Neko

夢の汽車に乗って 何処かで聴いたちょっと良い話

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


後10日でクリスマスですね

みなさんはどんなクリスマスを過ごしますか?


家族で、友人同士で、恋人と・・・

或いは、1人で?


余談ですが(笑)

私も1人で過ごすクリスマス時代が長かったので
クリスマスを1人で過ごす寂しさは良~っく分ります

1人でケーキを買って食べたって美味しくないしね

と、言うより
1人の時は
ケーキなんか買った事はありませんでしたけど


ともあれ

色々な想いで過ごすクリスマスは
キリスト教徒ではない人達にとっても
やはり特別な夜なのでしょうね

特に
サンタさんからのプレゼントを心待ちにする
子供達にとっては
特別中の特別な日となるのでしょう



そんな特別な夜を前に、ちょっと良い話を・・・

(今では有名な話になりましたので
 ご存じの方も多いとは思いますが)

みなさんは
「NORAD」ってご存じですか?

「NORAD」とは、
ミサイル攻撃や空襲に備えて空を監視する
アメリカ合衆国とカナダの二カ国連合の軍事組織です

そんな国家防衛機関が驚くべき事に
毎年、クリスマスイブの夜が近づくと
世界中を旅するサンタクロースを追跡すると言う
夢に満ちたサービスを行っています


それは、1本の間違い電話から始まりました


1955年

ある新聞の「サンタ・ホットライン」に
あるお店が

「特別なホットラインでサンタさんとお話が出来る」

と、宣伝をし
広告に間違った電話番号を載せてしまったのだそうです


この間違い電話の先が
「NORAD」の前身である中央防衛空軍基地でした

「サンタクロースは本当にいるの?」

「サンタクロースは今どこにいるの?」

そんな子供達からの間違い電話に答えて
司令官(当時)のハリー・シャウブ大佐が
機転を利かせて

「サンタクロースは北極点から南に向かったらしい」

と、答え
以後、毎年
サンタクロースの追跡が行われるようになり
これを1958年に設立された「NORAD」も
引き継いだのだと言う事です


子供達の問いにも

”最新鋭のレーダーを使い
 トナカイ・ルドルフの鼻から放出される熱を感知し
 サンタクロースの居場所を追跡しています”

と、説明していたとか

子供達の夢を壊さない為のちょっとした”嘘”でした


そんな心温まる出来事があってから
毎年12月、「NORAD」で働くボランティアが
子供達の電話に答えてきました

今ではウェブサイトにより
世界中の人々がサンタクロースの
最新情報を得ようとそこを訪れているのです



《 NORAD Tracks Santa 2012 》

    ~ 上のタイトルをクリックすると
      日本語ページが開きます ~



更に、このウェブサイト上の世界地図では
ソリに乗ったサンタクロースが今どこにいるのか
また、世界各地への到着推定時間などが表示され
その情報は一晩中更新され提供されているそうです

(残念ながら24日にならないと見れません))


防空の為の最新鋭の設備を備えた国家機関が
このようなサービスをしていると言うのは
何かホッとさせてくれます



もうひとつ
アメリカでの話ですが
ユタ州のソルトレイクシティー市航空局には
「市の空を飛ぶ小型機の最低高度」
を定めた条例があります

この条例は
小型機の最低高度を連邦航空局の規則に基づいて
2000フィート(600m)と定め
続く条項に

「クリスマスイブにトナカイの引く荷物だけは例外とする」

と明文化していて
ソリに乗り空から家々にプレゼントを届ける
サンタクロースへの
配慮として1985年に盛り込まれたと言う事です

しかし、市ではこう言う項目があると
いい加減な条例だと受け止められる恐れがある為
航空局の委員会で
この条文を削除する修正案を可決して
議会に送ったのだそうですが
多くの反対派市民の運動によって
この条例は今でも残っているそうです



一方で

世界中にはクリスマスを祝えない子供達も大勢います

サンタクロースからのプレゼントを待つどころか
今日をどう生きるかで精いっぱいだったり
いや
今、こうしている間にも
死んでいっている子供達も大勢いるでしょう

戦争、内戦、テロ そして、大災害や飢餓

親兄弟を亡くし
そして、自分も傷ついて
明日に希望が持てない子供達も大勢いるのです


それは
今や日本だって他人事ではありません

世界的な金融危機以降
相次ぐ倒産やリストラで職を失い
或いは、大きな自然災害によって
住む場所を失い
中には家族をも失い

プレゼントを
買ってあげたくても買ってあげられない
買って欲しくても買ってもらえない

そんな親や子供達が沢山います


子供達にとって
サンタクロースはまさに夢ですよね?

