Neko

夢の汽車に乗って 徒然

プロフィール

yumenokisya

Author:yumenokisya
現住所 北海道十勝国

 好きな言葉は
『なんとかなるべさ』

 そう、生きてさえいれば
何とかなるもんです。。。
   


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


カテゴリー


最近のコメント


フォト・ポエム


クリックお願いします。


月別アーカイブ


深夜

家人も寝静まった深夜




天井からぶら下げたペンダントライトが
私の座るダイニングテーブルを照らしている


そのオレンジ色の白熱灯の下で
私の叩くパソコンのキーの音だけが
遠慮がちに夜の静寂を破っている





ふとキーを叩くのを止める




聴こえる音は何も無い





・・・・・・・・





まさに



シーン・・・や









シーンや・・・しーんや・・・深夜だけに?




スポンサーサイト
先日、JUJUの歌を聴いていたら
娘に「お父さん、若いね」って言われた

バカヤロー!

今頃気が付いたのか?
お父さんはず???っと若いんです!!!


確かに、JUJUだけじゃなくても
最近の歌でも良いなと思うのはたくさんある

毎日の通勤時に
携帯プレイヤーで聴いているのは
昔の歌も入れてあるけど最近の歌の方が多い

じゃ、全部歌えるか?
と、言われたら
最近の歌はきっと歌えないかなぁ?

でも
昔、好きだった歌って
何十年経った今でも
けっこう口ずさめる歌って多いよね



私達の世代にとって
大石吾郎はと言えば役者ではなく
「コッキーポップ」のDJ

『黙っていては友達になれない。
 叫ばなければ消え去ってしまう。
 私たちが生まれてきた時から
 育ててきた何かを伝え合うために
 ちぎれかけた世界の心と心を繋ぎあうために
 私たちの歌が今ここにある』

彼の
そんなナレーションで始まるラジオ番組は
当時中学生だった私を夢中にした


1970年代前半から
1980年にかけての頃だったと思う

「ヤマハ ポピュラーソングコンテスト」

そこに応募された歌が
深夜のラジオから毎夜のように流れていた

「キラ星の如く」
まさにそんな言葉がふさわしいくらいに
多くのミュージシャンがそこから育っていった

今でも活躍をしている人だけでも
中島みゆき、チャゲ&飛鳥、長渕剛、
世良公良、円広志、因幡晃、佐々木幸男・・・

それだけではなく
有名、無名、一発屋に関わらず
たくさんの歌達が想い出に残っている

数年前に
天野滋が亡くなった報に触れて
ショックをうけたN・S・Pの
「さよなら」は
今でも雪が降り始める季節になると口ずさんでしまう

丁度
ギターを弾き始めた頃で
3つのコードで弾けたこの歌はお気に入りの1曲だった

浜田良美の「友達でよかったのに」

『ずっと、ずっと友達でよかったのに
 愛してるなんて言わなかったじゃないか』

当時
片思いまっしぐらの私には最も泣ける歌だった

数年前
オムニバスのCDの中に見つけて
今でも時々聴いているのは
もとまろの「サルビアの花」

今だったら「ストーカーか?」
と、言う内容の歌詞だけど
当時は未だ
ストーカーなんて言葉が無かったから
切ない男心(?)がとても好きだったんだよね?

柴田まゆみの「白いページの中に」は
一時期コッキーポップの主題歌にも使われていた歌

主題歌になった歌もたくさんあったけど
僕にはこれが一番

変なタイトルだなって思ったけど
聴いてくうちに好きになったのは
ウイッシュの「御案内」

『今日、お葬式をします
 私の恋が終わったのです』

で、始まる歌だったけど
これもギターで良く弾いていた

そうそう!
「六月の子守唄」も心に響いたっけ


この他にも
明日香の「花ぬすびと」や
歌手は忘れたけど「白いチューリップ」の歌

ベルの「コーヒー一杯のしあわせ」だとか

書いてると
何処まで書いても終わりそうも無いなぁ?

