Neko

夢の汽車に乗って この夜の夢乃

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


鈴の音

家族が寝静まった夜半過ぎ。
例によっていつものように
ダイニングで一人、PCに向かっていた時です。


”チリンチリン”


二階の方から微かに鈴の鳴る音が聞こえました。

「あれっ? 誰か、起きて来たのかな?」

そっと耳をそばだてて見ましたが
人が下りてくるような音も気配もしません。

「気のせいかな?」

私は又、PCに向かいました。

「さてと・・・今夜は何を書こうか?」

あれやこれや書いては消してを繰り返していると
又・・・


”チリンチリン”


二階への階段は居間にあります。
私はダイニングを立つと居間に行き階段を見上げました。

でも、そこにはやはり誰も居ませんでした。

「ふぅーむ・・・」

何か気持ち悪い感じではありましたが
そこは霊感も持ち合わせず尚且つ無神論者の私。

「まぁ、良いか」

加えて、かなり脳天気な私。

かまわずにPCに向かっていると又、聞こえてきたのです。


”チリンチリン”


しかも、今度はその鈴の音が
少しづつ階段を下りて来るように聞こえています。

しかし、いくら耳をそばだてても
人が下りてくるような足音とか気配は全くありませんでした。

「いやいや、さっきも何も無かった。
 今度もきっと気のせいだ。そうさ。」


”チリンチリン”


いや
確かに鈴の音が少しづつ階段を下りて来ています。

「えっ?」


”チリンチリ・・・”


と、その鈴の音は途中で止まったのです。

その瞬間、私は背筋が冷たくなるのを感じました。
マウスに乗せた指には知らず薄らと汗が滲んでいました。

「階段の中程か? どうする? どうする?
 もう一度見に行くか? 行くべきか?」

私は恐る恐る立ち上がるとそっと居間の階段の所に行きました。
そして、階段を見上げたその時!














    <みゃあー>
nekonome-330.jpg




スポンサーサイト
やっぱり単なるお知らせでした(笑)


夢乃咲道のホームページ

『夢の樹舎』を更新しました


こちらをクリックするとトップページが開きます

          ↓

    『夢の樹舎』






深夜

一時期のうだるような蒸し暑さも影をひそめて
開けた窓から入る風は
今はもう涼やかな秋の気配さえ伝えている





家人も寝静まった深夜



天井からぶら下げたペンダントライトが
私の座るダイニングテーブルを照らしている


そのオレンジ色の白熱灯の下で
私の叩くパソコンのキーの音だけが
遠慮がちに夜の静寂を破っている





ふとキーを叩くのを止める




聴こえる音は何も無い





・・・・・・・・





まさに



シーン・・・や









シーンや・・・しーんや・・・深夜?






友人が言っていました

「いやぁ? 何が腹立つって
 スピード違反で捕まった時の
 あの警官のニコニコしながら言う
 やたら丁寧な話し方ほど
 腹が立つもんは無いよな!」

「えっ? どんな感じなの?
 俺は捕まった事無いから分からないけど」

「あ?! お前も腹立つ奴っちゃな!」

「いや、すまん、すまん(笑)
 で? どんな感じなの?」



友人が説明をしてくれた一部始終です



時間は夜の8時過ぎ

片側2車線のバイパスは
昼間に比べると交通量も少なく
私は部活が終わった長女を迎えに行こうと
次女を助手席に乗せてバイパスを軽快に走っていました

少し走ると前方に少し遅めの車が2台併走しています

「おーい、2車線を同じスピードで走るなよ?
 しかも、遅いし」

それが聴こえた訳ではないのでしょうが
丁度右カーブに差し掛かった時に
右車線の車が少し先行しました

「良し、ここだ!」

カーブが終わって直線になると
左車線の車が遅れたのをサイドミラーで確認をし
左後方の安全を十分に確保した後で
右車線を走っていた私はウインカーを上げ
左車線にレーンを変えアクセルを踏み出しました

