Neko

夢の汽車に乗って 十勝

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


本州では30℃を超えた所もあったんですって?

へぇ~ 本州はもう夏ですか?
すごいですねぇ~

こっちなんぞはまだ冬をやってます。

まぁ、正確には冬がぶり返したと言いますか・・・


春の嵐?

それとも名残を惜しむSMAP・・・あっ、いやいや
SMAPファンの皆様、引き合いに出してごめんなさい。
名残を惜しむのは冬将軍様でした。

で、その冬将軍の悪あがき? 逆襲?
はたまた、イタチならぬ冬将軍の最後っ屁?


朝、起きた時は雨でした。
もちろん、家の周りにはもう雪の欠片もありませんでした。

先々週には15℃を超えた日もありましたし
気持ち的には
後はもう春が春らしくなるのを待つばかり。


と、そんなはずだったのですが・・・


通勤時間中も雨でしたが
いつの間にかの雨が
会社に着いた頃にはいつの間にかの雪になっていました。

さすが北海道と言うべきでしょうか?

しかも、さすが4月は重たい湿った雪です。
おかげで道路も駐車場もグシャグシャになっています。

20170418snow-330.jpg

因みに、この写真の場所は某スーパーの駐車場でして
車を停めて弁当タイムの時間、つまりは昼です。

湿った雪だったので
降っては解けてを繰り返してはいたのですが
それでも、たった3~4時間でこの有様です。

ざっと見、10cmくらいでしょうか。


まぁ~
放っておいても明日には解けているはずなんですが
それでも、この時期の雪はもういらんわぁ~切々。


そんな訳でここで謎かけをひとつ。

< 北国の春とかけて、思わせぶりな女と解く >

その心は?

< どちらも、じらされるほど想いが募る >



スポンサーサイト
YUKI もう、これで終りにしたいんだ


長い付き合いだもの

お前がいなくなったら寂しくなるのも分かってる

だけど

いつまでも、このままではいられない




YUKI もう、これで終りにしよう


お前がいた冬は

確かに木々も川面もキラキラ輝いていた

だけど

もう季節は変わったんだとしか言えないけど




YUKI もう、これで終りにしたいんだ


嫌いになった訳じゃない

いつかまた お前を恋しく思う時が来るだろう

だけど

もう決めたんだ さよならYUKI




YUKI もう、これで終わりにしよう


誰が悪い訳じゃなくて

始まりがあるから終わりもある それだけ

それが

季節の巡り さよならYUKI











4月の20日過ぎを
北海道では
”季節外れ”と言えるのかどうかは怪しいのですが

こんな時期でも
当たり前の顔をして雪は降ります


”東京で見る雪はこれで最後ねと・・・”

北海道で雪が降れば
季節がいつだろうと
そんな「なごり雪」みたいな美しいものではありません


来週末からはGWも始まります


ねぇ?

もういい加減にしましょ!

雪はもう終わりにして欲しいんです

もう春なんですから


さよなら雪!!!



(作者注)

お気づきの通り
これは失恋(別れ)の詩ではありませんので

悪しからず。。。。。



暦の上では

暦の上では
もう立春を過ぎているらしいけど

この”暦”って何処の国の暦なんだろう?(笑)


野村監督じゃなくても
つい、そうボヤキたくなる
この頃の我が、十勝国は
連日の氷点下20度アンダー

場所によっては30度越えの地域もありました

「越え」と言うのは
言葉として適切ではないかも知れませんが
北海道人なら、きっと分かるはずです

もちろん、「アンダー」の意味です


1日の最高気温ですら
氷点下7度とか8度です

最高気温ですよ!

外国人じゃなくたって
「オー、マイ ガッ!(Oh, My God!)」
と叫びたくなります


今まさに
季節はシバレのピークを迎えています


家を出てバス停まで歩いて5分
それからバスが来る数分の間に
耳と頬は冷たさで痛くなります

メガネをしていると
皮膚に当たる部分が
冷たさを通り越して痛くなります


バナナで釘が打てるだとか
凍ったバラの花びらが
ガラスのように粉々になるだとか
濡らしたタオルを振っていると
バットのようにカチコチになるなんて
あれはCMの中の話ではありません

超リアルな現実です!


昨日も会社の人と話していました

「なぁ、外はシバレてるから
 ちょっとそこの冷凍庫で暖まっていかない?」

これは超リアルな・・・ジョークですが(笑)


でも
ここを乗り越えないと
春には出会えません

逆に言えば

この厳しいシバレがあるからこそ
やがてくる春が
何より嬉しさを増すのです


春・・・何と言う甘美な響きでしょう!


後、1カ月もして3月の声を聴けば
雪や氷の下では
そろそろ春の準備が始まるはずです

陽射しもだんだんと強くなって
生きるものに力を与えてくれます


冷凍庫が実は寒い所だったんだと
改めて気がつけるその日まで

北国のみなさん

もう少しの辛抱です

身体に気をつけて頑張っていきましょ!


北海道らしい風景と言えば
おそらく、多くの方は・・・

・雄大な自然
・広大な大地
・地平線
・牧場
・何処までも続く直線道路

そんな風景を思い浮かべるでしょうね

でも、そんな風景写真は
著名・無名の色々なカメラマンが
これでもかってくらい
撮影をして紹介をしているでしょうから
ここでは見せません(笑)


夢乃流
北海道らしい風景シリーズ

まぁ、私の事ですから
シリーズと書いて
シリーズになった例は少ないのですが・・・f(^-^;

ともあれ
第1弾は看板に見る北海道です!


kanban-risu.jpg

我が家近くの神社の森の近くの道路にありますが
ここの他でも
帯広では
帯広畜産大学、農業高校の敷地付近
グリーンパークの近辺など
公園や林、森の近くの道路には
必ずってくらい
この看板があります

散歩中にも
良く木渡りをしているエゾリスを見ます

それだけに
車の事故に合うエゾリスもいます

この看板を見たら
エゾリスの為にスピードを落としましょう



次はこちら

ちょっと郊外を走ると良く目にします

kanban-sika.jpg

北海道の中でも
特に道東はエゾ鹿の多い地域です

特に
春先や秋になると
山の麓に下りて来るので要注意です

もっとも
季節に限らず
エゾ鹿は活動しています

kanban-sika2.jpg

この写真は
道路脇から10mくらい離れた林の中です
車を止めたらすぐに逃げ出してしまいましたが・・・

エゾ鹿は通常は群れで行動します
なので、1頭が道路を横断したら
2頭、3頭と次々に道路に飛び出してきます

この看板を見たら
自分の為にスピードを落としましょう

鹿とぶつかって
車を全損にしたり
亡くなった人もいます



車の事故と言えば
しばしばニューズ沙汰になるのはこちら

kanban-kuma.jpg

唯一
北海道に生息をする猛獣です

でも
ヒグマは基本的には臆病なので
人間がいると分かっていれば
そう近くにはやって来ません

実際
私も野生の生(?)ヒグマを見たのは
知床で遊覧船から見たのを除くと
今までで一度っきりです

とは言え
子グマがいたりすると
非常に危険です

春先や冬眠前はお腹を空かせているので
人里にも出てきます

家のドアを開けて
室内に入って
冷蔵庫を開けて食べ物を漁ったって話もあります

やはり
こんな看板を見たら
自分の為に気をつけましょう

人間がヒグマの領域に入っている証拠なのですから



そうそう!
さっき、ヒグマを
「北海道に生息する唯一の猛獣」
と書きましたが

忘れてました・・・

もう1匹いました (^-^;

kanban-mouju.jpg

『ガルル?』 (=`ェ´=)/



Powered by FC2 Blog