そう言えば
風コーラス団っていたっけ
あみん(岡村孝子)もそうだったよな
そうそう!
「待つわ」ね

小坂明子の「あなた」も流行ったっけ
それに・・・そう!
高木麻早に下成佐登子に
雅夢に小坂恭子もいた

独特の世界を持っていた谷山浩子

八神純子や渡辺真知子は今どうしてる?
とか
ひとつ思い出すと次から次と
洪水のように思い出が溢れて出してくる

確かに
懐かしさもあるんだろうけど
あの頃の歌って
今、聴いてもけっこう新鮮に聴けるんだよね

そして
ほとんどの歌は口ずさめる

(決して、歌が上手いって意味では無い!?)


「YOU TUBE」で探すと
けっこうポプコンの歌って出て来ます

1曲聴きながら
また、次を探して
また、聴いては次を探す

その時
私の心はあの頃に戻っています

切なかった片思い

進路に悩んでいたあの頃

深夜放送を聴きながら勉強・・・
は、大してしてなかったけど
リスナーの投稿に
頷いたり、怒ったり、泣いたり
時にはドキドキしたり

友達とギターを弾いて一緒に歌った曲

自分でも歌を作り始めたのも
あの頃だった


中学から高校にかけてのあの時代

私の青春の第一章はまさに
「コッキーポップ」と共に過ごした時代だった



パステルカラー

不順な天候だった4月も終わり

5月に入ると

北海道もようやく春らしい日が続くようになりました



周りの家々の庭にも

”水仙”
”クロッカス”
”ムスカリ” 等が咲きだし

「ようやく春らしくなってきたんだなぁ?」

と、思って観ていましたが



自然って正直ですよね


2?3日暖かい日が続いたと思ったら

いつの間にか街でも

”辛夷 (こぶし)”
”躑躅(ツツジ)”
”連翹 (れんぎょう) ” 等が

花をつけ始めていました

(それにしても樹木系の花の名前って
 どうしてこんなに難しい漢字なんでしょう (^-^; )



白・ピンク・黄色・淡紫の花達

春って本当にパステルカラーが似合います


そして
春を代表する
忘れてはならないパステルカラーの花

桜もようやく函館に上陸したようです


ここら辺りが
桜色で染まるには
まだもう少しだけ時間がかかりそうですが

今までずっと待ってきたんだもの

これから待つ時間なんて知れています


それも
こんなにワクワクして待てるのですから

そんな時間も楽しみたいですね




みなさん

 あけまして
  おめでとうございます♪


今年も変わらずに
気軽にお付き合いをいただければ幸いです


さて

まずは、今年の初夢を見忘れた方の為に
縁起モノのプレゼントなんぞ(^-^)b

hatuyume_20100105000814.jpg

”一、富士 二、鷹 三、なすび”

と、申します

それに加えて
今年の干支の”虎”ですから
これはもう

おめでたや?♪ おめでたやぁ?♪

えっ?

虎じゃなくて猫に見える・・・ですか?

それは気のせいでしょう!

猫に見えるあなたは
きっとまだお神酒が抜けていないのかも!?

じっと見てください

”あなたは猫が虎に見える、見え???る!”

ほら!

見えてください(笑)


実はこれ

気がついた方も多いでしょうが
昨年の使いまわしです f(^-^;

でも、まぁ?

縁起モノですから!(笑)



さてさて

年末より敢行してました
5泊6日の実家ツアー(北見&旭川)も
恙無く完了しまして
1月4日の5時過ぎに帰宅しました

今年の初PCですので
言ってみれば
今が私にとっての元旦と言う訳で

2010yukidaruma.jpg
(*ジージョ作『初笑い雪ダルマ』)
      ↑
  色々な意味で笑えました(^-^;
  ここだけの話しですが
  実は長女Aも制作に参加しています
  色々な意味で泣けてきます・・・(笑)


ともあれ
今年も1年

みなさまの大きな心で
夢の樹を見守り
育てて頂ければと思う次第です

そして

それに関わる全てのみなさまにとっても
新しい1年が
より実りのある
素敵な1年になりますように
お祈りさせて頂きます



今年の自分の目標は決まりましたか?

きちんと目標を定めたら

虎視眈々とチャンスを狙って
射止めていきましょう!


