしまうかも知れない]

そう言う想像をしないのでしょうか?
それとも出来ないのでしょうか?



相手の事を考えるよりは
まず、自分が良ければ良いと言う考え方

そして、考え方は短絡的です


何か嫌な事があると
すぐにキレるだとか

自分が認められないと
すぐに暴力を振るうだとか

簡単に死ぬ事を選んでしまうだとか・・・



今は様々な情報が氾濫しているので
子供達は小さな時から耳年増になっています

でも、情報は知っていても
経験が無いので
何かに躓くとどうして良いか分からない

他人に訊くのはプライドが許さない
それが例え、親でも?


自分が死んだら

  ”友達が困るだろう”
  ”親が困るだろう”

だから、死ぬ・・・

  ”死んだ方が楽だ”

そうは考えられても
悲しむ人がいる事は考えないのでしょうか?




未来にどんな自分の姿を思い浮かべるか?

その未来の自分に会う為に
今、何をするべきか
そう考える事が大切ですよね


途中で挫折をしたって良い
途中で夢が変わったって良いんです

未来の自分は
それでも
幼かった自分を受け止めてくれるはずです

結果では無くて
その未来の自分に会う為にする努力が
何よりも大事な事ですよね



今の子供たちは生まれた時から
周りには何でもあります

情報は全て映像です
テレビ、マンガ、インターネット、ゲーム機

そして、それらは全て刺激的です
でも、映像は想像力を必要としません


それを全て否定はしません

でも、情報を判断する能力が無いままに
これらを受け入れてしまっているところに
現代の問題があるような気がします

それはもちろん
子供だけに限った話では無いのでしょうが



そんな今の時代だからこそ
想像力を養う教育・育て方を
大人は考えなければならないと思うのです

もちろん、学校だけではなくて
家でこそなのですが






我が家の娘達にも
未来の自分に宛てて手紙を書かせてみようかな

「嫌だ、めんどい!」

なんて言ったら
罰として

”ダヤンを1週間触らせない”の刑にするぞ!


boku.jpg

『なんで、そこでボクなのかにゃあ??』 (=`ェ´=)






人には「五感」と呼ばれるものがあります


「視覚」
「聴覚」
「臭覚」
「味覚」
「触覚」


もしも
このどれかひとつを
超人的に出来るとしたら
どの感覚のレベルを上げたいですか?



ちなみに・・・
あくまで、ちなみにですが(笑)



*「視覚」を上げた場合の私 

どんな遠くのモノでも見えるようになるとしたら
昔から近視に乱視
いつの間にか最近は遠視???

そんなメガネ生活の私にとっては
画期的に世界が変わるでしょう

これが一番嬉しいのですが
一歩間違うと犯罪者になる恐れあり・・・!?


えっ、透視じゃないの? ヽ(^。^)ノアリャアリャ




*「聴覚」を上げた場合の私

街を歩く人の会話や
他人の噂話
隣の部屋の人の独り言まで聴こえてしまうとしたら
かなり嫌ですよね

きっと、ノイローゼになっちゃうかな
これはいらんなぁ? (^-^;

わざと聴こえるように言う
誰かさんの嫌味は
今でも充分聴こえているし・・・ (T▽T)アハハ!




*「臭覚」を上げた場合の私

想像したくありません (-.-;




*「味覚」を上げた場合の私

これもいらないなぁ?
あまりに味覚が敏感過ぎると
味の成分1つ、1つに気が行って
全体の美味しさや感動が無くなって
絶対美味しく食べられないですよね?

今から料理人になれる訳でも無いしね
食べる側なら普通の味覚で充分です ( ̄ー ̄)ゞ




*「触覚」を上げた場合の私

これはあまり敏感過ぎると・・・
ねぇ? (^-^;

えっ? 何がって?

ん? ちょっとここでは言えません(笑)




結局は
何にしても程々が一番ってとこでしょうか?



そうそう!