そんな子供達の夢を
大人が取り上げるなんて事は
本来、絶対有ってはならない事です


いつか、子供達も大人になれば

現実の厳しさに
立ち向かわなければならない時が来ます

そんな時に心の支えになる大きなひとつが
幼い頃の夢かも知れません

その夢を子供達に与えてあげる事こそが
大人達がやらなければならない事なのでしょう



上記で紹介した記事はホンの一例ですが

世界中の大人達が
こんな風に子供達の夢の為に
知恵を絞り、時にユーモアで応えられたら
世界は変わっていけるのかも知れません



最後に

「新聞に掲載されたある手紙」と言う記事より

1897年9月
ニューヨークに住む少女
ヴァージニア・オハンロンという少女が
学校でお友達と
「サンタクロースはいるのか、いないのか」について
口論になりました

彼女はもちろん「いる派」

でも、家に帰って父親に
「本当にサンタクロースはいるの?」
と質問したところ
なんとその父親は
「新聞に手紙を書いて聞いたみたら?」
と言ったというのです

そしてこの投書を受け取ったサン紙の記者
フランシス・チャーチは
その投書への回答として

「この世には、愛や思いやりといった
 目に見えないけれども確かに存在するものがある
 それと同じように
 もし、目に見えない存在だとしても
 サンタクロースだって確かに存在する」

という内容の社説を発表しました

そしてその後
サン紙は、毎年クリスマスが近づくとこの社説を掲載
この話は、その後本にもなりました



サンタクロースを信じる心を育てる事は

善い事をした時も
悪い事をした時も

「いつでも誰かがあなたを見守っている」

という心を育てる事になるのかも知れません

この記事を紹介していた人は
このように結んでいました


子供達の夢

それは私達大人にとっての夢でもあるのです


スポンサーサイト
本州では運動会と言うと
秋と言う事になるのでしょうが
北海道では5月末から6月にかけて
まさに今が運動会シーズンです

本来なら
リラ冷えも収まって
初夏と言える時期で
北海道では一番良い季節なのです

(季節もそうですが
 北海道では田植えや畑の種まきも
 一段落をするのがこの時期なんです。
 秋、9?10月は収穫が忙しいですしね。
 なので、この時期に運動会をします)

娘が通う小学校でも
今日(土曜日)が運動会なのですが
いつもこの時期は天気に悩まされます

私の記憶では
確か・・・
北海道では梅雨は無かったなずなのですが
地球温暖化の影響なのか
近年はどうも梅雨らしきモノがあるようなのです

”蝦夷梅雨(えぞつゆ)”なんて呼ぶ人もいますが
今週はまさにそんな1週間でした

毎日変わる天気予報にヤキモキしながら
当日を待つ訳ですが
それを嘲笑うかのように
ポツポツ、パラパラと
毎日、雨が降ったり止んだりです

金曜日も昼間はそんな雨模様で
夕方に止んだかとホッとしていたら
また、いきなり雨音が聴こえたりして

この町辺りには
いったいどれだけの
雨男、雨女が住んでいるんでしょうか(苦笑)



と、言う話はとりあえず
置いておきまして

だいぶ以前の事になります

当時の娘の担任の先生が
学級通信で書いていた言葉が
心に残っていますので
今日はそれを書いてみようと思います

もしかしたら
単に私が知らなかっただけで
本当は誰もが知っている
有名な「言い回し」なのかも知れませんが
そこは私の無知に免じて
笑って許してもらえればと思う次第です。。。

以下、その時の学級通信の要約


 「もうすぐ運動会です。
  練習の中で子供達は
  日ごとにたくましさを増しています。
  最初は出来なかった子供も
  みんなに励まされて頑張って
  段々出来るようになっていくのが嬉しいです。
  何も言わないでも
  友達に声をかけている子も出てきました。
  結果はどうでも良いんです。
  みんなが一生懸命に力を合わせて
  頑張る事が大事なんだと思います。

  『協力』の『協』と言う字は
  『3つの力を足す(+)』と書くんだよ!