その時です
前方の路肩にスモールランプを点けて
こちらに向かって停車している車を視認しました

「あれっ? まさか?」

と思い
ブレーキを踏んだその瞬間

その車は赤色灯を回しました


「しまった! やってしまったか!?」

バックミラーで確認をすると
その車はUターンをしてこちらに迫ってきます

「ここは、口笛でも吹いて知らん顔してるべか」

もちろん、そんな冗談が通じる相手ではありません


パトカーは私の車の後ろに付くと
パッシングをして停止の合図を送ってきました


「お父さん、どうしたの?」

「いやぁ? 捕まってしまったよ。
 参ったなぁ?」

「どうなるの?」

「今晩はブタ箱かな」

「ブタ箱って何?」

「あはは、いや、未だ知らなくて良いよ。
 そうだ! お前、泣け!
 泣いて、お腹が痛いとか・・頭が悪いとか叫んでくれよ」

「なんでさ? それより、頭が悪いって何?」

「いや、例えばだよ。
 もしかしたら、警官が同情をしてくれてだな・・・」

「お父さん、ひどい!」


いやいや、次女よ、ごめん(笑)
今はお父さんが全面的に悪かったよ。

ちなみにブタ箱ってね
留置場って言って
逮捕されたらとりあえず入れられる所さ

おっと
ここでそんな余計な説明をしている場合じゃ無かったか



車を道路脇に停車させると
おもむろに
警官が1人パトカーから降りてきて

(ドアミラー越しに見た警官は
 嬉しそうにスキップをしているようにも見えた)

そして、運転席の横まで来ると
覗きこむように一瞥した後で窓をノックした

(助手席に乗ってるのは私の女じゃなくて娘だよ
 残念だったな(笑))


私は窓を少し開けると
その警官に向かって

「どうしました?」

努めて冷静を装って訊ねました

すると警官は私が言うのも聴かず
とびっきりの営業スマイルで(?)

「旦那さん、急いでるところ、ごめんなさいね。
 ちょっとね、スピードが出てたんですよね。
 パトカーで測ってますから
 ちょっとこっちに来て確認をしてもらえますかね」

「えー? そんなに出てましたか?
 そんなはずは無いんだけど」

「えぇ、少しだけ出てましたね。
 とりあえず、こちらに来て確認をしてくれませんか?」


渋々、後ろのパトカーのところまで行った私

ついて来た警官が
パトカーの後ろのドアを開けてくれて

「旦那さん、乗る時に頭をドアにぶつけないように
 気をつけてくださいね」


『はいはい、ご丁寧にどうも』

そう言いかけたけど
そこは大人の私

ゴネて時間を潰すのも勿体ないし
何しろ、長女を迎えに行く途中でもあったので
ここはなるべく大人しくして
早く解放されるようにするのが得策


パトカーの後ろに乗り込むと
運転席に乗っていた警官が
レーダーで測った数字の記載したレシートを見せながら
私に説明を始めました

「旦那さん、これパトカーで測ったやつなんですけど
 78kmって出てるでしょ?
 ここね、60km制限なんですよ」

そこへすかさず
助手席に乗り込んださっきの警官が付け足す

「旦那さん、さっき追い越したでしょ?
 その分、ちょっとスピードが出ちゃったね」

「ここね、60km制限なんですよね」

「ちょっと先に出た分、スピードが出ちゃったんだね」

「ここに78kmって出てるでしょ?」

「ちょっとなんだけどね」


私が何か言おうとするのも聞かずに
2人の警官が交互にたたみかける

ニコニコ楽しそうに

しかも、口調は恐ろしいくらい丁寧口調で・・・



”ちょっとなら今回は厳重注意で許してくれよ

 だいたい、車が前後に何台も走っていたのに
 その数字が私の車だって証拠は何処にあるんだ?

 もしかしたら
 右側を走っていた車のかも知れないし
 後ろの車のかもしれないじゃん

 写真でも一緒に撮っているなら見せてくれよ

 第一、そのレーダーの精度って
 どのくらいなんだ?