世の中には
「第六感」を武器にしている女性もいますが

お願いします

これもほどほどに。。。(笑)



明日があるさ

3連休はいかがお過ごしでしたか?



「連休なんて関係なく仕事だったよ!」
と、言う人

「充実した連休だったよ?♪」
と、言う人

私みたいに
何も予定もなく
ただ、夜更かしと朝寝坊で
休みが終わった人

色んな方がいたでしょうね



今週は火曜日からのスタートですから

「1日得したなぁ?♪」
と、言う人

「忙しいのに稼働日が減るともっと大変だよ!」
と、言う人

私なんかも
1週間の仕事のボリュームが決まってますので
明日は月曜日と火曜日の
2日間分をこなさなければなりません


ここ数年は特に
”ハッピーマンディ法”
とやらのせいで
月曜日の祝日が増えたので
「火曜日って結構忙しい」
と言う人も多いかも知れませんね



今週
大切な日を迎える人
来週
大事な仕事が控えている人

頑張ってくださいねっ!


何もなく平穏に過ごせそうな人も
それなりに頑張っていきましょう(笑)


ともあれ
寒くなったり暖かさが戻ったり・・・
季節の変わり目です

ご自愛ください



それじゃ、今週もまた
明るく元気に頑張っていきまっしょ! v('▽^*)


「明日があるさ」 Re.JAPAN   By YOU TUBE









ダヤンの苦手

ジージョが最近
良くリコーダーの練習をしています

練習をするのは
もちろん良い事なのですが
リコーダーを吹いているはずが
途中で、尺八の音色になったり
フルート、ピッコロ、サンバホイッスルと
曲の途中で音色が変わります (^-^;

予告も無しに
いきなり想定外に
音程がオクターブ上がったり、下がったり

もちろん、意識的に変えている訳ではなく・・・

ねぇ?
意識的にリコーダーの音色を
これだけ変えられたらプロですから(笑)


長女Aはあからさまに
「煩いから止めて!」

うちの奴は
「ねぇ、もう遅いから明日にしよ?」

ちょっとやんわりです (^-^;


でも、文句を言えないのはダヤン

実は
ダヤンはジージョの吹くリコーダーが怖い?(笑)


今ではジージョがリコーダーを持っただけで
すぐその場から逃げだしてしまいます

/(・。・)      ダッシュ!?=≡ヘ(*=`ェ´=)ノ
dayan-nigeru1.jpg

  『なっ、何するにゃん?』 (=`o´=)/


dayan-nigeru2.jpg

  『ここまで来たら大丈夫かにゃ?』 (=^‥^A アセアセ


dayan-nigeru3.jpg

  『あ、あれは何にゃのら?』 ?(=゚◇゚=;)


dayan-nigeru4.jpg

  『ドキドキ・・・』 …o(;-_-;)o


dayan-nigeru5.jpg

  『ねえちゃん、まっ、参りました・・のにゃ』 o(ミ´Д`ミ)o尸~~


ねぇ、ジージョ
だ、だっ、だいぶ上手くなったじゃん?

今日のところはさ
もうこれぐらいにしといたら? (^-^;




リコーダーの授業が終わるまで
当分、ダヤンの受難の日々は続きそうです・・・






天使と悪魔

心の中には
いつも天使と悪魔が棲んでいると言う





天使は心の正しさを説き
悪魔は心の求めるままが正しいと囁く


天使は真実の中に真理を探せと言い
悪魔は嘘の中に真実を探せと言う




この世の中に
真実と嘘しか無いとしたなら
希望はどっちに入るのだろう?
夢はどっちに入るのだろう?






天使の言葉が耳に痛いのは
人間の過ちを知っているからだろう


天使の言葉が心に刺さるのは
人間の愚かさを知っているからだろう




悪魔の言葉が心地良いのは
人間の弱さを知っているからだろう


悪魔の言葉がいつも甘いのは
人間の本質を知っているからだろう





天使の言葉がいつも正しいとは
いったい誰が言ったのか?