何かと厳しい現実も待っているでしょうが
どんな時でも
笑顔を忘れないで
今年も頑張っていきましょ♪


ねっ! (^o^)/


本年もよろしくお願いいたします。。。



      平成22年1月吉日

             夢乃咲道



22日に会社の忘年会があり
27日には何とか年賀状を完成させ
そして
29日は今年の仕事納めでした


良かった事、悪かった事
出来た事、出来なかった事 etc・・・

色々とあるのは毎年の事だし

「余は満足じゃ♪」

と言いきれないところに
課題は残ったけど


何はともあれ

後は年越しを待つのみとなりました


来年はもう少し
自分のやりたい事にワガママになってみようかな

等と思ったりしています



色々な意味で来年は
今年よりも1歩
いや半歩でも前に進めたら良いですね



年の変わり目と言うのは
気持ちをリセットするのにも良い機会です

今年
あまり良い事が無かった人
悲しい事が有った人
辛い思いをした人は
ここで気持ちをリセットして
新しい年を迎えましょう

きっと
新しい未来が待っているはずです



年の変わり目と言うのは
自分自身を振り返るにも良い機会です

今年
やりたい事が出来なかった人
思うようにいかなかった人
やり残した事が有る人は
これまでの自分にケジメをつけて
新しい年を迎えましょう

きっと
新しい自分が待っているはずです



そして

今年
良い事がたくさん有った人
幸せだった人は
感謝の気持ちを持って
新しい年を迎えましょう

きっと
新しい年には又、新しい何かが始まるはずです




”終わり良ければ全て良し”

1年の締めはそうありたいものです

そして
嘘でも本当でも
新しい年は笑って迎えましょう



1月1日を一般的に『元旦』と表す事があります

これは中国に由来しますが
実際にはこの使い方は誤りで
元旦とは初日の出の意味です

(『元旦』の”元”は始まりの意味があります
 ”旦”の下線は地平線、日は太陽です)

ともあれ
初日の出が上ると
いよいよ新しい年の始まりです

つまりはそこが新しいスタート地点になります


新しい未来、新しい自分
そして、新しい何かが始まる予感

何だかワクワクしてきませんか?


頑張れ! 新しい自分!

頑張れ! 新しいみんな!!!



・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・


*今年の『夢の汽車に乗って』は
 これが最終便になります
 今夕から両方の実家ツアーが始まりますので
 新年の始発便は1月4日又は、5日の予定です

 今年もたくさんのコメントをありがとうございました
 新しい年も変わらず叱咤激励等々
 又、よろしくお願いします
 (ひとつお手柔らかに(笑))

 新しい年がみなさんにとっても
 より素敵な1年になりますようお祈りいたします


         平成21年12月30日
                  夢乃咲道



10月の始まりに

今日から10月です

後3カ月で今年も終わり?

そんな風に思うと
途端に何故か
大して用事もないのに焦ってしまうのは
単なる貧乏性が所以でしょうか(笑)



10月
別名では「神無月」

日本中の神様が出雲大社に集まるので
出雲以外の地区では神様がいなくなる事から
神無月と言うようになった
と、言うのはあまりに有名な話です

(これを広めたのは何を隠そう
 他ならぬ、出雲大社の御師(*)なんだとか)
*御師(おし、おんし)
 社寺へ参詣者を案内し
 参拝・宿泊などの世話をする者の事


では
何をしに全国の神様が出雲大社に集まるのかと言うと
一般には”人の運命”について話し合われるのですが
特には
縁結びの相談の為と言われています

遠く離れた見知らぬ同士が
知り合い結婚するようなケースは
この会議の結果からかも知れませんね

この為
出雲大社は縁結びの神様としても信仰されています



また10月は秋の深まりゆく季節でもあります

空の青さもそれまでとは異なり
明朗さよりも冷たく冴えかえったものとなり
やがての冬の到来を予感させるには十分なほど
澄みきった色を見せてくれます


紅葉は
モノクロの季節の前の束の間の艶やかさ

刹那の美しさで
晩秋を前にした人間に
生きる喜びを与えると共に
季節が変わっていく覚悟を求めます



深まる秋の狭間で
舞い落ちる木の葉の陰で
夜のしじまの中で

想い出がひとつ咳をすると小さな痛みが胸を刺します


そんな感傷的な気持ちを愛おしく想うのもまた
秋の深まるこの時期ならではなのかも知れません


  ≪ 秋の一日 ≫ 下成佐登子 歌・作詞・作曲

     By YOU TUBE



半年

今年ももう半年が過ぎようとしています


みなさんが年初に立てた
”今年の目標”とか
”願掛け”の進行具合は如何でしょうか?


