Neko

夢の汽車に乗って 営業マンY氏シリーズ

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


私なんかは自慢じゃありませんが
これと言った特技もある訳じゃありませんし
見てくれも決してイケメンでもなくてですね


確かに
昔は若気の至りで?

女性にモテたい一心でギターを弾き始めて
仲間とバンドを組んだりもしてましたが

・・・その割でもなく


スポーツをやってもいつも程々

器用貧乏と言うんでしょうかね
ちょっとやれば大概はそれなりに恰好がつくので
それ以上の努力をしないで終わる・・・みたいな?

勉強なんざ・・・まぁ、それはともかく


確かに
10年に一度くらいは奇特な女性が何人か現れて
仮想「モテ期」症候群・・・的な?

それなりには、まぁ~

まぁね、所詮は10年に一度ですし


だから

自分では人気者だなんて思い上がった事は
50数年の人生の中じゃ一度だってありませんでした


ところがですね
ん~ 何故か・・・なんですが

ここ毎年か、健康診断が終わる度に

必ず会社の保険師さんから名指しで声がかかります

しかも、すごく私の事を気遣ってくれるんですよね

いやぁ~ 照れるなぁ~ えへへ♪


「Yさん、身体の調子はどうですか?」

「いやぁ~ 全然OKですよ。
 いつも、そんなに心配いただいてありがとうです♪」

「でも、あんまり良い数値じゃないですよ。
 今度、また**病院に行ってくださいね」

「え~? またですか?」

「えぇ、またです(キッパリ!)
 美人の看護師さんからお呼び出しですよ♪(笑)」



美人の?

いや~ 人気者は辛いわぁ~♪

最後の「♪(笑)」が気にはなりますが


でも、仕事だってそんなにヒマじゃないんで
つい放ってしまうんです

だってね
相手がいくら美人の看護師さんだからってねぇ~

私が独身ならいざ知らず

ねぇ~?


でも、そうこうしていると
またまた会社の保険師さんからラブコールが来ます


「Yさん。病院、まだ行ってないですよね?」

「えぇ、まぁ・・・」

「ダメですよ。Yさんに何かあったら悲しむ人がいるでしょ?」


悲しむ人?

ん~ 誰だろう? もしかして保険師さん? むふ♪


「とにかく、近いうちに必ず行ってくださいね!」


北海道内だけでも何百人と社員がいるのに
この保険師さんってば
なんでいつも私の事を気にかけてくれるんでしょ?