悪魔の言葉が邪悪なものだと
いったい誰が決めたのか?




正義と悪の判断は
いったい誰がするのだろう?


どっちが天使で どっちが悪魔か
いったい誰が決めたのだろう?





天使は悪魔を嘘つきだと言い
悪魔は天使を偽善者だと笑う



今、必要なのはどっちだ?


車のラジオから流れてきた歌

ちょっとレゲェ調のその歌の歌詞に
久しぶりにやられちゃいました。。。



先日のブログで
母親が幼い子供を殺す事件が増えている話を書きました

それだけじゃなくて
子供が親を殺したり
兄弟を殺したり・・・


そうかと思えば
無差別殺人もありました

「誰でも良かった」

その言葉に
本当に恐ろしさを感じました


育った家庭環境のせい?
学校のせい?
社会のせい?


子供の自殺が増えています

大人も疲れているのでしょうか
1年間で自殺する人の数は
交通事故で亡くなる人よりも多い現実があります


『命は大切に』

その言葉は普段なら
誰もが当たり前だと思うでしょう

でも、瞬間的にキレたり
周りが見えなくなった人には
何の救いの言葉にもならないのでしょう


大人になると
みんな自分1人で生まれて
自分1人で生きてきたような顔をします

でも、本当はそんな人間など
1人もいないのです

それもきっと
普段ならちゃんと分かっている事なのかも知れません



かつて子供だった大人
子供を持った大人
そんな人に聴いて欲しい歌です

歌詞を良く噛みしめて
聴いて欲しい歌です




沖縄出身の3人組
「かりゆし58」 が歌う『アンマー』

沖縄のヒットチャートでは連続1位獲得中だとか
先日、TVでも取り上げられたそうなので
(残念ながら私は観ていないのですが)
観て、聴いて、知ってる人も多いかも知れません



『アンマー』  *沖縄の言葉で「母」と言う意味です



初夏の晴れた昼下がり
私は生まれたと聞きました
母親の喜び様は大変だったと聞きました
「ただ真っ直ぐ信じる道を歩んでほしい」
と願いをこめて
悩み抜いたすえに
この名を私に付けたと聞きました
我が家はあの頃からやはり
裕福な方ではなく
友達のオモチャや自転車を羨ましがってばかり
少し困ったような顔で
『ごめんね』と繰り返す母親のとなりで
いつまでも いつまでも泣いたのを覚えてます


アンマーよ
アナタは私の全てを許し
全てを信じ全てを包み込んで
惜しみもせずに
何もかもを私の上に注ぎ続けてきたのに
アンマーよ
私はそれでも気付かずに
思いのままに過ごしてきたのでした


「強さ」の意味をはき違えて
ケンカや悪さばかりをくり返し
勝手気ままに遊びまわる
本当にロクでもない私が
真夜中の静けさの中
忍び足で家に帰ったときも
狭い食卓の上には
茶碗が並べられていました
自分の弱さに目を背け
言い訳やゴタクを並べ
何もせずにただ毎日をだらだらと過ごし続け
浴びる程に飲んだ私が
明け方眠りに落ちる頃
まだ薄暗い朝の街へ 母は出ていくのでした


アンマーよ
私はアナタに言ってはいけない
決して口にしてはいけない言葉を
加減もせずに投げつけては
アナタの心を踏みにじったのに
アンマーよ
アナタはそれでも変わることなく
私を愛してくれました


木漏れ日のようなぬくもりで
深い海の様な優しさで
全部 私の全てを包み込んだ
アナタの背中に負われながら
眺めた八重瀬岳の夕陽は
今日も変わらず 茜色に街を染める


度が過ぎるほどの頑固さも
わがままも卑怯な嘘もすべて
すべて包み込むような愛がそこにはありました
アナタのもとに生まれ落ちたことは
こんなにも幸せだった
今頃ようやく気付きました
こんな馬鹿な私だから