 って、言うか
 何度も私を「旦那さん、旦那さん」って言うけど
 あんたは私の何なんだ?”


2人の警官が私を納得させるようにか
交互に「これでもか」って言うくらい
繰り返しご丁寧に説明を続ける中で
私も負けじと
警官に向かって投げつけたい言葉を
何度も頭の中で繰り返していた


だけど、相手は交通機動隊の
しかも、どう見てもベテランの警官

(百戦錬磨かどうかは知らないけど)

しかも、相手は2人でこっちは1人

(これを専門用語で【多勢に無勢】と言います)

どう考えても形勢は圧倒的にこっちが不利です


加えて
ここで違反を認めず
ゴネ続けた場合

例えば、レシートを見せてもらう振りをして
それを食べて証拠隠滅でも図ろうものなら
公務執行妨害で最悪逮捕の危険もあります

そうなると

『もし、そうなったら会社ってクビかなぁ??』

そんな事も頭を巡ります


助手席の警官の言葉が続きます

「旦那さん、ちょっと免許証を見せてくださいね」

私が免許証を差し出すと

「旦那さん、O町なの?
 これから帰るところですか?」

「いや、部活が終わった娘を迎えにね」

(帰るんなら方向は逆だろ。住所を見りゃ分かるだろ?)

「そうだったんですか。 それはご苦労さまです」

(あんたに”ご苦労さま”って言われる筋合いはねぇよ)


本当は”それは残念だったね”とでも言いたかったのか?

この時点で私のココロは
さっきからの警官の話し方にかなりイラッときていました


「旦那さん、何をやっている人ですか」

「会社員です」

「旦那さん、会社は何処?」

「**です(そんな個人情報いるのか?)」

「旦那さん、家か携帯の番号を教えてくれますか?」

「0155?**?****(携帯なんか教えるか!)」


「旦那さん、それじゃコレを確認してください。
 今回は18kmオーバーと言う事で
 反則金は12000円になります。
 でも、点数は1点ですからね」

(なんか”毎度あり?♪”って聴こえるんだけど)
       ↑
   さらにイラッときてる私

隣の警官が続ける

「旦那さん、ゴールド免許なんですね?」

「はい(そうだよ。善良な市民を捕まえて嬉しい?)」

「次回の更新は残念ながら”青”になっちゃいますね。
 でも、これで3カ月違反をしなかったら
 点数は戻りますからね。
 それで終われば、次回も5年の更新で出来ますから」

(なんか、ずいぶん嬉しそうな話し方だね?)


「旦那さん、それじゃ確認をしたら
 ここに署名をしてくれますか?
 続け字じゃなくて楷書でお願いしますね」

「はい(かなりムスッとしながら)」

「はい、ありがとうございます。
 旦那さん、印鑑は持っていますか?」

「いえ(いつも印鑑を持ってる奴っているのか?)」

「じゃあね、左のひと先指に朱肉をつけて
 ここに拇印を押してくれますか?」

「サインでも良いですか?」

「いや、それは困るんですよね。
 ここは日本ですから、印鑑か拇印が必要なんですよ」

「でも、拇印ってセンシティブ情報にならないの?」

「いやぁ、ならないんじゃないですか?
 拇印の代わりですから」

(それは知っての上で訊いたんだけど)


私が渋々、拇印を押すと

「はい、ありがとうございます。
 ではこれが反則金の納付書になりますね。
 5月6日までに郵便局か銀行で
 振り込みをお願いしますね。
 振込手数料はかかりませんからね」

助手席に乗っていた警官が外に出て
後ろのドアを開けてくれました

用が済んだからとっとと消えろって事かい?
今夜の”ノルマ”は後いくらなんだい?