な・ぜ・? むふっ♪


まぁ、そんなやり取りがいつも何度かあるんですが

これほどまでに保険師さんに心配されちゃねぇ~
それをシカと出来ちゃうほど
私だって野暮な男じゃありません

それで、まぁ~仕方なく病院に行くんですけどね


でもねぇ~

私を待っていたのは美人の看護師さんじゃなくて
何か、いつも苦虫を噛み潰したようなお医者さんで

もちろん、男のね


「あれ? 美人の看護師さんは?
 もう、照れちゃって隠れてるのかな?
 可愛いんだからぁ~ むふ♪」


「ところでYさん」

「あっ、はい。 何でしょう?」

「あなたね。自分の身体の事を少しは考えてますか?」

「はぁ、まぁ」

「『まぁ』じゃないでしょ?
 この数値を見てください。
 ガミガミ、クドクドetc・・・」


でもね
私はいつも先生に言うんです

「先生、私なんかはもう50過ぎなんですからね。

 営業マンを30年近くもやっていて

 精神的にも肉体的にも健康な人がいたら

 そりゃ、全々仕事をしてないって事じゃないですか?」



ってね

もちろん、先生には全く相手にもされませんが


「で、どうします? すぐに治療を始めますか?
 取りあえず今日は薬を出しておきますか?」

「えーっと・・・ それじゃ、薬と言う事で」

「じゃ、今回はコレコレの薬を出しておきますからね。
 それでちょっと様子をみてみましょう。
 でもまた、来月来てくださいよ」

「えー? 来月もですか?」

「そうです。
 来月来て頂いたら、また採血をしますからね」

「採血って・・・看護師さんが?」

「えぇ。それは看護師の使命ですから」

「えっ? マジですか? 看護師さんの指名ですか?」

「はぁ?」

「いや、だから看護師さんの”指名”って・・・」

「看護師は患者さんを指名なんかしません。
 もちろん、看護師の指名も出来ませんよ(苦笑)
 あなた、どんだけ人気者なんですか(半ば呆れて)」

「いやぁ~ 私ですね。
 何故か、保険師さんとか看護師さんから
 良く声をかけられるんですよね~ むふっ♪」

「ふぅ・・・(深い溜め息)」

「どうしてなんでしょうね?
 私ってば、母性本能をまさぐるタイプだとか?」

「まさぐるって、あぁ~たね(明らかに呆れたトーン)」

「あっ、誰がまさぐるですって?
 いやだなぁ~ 先生。くすぐるって言ったでしょ?」

「まぁ、何でも良いですけどね。
 ふぅ・・・(最早、ほとんど相手にしていない)」

「で・・・先生? やっぱり来月も来なきゃいけません?」

「そりゃまぁ、あなたがどうなっても良いなら別ですけど」

「いや、それは困るんですけどね」

「でしょ? なら、大人しく言う事を聞いてくださいよ」

「先生、そんなに私に会いたいんですか?」

「誰がですか!
 私だって、どうせなら美人の患者さんの方が・・・
 いや、オ、オホン!」

「あらっ、先生だって男ですもんね?
 いやぁ~ その気持ち、分かるわぁ~」

「と、ともかくです!
 来月もお待ちしてますから」

「えー? やっぱり、先生はもしかして、そっちの趣味?」

「だっ、誰がですか!
 私だって、本当はねぇ~
 いや、とっ、ともかくです!
 来月、必ず来てくださいよ」

「なんだ。 やっぱり先生は私に会いたいんじゃ・・・」

「だぁ~かぁ~らぁ~ もう!
 いや、もう何でも良いです。
 とにかく、来月また来て下さいよ。
 君、Yさんがお帰りだ!」

医者は振り返ると看護師に言った

「それじゃ、Yさん。これを会計に出してください」

看護師さんがそう言いながら
私にカルテを手渡す時に、ふと手が触れると
看護師さんの頬が紅潮した・・・ように見えた

「お大事に。 また来月お待ちしていますね」

看護師さんはそう言うと
名残惜しそうに診察室のドアを開けた・・・ように見えた

「はい。 それじゃ、看護師さん。
 また、来月お会いしましょう!」


私は意気揚々と診察室を後にした

そっかぁ~
あの看護師さんも私を待ってるんだ♪ むふっ♪


会計に向う途中
健康診断の時に担当だった看護師さんにすれ違った

「あらっ、Yさんじゃないですか。
 今日は何ですか?
 あっ、分かった! 再診でしょ?
 ダメですよぉ~ 健康管理はちゃんとしてくださいね」

「いやぁ、あはは。
 でも、そんなに心配してくれてるんですか?」

「当たり前じゃないですか。
 お大事にしてくださいね。 それじゃ、またね♪」


それじゃまた?

ん~ そっか、あの看護師さんもね? むふふ♪


会計を待っているとやがて名前を呼ばれた

「Yさんですね? では今日は***円になります。
 はい、ではこちらが領収証と診察項目の控えになります」

「あっ、はい。ありがとうございます。
 後、これ・・・駐車券、良いですか?」


駐車券にスタンプを押すと私に手渡して受付嬢は続けた

「次回は、えーっと・・・
 来月の18日ですね?
 10時の予約になっていますので
 10分前くらいまでに予約機で受付を済ませて
 診察室の前でお待ち下さいね。
 それではまた来月お待ちしています。
 お大事にどうぞ♪」

受付嬢はそう言うと
私に向ってニッコリ微笑むと軽く一礼をした

「はい。 それじゃまた♪」

私も受付嬢に飛びっきりの笑顔で微笑みを返した


いやぁ~
我が社の保険師さんと言い
ここの看護師さん達と言い
まぁ、あの医者はともかくだけど
俺にはその気は無いからさ
でもさぁ~ まさか受付嬢までとはね

みんなしてこんなに気遣ってくれて
しかも、みんな私を「待ってるわぁ~」だなんてさ

ん~ なんか、感激しちゃうな。 むふっ♪

でも、誰と言われてもなぁ~
もう、選びきれないわ♪

どうしましょ? むふ♪ むふっ♪


病院を出た私は
看護師さん達の笑顔を思い返すと自然に笑みで溢れた

「いやぁ~ 人気者は辛いわぁ~♪ ルンルン♪」







【死神のボヤキ】

いやぁ~ 歳の頃と言い、あのメタボ具合と言い
良いカモを見つけたと思ったんだけどな

でも、あんな能天気なパープリンを地獄に連れ帰ったら
地獄の秩序が乱れて
俺は閻魔様に大目玉をくらうところだったぞ

危ない、危ない!

あの手のアホは殺しても死なないタイプだし
死んだら死んだで
「あれがどうだ」とか「これをどうしろ!」とか
手がつけられないくらい騒ぐに決まってる

触らぬ神に祟り無しってね

まぁ、死神の俺が言う台詞じゃないけどさ

よし、気を取り直して
それじゃまた、次のカモでも探すとするか

えーっと、次の再検査リストは・・・と

どれどれ?