  みんなの力を合わせて
  みんなで協力をしながら本番も頑張ろう!!」



「協力」の「協」

なるほどなぁ?と1人感心をしてしまいました

かつて
「金八先生」の中で武田鉄也が言った有名な台詞

 「『人』と言う字は差さえ合って出来ているんだ」

これにも勝る名言ではないか!
と、思ってしまったのは
いささか軽々だったでしょうか


毛利元就の「三本の矢」の話もしかり

人間と言うのは
いつの世も
助け合って生きていかなければならないものなのです


1人の力は弱い
1人の道は険しい
1人の言葉は拙い


”一人の小さな手
 何も出来ないけど
 それでも、
 みんなの手と手を合わせれば
 何かできる 何かできる”

確か、そんな歌も有ったなと
改めて思った次第です




=*==*==*==*==*==*==*==*==*=



「一人の手」訳詞:本田路津子


一人の小さな手何も出来ないけど

それでもみんなの手と手をあわせれば

何か出来る何か出来る



一人の小さな目何も見えないけど

それでもみんなの瞳でみつめれば

何か見える何か見える



一人の歩く道遠くてつらいけど

それでもみんなの足踏みひびかせば

楽しくなる長い道も



一人の人間はとても弱いけれど

それでもみんなが集まれば

強くなれる強くなれる




ラジオで聴いた言葉

道内某局アナウンサーのS・T女史が
学生時代に習っていたバレエで
伸び悩んでいて
辞めようか、どうしようかと考えていた時
恩師の方がこう言われたのだそうです

”人にあるのは向き、不向きではなくて前向き”


うん

素敵な言葉です



例えば仕事

好きな仕事、やりたい仕事に
つけている人の方が多分少ないでしょう

大半の人は
生活の為とか目的の為と
割り切って仕事をしています


だから
上手くいかない事があったりすると

つい

「今の仕事は自分に向いているんだろうか?」

そんな事を

時々
ふっと考えてしまいます


「もしかしたら
 他にもっと自分に合う仕事があるんじゃないか?」

「本当は自分の夢を叶えたかった」

「こんなはずじゃなかったのに」


でも

例え、自分が
心から望んでいなかった仕事だったとしても
それで給料をもらって生活をしている以上
その道のプロでなければなりません


向いているとか向いていないとか
そんな事をうじうじと言っている間に
その道を(仕事を)究める努力をすべきなのでしょう


もちろん

もう一度思い直して
自分の本当にやりたかった事に挑戦をする事

それも有りです


どんな道を選択するにせよ
それは自分で決める事なのですから
決めた以上は前向きにいきたいものです

例え
生活の為と割り切った仕事だったとしても
前向きに考えればやりがいも出てくるものです

やりがいが出ないなら
張り合いを見つければ良いのです

張り合い=楽しみ

楽しみは他にいくらでも見付けられるのですから



杖言葉

会社の先輩の身内に不幸があり
昨夜、お通夜に行ってきました

その席で
読経の後のお坊さんの説法の中に
心に留まった言葉があったので
帰宅後、少し調べてみました・・・



いわゆる「座右の銘」と言う言い方もしますが

生きる上で寄りどころにしたり
迷った時に振り返る言葉

それを”杖言葉”と言います


”杖言葉”と言う言葉は
松原泰道氏(*)が著書や説法の中で
良く用いていた言葉です

 *松原泰道(臨済宗の僧侶)
  龍源寺住職を経て
  「南無の会」会長等を歴任
  今年7月死去(享年101歳)


”旅に例えられる人生…
 人生が旅のようなものだとしたら
 何か杖となるものが必要で
 その‘杖’の役割をするのが‘言葉’である”

        松原泰道


このような話の中で
氏がしばしば引用をしていたのが

”扶(たす)けては断橋の水を過ぎ
 伴っては無月の村に帰る”

と、言う禅の言葉で

これは

”橋が落ちていても
 杖が一本あれば
 浅い深いを訪ねて渡る事ができる

 闇夜であっても
 杖をついていると田んぼにも落ちずに
 我が家に帰る事が出来る”