ちゃんと進んでますか?



えっ?  私・・・ですか?

そうそう、私の今年の目標は何だっけなぁ??
と、思い
(覚えてないんかい?(笑))
ブログを遡って読み直してみたのですが


・・・何処にも書いてないんですよね (^-^;


あれ????

今年って何の目標も立てなかったけな???
(そりゃ、覚えてる訳ないわな?(笑))


まぁ、良いっか!
過ぎた事を悔んでも仕方ないしね(笑)
(良いのか? それで・・・(^-^; )



ともあれ

今年上半期の我が家の3大ニュースと言えば


1.長女Aの高校入学
   with まさかの硬式テニス部入部
   (”もうテニスはしない宣言”
     をしてたんですけどね (^-^; )

2.お猿のラック・・いや、一応猫ですよね?
   (って聞いてどうする?(笑))
   ラックが我が家の一員になった

3.ジージョが小学校のブラバンに入って
   テナーサックスを始めた



まぁ、どれも平凡ですわね(笑)


までも
あまり激動が過ぎるのも困りますしね

年の前半としてはこんなものでしょうか?



そして
いよいよ明日からは7月

後半戦の始まりです


みなさんも思うところはあるんじゃないでしょうか?


具体的な目標を立てるかどうかはともかく
自分らしく生きていきたいですね



私は・・・そうだなぁ?


ちょっとだけ
前へ進む努力を始めようかな。。。



春間近

最近は15?6℃になる日も多くなってきた



我が家の庭でも

ようやく小さなチューリップの葉っぱとか

ムスカリの葉っぱが出てきた



庭にやって来る野鳥の種類も増えた気がする



果樹の木の芽も少しづつ膨らんできている



頼んでもいないのに

雑草だけは毎年律儀に広がっている



今年の春は

桜の開花も例年より早いらしい



4月ももう終盤

春間近



そうかと思えば昨日は一転して朝から雨

峠は何処も雪だったよう


そして

明日も1日中

気温はまた一桁に逆戻りなんだとか



春マジか?



生きる

このブログにも良くコメントを寄せてくれていた
阿久津文子さん(フリーの司会者・ナレーター)が
先日、仕事中に『くも膜下出血』で倒れられました

緊急手術の末
幸いにも一命は取り留め
翌日には意識も戻ったと言う事で
現在も入院をして治療を受けられています


リハビリも含めると
退院には今しばらくの時間が必要かと思いますが
阿久津さんの1日も早い回復と
仕事への復帰を願ってやみません。。。




つくづく人生と言うのは
先の事は分からないものなのだと
改めて思ってしまいます


自分を律し戒め
節制をし
健康にも十分気を遣っていたとしても
突然倒れたり
或いは
不慮の事故に有ったりするかと思えば

どんなに不健康な生活を続けていても
100歳過ぎまで生きたなんて話も聞きます


ひとつには
持って生まれた
”運(定め)”
と言うのもあるのでしょう

それは
自分の力や努力ではどうしようもない部分です


だからと言って
諦めて
ただ、ただ
その運命を受け入れる事しか出来ないのでしょうか



『若い頃の苦労は買ってでもしろ』
そんな言葉があります

その経験が後で生きてくると言う事なのでしょう

確かに
若い頃は失敗をしても
後悔をしても
やり直すのに十分余りある”時間”があります

しかし
”時間が有る”
と言う事を過信してはいけないのです


ましてや
歳を重ねるにつれ
”時間”は少なくなります


しかも
その”時間”がどれだけなのかは
誰にも分かりません

分かっているのは
若い頃よりは確実に短いと言う事だけです


そして
1日が過ぎる度
1年が過ぎる度に
確実に残りは少なくなっていくのだと言う事です



そんな中で
どう生きて行くのか?