「じゃ、旦那さん
 夜も遅いから気を点けて走って下さいね」

『気をつけなきゃならないのは
 パトカーがいるからだろ?』

と、言いかけた言葉を飲み込んで

「はい。それじゃ」



と、まぁ? こんな調子だったようです

文字にすると分かり難いかも知れませんが
本当にこれでもかと言うくらいの
愛想の良い丁寧な話し方で
それがいっそう腹立たしく悔しかったようです

いっそ
怒鳴り散らしてくれた方が
こちらも闘争心が燃えるってもんです

(だから、それがあるから
 余計に丁寧な話し方をしてるんでしょうが(苦笑))

しかも、もっと悔しかったのは
18kmオーバーと言う違反速度

これが30kmオーバーとか
50kmオーバーなら潔く罪を認めるんですが
18kmオーバーと言うのも微妙です

都市伝説(?)によると
15kmオーバーまでは
”交通の流れ”と言う事で捕まらないのだとか?

後、3kmかぁ・・・(泣)
     ↑
  もしかして、懲りてない?(笑)


ちなみに
娘さんを迎えに行っての帰り道
また、そこの道路を走っていたら
同じような場所で他の車も
今、まさに捕まっていたそうで
その捕まっていた車に
やたらと親近感が湧いたそうです

(おぉ、同士よ!(笑))


あっ、これはあくまで私の友人の話ですからね

ねぇ、夢乃クン?



・・・・・・・・・・・orz



4月ももう終わりだと言うのに
北海道には
春は本当に来ているんでしょうか?

桜前線さ?ん!
何処かで迷子になっていませんかぁ????

と、言いたくなるくらい
10℃を越えた日があって
「やっと春らしくなったなぁ?」
なんて思っていたら
翌日には又、一桁の気温です

もちろん
最低気温は氷点下も未だ珍しくはありません


2日続いて春らしい日って
今年は未だ無いんですよね


今年の日本ハムファイターズが
連敗はしても連勝が出来ていないのは
案外、そんなところが原因なのかも知れません


頑張れファイターズ!



頑張れコンサドーレ!



と、言う世間の話題はともかく


この時期になっても
風邪引きさんが増えているようですね


普段はとても病気等をしそうもない
きわめて健康な人が病気になる事を
「鬼のカクラン」って言いますが

(普段は恐い人が病気にかかると
 良く、そう言って揶揄しますよね)

実は私

恥ずかしながら
今の今まで漢字で書くと
「鬼の撹乱」だとばかり思っていました

”体力では自信満々の鬼でさえ
 病気になると心がかき乱される事”

転じて

”普段は健康な人が思わず病気にかかる事”

そう、ず????っと信じてました


疑いもしてませんでしたので
辞書で確認もした事はありませんでしたが
それって、やっぱりいけませんね

本当は「鬼の霍乱(かくらん)」って書くんですね


ちなみに霍乱とは辞書を紐解くと

”急に倒れる日射病
 あるいは真夏に激しく吐き下しする病気の古称
 現代でいう急性胃腸炎、コレラ
 疫痢(えきり)等の総称に該当するものと思われる”

とあります


まぁ? 
家や会社に鬼はいても(?)
本来、仏のような私には
どっちの「カクラン」も
関係無い話だと思っていましたが

昨日からちょっとヤバい雰囲気で
もしかしたら
”風邪引き部屋”のドアを
ノックしちゃったかも知れません

今のところ
「鼻詰まり」と、少し「喉が痛い」程度で
熱もだるさも無いのですが
私の風邪は熱よりも扁桃腺から来る事が多いので
もしかしたら
少し入り口に入りかけているのかなぁ?


いずれにしても
今週末からのGWを控えて
且つ、今週は月末でもあり仕事も忙しいので
風邪なんぞ引いている場合ではありません

今、休む訳にもいかないですし


なので
今夜はいつもより少しだけ早く休む事にしましょう

ホンの少し・・・気持ちですが(笑)



北海道にとっては
今が季節の変わり目なので
そう珍しい事でもありませんが
本州ですら
特に今年は寒暖の差が激しい毎日が続いていますね


みなさんも風邪なんぞ引かないように
ちゃんと自愛もしてくださいね




独りしりとり

忙中閑有・・・それとも現実逃避?