春先の穏やかな朝に新しい命が生まれました
アナタの様に良く笑う宝石みたいな女の子
「優しさの中に凛々しさを秘めた人」
になるようにと願い
アナタの一番好きな
あの花の名前を付けました

     作詞:前川 真吾



凄い人達

連日、日本人のノーベル賞受賞に
マスコミは沸いていますね

今夜
村上春樹さんが文学賞を受賞すれば
3日連続
日本人3冠となるところでしたが
これは残念ながら
次回以降に持ち越しと言ったところでしょうか




それはともかく

30年、40年も前の発見や発表をした理論が
それから数十年の時を経て
立証、実証されて
さらに、それから数年の時を待って評価される・・・

研究とはまさに
そんな気の遠くなるような積み重ねを言うのだと
今回のニュースを観て改めて思いました



物理学賞、化学賞の
受賞内容の詳細や受賞者については
連日の新聞やニュース
もちろん、ウエブ上でも詳しく解説がされているので
ここでは、敢えて触れない事にしましょう


と、言うより
根っから文系人間の私にとっては・・・

粒子?
CP対称性の破れって何?

紙を半分に折ってハサミで切ったのを開くと
対称の図形が出来るけど
その片方を破いたら
対称じゃなくなるのと同じなのか?

緑色蛍光タンパクって何?
なんでクラゲなの?

癌細胞に蛍光色をマーキング出来る技術があるなら
癌細胞自体を
ピンポイントでやっつけた方が早くない?

なんて、素人考えもいいとこでしょうか?(笑)



新聞やニュースの詳しい解説を読んでも
全く、ちんぷんかんぷん

解説を読んで
解らない言葉だらけなので
その言葉を辞書で調べ
そこに出てくる解らない言葉を
更にまた辞書で・・・
その説明文の言葉を更にまたまた辞書で・・・

これはもう
”理解に辿り着けない”
永久のラビリンスなのです(笑)


そんな事を何十年も毎日毎日繰り返して
地道に研究を続けると言うのは
およそ、私みたいな文系の凡人には
人間100人分の一生をかけても
解り得ない世界のようです


ただ、それらの基礎研究が
各分野で様々な応用をされて
活かされていると言う事実は
地道な努力がいかに大切かを改めて教えてくれます

最初に発見した人も凄いし
それを応用して
更に技術を進化させている人達も凄いのです!



それにしても
今回の受賞者の皆さんは何れもご高齢なのですが
生きている内に受賞出来て良かったですよね

他人事ですが(笑)

ちなみに
当初は生存者しか受賞が出来なかったようですが
今はノミネート時に生存をしていれば
受賞時には亡くなっていても
受賞の対象にはなるようです

とは言え
やはり、もらえるものなら
生きている内にもらいたいですよね





折しも今年はオリンピックイヤーです


ノーベル賞を受賞するのと
オリンピックでメダルを取るのは
いったいどちらが大変なんでしょう?

どっちが凄いんでしょう?

名誉と言う意味では
もちろんどちらも甲乙付け難いところではあります

そしてもちろん
どちらも凄い事には変わりないのですが・・・



ところが
色々と見てみると
これが、いるんです!

ノーベル賞とオリンピックのメダルの
両方を取った人が1人だけ!


ノーベル賞と言うと
イメージ的に
今回の物理学賞・化学賞とか
或いは、文学賞が一般には良く知られていますよね

研究者や作家のイメージで言えば
確実に体育会系とは真逆に位置するでしょう

学者でスポーツマンって言うと
「インディ・ジョーンズ」の
ジョーンズ博士くらいなものでしょう(笑)



それくらい
ノーベル賞とオリンピックのメダリストって
対極にいる人間だと思っていたので
その両方を取った人が実在したなんて
信じられないのですが・・・



その人とはイギリス人の
”フィリップ・ノエル=ベーカー”です
(1889年11月1日?1982年10月8日没)