と、言う意味です



1年の中には晴れの日ばかりでなく
雨や風の日があります

当たり前の事ですが
私達の一生も
好ましい日ばかり続くのではなく
避けて通れない悲しみや苦しみの日もあります


誰も見ていない時にこそ
その人となりが現れます
「まぁ、良いや。ちょっとぐらい・・・」


悩んだり迷ったり
人生は
その繰り返しと言っても過言ではありません


時には
望まぬ過ちを犯してしまうかも知れません


道で何かにつまづいた時
それまで頑張って張っていた気持ちが
折れそうになったりします



そんな時に

自分を律する言葉
自分を戒める言葉
自分の標とする言葉
自分を動かす言葉
自分を励ます言葉・・・etc

それが”心の杖”になるのでしょう



心の杖を持ちましょう

宗教の教えのような
或いは
哲学者が問うような
難しい言葉である必要はありません

マンガの中にだって
心に響く言葉は出てきます

簡単な言葉でも
心を揺らす言葉ってあります


これからの人生
まだまだ
色々な出来事が待っているのでしょうが

その都度その都度
必要な杖を持ち替えながら
旅をしていけば良いのです



明日はクリスマスイブですね

みなさんはどんなクリスマスを過ごしますか?


家族で、友人同士で、恋人と・・・

或いは、1人で?



余談ですが(笑)

私も

”1人で過ごすクリスマス”時代(?)

が長かったので
クリスマスを1人で過ごす寂しさは良く分ります


1人でケーキを買って食べたって美味しくないしね

と、言うより
1人の時は
ケーキなんか買った事はありませんでしたけど



ともあれ

色々な想いで過ごすクリスマスは
キリスト教徒ではない人達にとっても
やはり特別な夜なのでしょう


特に
サンタさんからのプレゼントを心待ちにする
子供達にとっては
特別中の特別な日となるのでしょうね




そんな特別な夜を前に、ちょっと良い話を・・・



みなさんは
「NORAD(ノーラッド)」ってご存じですか?


「NORAD」とは、
ミサイル攻撃や空襲に備えて空を監視する
アメリカ合衆国とカナダの二カ国連合の軍事組織です

そんな国家防衛機関が驚くべき事に
毎年、クリスマスイブの夜が近づくと
世界中を旅するサンタクロースを追跡すると言う
夢に満ちたサービスを行っています



それは、1本の間違い電話から始まりました



1955年

ある新聞の「サンタ・ホットライン」に
あるお店が

「特別なホットラインでサンタさんとお話が出来る」

と、宣伝をし
広告に間違った電話番号を載せてしまったのだそうです


この間違い電話の先が
「NORAD」の前身である中央防衛空軍基地でした


「サンタクロースは本当にいるの?」

「サンタクロースは今どこにいるの?」


そんな子供達からの”間違い電話”に答えて
司令官(当時)のハリー・シャウブ大佐が
機転を利かせて

「サンタクロースは北極点から南に向かったらしい」

と、答え
以後、毎年
サンタクロースの追跡が行われるようになり
これを1958年に設立された「NORAD」も
引き継いだのだと言う事です


子供達の問いにも

”最新鋭のレーダーを使い
 トナカイ・ルドルフの鼻から放出される熱を感知し
 サンタクロースの居場所を追跡しています”

と、説明していたとか


子供達の夢を壊さない為のちょっとした”嘘”でした


そんな心温まる出来事があってから
毎年12月、「NORAD」で働くボランティアが
子供達の電話に答えてきました

今ではウェブサイトにより
世界中の人々がサンタクロースの
最新情報を得ようとそこを訪れているのです



《 NORAD Tracks Santa 2008ホーム 》

    ? 日本語ページ ?
          ↑
     ☆ここをクリック☆



「キッズ カウントダウン」
「サンタカメラ」
「3D衛星写真と地図でサンタを追跡」

などのコンテンツが楽しめるそうです


更に、このウェブサイト上の世界地図では
ソリに乗ったサンタクロースが今どこにいるのか
また、世界各地への到着推定時間などが表示され
その情報は一晩中更新され
提供されているそうです