自分はどう生きていきたいのか?

生きるべきなのか?



その”答え”は
多分・・・

人によっても違うでしょう

生き方や考え方は
その人生を生きるその人のモノなのですから


しかし
ひとつだけ
誰にも共通して思う事があるとするなら

それは”後悔”をしないように生きる

そう言う事だと思います


それはしかし
好き勝手、好き放題に生きる
と言う事ではありません


自分の心と向かい合った時に
どれだけ後悔を残さないでいられるか

多分
そう言う事です


その為に

何を為すべきなのか

改めて
自分の心と向き合ってみたいと思います




以前
ここでも取り上げた
1編の有名な”詩”があります

阿久津さんも気に行ってくれて
自身のブログでも取り上げてくれました


その”詩”を今日は動画と共に
もう1度噛みしめてみたいと思います



   By YOU TUBE






2月4日に立春を迎え
暦の上では春と言う事なのですが

それから1カ月

3月に入っても北海道は真冬のままです


日本海側では雪が降り
私の住む太平洋側では
未だに
朝の最低気温が?10℃を下回っています


その中で

僅かに、春を感じられる事と言うのは
陽が長くなってきた事でしょうか

12月には
4時前にはもう暗くなっていたのが
今では天気が良ければ
5時近くまで明るい日があります


早く暗くなると
早く1日が終わるようで
何だか寂しいんです

仕事をしていても
何をしていても
夕方でも明るいと言うのは
やはり嬉しいものです


それから最近は
昼間は陽射しもやはり変わってきています

太陽の温かさを感じます


昼はいつも
車を何処かの駐車場に停めて
弁当を食べているのですが

天気が良いと車の中はポカポカになります


そんな時はエンジンを止めて
窓を少し開けてみます

感じる風も
少しだけ優しくなったような気がするのです


周りを見ると
まだ、あちらこちらに雪の山はありますが
少しづつ春に近付いているのだと実感します


それにしても
体感温度と言うのは
こうも違うのかと実感するのも

それもまたこの時期です


夏から秋に季節は変わって
気温も20℃から10℃くらいに下がると
本当に寒くなったと感じます

ところがこの時期

?10℃が続いた後で
0℃になると
ものすごく暖かく感じます


普通ならどう考えたって
0℃よりは
10℃の方が暖かく感じるはずですよね


体感温度と言うのは
一種の錯覚なんでしょうが

本当に
人間って良く出来てるなぁ?と感心しますね

この”錯覚”が

春をいっそう
暖かなモノに感じさせてくれるのです




さて

今日は桃の節句

”雛祭り”です


我が家にも2人の姫がいます

毎年
雛人形を飾り
ささやかながらお寿司やケーキを食べたりして

”これまで元気に育ってくれた事”

そして

”これからも健やかであるように”


願いを込めてお祝いをしているのですが


今年の我が家

姫Aは
明日に高校受験を控えているので
今日はお雛様どころではありません


とばっちりを
モロに受けているのが姫ジージョ


冬休みも
何処にも連れて行ってもらえませんでしたし

年明けはずっと土日も姫Aの塾があったので
週末の宿題の作文は
「スケート」「雪かきの手伝い」「図書館」の
ローテーションでした


までも

さすがに今回は仕方ないと思っているのか
あまり、お雛様も騒ぎませんでしたけど

(ところがどうやら
 受験が終わったら
 ゲームを買ってもらえるとの
 密約があるらしいのです・・・
 さすが、ジージョはシッカリ者です(笑))


まぁでも
それも今回は大目にみましょう(笑)



雛祭りのお祝いの代わりに

受験が終わってから

明日の夜は
姫Aと姫ジージョの好きなモノを
食べに連れて行きます


姫Aに対しては
これが受験対策用(?)
最後の
やる気を引き出す”エサ”かな(笑)


泣いても笑って後1日


悔いの無いように頑張ってくれたら
それでいいよ

そして

17日の発表の日は
喜びで泣き笑いして欲しいなぁ?




Powered by FC2 Blog