彼は青年時代に陸上中距離の選手として活躍し
三度、イギリス代表としてオリンピックに出場しています

そして、2回目の出場時
1920年のアントワープオリンピック男子1500mで
銀メダルを取っています


ケンブリッジ大学卒業後はイギリス労働党員となり
第一次世界大戦後のパリ講和会議では
アメリカ合衆国のウッドロウ・ウィルソン大統領とともに
国際連盟創設に尽くしその事務局員となります

1929年イギリス下院議員に当選
1932年のジュネーブ軍縮会議では
議長の私設秘書を務めました


彼は
第一次世界大戦に衛生兵として従軍した体験から
一貫して平和軍縮運動に携わり
1959年にはノーベル平和賞を受賞したのです



そうですね
忘れていました

もし、ノーベル賞とオリンピックのメダルを
両方取る可能性があるとしたら
唯一、平和賞でしょうか?

あくまで、イメージですが(笑)




それにしても世の中には凄い人もいるものですね



”天は二物を与えず”
と言う言葉がありますが
世の中と言うのは得てして
不公平がまかり通るものです


美人なのに頭が良いとか
イケメンでスポーツ万能だとか
金持ちなのに性格が良いとか


そう言う人を見ては
「天は二物を与える事があるんだ」
って、半ば自分を顧みては
その不公平さを呪っていました(笑)


もちろん
ひがみ根性丸出しで言ってるのですが(笑)



フィリップ・ノエル=ベーカーもまた
天から二物を与えられた1人なのかも知れません



もちろん
ノーベル賞にノミネートされるだけでも
オリンピックに出場するだけでも
私にしてみたら
どの人も凄い人ではあります



余談ですが

その凄いノーベル賞を2回受賞した人の中には
かの有名な「キューリー婦人」がいます

キューリー婦人は自身での受賞のみならず
夫のピエールと夫婦でも受賞し
更に、夫妻の娘
イレーヌも受賞と言う
これまた凄過ぎる家族なのです



話を元に戻しましょう(笑)

ちなみに
フィリップ・ノエル=ベーカーの写真は
残念ながら見る事はできませんでしたが
もし、彼がイケメンで
モテモテの人生だったとしたら・・・


私は神様を信用しません(笑)



べっ、別にネタが尽きている訳では無いのですが・・・

まぁ、そのぉ・・・
週も半ばと言う事で・・・

なんて言うか、ほれっ!

なんだ・・・ってかね

あれだわなぁ?
お題がね

「大きな顔のオンパレード」って決まっちゃったからさ?


って事はやっぱ
ここはダヤンの出番でしょ? f(^-^)




フラッシュにもめげず、爆睡中です

negao-up1.jpg



とにかく、寝ています

negao-up2.jpg



ひたすら、寝ています

negao-up3.jpg



ん?
ダヤン、なんか最近太ってきてない?

negao-up5.jpg



ほらぁ? やっぱりだべ!

negao-up4.jpg




『なんか、言ったかにゃ?』 (=`ェ´=)

negao-up6.jpg




生成り(きなり)

10月と言えば
秋のウェディングシーズンも
今が盛りと言う頃合いでしょうか・・・


ウェディングと言えば
やはり花嫁の
純白のドレスをすぐに思い浮かべますよね?



花嫁が純白のウェディングドレスを着るのは

「真っ白な私をあなた色に染めて下さい」

と言う事なのだそうですが
実は”純白”と言う時点で
既に白に染めている事になります



今の時代ですから

「色々過去も有ったけど
 一応、白く染めてみたんで
 何も無かった事にして
 ここからを出発にしましょうよ」

そんな処なのかも知れませんが(笑)



までも
そもそも、今時

「あなた色に・・・」

なんて、
そんな女性はいませんかね?



あれっ?

何だか・・・
パソコン画面の向こう側から
冷たい視線を感じるような・・・気が・・(笑)





本来であれば

「生成り色の私をあなた色に・・・」

となるのが本当なのです



でも
生成り色では
何だかウェディングドレスも
褪せた色に見えちゃいますかね?