スポンサーサイト
今夜は「営業マン Y氏」シリーズの第3弾です


例によって
長くなりましたので
『夢の樹舎』にアップしました


中年営業マンY氏の抱いた淡い恋心

その行方ははたして・・・



下のタイトルをクリックすると本文が開きます
       
       ↓

  『営業マン Y氏の純情』
http://yumenokisya.web.fc2.com/short_story/eigyouman-y-junjou.htm




今まで書いてきたものの中から
表題の他、20編を
『夢の樹舎』の各パートにアップしました



同じく、クリックすると「夢の樹舎」が開きます

     ↓

  『夢の樹舎』
http://yumenokisya.web.fc2.com/





さてさて

8月に入り
まさに夏も盛りと言うところでしょうか


日本全国の会社勤めの皆さま

毎日、ご苦労さまです!

暑さに負けずに頑張って下さいね!



ここ北海道の片田舎でも
営業マンY氏は今日も汗だくで頑張っています



 *下のタイトルをクリックすると本文が開きます

      ↓

  『 営業マン Y氏の過酷な夏 』





 ☆夢乃咲道のホームページはこちら

      ↓

  『 夢の樹舎 』





これもマーフィーの法則なのでしょうか?

忙しくて時間が無い時に限って
話好きな人に捉ってしまうなんて事は良くあります


その日もそんな日でした・・・


『今日は忙しいし
 ここは何とか10分以内に終わらせたいなぁ?
 社長が留守ならラッキーなんだけど・・・』

その日
そこの会社では特に重要な案件も無かったので
事務的な事はさっさと片づけて
次へと急ぎたかったのです


「毎度様で?す」

事務所に入ると
ラッキーな事に社長は接客中で
挨拶もそこそこに
急ぎで受け取る書類の確認をしていると

「じゃ、社長よろしく」

そう言ってお客さんは帰ってしまいました

『アレッ、まずいって!
 お客さん、もっとゆっくりしてってよ?』

内心、そう叫んでいると
案の定・・・

「おっ、丁度良いとこに来たな。
 美味いコーヒーが入ってるから
 ちょっと飲んでいけや」

「あっ、はい。 いや、そんなお気遣いは」

「まぁ、良いからこっちに来て座れや」

そう言われて応接ソファに座ると
いつも愛想の良い奥さんが
コーヒーを持って来てくれました

「はい、どうぞ。
 これね、貰い物なんだけど
 とっても美味しいのよ」

「何でもな、札幌の何とかって店で売ってる
 高級なコーヒー豆だって
 娘が買って来てくれてな」

「そうですか、はい。 じゃ、頂きます」


『甘っ!』

奥さん、ミルクも砂糖も入れ過ぎです
どんなに高級な豆でもこれじゃ台無しですよ


「どうだ? 美味いだろ?」

「えぇ、やっぱり高級な豆は風味が違いますね」

担当営業マンとしては
取引先の社長夫妻の機嫌を損ねる訳にはいきません

「そうだろ? ずいぶん、高かったらしいぞ。
 ところでな、この前のあの件だけど・・・」


初めは仕事の話から始まって
いつの間にか話が横道を逸れ?の
斜めに駆け抜け?の
行きつ戻りつで
話が長くなるのが
ここの社長のパターンです

『やばい! 始まったぞ。
 何処で話を切り上げるか・・・』

私の頭脳はその事だけを一点に
フル回転を始めます


「でな、あれは・・・」

社長は今日も饒舌です

さり気なくチラリと腕時計を見る
社長の話が始まって10分が過ぎていました

ここの会社に訪れてからはもう15分です

『さてと、何処かキリの良いところで話を切らないと
 今日の社長の機嫌の良さからして
 下手したら1時間コースになりかねないぞ』


話好きな人の話を
なるべく早めに切り上げてもらうコツ
私が長年の経験で得た答え
それは”急がば廻れ”と言う事です

つまり
社長がどんな話しをしても
決して、反論をしてはいけないと言う事です

ひと度、反論でもしようものなら

「お前は全然、分かってないな」

そんなところから
ますます相手の闘争心に火を付ける事になり
活弁に拍車がかかります

それだけ話が長引くと言う事です

かと言って
こちらは真剣に話を聴いていると言うポーズも
きちんと見せておかなければなりません

最悪なのは相手を不機嫌にしてしまう事なのですから

話をしている相手の目をちゃんと見つつ
打つべき時に相槌を打つ

しかし
相手を無用に調子に乗せるような相槌はいけません

そこら辺の機微が難しいのですが
そこは長年の経験がものを言います

そして当然ではありますが
下手な話しの腰の折り方をしてはいけません

”丁度良いタイミングで
 相手の機嫌を損なわずに話しを切る”