(残念ながら24日にならないと見れないようなので
  私もまだ詳しくは見ていないのですが・・・)



防空の為の最新鋭の設備を備えた国家機関が
このようなサービスをしていると言うのは
何かホッとさせてくれます




もうひとつ
アメリカでの話ですが
ユタ州のソルトレイクシティー市航空局には
「市の空を飛ぶ小型機の最低高度」
を定めた条例があります


この条例は
小型機の最低高度を連邦航空局の規則に基づいて
2000フィート(600m)と定め
続く条項に

「クリスマスイブにトナカイの引く荷物だけは例外とする」

と明文化していて
ソリに乗り空から家々にプレゼントを届ける
サンタクロースへの
配慮として1985年に盛り込まれたと言う事です


しかし、市ではこう言う項目があると
いい加減な条例だと受け止められる恐れがある為
航空局の委員会で
この条文を削除する修正案を可決して
議会に送ったのだそうです

ただし、地元紙によれば
議会当日は多くの反対派市民が集まる予定で
この修正案は否決される見込みだと伝えています

(めでたし、めでたし?)




一方で

世界中にはクリスマスを祝えない子供達も大勢います


サンタクロースからのプレゼントを待つどころか
今日をどう生きるかで精いっぱいだったり
いや
今、こうしている間にも
死んでいっている子供達も大勢いるでしょう


戦争、内戦、テロ そして、大災害や飢餓


親兄弟を亡くし
そして、自分も傷ついて
明日に希望が持てない子供達も大勢いるのです



それは
今や日本だって他人事ではありません


世界的な金融危機以降
相次ぐ倒産やリストラで職を失い
住む場所を失い
中には家族をも失い


プレゼントを
買ってあげたくても買ってあげられない

買って欲しくても買ってもらえない


そんな親や子供達が増えています




子供達にとって
サンタクロースはまさに”夢”ですよね?

そんな子供達の夢を
大人が取り上げるなんて事は
本来、絶対有ってはならない事です


いつか、子供達も大人になれば

現実の厳しさに
立ち向かわなければならない時が来ます


そんな時に心の支えになるモノの
大きなひとつが
幼い頃の夢かも知れません


その夢を子供達に与えてあげる事こそが
大人達がやらなければならない事なのでしょう



上記で紹介した記事はホンの一例ですが

世界中の大人達が
こんな風に子供達の夢の為に
知恵を絞り、時にユーモアで応えられたら
世界は変わっていけるのかも知れません




最後に

「新聞に掲載されたある手紙」と言う記事より・・・


1897年9月
ニューヨークに住む少女
ヴァージニア・オハンロンという少女が
学校でお友達と
「サンタクロースはいるのか、いないのか」について
口論になりました

彼女はもちろん「いる派」

でも、家に帰って父親に
「本当にサンタクロースはいるの?」
と質問したところ
なんとその父親は
「新聞に手紙を書いて、聞いたみたら?」
と言ったというのです

そしてこの投書を受け取ったサン紙の記者
フランシス・チャーチは
その投書への回答として

「この世には、愛や思いやりといった
 目に見えないけれども確かに存在するものがある
 それと同じように
 もし、目に見えない存在だとしても
 サンタクロースだって確かに存在する」

という内容の社説を発表しました

そしてその後
サン紙は、毎年クリスマスが近づくとこの社説を掲載
この話しは、その後本にもなりました





サンタクロースを信じる心を育てる事は

善い事をした時も
悪い事をした時も

「いつでも、誰かが、あなたを見守っている」

という心を育てる事になるのかも知れません


この記事を紹介していた人は
このように結んでいました




子供達の夢

それは私達大人にとっての夢でもあるのです



ジャンプ!

人生には辛い事や哀しい事も多いけど
もし、それが無ければ
きっと幸せなんて感じられないんじゃないかな

辛い事や哀しい事を経験するからこそ
少しの良い事にも幸せを感じられる

そんなものだと思うよ


試しに
立ったままジャンプをしてごらん

そんなに高くは跳べないでしょ?


でも、一度屈んでからジャンプをすると・・・


ほら、さっきよりは
遥かに高く跳べたんじゃない?


辛い事や哀しい事って屈むって事なんだよ
より高くジャンプをする為にね


Powered by FC2 Blog