もっとも
今時、そんな木綿のような
華美に飾り過ぎない純な女性はいない・・・


おっと!
又、世界中の女性を敵に回しちゃったでしょうか?(笑)





”生成り(きなり)”


辞書を紐解くと

「糸や布地の漂白をしていないもの
 生地のままで飾り気の無いこと」



ウェディングドレスの話はともかく
”生成り”を生き方に置き換えてみると

「自分本来の姿の在るがままに生きる」

となるのでしょうか?



在るがままに生きると言うのは
簡単なようで難しい生き方です



これが性分だからと
自分を主張し過ぎればワガママになります

逆に
自分を押し殺して
周囲に合わせた生き方は自分本来ではありません



主張し過ぎず
合わせ過ぎず
何にしても
「過ぎず」と言う生き方

そんな
当たらず触らず的な生き方が良いのでしょうか?



しかし
人が人との関わりの中で生きる時
自分らしさを出す事も
時には必要です

他人の為に一歩引く事も
時には必要です



つまり
在るがままに生きると言う事は
主張するのも
協調するのも含めて
自分を活かしながら
周りも活かしながら
且つ、自然体で生きると言う事なのでしょう



”在るがまま”
と言うのは決して自分の事だけではないのです


それだけに難しいのですが
そんな風に生きていけたらと思っています


本当、難しいですけどね・・・



Daydream

雨上がりの空に大きな虹がかかっていた




ねぇ?
”虹のふもと”って見た事ある?



「えー? 無いわ。 あるの?」



あるよ



「何処で?」



あれは・・・そうだなぁ・・・
もう25年くらい前になるかな
仕事で走ってる時にね

何処でだと思う?



「何処? 分からないわ
  街じゃ”ふもと”は見えないわよね?
  川とか湖・・とか?」



いや、田んぼなんだ
田んぼから大きな虹が生えてたんだ



「田んぼ? 生えてた?
  面白い言い方ね」



うん、大きな虹だったなぁ?

そう、まさに”生えてた”って言葉がピッタリでさ
『あっ! あそこがふもとだ!』ってね

で、追い掛けたんだ
すぐ、そこに見えたんだ



「それで?」



うん、その田んぼに行ったんだけど
いや、着いたはずだったんだけど・・・



「見れなかった・・・?」



そう・・・

俺、ホントに虹を見たのかな?
あれは”虹のふもと”だったのかな?
夢だったとかさ



「ううん、見たのよ。 あなたは確かに」



そうなのかなぁ?



「そうよ。だって、あの頃のあなたは一所懸命に走っていたわ
  夢に向かってね」



夢か・・・
今はどうなんだろう?

いや、訊くまでもないのは分かっている


そうだな・・・いつからだったろう
現実に追われてばかりで
いつの間にか夢を追う事も忘れていた気がする

大人になるって、そう言う事だと
自分に言い聞かせてさ

いや、自分への言い訳かな・・・都合の良いね
諦める”口実”が欲しかっただけだったんだろうな


ねぇ?
まだやり直せるかな?



「あなたのココロに訊いてみれば?」



俺の・・ココロ・・・?

そうだな
それは俺が決める事だよね?


あっ、ところでキミは誰なの?





懐かしい匂いがフッと頬をかすめた気がした

そしてそれは
ひとひらの風になって空を昇り
虹を駆け上がっていったように見えた


その大きな虹は少しづつ色を薄くしていって
やがて、空の青に溶けていった





言葉が通じない相手とコミュニケーションを取りたい場合


どうしたら良いでしょう?