それが担当営業マンとしての極意であり
また、使命なのです


とは言うものの
私のような気の弱い営業マンにとっては
これはいつもながら至難の技です

いつもタイミングを逃してしまって
相手が話し疲れるのを待つ事になってしまいます

そんな時はいつも神頼みです

『お願いします、神様!
 誰か別のお客さんが早く来ますように!
 お客さんが無理なら
 ライバル社の営業マンでも構いません!
 でも、出来るなら
 ライバル社の営業マンじゃなくて
 我が社のユーザーさんが良いのですが・・・
 いや! それが無理なら
 お客さんは来なくても良いです!
 誰か、電話を1本
 社長にかけるように仕向けてください!』


こちらの気持ちを知ってか知らずか
社長の饒舌ぶりはますますエスカレートしていきます


話し始めてから
既に30分が経過

『本当に今日はヤバいんだよなぁ?
 この後、まだ5件も寄らなくちゃいけないのに
 誰か助けて!』


「ねぇ、Yさん?」

おっと!
ここで神の助けか?

奥さんがにこやかな笑顔で言いました

「Yさん、コーヒー、もう一杯いかが?」


『えー!? そっちですか?』

自分で顔が青ざめていくのが分かります

「い、いや、そんな奥さん、お気遣いなく」

「今更、遠慮しないで。
 ちょっと、待ってね」

「あっ、いや、奥さん、本当に・・・」

たぶん、私の声は奥さんには届かなかったのでしょう
奥さんはコーヒーを入れに給湯室に行ってしまいました

社長はこちらを見てニコニコしています

「何を遠慮してるんだ?
 で・・・続きなんだけどな・・・」


2杯目のコーヒーを口にしながら
またチラリと腕時計を見ます

40分が経過

社長の話しはまだまだ終わりそうもありません

社長の饒舌さはますます冴え渡る一方
しかも
いっこうに話し疲れて来る気配もありません


そうこうしている内に時間だけは流れ・・・


今日は話を切るタイミングを3回は逃しています

『ヤバい、マジ1時間コースだ・・・
 下手したら記録更新か???』


と、その時です

プルプルプルルル・・・

「はい、**商事です」

いつもながら愛想の良い声で奥さんが電話に出ました

『やった! 今度こそ神の助けだ!
 はいはい、社長? 電話ですよ?♪』

心が弾まない訳がありません

「はい、はい、分かりました。
 それではよろしくお願いしますね」

そう言うと
奥さんは無情にも電話を切ってしまいました

『えっ!? 社長に電話じゃなかったの?』

もう、泣きたくなります

そんな電話に気に留めるでもなく
社長の話しは続きます


電話に助けられると喜んだ反動は大きく
私の心はうつろにその辺を彷徨っていました


「なぁ? そう思うだろ?」

社長のひと言に我に返り
つい

「えぇ、そうですね。 全くその通りです」

「そうだろ? お前もそう思うよな?
 だいたいだな・・・」

『あっ、ヤバい!
 こんな全肯定したら、ますます話しに拍車が・・・』


そうです

相槌は打っても
無用に話しを増長させるような相槌はご法度だったのです

十分、分かっていたはずなのに

なのに、電話のショックからか
ついうっかり
社長の気を良くするような肯定をしてしまいました


とうとう1時間が過ぎました
こうなると自棄です

『えーい! 後の5件は今日はもう止めだ!』

こう一旦決めてしまうと
普段は気の弱い私でも結構、肝が据わるのです

『さぁ、社長! どんどん話しをしてみろってんだ!』


と、その時です
今度は社長の携帯電話が鳴りました

「ちょっとすまんな」

社長はそう言うと電話を取りました


『あっ、また・・・
 せっかくの切るタイミングだったのに・・・
 携帯が鳴った時点で切り上げれば良かったよな。
 でも、しゃーない。
 こうなったら、とことん・・・』

そう覚悟を決めた時

「おー、すまんな。
 ちょっと話しが長引きそうだ。
 話しの途中で済まんが
 引き取ってもらえるか?」

「あっ、はい。
 すみません、社長。 お忙しいところを長々と」

「いや、気にせんで良いよ。
 また、よろしくな」

そう言うと、また電話の相手に向かって

「すまん、すまん、ちょっと来客中だったんでな。
 で、どうした?」



結局、1時間15分でした

後、5分で記録更新となるところだったのですが
それが良かったのか? 残念だったのか?

今ではどうでも良い事です


一気に気持ちの張りが抜けていきます


「それじゃ、奥さん。 ご馳走様でした」

にこやかな営業スマイルで奥さんに挨拶をし
会社を出ると車に乗り込みました

かなりの疲労感と脱力感の中
シートに座ると
まずはタバコに火を点けました

『ふー』

さて、どうする?

『中途半端な時間になったなぁ?』

そう思いながら
日報をめくって次の予定を確認します



次は・・・?

あっ、あそこの社長も話し好きな社長だ!






Powered by FC2 Blog