そんな時はヒマに任せて一人しりとりをしてみよう



何から始めようかなぁ・・・雪を観ながら考えた


良し!

じゃ、「雪」から言ってみよう!



「ゆき」

「きせつ」

「つみき」

「きくらげ」

「げいしゃ」


 これって「しゃ」?
 「や」だよね?
 そこんとこ、ルールをハッキリしようよ

 良し、「や」ね?

 じゃ・・・

「やきゅう」

「うつぼ」

「ぼき」

「きぼう」

「うき(浮き)」

「きんたろう」

「うし」

「しき」

「きんき」

「きびき(忌引き)」


 えー!? また「き」かよ?と一人でボヤく

 き、き・・・

「キカイダー」 (^O^)/

 古?い!
 自分で自分に突っ込んでみる (*゜.゜)ゞ

 *『人造人間キカイダー 』石ノ森章太郎のマンガ

 キカイダー?
 「ー」は「あ」で良いの?
 って誰に聞いてるんだか  f(^ ^;

 あ・・・あ・・・

「あき」

 あき? あー、また「き」???
 もう無いべ?
 「き」??? ( ̄  ̄;) うーん

 き、き・・・き・・・

「きかんしゃ」

 今時、こんな言葉を言う奴は歳が分かるな(苦笑)
 もとい! き、き・・・

「キス」

 思わず一人で照れてしまう  (*・・*)ポッ
 もとい!
 き・・ き・・・

そうだ!

「北見(きたみ)」

 あっ、地名は禁止?
 なんてルールを自分で作る

 えー!? ダメ?? (>o<)

き、き・・ き・・・
「木村」、「喜多」、「紀藤」・・・

 ダメだ、名前ばっかじゃん!

 もとい!
 き、き、き・・・ き・・・・・・・

 き・・

「きばせん」!!

 どうだ参ったか?! <( ̄^ ̄)>えっへん!!



あっ・・・・・・・・・ (ToT;)





ちなみに
我が家では長距離ドライブの時

必ずと言って良いくらい
ジージョが「しりとり」をやろうと言います


「しりとり」って結構性格がでますよね


大人の私としては
「しりとり」なんか真剣にやる気にもなりません

(と、言いながら結構熱くなる奴(笑))

なので
早く終わらせたい時は
意地悪く
語尾が「る」で終わる言葉ばかりを探します

(大人げない(笑))

これが7?8回くらい続くと
「る」で始まる言葉って
なかなか出てこないはずです

まして
相手は子供ですから(笑)

(性格悪い?(笑))


もっとも
「る」で終わる言葉を探すのも
結構必死になるんですけどね (^-^;





『大改造!! 劇的ビフォーアフター』

超難題を抱える家を
匠(建築士)が
斬新なアイデアと独創的な発想で
リフォームしていくと言う

あのテレビ番組です


結構、好きで観ています

週末の夕方にやっている再放送の方ですが(笑)

(ちなみに、あの『なんと言う事でしょう!』のナレーション
 サザエさんの声(声優さん)だと言う事を
 最近、知りました(笑))


オバマ大統領は演説の中で言いました

「Change Yes,We can!」



人間には多かれ少なかれ変身願望が有ったりします

30年後の同窓会に出たら
当時はあんなに格好良かった男子の頭は
見事にツルツルになっていたとか

あの頃
男子のマドンナだった可憐なあの女子が
今は見る影もなく真ん丸になっていたとか

それは変身とは言わないでしょうが(笑)

まして、これは願望した事ではないでしょうし?