それは、やはり・・・





身体と身体のぶつかり合いでしょうかね?(^-^)


(C)夢の樹舎


・・・と、言うほど大袈裟な話ではありませんが
今夜も長女Aとダヤンがじゃれあっています (*^▽^*)b


徐々に真剣になるダヤン
はたして、長女Aはいつまで余裕こいていられるでしょう?(笑)

最後の方にダヤンの可愛い(?)鳴き声も入っています f(^-^)



昔から本を読むのが好きで
本の虫だった私

でも、最近では
本の虫と言うよりは
本屋の虫・・・かも知れません (^-^;




特にパソコン関係なのですが
Windowsの設定とかコマンドだとか
或いは
エクセルの関数を調べたい時


ここ1年で多かったのは
ブログやホームページ関係で
こんな事は出来るのか?
これはどう言う風に設定するんだろう?
例えば、HTMLタグの記述は
どう書けば良いのだろう?


そんな”調べモノ”がある時は
必ず本屋に行きます



元々が
私は説明書とか解説書は
1から10まで隅々を読むタイプではありません

とりあえず
触ってみて、使ってみて
それで解らない事があった時に
説明書とか解説書を逆引きして
確認するタイプなのです


1つの調べモノの為だけに
解説書を買うのって
何だかもったいないでしょ?
だって、ちょっとした解説書って
2000円以上するんですから・・・


そこで本屋の出番なのです(笑)


まず、調べたいモノが載っている本を探します
ズバリ、あれば儲けもの(笑)
ズバリは無くても
似たものが出ていれば
取りあえずは
読んで”書いてある事の雰囲気”を覚えます

それから”キーワード”や”ポイント”を
覚えるのです

この時に、一言一句覚える必要はありません
(もちろん、覚えきれませんけど)


後は
自宅に帰ってから
ゆっくりとネットで調べるのです

最初からネットで検索をした方が早いんじゃない?

そう言われるでしょうが
闇雲に検索をしても
膨大な量の情報がヒットしてしまうので
そこから目的のモノを探し出すのは至難の業なのです

それなら、ある程度
”キーワード”や”ポイント”を絞って
検索をした方が遥かに効率的なのです


私にしてみれば
本屋と言うのは
本当に有り難い資料保管場所なのです (^-^)v




調べモノが無くても本屋には良く行きます

なんせ、本の虫なのですから
いや・・・本屋の虫でしたっけ?(笑)



昔から本はどちらかと言うと乱読派です

ある作家に夢中になって
片寄る事もしばしばありましたが
基本的にはノンジャンルです

純文学・推理小説・恋愛小説・冒険小説
ノンフィクション・エッセイ etc・・・

但し、生来が
ひねくれているからのか
映画化されて話題の原作本だとか
「ハリーポッター」等のように
あまりに売れ過ぎている本は
基本的には読みません

流行に乗らされてしまうのが癪なのです(苦笑)


本を読みたい時は
それを心が求めている時なのです

例えば
泣きたいとか
笑いたいとか
感動をしたいとか
新しいものに触れたいとか

それを流行に左右されたら嫌じゃないですか?



本屋に行くからって
目的の本があって行くのは稀です

どちらかと言うと
フラッと本屋に入り
雑誌のコーナーをひと巡りしてから
文庫のコーナーに行きます


そして
新刊のコーナーから既刊のコーナーへ廻って行きます

まずは
”タイトル”を見て
面白そうだなって思った本や
興味を惹かれた本を手に取ります

それから裏表紙の”あらすじ”を読みます

手に取った本は片っ端からです

結構、真剣に読みます

時には本を開いて
最初の数ページを読んだりします


多い時だと
裏表紙の”あらすじ”を読む本が
10冊とか20冊とかになったりします


最近・・・

これで本をかなり読んだ気になって

結局は買わずに帰ってきてしまうのです(笑)


それなら図書館に行けば?

そう言われるかも知れませんが
基本的に
気に入った本は手元に置いておきたいタイプなので
図書館は馴染まないのです


まぁ、考えようによっては
本屋が私の図書館なのです(笑)



こんな私って
本屋にとっては
かなり迷惑な客・・・なんでしょうかね?

でも、自覚は多少してるんですよ、これでも

だから、本屋の虫って言ったでしょ? f(^-^;




さっ、さぶいです・・・

この時間
外の気温はシングルでしょうか???

ちょっと前に入れたコーヒーが
もう冷めてしまいました

あっ、もちろん
私が外にいる訳ではないんですが (^-^;


さて、今夜のダヤン君

だんだん、人にくっついて寝る事が多くなってきました
さすがの毛皮族も寒いんですね(笑)


そんな訳で
今夜のダヤンはほとんど動いておりません

なら、動画じゃなくって
「写真で良いべや?」
って思うでしょうが
そこは、ほれっ!

いや、「ほれっ!」って言われても困りますか?(笑)



(C)夢の樹舎




なんか、ちょっと見
猫っぽくないですよね? (^-^;




ka-tenkara.jpg

『なら、もっと良いところを映して欲しいのにゃ』 (=-。-=)


あれっ?
キミ、どっから出てきたの? f(^-^; あはは




コスモス

風に揺れてるコスモスが
薄水の空に映えてキレイです




”ねぇ、覚えてる?
  いつかも こんな景色を見たよね”



kosumosu31.jpg




ふと足を止めて振り返る
君はもういないのに・・・
 



風に揺れてるコスモスに
君の笑顔が重なって切なくなる


歳を重ねて

”歳は取るものでは無くて重ねていくものだ”


いつか、そんな事も書きました


歳を重ねて得るモノも有れば
歳を重ねて失うモノも有ります


幾つもの歳月を重ねて育むモノもあります
そうして育んだモノを
一瞬にして失う事だってあります


喜怒哀楽の中に一喜一憂をしながら
それでも又
懲りもせずに歳を重ねていく


人生はそんな繰り返しなのかも知れません






”人生なんて良い事も悪い事も足して引いたらトントン”


そんな言葉があります


時々、
宝くじにでも当たったかのように
掛け算になる時もあるけど
人生って基本的には
足し算と引き算で出来ているのだと思います


最後は足して終わるのか
引かれて終わるのか
それは誰にも分かりません


仮に、最後は引かれて終わったにしても
それまでの足し算が多ければ
それで良かった人生だと思えるでしょう






重ねたモノ


それは
嬉しかった事
楽しかった事
幸せだった事



重ねたモノ


それは
悲しかった事
辛かった事
悔しかった事



何が良かったのか?
何が悪かったのか?

いや
それよりは
今、何が残っているのか?


それがきっと大事な事




様々な想いが交差しながら
又、今年も1つ歳を重ねていくのです・・・



POWERED BY YOU TUBE

        時代(詩・唄):中島 みゆき




ダヤンの写真や動画を載せる時は
いつも、とびっきり可愛いとこをセレクトして
載せているのですが(笑)


今日のダヤン君
はっきり言って、顔がとっても怖いです(^-^;


ソファの背と窓の隙間で寝ていたところを
長女Aに起こされて不機嫌なところに以って
 (ちなみに、長女Aは
  今日は土日の文化祭の振り替えで休みでした)
昼間で、しかも窓の近く
当然、ダヤンの目の黒眼は細くなっています


いつも思うのですが
猫の黒眼が細い時の顔は
般若を連想してしまいます

私だけでしょうか? f(^-^;


それにしても
ダヤン、怖いよぉ????? (>▽<;;

顔が野性化しています

『十勝ヤマネコ』????? (=`エ '=)


それでも仕草が可愛いのは
やっぱ、ダヤンだから?(^o^)v ←はっきり言って、猫親バカです


どうします?
一応・・・観てみます?(^-^;


(C)夢の樹舎 撮影:長女A


ダヤンの名誉の為に
付け加えておきますが
いつもはこんなに可愛いんですよ?♪
         ↓
kowaikao-1.jpg



kowaikao-2.jpg

『にゃにか言ったかにゃ?』 o(=?ェ?=)oジーーーッ




Powered by FC2 Blog