・・・多分(笑)



”変身”

とは言え、別に
ウルトラマンや仮面ライダーになりたい訳じゃありません

まぁ、これは書かなくても良かったかな(笑)


”消極的なイメージを変えたい”

”地味な印象を派手とは言わないまでも快活に見せたい ”

”暗い雰囲気を明るくしたい”


外見だけじゃなく性格的な部分でも

”積極的になりたい”

”ポジティブな思考に変えたい”

等々


つまり
今までの自分から脱皮をして
新しい自分に生まれ変わりたい

そう思っている人って
結構、多いんじゃないでしょうか



私はと言うと・・・


営業をしていると
会社の社長さんや役職者の方に会う事も多いですし
初対面の方の応対をする事もありますので
あまり派手な服装は出来ません

(多分に
 そう思い込んでいるだけのきらいもあるのですが)

若い人の中には
ピンクのワイシャツやネクタイをするとか
今風のデザインのスーツを着たり
髪の毛を立てたりしている人もいますが

でも、52歳の私には
それが例え普段着でも無理です(笑)


着こなし方が分かりません

ピンクだけじゃなくて紫とか赤い服も着れません


特に赤い服には抵抗もあります

後、8年もしたら
無理やり赤いチャンチャンコを着せられる訳ですから(笑)


そんな訳で
スーツを選べば
紺系やグレー系、茶系ばかりになってしまいます

ワイシャツも
白を中心にせいぜいストライプ柄や
薄いブルー、グレー、イエロー系が多くなります

普段着でさえ
Tシャツ、ポロシャツ、トレーナー、カジュアルシャツ等も
黒、紺、グレー、ベージュ、白、グリーン系となります

大体が無地かストライプかチェックで
派手だったり大きなイラスト等が入るのも
躊躇してしまいます


同じ年代の方や年配の方でも
オシャレな方っています

何とも羨ましく思いつつも
じゃ、自分となると
冒険をしたい気持ちもあるのですが
最終的には
至って面白みの無い保守的なところに
落ち着いてしまいます



髪形も多分
高校時代からそんなには変わっていません

一時
大学生の頃(70年代後半)
フォークソングブームの中で
長髪が流行ったものですから
ご多分にもれず
私も何を血迷ったか長髪にしていた時もありました

(この頃の写真は人生の汚点です(笑))

でも

就職活動を始めた頃にはバッサリと切り
また、”元(?)”に戻り
それからずっと変わらずに今に至っています

いや、正確に言うと

髪形は変わってはいませんが
髪の毛の本数もそんなに減ってはいませんが
1本、1本が細くはなっている・・・ようです
       ↑
    微妙な言い方?(笑)



メガネを買い替える時も
家族はお気楽に

「どうせなら少しイメージ変えたら?」

と言います

でも、お店で
色々なデザインを試しては見るのですが
仕事柄
あまり極端にイメージが変わるのにも抵抗があり

結局は前とほとんど変わらないモノを選んでしまいます


メガネを新調した翌日
会社に行っても誰も気がつきません(笑)



考えたら、つまらない男ですよね


変わる事に対して臆病なのでしょうか?

それとも

周りの人の
自分を見る見方が変わるのが不安なのでしょうか?



時々、思います

いっそ
会社に入るなり

「変身????!」

と、仮面ライダーの決めポーズでもして
キンキラのスーツに
ラメ入りのシャツで踊ってみようか!

一度、弾けられたら
もう恐いモノなんてなくなるんじゃないか?

って



でも

「まてよ」

と考えます

「その前に
 キンキラのスーツを何処で買えば良いんだ?」

とか

「ラメ入りのシャツなんて他にいつ着る?」

とか

「その後、会社で
 変人扱いされるのはともかく
 変態扱いされるのは嫌だなぁ?」

とか

真面目に考えてしまいます


この時点ですでにダメですよね(笑)



結局

いつまで経っても
私の性格は変われそうもありません


この超難題に対して
いったいどんな匠が私の目の前に登場すれば
私の性格はリフォーム出来るんでしょう


現れて欲しいような欲しくないような

ビミョーな私


見たいような見たくないような

私のアフター(笑)



ん? 何も考えられない




とにかく眠たい


考えても何も浮かばない


タバコの吸い殻だけが増えていく




気が付いたら


今入れたはずのコーヒーが冷めていた




書きかけた言葉が鉛のように重たい




全ての思考を拒否するかのように


心がバミューダ・トライアングルに入り込む




とにかく眠い





そんな夜もある・・・




Powered by FC2 Blog